2016年05月26日

NEOX LIPOバッテリー大量入荷!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

本日、NEOX製の新作のLipoバッテリーが入荷致しました!!
ストックパイプに入れられるサイズで1200mAhですと容量は大きいのですが、ストックパイプから飛び出してしまいます。
こちらの950mAhは容量は少ないのですが、30Cという瞬間出力が高く、セル自体の痛みにも強いバッテリーになります、ストックパイプから飛び出す事無く格納可能となりました。
従来の電動ガンの高トルクでのドライブやハイスピードでのドライブが必要な際にはお薦めのバッテリーです。

以前Lipoバッテリーについての記事もアップさせて頂きましたので合わせてご覧頂ければと思います。


NEOX

NEOX Lipo7.4v 15C/30C 950mAhはこちらからご覧頂けます。


お次は、11.1vで電動ガンを運用する方にオススメのNEOX Lipo11.1v 15C/35C 950mAh ヌンチャクです。
3セルが独立したセパレートタイプの為、多彩な利用方法が選択できます。
スティックタイプのLiPo同様、3セルを束ねれば、1本のスティックへ。
セパレートさせることで、RAS内部への格納する事ができます。
サイズは100mm×20mm×5mm×3となります。

Lipo



お次は、トレポンユーザーさんに大変人気で、長らく在庫切れになっておりました、ネオックスのNEOX Lipo11.1v 35C 950mAhが再入荷しました!
容量がUPしたにも関わらず、バッテリーサイズはコンパクトになっています。しかも、ストックパイプ内に格納する事を前提に、配線が半分の長さになってます。
バッテリーサイズは102mm×10mm×19mmとなります。

バッテリー


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:15Comments(0)★ORGA AIRSOFT

2016年05月26日

【最新グリーンベレー使用!】アングリーガン SOCOMサプレッサー入荷!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日、アングリーガンから大量に新商品が到着致しました!!
その中でも一押しの商品がアングリーガン SOCOM556 Mock サイレンサーです。
US SOCOMとの契約を結んだSUREFIRE製サプレッサーのレプリカで、アルミ削り出しサプレッサーとスチール削り出しフラッシュハイダーのセットです。
こちらのサイレンサーですが、5.56用でロングとショートの2種類御座いまして、カラーバリエーションはブラックとFDEの二色となります。
ハイダー部は14㎜逆ねじに対応しますので、逆ネジ対応の電動ガン、ガスブロ、トレポンにオススメです。

surefire

socom

サプレッサー

アングリーガン SOCOM556 Mock サイレンサーはこちらからご覧頂けます。

続いて御紹介する商品はLVOAカスタムにオススメのAngryGun WCRS-Compシリーズです。
タクティカルトレーニングで有名なクリスコスタ氏が好んで使用しているWAR SPORT INDUSTRIESのLVOAタイプハイダーです。

HOT HATタイプは、ハンドガード方向にブラストが向かないように、帽子のツバのようなフランジが備わっているタイプとそうでないタイプが御座います。どちらも民間系のカスタムにオススメのハイダーです。

その他にも、東京マルイM4 MWS用のアングリーガン Seekin* Style トリガーガードも入荷しております。
本トリガーガードはアルミ削り出し製で刻印もしっかりと施されており、重厚感もありますので民間系カスタムにオススメの商品です。

東京マルイ

アングリーガン Seekin* Style トリガーガードはこちらからご覧頂けます。

お次も東京マルイM4 MWS用のアンビマガジンキャッチです。
Troy タイプアンビマガジンキャッチを再現し、ミリタリー系から民間系まで様々なカスタムにオススメです。
アンビですので素早くマガジンチェンジが行える商品となります。

今回は東京マルイ M4MWS用とWE GBB用の2種類入荷しておりますので合わせてご覧頂ければと思います。

M4 MWS

アングリーガン Troy タイプアンビマガジンキャッチは一覧はこちらからご覧頂けます。

最後に御紹介する商品は、アングリーガン WE M4/M16/MSKシリーズ対応 アルミホップアップチャンバーです。

WEのM16/M4シリーズ、MSKシリーズのガスローバック用アルミ削り出しホップアップチャンバーです。
ロットによりアッパーレシーバーのチャンバー部分のサイズが違いますが、調整パーツが付属しますのでどのロット(オープンボルト仕様に限る)のアッパーレシーバーにも対応します。

アングリーガン


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:56Comments(0)★ORGA AIRSOFT

2016年05月25日

東京マルイ次世代AK102 電動ガン Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。
本日は東京マルイ製次世代AK102のMagnusチューンのご紹介です。

今回はオーナー様のご要望で爆音とのご要望でした。
次世代系の銃は使えるパーツに限りがあり、従来型の銃と違い極端に強いスプリングは使えません。
従いまして発射音も限りがあり、従来型の様にはいきません。



ではカスタム作業に入ります。テイクダウンラッチを持ち上げアッパーハンドガードを外します。



レシーバーカバーも外します。



続いてウェイトカバーを固定しているネジ左右6本を外します。



このネジを外すのは特殊な工具が必要です。DTY-03というドライバーを使用します。



ウェイトカバー前部にあるボルトリコイルとチャージングハンドルを外します。



これでウェイトカバー後部を持ち上げながら外します。



リアサイトベースを固定しているネジを外します。



ロアハンドガードは赤丸のネジを外しハンドガードキャップをずらせば外れます。



HOP部の上蓋を外します。



リコイルバーの固定ネジを2本外し、リコイルバーを外します。



これでフロント周りを引き抜き外します。



次にメカボを取り出します。

グリップ底のネジを外すとグリップが外せます。



ストックを折りたたむとメカボを固定しているネジが出てくるのでこれも外します。



モーターハウジングも外します。



これでメカボが取り出せます。



ウェイト部を外します。



メカボのネジを外しメカボを開けます。



メカボ内パーツを取り出しパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けはORGA6mm次世代用軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセット次世代用を組込ます。シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。



耐久性向上の為にプロメテウス次世代電動ガン用 AK/G36用 ハードピストンを使用します。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむし従来AK&次世代AK用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボに各パーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じウェイトも組み込みます。



モーターをセミの切れ向上の為に東京マルイ製サマリウムコバルトモーターを組込みます。サマリウムコバルトモーターはロングタイプですのでピニオンを外しシャフトをカットしショートタイプに加工します。
ピニオンの取り外しはモーターピニオン交換ツールを使います。これがあるとピニオンが破損した時の交換にも使えるので揃えておきたいツールです!



これでショートタイプになりました!



メカボをフレームに組込み、モーターフランジも組んでテストドライブです。



続いてフロント周りのカスタムです。

HOPダイヤルのネジを外しダイヤルを外すとチャンバーが抜けます。



チャンバーからインナーバレルとHOPを外します。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



しかし次世代AKのチャンバーには前後のカットが必要です。接着も忘れずに行いましょう。



これらを組み込んで初速調整をし、ロングレンジ試射を行いカスタムは完了となります。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 09:14Comments(0)次世代AK,G36

2016年05月24日

【光学機器】 小型且つ軽量のC-MOREタイプドットサイト入荷!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

多くのプレイヤーさんが付けているのを見る、リフレックスやC-MOREのような小型のドットサイトです。
リフレックスは初期アフ装備には持って来いのドットサイトでアメリカ軍を初め多くの部隊が使用しています。リフレックスは進化をし続けC-MOREのような形や様々なデザインで発表されています。
C-MOREは軽量ながらデザイン性に優れたドットサイトです。

M4はもちろんP90などに載せてもかっこよく、形状は違えど性能はどれも優れておりますのでオススメです。
小型でスタイリッシュなチューブレスドットサイトで、レンズもクリアでドットがはっきりと認識出来ます。
M4A1はもちろんP90やG36C、MP7等様々な20mmレイル装備エアガンに搭載可能。

22mmのルビーコートレンズを採用し迅速な射撃や動く標的への射撃に最適な光学サイトです!!
無段階の輝度調整機能搭載で4パターンのレティクルパターンの変更が可能!!
ドットカラーはレッド/グリーン、付属の六角レンチを使用しスクリューでの照準調整(上下左右)調整が可能です。
本体はアルミ合金製で丈夫で軽量です。

光学機器

C-MORE

ドットサイト

ホロサイト


今回は、GLOCK18C / 17用のマウントも入荷しております!!!

OPTICS ALG Defenseタイプ GLOCK用マウント&マグウェルセット BKです。

グロック17、及びグロック18C用の光学サイトマウントとマグウェルのセットで、ALG Defense が特殊部隊の要請により製作した試作マウントを再現した商品です。
T-1 や RMR タイプのドットサイトに対応し、 アンダーレールも搭載しウェポンライトも同時に装備可能なタクティカルなマウントでので、サイティングやマグチェンジの素早さなど、グロックの操作性を向上させることが出来、コンマ1秒を争う室内戦においては特に効果を発揮します。
本体は金属製で半光沢で、本マウントを装備したグロックは見た目もスタイリッシュなので、ゲーマーのみならず、お座敷派やシューターの方にもオススメです。 
マルイ ・ WE ・ KWA製グロック17 ・ グロック18Cに対応

ハンドガン


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:03Comments(0)★ORGA AIRSOFT

2016年05月24日

トレポン用 BB弾リリースアダプター入荷!

ORGA AIRSOFT 横山です。

トレポンをお使いのプレイヤーさんはマガジンの弾抜きとかどうされてますか?
試射レンジなどで打ち切る方もいれば、直接BBボトルに戻す方もいるかと思われます。
そんな時の為にこちらのトレポン用 BB弾リリースアダプターがオススメです!!!

本アダプターをBBボトルに取り付ける事でトレポンマガジンの弾抜きがスムーズに行え、マガジンフォロアーが無くなる心配も御座いません。

トレポンマガジン

トレポン用 BB弾リリースアダプターはこちらからご覧頂けます。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:32Comments(0)★ORGA AIRSOFT★トレポンPTW

2016年05月23日

トイソルジャーLV-MBAV入荷!!!

MARSOC

ORGA AIRSOFT Shuです。

本日、トイソルジャーからMARSOCが着用していることで有名なLV-MBAVが少数入荷致しました!!!

LV-MBAVは現在、海兵隊の特殊部隊MARSOCでのみ使用が確認されています。
そもそもこのLV-MBAVがMARSOCのリクエストに答える形でデザインされたのもなのか、たまたま買い手がMARSOCしかいなかったのか、なんとも謎につつまれた存在です...^^;
さらに米国でも一般販売すらしていないので、実物は入手困難で見ればみるほど昨今のアーマー・プレートキャリアのデザイン傾向からかけ離れたそのスリックな形状。
MBAVソフトインサートとSAPIプレートをそれぞれ収納できる構造ですが、本体にはモールウェビングの類が一切ありません。
LV-MBAVはインサートのマガジンポーチやチェストリグとの組み合わせを多く見受けられます。

LV-MBAV

トイソルジャー クライタイプ LV-MBAVベスト カーキ Mサイズはこちらからご覧頂けます。

そんなLV-MBAV用のインサートマガジンポーチも入荷しております!
LBT製のカンガルーポーチのようなデザインですが、ベルクロが全面に付いている為マガジを入れてもしっかりと保持されマガジンの抜き挿しもしやすくオススメです。

カンガルーポーチ

トイソルジャー LV-MBAV用インサートM4マガジンポーチはこちらからご覧頂けます。

他にも人気の高いトイソルジャー NSWバージョン PACAボディーアーマーも再入荷しております!!!
アメリカンスナイパーやローンサバイバーなどの影響で人気が高くすぐに品薄状態なってしまいますのでお早めにゲットして下さい!

PACA

トイソルジャー NSWバージョン PACAボディーアーマーはこちらからご覧頂けます。





  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:16Comments(0)★装備

2016年05月23日

東京マルイ次世代HK416Dデブグル電動ガン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

昨日のサバゲーはどうでしたか?天気も良く最高のサバゲー日和だったのではないでしょうか?
弊社の方も季節柄、電動ガンのカスタム依頼や修理などの依頼が冬場に比べると圧倒的に多くなって来ております。
特に、役2ヶ月ほど在庫を切らしておりました、ORGAカスタム定番のメタルピストンが大量に再入荷した事から、お待ち頂いておりましたカスタム作業に日々終われております。。

先日入荷しましたメタルピストンですが、取り急ぎ第1便として200個くらいしか無く、既に残80個程になってしまっておりますが、6月中旬過ぎには、3000個程入荷する予定ですので、暫く大丈夫そうです。

メタルピストンはこちら

さて、本日は、大変人気のある東京マルイ製次世代HK416DデブグルのMagnusチューンのご紹介です。




それでは作業に入ります。フレームロックピン(F)を外しアッパーとロアをばらします。



チャージングハンドルやブローバックシステムを外します。



バッファーリングをレンチを使って緩めます。
次世代M4系用レンチはこちらです。



配線カバーのネジを外しカバーを取ります。



端子のハンダを外し配線を外します。



バッファーリングとプレートから配線をかわし、バッファーチューブを取ります。



グリップエンドのネジを外しモーターを取り出し、グリップも外します。



矢印の歯車がアンビ機構に連結しています。
HK416はこの機構があるので電動ガンM4用グリップには変更出来ません。
かならず次世代HK416用のグリップを使用して下さい。



マガジンキャッチ・トリガーロックピンを外します。



セレクターレバーをSAFEとSEMIの中間にし、メカボの前側を上げボルトストップを外します。



続いてメカボ後方を持ち上げながら前方向にメカボを取り出します。



これでメカボが取り出せました。

次にメカボのカスタムに入ります。




メカボを開けます。
ここで使われているシリンダーは加速ポート付きシリンダーになります。
FULLシリンダーと加速ポート付きシリンダーの違いにつきましてはこちらでご説明しております。
メカボ内パーツを取り外しパーツクリーナーで洗浄します。



軸受けは耐久性向上の為、ORGA次世代用軸受けを使用致しました。
軸受けの組込み方のコツはこちらよりご覧頂けます。
続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。
方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



今回はバッファーチューブ内に配線を通すのでそのままでは短い為テフロン配線に交換します。
テフロン配線はこちらです。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセット次世代用を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。



ピストンは耐久性向上の為にSHS製次世代M4用メタル歯ピストンを使用します。このピストンは歯と本体の接着をお勧めします。
詳しくはこちらよりご覧下さい。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむし次世代M4用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により
弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボにカットオフレバーやセレクタープレートを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。そしてメカボを閉じます。



メカボをフレームに納めます。



続いてバッファーチューブの加工に入ります。


バッファーチューブの蓋を緩めます。ネジロックで固定されているのでヒートガン等で温めると簡単に回ります。



蓋を取るとウェイトが外せます。



真ん中のネジを外してバッファーチューブ後方の端子を外します。



配線を通す穴を開けます。ORGAではフライス盤を使って開けています。



円形でも配線を通すだけなので大丈夫なんですが、配線に負担が掛からない様に細長い穴を明け、角は面取りしておきます。



純正スプリングガイドはウエイトから出ているステーに差し込む様になっているので、ウェイトを外すとスプリングガイドが固定出来ません。そこで従来電動ガンVer.2用のスプリングガイドを使用します。
今回はG&P製Ver2用スプリングガイドを使用しました。



バッファーチューブに干渉するので耳は切り落とします。



M5の皿ネジをでバッファーチューブ内からスプリングガイドを固定します。



これでスプリングガイドがしっかり固定出来ました。



スプリングはMagnusスプリング次世代用を使用します。
バッファーチューブを組みこみます。



配線はこんな感じでバッファーチューブ内に通します。
長さを合わせ先端にミニコネを付けました。
これでバッファーチューブ内にLipo7.4vスティックタイプが入ります。



モーターはセミのレスポンスが抜群の東京マルイサマリウムコバルトモーターを使用します。
スイッチ接点保護の為にSBDも組込みます。



これらを組み込んでテストドライブです。
Magnusスプリングを組み込んでもサマリウムコバルトモーターのおかげでセミの切れは抜群です!
SBDも組み込んでるのでスイッチ接点の焼けも気になりません。



フロント周りのチューンに入ります。




チャンバーをバラします。
インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



バレルとHOPをチャンバーに組込みHOPを掛けていきHOPが水平に降りてきてるかチェックをします。HOPアームのの精度に因ってHOPが水平になってない場合があるのでお気をつけ下さい。
これらを組込みアッパーとロアを組んで初速チェックです。流速の場合はHOPを掛けていくと初速が上がるのでこれを考慮し初速を決めましょう。今回はバレル長190mmで調整しました。
ロングレンジ試射を行いカスタムは終了となります。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 10:19Comments(0)次世代HK416

2016年05月22日

【修理】次世代SCAR-H電動ガン 修理

ORGA AIRSOFT TAKAです。

以前にMagnusチューンを施しました東京マルイ製次世代SCAR-Hの修理のご紹介です。

今回のご依頼は通電不良とオーバーホールでした。
後々判明したのですが、今回の不具合は次世代M4系や次世代SCARにはたまに起こる現象でセレクターレバーでスイッチ側面の電極をON・OFFするのですが、そこが接触不良を起こし通電不良となっていました。



通電不良の場合はどの箇所で通電が妨げられているか突き止めなければいけません。
各配線に断線がないかテスターでチェックをしながら作業を行います。
メカボを取り出します。分解カスタム作業は過去にも行っておりますのでこちらよりご参考にして下さい



オーバーホールの過程で各パーツを洗浄しながらチェックします。
セクターギアの掛かり終わりのギアが磨耗しておりましたので新品と交換しました。



先ほどご説明したスイッチ側面接点の不良箇所です。
ORGAブログにて接点不良対策の詳細な説明をしております。
ここを改善し通電不良は解消しました。



スイッチ接点保護の為にSBDも組み込みました。



後はMagnusスプリング次世代用東京マルイ製チャンバーパッキンもへたりが見られましたので交換致しました。

今回のご紹介はこれで終了です。


ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 22:04Comments(0)次世代SCAR

2016年05月20日

話題のBADタイプPDWストック入荷!!!

BAD556

ORGA AIRSOFT Shuです。

近頃、何かと噂のBAD PDWストックがアイアンエアソフトからリリースされまして、本日入荷致しました!!!!
専用小型バッファーが付属し、小型バッファーにもしっかりと刻印が入っておます。
HK416Cと良く似た構造の全長を抑えたPDWタイプストックで、チークピースは実物はカーボンですが、こちらはカーボン風プラスチック製チークピースが付属します。
カーボン風プラスチックですが、風ではなく実物のカーボンのような仕上がりでとてもクオリティーの高いストックです!
注意事項として、組込み後は必ずボルトキャリアの正常作動を確認してから実射を行って下さい。

今回はガスブロ用だけでなく、電動ガン用も入荷しておりますので合わせてご覧頂ければと思います。
電動ガン用は一般的なノーマルマルイM4タイプのレシーバーに対応ですが、多少の加工が必要な場合が御座いますのでご了承下さい。

PDWストックガスブロ


今回の集荷は少量の入荷ですのでお早めにゲットして下さい!!!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:08Comments(0)★ORGA AIRSOFT

2016年05月20日

☆大人気のFortisハンドガード再入荷!!!

FORTIS
ORGA AIRSOFT Shuです。

本日、大人気のアイアンエアソフト製 Fortis Switch556 Keymodハンドガードが再入荷致しました!
こちらのハンドガードは大人気で、入荷案内を出した途端に品薄になってしまう事が殆どですのでお早めにゲットして下さい!

今回は電動ガン用とトレポン/ガスブロ用の二種類が再入荷しており、12インチと14インチ、2種類のレングスが御座います。

ハンドガードとアッパーに隙間がないようにピッタリと取り付けた場合テイクダウンした際にテイクダウンができなかったり、ロアレシーバーに傷が入ってしまう時とかありませんか?それを防ぐ為にこちらのハンドガードはワンタッチで脱着が可能。傷がつく心配が無く、テイクダウンの際もワンタッチでハンドガードを外しす事でテイクダウンが容易に行えます。

Ironairsoft

Fortis


他にもSwitch556にピッタリなSLR Rifle ガスブロックも再入荷しております!
フリーフロート系のライフルレングス 及び CQBの電動ガンにオススメのガスブロックで、奇抜なデザインが目を引くガスブロックです。

ガスブロック


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:53Comments(0)★ORGA AIRSOFT

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

ORGA Blogカテ
ORGA日記 (247)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (12)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (71)
M4,16 (75)
HK416 (10)
M14 / EBR (37)
MASADA (15)
Magpul PDR (3)
MP5 (9)
AK / RPK (45)
PDW (13)
SR25 (5)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (2)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (24)
SRC (2)
ARES (10)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
P90 (0)
P90 (0)
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 263人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ORGAへmail