2016年11月20日

東京マルイ VSR-10誘導管作製方法

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製VSR-10の誘導管の製作についてご説明させて頂きます。

VSR-10(プロスナイパー・Gスペック)にカスタムを施しインナーバレルが短くなると発生するトラブルがマズル部での弾当たりです。
インナーバレルに誘導管をかぶせマズル部まで誘導してあげれば弾当たりは解消されます。
L96の場合でも方法は粗同じですので宜しければご参考にして下さい。



チャンバーに組込みたいインナーバレルを組込みます。
HOP調整を一番前にずらしておきます。



外形φ10mm(内径φ9mm)のアルミ管(ホームセンター等で入手可能)を用意します。



アウターバレルに先程のチャンバーを組込み仮止めします。



アルミ管をインナーバレルに差し込みます。
この時HOPの調整が一番前になっている事を確認して下さい。
一旦アウターバレルと面一になる様にカットします。
カットはパイプカッターを使用しますと綺麗に切れます。



続いてマズルの加工です。
φ9.5mmのドリルで貫通させて、アルミ管を差し込む部分をφ10.1mmのドリルで10mm程度ザグリます。
ザグる量は10mmでなくてもアルミ管を差し込めて前にずれない様に固定出来れば何mmでも構いません。
ORGAでは旋盤を使用してこの加工を行っております。
マズルの加工は旋盤が無いと大変かと思いますが頑張ればハンドドリル等でも可能です^^;



一旦アウターバレルと面一にカットしておいたアルミ管をマズルの寸法に合わせて再度カットします。
カットした部分はバリ取りリーマーで内側のバリは必ず取っておいてください。
ちなみにGスペックの誘導管長は220mmでした。



このままではガタが出るのでインナーバレルの根元と先端にシールテープを巻きます。
大体ですがシールテープは10cm程度で大丈夫かと。
シールテープを巻いたら誘導管を差し込みます。
誘導管にガタが無く、簡単には動かない事を確認します。
ガタがあったり、スルスル動く様でしたらシールテープを巻き足して下さい。



アウターバレルにマズルとチャンバーを組込みます。
この時マズルに誘導管がスムーズに入る様に先端から細い棒状の物でセンター合わせをしながら差し込んで下さい。

無理に差し込むと誘導管が奥にずれてしまいます。
これで誘導管の作製は終了です。

以上、ご参考になれば幸いです。





  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:35Comments(0)★電動ガン カスタム

2016年03月26日

電動ガンの2発給弾対策例

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は二発給弾対策についてお話します。

二発給弾を起こすメカニズムですが、一発目が給弾されますと通常はそこで弾は止まります。
しかし、「チャンバーの構造やマガジンの弾上げの力が強すぎる」場合、一発目が給弾されると、弾がズレて二発目が給弾されてしまう事があります。

対策としましてチャンバーの給弾口の突き当たりに溝をつけ上がってきた弾がズレない様に加工すれば解消されます。

給弾口から見た画像です。

この突き当たりにドリルで溝を付けます。

φ3.5mmのドリルで深さは1.5mm程度の溝を付けております。ドリル径、深さはこれで無ければいけないと言う訳ではないのであくまで目安です。
ORGAではフライス盤を使っておりますがリューターやハンドドリルでも可能です。

こんな感じで溝を付けました。

これで弾が上がった時に弾が溝にはまる為、ズレる事が無くなり二発給弾が解消されます。
二発給弾でお困りのプレイヤーさんはお試し下さい。

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:28Comments(0)★電動ガン カスタム└電動ガン

2015年09月13日

P90 電動ガン 修理作業

ORGA AIRSOFT TAKAです。

今日は海外製P90の修理作業です。
使用中にギア部分から異音がして動かなくなったとの事で修理開始です。

ORGAのWebサイトに「カスタムについて」のページを追加しましたので、そちらもご覧ください。

カスタムのページはPC版とスマホ版がありますので、以下よりご確認お願い致します。

PC版
http://orga-inc.jp/user_data/the_one.php

スマホ版
http://orga-inc.jp/user_data/customm.php  



まずはフロント部分を抜きます。
矢印のボタンを押しながらフロント部分を前方向に抜きます。
構造としましてはマルイ製とほぼ同じ様です。



チャンバーの色がマルイ製は黒ですがこちらは白です。



続いて後部のプレートを外します。
下側のボタンを押しながら下方向にずらします。



こんな感じにずらしたらプレートが外れます。



メカボを押さえているプレートのネジを2ヶ所を外します。



メカボを押さえているプレートが外れました。



メカボを後ろ方向に抜き出します。



メカボを取り出しました。
スイッチBOXが外部にありメカボと簡単に取り外しが出来ます。
スイッチBOXを固定している三ヶ所のネジを外します。
取り付けの際にはネジを締めすぎるとスイッチBOXのカバーが割れるので注意です。



スイッチBOXが外れました。



モーターハウジングの固定ネジ2ヶ所を外します。



スイッチ部とモーターハウジングが外せるのでメンテナンスはし易いですね。



トップの固定レールを外し、先端のネジを外せばメカボを開けられます。



メカボを開けて動かなくなった原因を調べました所、ギアがピストンに乗り上げピストンが挟まった状態でした。

原因が解かった所で各パーツを一旦外し全てパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けは一旦外ししっかり接着を行います。



ギアもキレイに洗浄し確認しましたが問題はございませんでした。
ですのでこのまま使用します。
シム調整をおこないます。



次はギアのグリスアップです。



ピストンの歯の端部分が削れておりましたので交換します。



ピストンは耐久性があるJA製メタルティースピストン14歯を使用します。



シリンダー内にグリスを薄く塗り伸ばします。
ギア周り、シリンダー周りをメカボに組んでいきます。
その際ギアの軸部分、ピストンレール、タペットプレートのレール等摩擦の起こる部分にはグリスを塗ります。



メカボを閉じてモーターハウジング、スイッチBOXを取り付けてテストドライブです。
しかし、モーターが回りません・・・・。
原因を調べたらヒューズ部の接触不良が見つかりましたのでヒューズカットを行い対応しました。



メカボをフレームに戻し再度テストドライブでセミ、フルの駆動確認をしながらモーター位置調整です。
これでフロント部分を組んで試射を行い初速チェックで完成となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:06Comments(0)★電動ガン カスタム

2015年09月02日

電動ガン用 V2ハイレスポンスメカボックス

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は大変にご好評を頂いておりますORGA V2ハイレスポンスメカボックスのカスタム内容のご紹介です。
ORGA AIRSOFTにて組み込み調整済みのV2メカボックスでカスタムが面倒な方には最適な商品です。
ベースとなりますメカボックスは抜群のトリガーレスポンスを実現しているハイレスポンス 強化メカボックス Ver2を使用しております。



それではカスタムを開始致します。



まずチャンバーを差し込んでスムーズに入るかチェックします。
キツイ場合はリューターでメカボ側のチャンバーを差込口を軽く削ります。



メカボを開けカットオフレバーを外します。
この時に裏側にスプリングがあるので無くさない様に注意して下さい。



続いてセレクタープレートを外します。
トリガーストッパーが引っ掛かりますので、細いマイナスドライバーでセレクタープレートを浮かせてスライドさせながら外します。



次にORGA SUS420 8mm軸受けを組み込みます。
キツイ場合はメカボの穴を丸ヤスリで軽く削ります。
削り過ぎると軸受けがガタつくので注意して削ります。
軸受けは水平に置くまで圧入し接着致します。



ギアはCORE製 High Speed 16:1 強化ギアを使用し確実に給弾させる為にセクターチップも組み込みます。



次にシム調整及びギアのグリスアップを行います。



シリンダーは標準サイズのJA製 FULLシリンダーを使用します。



ORGAのカスタムでは定番となっております、JA製メタルティースピストンを使用します。
安価ですが耐久性もあり精度も申し分ありません。
14歯の為ハイサイ等にも使用可能です。



JA製高耐久アルミピストンヘッドを使用します。
ハイレートスプリングでも割れる等のトラブルを最小限に防ぎ、ベアリング付きですのでスプリングのねじれも吸収してくれます。



タペットプレートとノズルも組んでいきます。
在庫状況によりマルイ純正かGUARDER Ver.2 タペットプレートを使用致します。
メーカーのご指定はお受け出来ませんのでご了承下さい。



シリンダー周りを組みます。
シリンダー内はグリスを薄く塗り伸ばします。



在庫状況によりCORE製かSHS製逆転防止ラッチを使用します。
こちらもメーカーの指定はお受けできませんのでご了承下さい。



ギアの軸部分、ピストンレール、タペットレール等摩擦の発生する部分をグリスアップしながらパーツを組んでいきます。



こちらの製品は駆動確認の為M80相当のスプリングを使用しております。
ご使用環境に応じまして適切なスプリングをご使用下さい。



以上、ORGA V2ハイレスポンスメカボックスのカスタム内容のご説明でした。
ご自身でハイレスポンス強化メカボックスをカスタムされる方もご参考になれば幸いです。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:42Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年12月22日

電動ガン用ストックやFortis Railなど新入荷!

バトルリンク

いや~、、、兄さん腕太すぎです^^;

こんばんわ★ORGA teruです。
街はすっかりXmas色ですね!

先に業務連絡
明日の祭日ですが、ORGAは定休とさせて頂きます。
また、年末の営業ですが26日までとなります。
こちら改めて告知させて頂きます。


さて、本日も色々と入荷してます!
毎回入荷すると直ぐになくなる バトルリンクのストック。
今回は、BUSとBULSのみですが再入荷してます!

追って、Mininalistも入ってくると思いますので楽しみにしててください!

バトルリンク ストック

BUSとBULSは電動ガン、GBB、トレポン 何れもご利用頂けます。


MFT BUSMIL

MFT バトルリンクストックはこちら

ストック

Madbull
電動ガン用 スケルトンストック 3ラインナップも入荷してます!
このストックは5~6年前からありますが、根強い人気ですよね!
完全固定式なので、そのサイズ感に慣れてしまえば、あれこれ迷わずエイミングもできますし、なによりカタカタ鳴らないのが嬉しい所です。
このスケルトンストックが電動ガン用となります。

ACE スケルトンストックはこちら



ACEスケルトンストック

M4

さて、フロントの最新アイテムも入荷しています!
今までトレポン等に実物を着けてきましたが、今回のPTS Fortisのクウォリティーはハンパじゃないです!
4種類入荷してます。

PTS Frotis Free Float Rail はこちら

Fortis REV 9inch BK
Fortis REV 9inch CAR-CUT BK
Fortis REV 12inch BK
Fortis REV 12inch Dark Earth


Fortis


フォーティス


PTS


Fortis DE
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年12月17日

電動ガン用 強化パーツなど再入荷!

電動ガンパーツ

ORGA AIRSOFT TERUです。
寒いですね~。。。。
今週の土日は雨予報icon15ですね、、もしサバゲーに行かれる様でしたら、寒いですので風邪には気を付けてくださいね!

さて、電動ガンのカスタムは自分でやらないと気がすまない!(自分もですが)というPlayerさんにORGA WebShopでは電動ガン用の各種強化パーツをご提供していますicon12

特に強化ギアが人気を頂いておりまして、16:1のハイスピードなどは直ぐに売り切れてしまいます。
本日、強化ギアセットを含めました 各種パーツが大量に再入荷致しましたので、是非ご確認ください!

電動ガン用のパーツですが、WebShop左側の
電動ガン内部パーツ内にも沢山ありますが、目ぼしい物は上記の画像の通り、Topページ中段からもご確認頂けます。

電動ガン カスタムパーツ ORGAブランドパーツ
ORGA AIRSOFT
http://orga-inc.jp
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年11月27日

ハイレスポンス メカボックス交換用パーツ入荷しました【電動ガンパーツ】

ORGA AIRSOFTのTAKAです。

ご利用頂いております、ORGA WebShopの方、TOPページの方に売れ筋の内部パーツの一覧を掲載致しましたので、ご利用ください。
年末に掛けてサバゲー頻度も上がってくると思いますので、内部強化に必要なギアや軸受け、ピストンなど、交換をオススメいたします。

さて、本日は大変にご好評頂いております、ハイレスポンス 強化メカボックス Ver2の交換用パーツが入荷致しましたのでお知らせ致します。


もちろんORGAにて組み上げましたORGA V2ハイレスポンス メカボックスの交換用パーツにもご利用下さい。


ハイレスポンスメカボックス専用パーツの種類は下記の4種類となります。

スプリングガイド



セレクタープレート


トリガーセット


カットオフレバー

これらのパーツがあればハイレスポンスメカボックスの末長いご使用が可能となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:27Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年11月10日

電動ガン MP5やG3用の強化メカボックスや新入荷品のご案内

MP5 強化メカボックス

ORGA AIRSOFTです。
本日 日中に電動ガン MP5やG3用の強化メカボックスや新商品、在庫切れになっていた商品の入荷がありましたので、WebShopへUP致しました!

この手の強化メカボックスって なかなか手に入らないんですよね。。。
今回、仕入れ元の方にも1個しかなく、引き続き数量まとめて発注は掛けてありますが、もう少々時間が掛かります。

こちらも珍しいですね!

G3 強化メカボックス


Madbull DD Mk18 RISⅡ FDE
これは毎回 それなりの数を取るのですが、2~3日で完売してしまいます。
王道というか、相変わらずの人気Railです。

ダニエルディフェンス FDE


ナイツアーマメントエアソフト URX3.1
13.5inchが再入荷しています。10.75inchも在庫してますので、ご確認ください。

URX3.1 13.5inch

ナイツ 556 QDC (CQBも)のサプレッサー
上記のURXも含め、高品質で人気のあるナイツアーマメント エアソフトから、556サプレッサーのTANが登場しました。
556QDC と 556QDC CQB 共に、正ネジ / 逆ネジ を在庫してますので、ご覧ください。
色味はknightsの採用するTANに非常に近く、しっかりしています。

ナイツ サプレッサー TAN

QDC ナイツ サプレッサー TAN
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:13Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年11月08日

M16トリガーロックピン・業務連絡

ORGA TAKAです。


今日の東京は今にも雨が降り出しそうです。

場所によってはもう降ってる様ですが・・・^^;


さて、最初に業務連絡です。

本日は15:00にて終了致します。

それ以降のご対応は月曜日となりますのでご了承下さい。


今回は先日入荷致しました電動ガン用LAYLAX M16トリガーロックピンのご紹介です。

従来用でしたらM4にもご利用頂けます。

このピンは無くなりやすいので1本ストックでお持ちになっておくのも良いパーツです。


天候が変わりやすく気温の変動も激しいので体調にはくれぐれもご注意下さい。

  

Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:51Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年11月02日

VFC SR635 電動ガン Axisチューン

ORGA AIRSOFT、TAKAです。

--先に業務連絡--
週明け月曜は祝日の為、定休とさせて頂きます。

本日は以前作業分のVFC KAC SR635電動ガンのAxisチューンのご紹介です。

ショートタイプのM4カービンで取り回しは非常に良く人気のモデルです。

箱出しやお持込でのカスタムもそうですが、メンテナンスやメンテついでにピストンや軸受け周りだけ強化するライトチューン的な依頼も非常に多いです。

先日のTERUの記事にも書いてありましたが、インドアフィールドでのサバゲーの需要も多く、比較的アクセスも良い所柄、ビギナーさんや女性のサバゲーマーの参加が増えている事もコンパクト電動ガン人気の一旦となっているかと思います。

電動ガン本体もさる事ながら、カスタムは自分でトライするという方も多いかと思います。
各種電動ガン用 カスタムパーツもこちらからご覧頂けますので、ご確認ください。

それでは作業に入ります。

フレームロックピン(フロント)を外しロアとアッパーを分解します。

グリップ、ストックパイプ、ボルトストップ、マガジンキャッチ、トリガーロックピン、フレームロックピン(リア)を外します。

通常のM4タイプと違うのはセレクターがアンビになっており、両側のセレクターレバーも外さないとメカボは取れません。


グリップエンドを外したところです。

画像でお解かりの様にプラス配線(赤)がモーターの前側を通してあります。

組み上げる時に間違えないように気をつけて下さい。


メカボを取り出しました。

赤丸がアンビ用のギアとなっており、芯を細いポンチ等で軽く叩くと抜けます。

青丸がセレクターレバーが固定されていたギアです。

組み上げる時の為に向きをよく覚えておいて下さい。

逆側にも同じ様にギアがございますのでこちらの向きにも注意が必要です。


ネジを外しメカボオープンです。

この時に細い棒状の物をスプリングガイドの後ろから差込みそれを押さえながらメカボを開けるとスプリングガイドが飛び出す等のアクシデントを防げます。


メカボのパーツを全て外しパーツクリーナーで綺麗に洗浄します。


耐久性UPの為、ORGA SUS軸受け8mmを使用します。

軸受けをメカボに組む時にきつ過ぎる場合は無理せずメカボ側軽く丸ヤスリ等で削って下さい。

当たりを見ながら削り過ぎない様に注意して下さい。


ギアはCORE強化ギア16:1を使用します。

COREのギアは安価ですが精度が良く、強度もあり中華系ギアにありがちな軸曲がりなどの不良品はほとんどありません。

ベベルギアのラッチカムも8枚と多くギアの逆回転を最小限に抑えてくれます。

ORGAでのカスタム時にはCOREギアを使用しております。

セクターチップも給弾不良対策に心強い見方ですので組み込みます。

BIGOUT製セクターチップをCOREギアに組み込む場合は少しキツイかもしれません。

無理をして圧入すると軸が曲がる事もありますのでセクタ-チップの凹を丸ヤスリなどで少し削ってあげましょう。

くれぐれも削り過ぎてスカスカにならない様に気をつけて下さい。


ギアにセクターチップを組み込んだらシム調整に入ります。

シム調整を行う際には必ずメカボのネジを数箇所締めてからクリアランスをみて下さい。

ネジを締めないでシムを決めてもネジを締めるとクリアランスが変わりますので。

メカボによってはセクターチップとタペットのレールが干渉する場合もありますのでシム調整の際にキチンと確認しましょう。

干渉してギアの回りが悪いときは干渉部のレールを削ります。


続いてギアのグリスアップです。

ギアのグリスはWAKO'Sビスタックを使用しております。

少量を歯に吹き付け筆で薄く延ばします。

付け過ぎは返ってギアの負荷となったり、シリンダー内に入るとピストン駆動の負荷となり酷い時にはピスクラにもつながります。

メカボ内のグリスについては全て少量で薄く塗る様にしましょう。


ピストンは高耐久 MetalTeeth&樹脂系ピストンを使用します。

こちらのピストンもコストパフォーマンスに優れた高耐久ピストンです。

ORGAでのカスタムでも頻繁に使用しております。


ノズルはでんでんむしM4・G3シリーズを使用します。

BB弾を三点保持でチャンバー内に送り込み毎回同じ位置にBB弾をセットする事によりHOPの回転を安定させ集弾性アップにつながります。


VFC純正タペットプレートポリカ製の為衝撃に弱く折れる事があります。

今回は東京マルイ純正A2タペットを使用しました。

マルイ製が手に入らない時はGUARDER Ver.2 タペットプレートをお勧めします。

今までかなりの数をカスタムに使用しておりますがトラブルはございません。


今回はシリンダーとピストンヘッドは純正のままでいきます。

シリンダー内のグリスはWAKO'Sシリコングリスを使用しました。


スプリングはM90を使用しました。

ギアの軸部分やピストンレール、タペットレールなどパーツが擦れる部分はグリスアップを忘れずに。


メカボを閉じアンビ用のギア等を組込みます。

その後、ロアに組み込んでテスト駆動をさせます。

モーター位置を調整し、セイフ・セミ・フルとセレクターを切替ながら様子をみます。


次にチャンバー周りのチューンに移ります。

バレルやHOPアーム等を外します。


集弾性アップの為MagnusHDバレルを使用します。

性能に関しましてはWEBショップの商品説明をご覧下さい^^


HOPテンショナーは面HOPの電気なまず辛口を使用します。

面HOPは集弾性アップには欠かせないパーツです。

全てを組んだら初速調整とロングレンジ試射にて弾道チェックで終了です。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:02Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年10月29日

VFC HK416D 電動ガン Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

今日は以前作業分のVFC製HK416DのMagnusチューンをご紹介させて頂きます。

VFC製HK416Dは通常ORGAでも販売しており出荷本数の実績がある人気の電動ガンですので是非ご覧下さい。


画像は10.5インチですがエクステンションバレルが付属しておりますので14.5インチにも変更可能です。

それでは作業に入ります。

まずはフレームロックピン(フロント側)を外しアッパーとロアを外します。


グリップ内の配線です。


通常プラス配線(赤)はモーターの後ろ側を通って端子に差していますがグリップ形状の都合でモーターの前側を通しています。

グリップ、ストックパイプ、マガジンキャッチ、トリガーロックピン、フレームロックピン(リア側)を外しメカボ取り出します。

ネジを外しメカボを開けます。

VFCのタペットプレートは透明のポリカーボネート製で衝撃に弱く破損の可能性が高いです。

純正セクターギアとスパーギアはシム調整不要のスプリングテンションによる機構となっておりますがスプリングレートが高くなるとギアが暴れる可能性があるので交換致します。

耐久性を考慮しORGA SUS軸受け8mmに交換します。

ギアはCORE製強化ギア16:1セクターチップも組み込みます。

COREのギアは安価ですが精度が良く、強度もあり中華系ギアにありがちな軸曲がりなどの不良品はほとんどありません。

ORGAでも一押しのパーツです^^

セクターチップも給弾不良対策に心強い見方ですので組んでおきたいパーツですね。

BIGOUT製セクターチップをCOREギアに組み込む場合は少しキツイかもしれません。

セクタ-チップの凹を丸ヤスリなどで少し削ってあげましょう。

続いてシム調整です。

スパーの下をメカボやベベルの軸受けに擦らない程度に薄めにします。

セクターの下はスパーと擦らない様にします。

ベベルの下はスパーと擦らない様にして下さい。

次に上側のシムですが、スパーのシム調整はシビアに行いクリアランスは0.1mm以下が好ましいです。

セクターとベベルは少しのクリアランスは大丈夫です。

シムを決めメカボのネジを二、三本締めたら指でセクターを回してカラカラとスムーズに回るか確認します。

シムがきつ過ぎると負荷となりスムーズに回りませんい。

シム調整が終わったらギアのグリスアップを行います。


ピストンは強度とコストパフォーマンスに優れたメタルTeethピストンです。

ピストンを交換する際には必ずメカボ内でピストンがスムーズに動くかチェックが必要です。

「ピストンを交換しらピストンを引ききれない」とのトラブルを防げます。

チェックの方法ですが閉じたメカボにピストンだけを入れて動きをチェック。

次にピストンヘッドを付け、シリンダーと組んだ状態でメカボに入れてネジも締めて動きをチェックしましょう。

これはシリンダーと組む事によりピストンがある程度固定されます。

その状態で動きが悪くなる場合もあるので要注意です。


MagnusシリンダーセットVer.2~Ver.6

を使用します。

Magnusシリンダーには純正のシリンダーヘッドを使用します。

そのままではスカスカなのでシールテープを巻いてシリンダーに押し込みます。

Magnusシリンダーセットには組込み説明書が付属しておりますので詳細はそちらをご覧下さい。

シリンダー内にグリスを塗りピストンと組みましたら必ずエア漏れのない事を確認して下さい。


先程も少し触れましたがVFC純正のタペットプレートはポリカーボネート製の為衝撃に弱いんです。

その為GUARDER Ver.2 タペットプレートを組込みました。

このタペットプレートは調子いいですよ^^

全てのパーツを組み込みます。

ピストンレール部、タペットプレート周りなど摩擦の起きる場所にはグリスアップを行って下さい。

スプリングはMagnusスプリングを使用しました。

メカボを閉じます。

この状態でノズルの先から細い棒を差し込みピストンが動くか確認して下さい。

メカボを閉じる際にピストンがレールとずれてしまっている事がありますので・・・。

メカボをロアに組み込んで、モーターはEG1000Lを使用します。

配線の向きを注意しながらモーターを組み込んでグリップエンドをはめます。

この状態でテスト駆動を行います。

続いてフロント回りです。

チャンバーを取り出し、各パーツを外します。

バレルはMagnusバレルを組込みます。

6.23mmのルーズバレルは集弾性UPには効果絶大です^^

HOPテンショナーは面HOPの電気なまずを組込みます。

面HOPも集弾性UPには欠かせないパーツです!

全て組込み初速をチェックします。

ロングレンジで試射も行い弾道をチェックし完了です。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:49Comments(0)★電動ガン カスタムHK416

2014年10月22日

VFC 電動ガン用 内部パーツ入荷しました。

こんばんは。

ORGA TAKAです。

今日の東京は肌寒い雨の一日でした。

急に気温が下がると体調を崩しやすくなるのでお気をつけ下さいネ^^

さて今日はVFC製電動ガン用内部パーツが入荷致しましたのでお知らせ致します。

VFC シリンダーヘッド Ver.2用

VFC シリンダーヘッド Ver.3用             


VFC エアシールノズル M4用


VFC M4スイッチ配線セット リア配線用





  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:00Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年10月20日

SHS製 M14用ギア・SR25用ギア再入荷のお知らせ

こんにちは。

本日は長らく欠品となっておりました2種類のSHS製強化ギアが再入荷しましたのでお知らせ致します。


SHS M14 強化ギア最新ロット

東京マルイM14用の強化ギアです。

カスタムや交換用パーツとしてどうぞ。


SHS SR25 強化ギア最新ロット

G&P / A&K等 19Teethのロングピストン対応SR25の強化ギアです。

カスタムや交換用パーツとしてどうぞ。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:17Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年09月12日

次世代電動ガン M4系 スパーギアとセレクターの干渉

次世代電動ガン M4系スパーギアとセレクターの干渉について

ORGA AIRSOFT TAKAです。

先に業務連絡 : 今週 土曜は臨時休業、とさせて頂きます。

尚、日曜、月曜(祭日)は定休日となっておりますので次回営業日は9月16日(火)からとなりますのでご了承下さい。


さて、今日は次世代M4系のスパーギアの軸についてのワンポイントです。

軸受けを交換した場合、下画像の様にスパーギアの下側の軸が軸受けより出っ張る場合があります。

この軸が出っ張るとセレクターレバーの内側のカムと干渉し最悪セレクターレバーが動かなくなります。

シム調整をする段階で軸受けよりスパーギアの下側の軸が出ない様に調整しましょう。

若しくは短く軸を削る方法もございます。

カスタムを施した後セレクターレバーの動きが渋くなったらここをチェックしてみましょう。

次世代電動ガン、従来電動ガン用の内部パーツも導入実績が多数あるパーツ郡をご用意しておりますので、ご覧ください。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:05Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年09月07日

電動ガン AK等のVER.3メカボックスにおけるトリガーの組込み



ORGA AIRSOFT TAKAです。

今日のゲームは如何でしたでしょうか?ここの所、電動ガンのカスタムで、ORGA Magnusチューンもお蔭様で多くのご依頼を頂いておりますが、最近では、箱だしの電動ガンの耐久性UP(軸受け、ピストン、ギアの交換等)のみでOK!という依頼が多いです。
ご存知の通り、東京マルイ 電動ガンもシェアは多いですが、やはり海外製のVer2 , Ver3系の電動ガンを保有されているPlyaerさんの方が圧倒的に多く、それをベースに作業を行う事が多いです。

VFCの電動ガンなんかも非常に人気がありますが、タペットプレートが折れ、修理を踏まえ、他のパーツも強化する流れがありますね^^
良くBlogでも記載していますが、ポリカのタペットは固いのですが、逆に固過ぎて折れやすいんです。

お手持ちの電動ガンで不具合などありましたら、気軽にお声がけください^^

さて、今日はVER.3メカボックスのトリガー組込みのコツをお話させて頂きます。

内部調整やメンテナンスに慣れているプレイヤーさんは問題ないと思いますが、不慣れな方にとっては厄介なパーツという話を耳にします。

そこで比較的容易く組み込めるコツをお話させて頂きます。

下の画像をみて頂くと微妙にスプリングの長さが違うのがお解かり頂けますでしょうか。

短い方をメカボの穴に差しこみスプリングを置く様にセットします。

この状態でトリガーを組んでいくと割りと簡単に組み込めます。

必ずしもこの方法でなければと言う訳ではございません。

組込みに悪戦苦闘している方は一度お試し下さい。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:20Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年09月03日

電動ガン 軸受けの接着方法

こんには、TAKAです。

今日は軸受けの接着方法についてお話させて頂きます。

軸受けを接着する時に接着剤がはみ出したりして綺麗に接着出来ないという声をお聞きしますので、こうすれば綺麗に接着出来るという方法をご紹介致します。

下準備としましてメカボ側の軸受けをハメる穴を脱脂、清掃し接着剤等が残ってる場合は綺麗に取り除きます。


軸受けをギアなどに差し込み、軸受けを持たなくても良い状態にし接着剤を軸受けの周りに薄く塗ります。

ORGAではブラシタイプの瞬間接着剤を使用しております。

接着剤を塗ったらそのままメカボに押し込みます。

こうすれば軸受けに触れる事無く組込みが可能です。

奥までしっかり押し込み軸受けが斜めになっていないか、押し込みは完璧か良く確認して下さい。

みなさんそれぞれの方法があると思いますので宜しければご参考にして下さい。

電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT


ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:32Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年08月25日

電動ガンでの2発給弾対策例

こんにちはTAKAです。

今日は二発給弾対策についてお話します。

二発給弾を起こすメカニズムですが、一発目が給弾されますと通常はそこで弾は止まります。

しかし、「チャンバーの構造やマガジンの弾上げの力が強すぎる」場合、一発目が給弾されると、弾がズレて二発目が給弾されてしまう事があります。

そこでチャンバーに溝をつけ弾がズレない様に加工すれば解消されます。


給弾口から見た画像です。

この突き当たりにドリルで溝を付けます。

φ3.5mmのドリルで深さは1.5mm程度の溝を付けております。

ドリル径、深さはこれで無ければいけないと言う訳ではないのであくまで目安です。

ORGAではフライス盤を使っておりますがリューターやハンドドリルでも可能です。

こんな感じで溝を付けました。

これで弾が上がった時に弾が溝にはまる為、ズレる事が無くなり二発給弾が解消されます。

二発給弾でお困りのプレイヤーさんはお試し下さい。


ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは
以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:00Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年08月22日

電動ガンへの13:1ギア組込み時の注意点

こんにちはORGA AIRSOFT TAKAです。

今日はマルイ製やSYSTEMA製 VER.2メカボックスに13:1ギアを組込む際の注意点をお話します。

13:1のスパーギアはセクターギアと噛み合う小さい方のギアの径が18:1や16:1と比べ大きい為メカボによっては干渉する場合がございます。

メカボのこの部分と干渉します。

干渉する部分を削ります。

ORGAではフライスを使ってますがリューターなどでもOKです。

軸受けを付けスパーギアをはめて当たらなくなるまで丁寧に削ります。

これで完成です。

メカボによっては無加工で組込めるタイプもあるので13:1を使用する際は良く確認してみて下さい。

サバゲー用品 通販

電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:10Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年07月27日

面HOPの掛かりが悪い場合の対処 + ORGA定休のご連絡

こんにちは、ORGA AIRSOFT TAKAです。

先に業務連絡

明日、28日(火曜)は諸用により定休とさせて頂きます。


今日は天気も良く、サバゲーに行っている人も多いのではないでしょうか?
Teruの方も1週間の出張から戻り、来週の業務は忙しくなりそうです。


さて、今日は面HOPを組込み後、HOPの掛かりが足りないなど、面HOPの高さが足りない場合の簡単に出来る対処方方法です。

他にも様々な対処方法があると思いますが、一例をご紹介致します。


0.5mmのゴムシートを用意し、HOPラバーの下面に瞬間接着剤などで接着します。
このゴムシートですが、ホームセンターなどに売っています。

数分放置し接着している事を確認したら細工ハサミなどで余分な部分(なまずからはみ出ている部分)を切り落とします。

この時にHOPラバー自体を切ってしまわない様に注意して下さい。

4面全て切り落とすとこんな感じになります。

もう少しHOPを効くようにしたいと思っているプレイヤーさんは一度トライしてみて下さい。

サバゲー用品 通販

電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT



ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧


サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:05Comments(0)★電動ガン カスタム

2014年07月02日

G&Pモーターとベベルギア

こんにちはTAKAです。

今日はG&Pモーターとベベルギアについてです。

G&Pモーターのピニオン形状が少し変わっており、G&P純正ベベルギアを使用しないと多少ギア音が大きくなるケースがございます。

その為ギア交換を行った場合は、ピニオンギアも交換された方がギア音が小さくなります。

ピニオンリムーバー等の工具が必要となりますが・・・。

ピニオン交換ツールはこちら


ちなみにですがORGA WEBショップで販売しております

G&P製モーターピニオンは純正モーターに組み込まれているピニオンとは形状が異なりますのでギア音が抑えられる場合がございます。

G&Pモーターピニオンはこちら

G&PモーターとG&P製以外のベベルギアの組み合わせでギア音がどうしても気になるプレイヤーさんは一度お試し下さい。


サバゲー用品 通販
電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

# カスタム ピストン一覧

# 電動ガン 強化ギア一覧

# 電動ガン用 モーター一覧

# FireFly製品

# 強化メカボックス

# ORGAブランドパーツ一覧


サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

# Lipo / 充電器一覧

# BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:52Comments(0)★電動ガン カスタム

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (399)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (28)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 327人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事