2016年01月31日

東京マルイ VSR-10 Magnusチューン

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製VSR-10のMagnsuチューンをご紹介致します。
元はGスペックでしたがPDI製アッパーキットのPDI-PMX005を組み込んでありました。



まずはストックからPMX005を取り出します。



シリンダー部とアウターバレル部を分解します。
下部のM3イモネジを外してアウターバレルを逆時計回りに回すと外れます。



レシーバーからシリンダーを取り出します。
シリンダーはボアアップでピストンはバキュームタイプです。
トリガーはニュートリガーですのでこのまま使用します。



シリンダーはPDI VSR-10用 プレシジョンシリンダーセット HDに変更です。
ボアアップシリンダーやバキュームピストンは弾道や弾速が安定しない事が多いので・・・。



プレシジョンシリンダーセットに付属しているピストンはマルイ純正のトリガー仕様ですのでピストンエンドをニュートリガー用に交換します。
ピストンに組まれているのがマルイ純正トリガーでシアーの掛かる部分が斜めになっています。
ニュートリガー用のピストンエンドはシアーの掛かる部分が垂直です。



コッキングレバーをプレシジョンシリンダーに移植します。
シリンダー内をグリスアップしMagnusスプリングVSR用を使用しピストン、シリンダーヘッドを組込ます。



シリンダーをレシーバーに組んでニュートリガーも組み込めばシリンダー周りのカスタムは終了です。



次にフロント周りのカスタムです。
ネジを2本外しチャンバーブロックを取り外します。
この中にはPDI HOP UP チャンバーver.2が組まれておりましたのでチャンバーは純正品を使用します。
ORGAではチャンバーは純正が一番と考えておりまます。



元のGスペックから取り出したチャンバー&インナーバレルです。
チャンバーを分解します。
使用するのはチャンバーASSYとチャンバーパッキンです。



インナーバレルはMagnusバレルボルトアクション用200mmです。
後で初速調整の為に200mmからカットしながら短くしていきます。



純正のチャンバーパッキンのHOP部の出っ張りを削り平らにします。
これをしないと面HOPにならないので・・・。



削り方はパッキンを半分ひっくり返し出っ張りをリューターであらかた削り仕上げは平やすりで綺麗にします。



HOPはもちろん面HOPです。
いつもの電気なまずを使用します。



電動ガンの場合は大きいのでなまずをカットしますが、VSRの場合はそのまま使用します。
HOPアームの赤線の幅が狭いので平やすりで幅を広げます。



この様になまずを挟み込む様に接着します。



Magnusバレルと面HOPをチャンバーに組込ます。
HOPを掛けていきHOPが平らに降りてきている事を確認します。



インナーバレルが短いのでそのまま使用しますとマズルの部分で弾当たりが発生します。
その為にφ10mmのアルミ管でマズル部まで誘導管を作製します。
PDIのマズルキャップ(逆ネジ)を外しφ9.5mmのドリルで穴を貫通させます。
次にアルミ誘導管を差せる様にφ10.1mmのドリルで10mm程度のザグリをつけます。
これでアルミ誘導管がマズル部から先に出る事はありません。



マズルにアルミ誘導管を差してみます。
アルミ管の長さは長すぎるとHOPがNOHOPにならなくなるのでNOHOPで丁度良い長さに調整して下さい。



アルミ誘導管をインナーバレルに差し込むのですが、そのままだとガタが出るのでインナーバレルの先端と根元に7~8cmのシールテープを巻いてアルミ誘導管を押し込みます。



これでチャンバー周りが完成です。
アウターバレルにチャンバー周りを組み込んでチャンバーブロックで固定します。



アウターバレルとレシーバーを組んで初速調整です。
今回はインナーバレル長は180mmで調整しました。

ロングレンジ試射にて弾道をチェックし、適HOPにて弾速を確認し作業は終了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:13Comments(0)ボルトアクション

2015年04月08日

VSR用キット!ステンレスシリンダーアッセンブリー

VSR カスタムシリンダー

ORGA AIRSOFTです。
今日は雨ですね。。。折角 最近暖かかったのに残念です

さて、本日は 東京マルイVSR用のステンレスシリンダーアッセンブリーの紹介です。 東京マルイのVSR-10 プロスナイパーやGSPECをカスタムする時って、限られた高価なパーツしか選択肢がありませんでしたが、今回の発表するシリンダーASSYで大分 カスタムの幅が広がると思います★ORGAの方でも散々テストを繰り替えしております。

今回はとりあえず、2Typeの商品をUPしています。

1)VSR用 ステンレスシリンダーセット JAmament
2)コンプリートキット VSR-10 プロスナイパー用

※追って、GSPEC用と専用カスタムスプリングを公開します。

商品はこちら
http://orga-inc.jp/products/list.php?category_id=484


VSR用 ステンレスシリンダーセット JAmament
東京マルイ VSRシリーズに無加工で組み込み可能な高品質ステンレスシリンダーアッセンブリーです。
ピストン、スプリングガイドも付属します。
スプリングはVSR純正径(細径)対応となりますので、ORGA MagnusSpring for VSRは利用できません。

《同梱物》
・JArmament ステンレスシリンダー
・スプリングガイド
・ハードピストン
・説明書
・ボルトハンドル調整用シム


コンプリートキット VSR-10 プロスナイパー用
内径6.23mm ORGA Magnusバレル430mm for VSR-10 プロスナイパーをJArmament シリンダーアッセンブリーを専用スプリングで調整したコンプリートキットです。本キットをポン付けで組んで頂いた場合に適正初速になる様 調整してあります。東京マルイ VSRシリーズのHOPチャンバーにそのままご利用頂けます。

《シリンダーアッセンブリーについて》
東京マルイ VSRシリーズに無加工で組み込み可能な高品質ステンレスシリンダーアッセンブリーです。
ピストン、スプリングガイドも付属します。
VSR-10 , GSPEC対応
本商品の納品時に組まれているスプリングがM70程度の弱いスプリングを付属させておりますので、お客様の方でカスタム時に任意のスプリングへ変更してください。

スプリングはVSR純正径(細径)対応となりますので、ORGA MagnusSpring for VSRは利用できません。
対応用のカスタムスプリングも掲載しています。

《コンプリートキット同梱物》
・内径6.23mm ORGA Magnusバレル430mm for VSR-10
・JArmament ステンレスシリンダー
・コンプリートキット用 専用スプリング
・スプリングガイド
・ハードピストン
・説明書
・ボルトハンドル調整用シム

東京マルイ VSR

商品はWebShopから販売も可能ですが、もう既に問屋さんには発送を始めておりますので、早い小売店さんでは販売開始していると思いますので、お付き合いのある小売店さんに聞いてみ見てください。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:33Comments(0)ボルトアクション

2014年12月20日

東京マルイL96AWS カスタム ボルトアクション

ORGA AIRSOFTのTAKAです。

寒いですね~、明日 サバゲーの人も多いのではないですか??

今日は東京マルイ製L96AWSのMagnusチューンです。

スナイパーといえばギリースーツですが、この時期 ガッツリ溶け込むギリースーツもありますので、ご覧ください。


そういえば、問屋さん先行になってしまいますが、もう間もなく VSR用のステンレスシリンダー ASSYを発売開始しますので、楽しみにしててください!
工房の方でもキッチリテストしてある逸品で、ノーマルスプリング径対応(何種類かスプリングもラインナップします)してますので、スナイパーに凝っているPlayerさんにはオススメのアイテムです。
こちらの情報は別途 告知させて頂きます。

以下L96 AWS、分解の手順等も含めまして詳しくご紹介させて頂きます。

スットク下部の三本のネジを外しレシーバーを取り出します。


レシーバー下部の三本のネジを外しローディングエスカレーターを外します。


はい!外れました。


2本のネジを外すとマウントレールが外れます。


マウントレールの下にあるアウターバレルを固定しているネジを外します。


フレーム下部にある2本のネジを外します。


アウターバレルを回していくとアウターバレルがフレームから外せます。


スプリングレートを上げますので純正パーツでは強度的に問題が生じます。

PDI製プレシジョンシリンダーセットHDとν(ニュー)トリガーにパーツ変更です。

プレシジョンシリンダーセットHDです。


こちらがνトリガーです。



プレシジョンシリンダーセットHDに付属されているピストンエンド(左側)は

マルイ純正トリガー用ですのでνトリガーに付属されているピストンエンド(右側)を使用します。

違いはシアーの掛かる部分の角度にあります。

マルイ純正用は斜めになっており、νトリガー用は直角になっております。


ピストンにνトリガー用のピストンエンドを取付けました。

スプリングはL96用Magnusスプリングです。


プレシジョンシリンダーにスプリングガイド・スプリングとピストンを入れ組み上げます。


ノズルプレートの固定ワッシャーを外しプレートをノズルから取り外します。


トリガーを固定しているネジを2本外します。


これでトリガーASSYが外れます。


シリンダーをフレームから外します。


シリンダー後部ボルトエンドのネジ2ヶ所を外します。


ボルトエンドとボルトハンドルを外します。

ボルトエンドとボルトハンドルの間にクリックボールが入っておりますので無くさない様に気をつけて下さい。


プレシジョンシリンダーにボルトエンドとボルトハンドルを取付けます。


レシーバー下部のネジを6本外します。


これでインナーレシーバーが取り外せます。


プレシジョンシリンダーはマルイ純正シリンダーより少し径が太い為

インナーレシーバーの前後にあるシリンダーサポートリングの内側をリュータ等で削ります。

サポートリングをインナーレシーバーから取り外して削って下さい。


サポートリングを削りながら下記の様にインナーレシーバーに組んでシリンダーを通して当たりをみながら調整して下さい。


だいたいの当りが出たら、念の為レシーバーに組んで再度動きをチェックして下さい。


バレル基部インナー(アウターバレル固定用アルミのリングです。)の内側もリューター等で削ります。


これも削りながらシリンダーに通してみて調整していきます。

スルスルと抵抗がなくなるまで削って下さい。


レシーバーにシリンダー等を組み込みます。


νトリガーも組んで、これで何発か試し撃ちをします。


今回はお客様からご提供されたライラクス製のショートアウターバレルを組み込みます。


純正インナーバレルの3本のネジを外しステーを取り外します。


インナーバレルからチャンバーブロックASSYを抜き取ります。


チャンバーブロックのネジを2本外しチャンバーを取り出します。


チャンバーのロック用リングを外しバレルを後部方向に抜き取ります。

通常の電動ガン等はバレルは前方向に抜きますがL96は逆方向ですのでご注意下さい。


バレルはもちろんMagnusバレルボルトアクション用200mmを使用します!


面HOPを使用する為にチャンバーパッキン内のHOP部の突起は削り落とします。


チャンバーパッキンをひっくり返し突起部を出します。


突起部をキレイに削り落としました。

ここをキレイに仕上げないとHOPの掛かりが不安定になり弾道に影響します。


チャンバーパッキンをバレルに組み込みます。

そしてチャンバーに組み込みます。

面HOPはいつもの電気なまず「辛口」を使用します。


チャンバーのHOP窓の大きさに合わせてなまずをカットしHOPアームの台に接着をします。

これでアームのピンを入れてチャンバーをチャンバーブロックに組んでチャンバー周りは終了です。


インナーバレルが短くなった為そのままではマズル部で弾当たりを起こします。

その為φ10mmのアルミ管を使用しアウターインナーを作製しマズル部まで弾の通り道を作ります。

L96のマズル部はネジロックで固定されていますのでヒートガン等でしっかりと暖めてからマズルを外します。


専用のマズルレンチがあると取り外しや組み付けに便利です。


このままではアルミ管がマズルに刺さらないので最初はφ9.0mmドリルで穴全体を大きくします。

次に深さ10mm程度のザグリ穴をφ10.1mmのドリルで作ります。


これでマズルにアルミ管が刺さり固定出来ます。


矢印の部分はアルミ管の中でインナーバレルのセンターが出る様にシールテープを巻いています。


マズル部までの長さを測りアルミ管をカットします。

インナーバレルに被せます。


これをアウターバレルに組み、マズルも取付けます。

これでインナーバレルが短くても弾当りがなく使用出来ます。


アウターバレルとレシーバーを組んで初速を計ります。

今回はそのままでは初速が高めだったのでインナーバレルを160mmにカットしました。


これにスットクを組みます。

この状態でHOPも掛けて再度初速を計ります。

インナーバレルが短いのでHOPを掛けると初速が少し上がります。

ロングレンジの試射を行い完成となります。

ショートバレル仕様なので取り回しが良く、機能的です。

サイレンサーをつけても邪魔にならない長さです!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)ボルトアクション

2011年09月28日

GAS L96



Well Gas L96

こんばんわ★ORGAです^^

先日届いた私物のGAS 96です。。。

たまには自分の銃を買ってみましたw



物自体は、Well製で、youtubeで映像を見ていたら、やはりボルトの「ガシャコン!」という所が超カッコよくて、ついポチってしまいました^^;

まだ、とりあえずデチューンを解除して、適正初速に合わせ、134で撃ってみましたが、意外と静かですね。

多分、普段からBoltActionMagnusを作っているせいだとは思いますが^^;



重量感は、エアコキとは比較にならない程、ずっしりしてます。

ゲームでヒストリカルなスナイピングをしたい人向けですね!



ボルトのGAS Magnusって有りだと思いません???

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:10Comments(0)ボルトアクション

2011年07月07日

マルイ L96 Magnus




マルイ L96 Magnus

どうもです。
ORGA TAKAです!

今後、自分の方でもBlogのUPをして行きますので、宜しくお願いしますface02

以前に作業しましたマルイ L96 Magnusです。




シリンダー部分を取り出します。
エアコキはギアやモーターがない分シンプルな構造な為故障が少ない優れモノです^^v



シリンダー&トリガーASSYをPDI製に交換します。
これによりハイレートなMagnus Springに対応可能になります。



シリンダーASSYを分解します。
ピンボケですみません^^;



もちろん L96対応 Magnus Springです!



ピストンとSpringを組むとこんな感じになります。



ピストン先端のOリングはLOCTITEでしっかり接着します。
これを怠るとシリンダー内でOリングがポロリって事になり、
トラブルの原因になります。



ピストン後部の部品でトリガーをここでひっかけます!
左側の方がトリガーに付属されているもので、
爪がひっかかる部分が90度になっていてハイレートスプリング対応になっています。



シリンダー内とピストンのOリングにはWAKOSのケミカルをまんべんなく塗布。





あとはASSYを組み上げます。
シリンダーが光って美しいですね!


シリンダーを本体に組み込んで動きがスムーズかチェックします。
硬い場合は本体内部のシリンダーを保持する樹脂リングを研磨して調整します。



次はチャンバー部分のカスタムに突入です。



チャンバーをバラします。
HOP加工に恒例の「なまず」を投入!!!
このパーツは必需品ですね。


なまず加工が終わったらMagnusバレルを装着します。



チャンバーを組み上げます。



PDIのトリガーASSYを装着!
ロゴが光ってますね。
カッコイイ(^^)


仕上げは弾速が規定値に納まるようにバレル長を調整し、
インナーバレルが短いのでアウターバレル内で球がぶつからない様に
アルミ管でハイダー部まで延長をします。
この作業はちょっとコツが必要なんですよ^^


これで弾道もパワーも最高のL96が完成です!!!!
遠距離からのHITも楽々でこれだからボルトアクションはやめられません^^v
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 11:48Comments(0)ボルトアクション

2011年05月23日

VSR Magnus 東京マルイ



VSR Magnus

《Tune構 成》

[固体] 東京マルイ VSR

[Tune内容] ORGA BoltAction Magnus

[ピストン] PDI

[ピストンH] PDI

[シリンダーヘッド] PDI

[シリンダー] PDI HD

[バレル] ORGA Magnusバレル200mm

[スプリング] ORGA Magnus for VSR

[HOP] ORGA HOP Tune



こんにちは★ORGA teruです^^

先日作業のVSR Magnusです。


今年の夏はBoltですねw



今回もPDI製のユニットを利用します。

2割くらい値段が下がれば、すごい良い製品なんですけどね^^;



Magnus for Boltは、スプリングレートの設定が高めですので

ピストンエンドは、vトリガーに付属のT字の方を使います。



ピストンヘッドの先端のOリングは、衝撃で取れやすいので、接着剤で固定します。





シリンダーのグリスアップにもWAKOSを利用します。



スプリングは、今、量産入荷待ちのMagnus Spring for VSRです。

L96用も作ってします^^y





トリガーユニットは、PDI vトリガー

精度完璧です!



シリンダー周り、トリガーユニットを取り付けて、ボルト側の作業終了です。



ボルト側が終了したら、HOPチューニングです。



Magnus for Bolt でも、面HOPを構築して行きます。



ちょっとヒントです^^



バレルは、Magnusバレル for VSR&L96を利用。

長さは、200mmです。

200mmは現在売り切れになってますので、430mmをカットして頂くしかないんですTOT

430mmも残り数本です^^;

SHOPの方に掲載してますので、お早めにお願い致します★



OK!HOPがまっすぐです^^y



《新規作業待ち》順不同

・Nomt氏:ClassicArmy EBR Axis

・Inoue氏:M14 Magnus

・Ito氏:次世代SCAR-L Axis

・WAKI氏:APS AK47

・Hashimoto氏:ドラグノフ

・Sasaki氏:SR16E3 Magnus

・Watanabe氏:M14 Magnus

・Atsuta氏:CYMA MP5 MagnusHD

・Atsuta氏:CYMA M14 Magnus

・Tak氏:L1A1 Retune

・Ando氏:VFC AK104

・Dobuchi氏:SR25 Magnus

・Yamamoto氏:A&K Masada Axis

・Hirano氏:RPK Magnus

・Matsuoka氏:MP5SD6 Axis

・BigBoss氏:SR25K Magnus

・Ogawa氏:MP5 Axis  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:00Comments(2)ボルトアクション

2011年05月18日

L96 AWS Magnus



《Tune構成》

[固体] マルイ L96 AWS

[Tune内容] ORGA BotlAction Magnus

[シリンダー] PDI

[ピストン、ガイド] PDI HD

[バレル] Magnusバレル for Bolt150mm

[スプリング] ORGA Magnus for L96

[HOP] ORGA HOP Tune

------------------------------------------------

お疲れさまです★ORGA teruです。

ここの所 連投で入っているボルトアクションMagnusの作業です。

まずは、マルイL96です!

====================
 パーツ選定
====================

今回のチューンは、近日に公開する Magnusスプリング for Bolt(L96&VSR) を利用する為、トリガー周りとシリンダー周りはPDIの製品を採用。



Magnusスプリング for L96は、太径となり、PDIのセットにバッチリ合います!





PDIのピストンヘッド先端のOリングは、衝撃で外れやすいので、接着しましょう!



グリスアップにはWAKOSシリコンを利用



パーツの準備が整ったら、シリンダー側の作業が終了です。





====================
 ガイド研磨
====================

PDIのシリンダーに変更の場合、ボルトユニット内の白いジュラコンガイドがタイトになり、シリンダーが通らないので、内側(内径)を若干広げます。



そうすると、バッチリ収まります^^



掲載忘れ画像を一枚!

ピストンエンドは、L型のピストンエンド(vトリガーに付属)へ交換します。



アッパーユニットの準備が済んだら、vトリガーユニットを取り付けます。

上記のL型とvトリガーのセカンドシアーの形状により、ハイレートのスプリングをしっかりホールドできる様になります。





====================
 HOPチューニング
====================

ボルトユニット側の作業が終了したら、HOPのチューニングです。



命中精度向上の為、Magnusバレル for L96&VSRと
なまずを利用して、チューニングを行います。

|-Magnusバレル for L96&VSR

|-なまず




《新規作業待ち》順不同

・Nomt氏:ClassicArmy EBR Axis

・Kon氏:VSR BoltActionMagnus

・Inoue氏:M14 Magnus

・Ito氏:次世代SCAR-L Axis

・WAKI氏:APS AK47

・Hashimoto氏:ドラグノフ

・Sasaki氏:SR16E3 Magnus

・Watanabe氏:M14 Magnus

・Atsuta氏:CYMA MP5 MagnusHD

・Atsuta氏:CYMA M14 Magnus

・Tak氏:L1A1 Retune

・Matsuo氏:次世代CQB-R Magnus

・Ando氏:VFC AK104

・Hirano氏:

・Dobuchi氏:SR25 Magnus

・Yamamoto氏:A&K Masada Axis

・Hirano氏:RPK Magnus

・Matsuoka氏:MP5SD6 Axis

・BigBoss氏:SR25K Magnus  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:30Comments(0)ボルトアクション

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

ORGA Blogカテ
ORGA日記 (389)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (27)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 314人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail