2017年06月01日

次世代CQB-Rのハンドガード交換

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製次世代CQB-Rハンドガードの交換のご紹介です。
同時にメカボ内、チャンバー周りのオーバーホールも行いましたが今回は省略させて頂きます。

既にハンドガードをLVOAに、グリップをG&P MOTSグリップに交換してありました。
基本的に次世代M4系は通常の電動ガンM4系ハンドガードでしたらOKです^^
但し多少の擦り合わせは必要になる場合がございます。



今回はFCC MI SSK KeyMod Rail 10inchへの交換を行います。
ハイダー、LVOAハンドガードとガスブロックを外しバレルナットを外します。



ここでバレルナットを組み込む訳ですが、バレルナットに因ってはアッパーレシーバーとのネジ山が合わない場合がございます。
今回もLVOAのバレルナットは合っていたのですがこのハンドガードのバレルナットは入りませんでした。
これはネジピッチが合わないのではなくネジ山の高さ(深さ?)の問題です。



そこでアッパーレシーバーのネジ山の切り直しを行い、バレルナットが入る様にしました。

 

次にバレルナットとハンドガードの位置関係をチェックしました。
アウターバレルとの関係でバレルナットが下がり過ぎてしまい、矢印の部分がアッパーレシーバーと干渉して奥まで入りませんでした。
そこで矢印部分をフライス盤で垂直に1~2mm程度削り、奥まで入る様に加工しました。



これでガスブロックとハンドガードを組込みハイダーを取付ければ完了です。



かなりスッキリした印象ですね。
この後メカボやチャンバー周りのオーバーホールを行い作業は完了です!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:40Comments(0)次世代M4

2016年04月14日

電動ガン 次世代M4A1 SOCOM Axisチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日は東京マルイ製次世代M4A1 SOCOM カービンのAxisチューンのご紹介です。
M4A1 SOCOMはスタンダードな形でそのままでもシンプルでカッコいいですね。また様々なオプションパーツも出ており拡張性が高いのも特徴の一つです。


それでは作業を開始いたします。

いつもの様にフレームロックピンを外しアッパーとロアを分解します。



SOCOMは前配線ですのでバッファーチューブリングを緩めたら、そのままバッファーチューブを回して外せます。



続いてグリップエンドのネジを外し、グリップエンドを取りモーターを外します。グリップも外します。



マガジンキャッチとトリガーロックピンを外します。



セレクターレバーをSFAEとSEMIの中間にし、メカボの前側を持ち上げるとボルトストップが外せます。



メカボの後方を持ち上げながら前方向にずらすとメカボが取り出せます。



続いてメカボ内のカスタムです。



メカボを開けます。



軸受けは耐久性向上の為ORGA 6mm軸受け 次世代用を組込みます。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。
画像入りで詳細に説明している記事がございますので宜しければこちらをご覧下さい。



フルでのサイクルダウンの為にダブルトルクタイプのプロメテウス製強化ギアに変更します。
本来はセミでのレスポンス向上が目的のギアですがサイクルダウンにも使えます。
ORGAでは純正トルクタイプのみの取り扱いですがご希望のお客様にはダブルトルクタイプのお取寄せも可能です。



シムはスパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。
方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセット次世代用を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
シリンダーヘッドの組込方法はこちらでも詳細に説明しておりますので宜しければご覧下さい。



ピストンも純正ピストンでは強度が弱いのでSHS製メタル歯ピストン次世代M4用を使用します。
ハイレートスプリングを使用時でそのまま使用しますと歯の部分が後方に飛び出す事があるので接着をお勧めします。
歯の部分を一旦外しパーツクリーナーで油分を落とし、本体と歯のレール部分に耐衝撃性の多用途接着剤で接着します。
詳しくはこちらよりご覧下さい




ノズルは集弾性向上の為にでんでんむし次世代M4用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により
弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー周りを組上げます。
今回は大丈夫でしたがタペットプレートが磨耗していますとノズルの後退量が減り給弾不良が起きます。その際はタペットプレートを交換しましょう。次世代M4系のタペットプレートはこちらよりご購入出来ます。
シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボにカットオフレバーやセレクタープレートを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じ、ロアフレームに組込み各パーツを組んでいきます。
今回はAXISスプリング 次世代電動ガン用を使用しました。



モーターは東京マルイサマリウムコバルトモーターを使用します。トルクがEG1000の二倍ですのでセミの切れが抜群に良くなります。バッテリーの持ちも向上するので大変にお勧めのモーターです。現在カスタムを行っている半数以上がこのモーターを使用しています。但し、Lipo11.1vは強すぎる為7.4vでの使用をお勧め致します。



全てを組んだらテストドライブを行います。モーターの位置調整を行い、セミ・フルの動きをチェックします。



次はフロント周りのカスタムです。




チャンバーをバラしていきインナーバレルとHOP周りを取り出します。
インナーバレルはAxisスプリングと相性の良いMagnsuHDバレルを使用します。ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにラバーのカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますが、これに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSION HOPをHOPアームに接着し、HDバレルと一緒にチャンバーに組込みます。
初速調整とロングレンジ試射で弾道チェックを行い作業は終了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:00Comments(0)次世代M4

2016年02月02日

電動ガン 東京マルイ次世代M4 Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

今回は東京マルイ製次世代M4のMagnusチューンのご紹介です。



フレームロックピンを抜いてアッパーとロアを分解します。



バッファーリングを緩め配線カバーを外し配線のハンダを外します。
バッファーリングとプレートから配線を逃がしバッファーチューブを逆時計回りに回して外します。
グリップやモーターも外します。



トリガーロックピンを抜きマガジンキャッチも外しておきます。



セレクターレバーをSAFEとSEMIの中間で止めメカボの先端を上に持ち上げボルトストップを上に抜きます。



メカボの後方を上に持ち上げながらメカボを取り出します。



これでメカボが取り出せます。



メカボを開けます。



軸受けは耐久性向上の為にORGA6mm軸受け次世代用を使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らない場合や斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



軸受けの固定が出来たらシム調整です。
シムはスパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
ビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗りましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセット次世代用を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。




ピストンも耐久性向上の為に交換します。
次世代電動ガン M4対応 SHSメタルピストンを使用します。
このピストンを使用する場合は歯の接着をオススメします。
一度本体から歯を外しパーツクリーナーで脱脂してから接着して下さい。
瞬間接着剤は強度が弱いので衝撃に強くプラと金属が接着可能な多用途タイプの接着剤が良いと思います。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむし次世代M4用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばします。
シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボにギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じます。



メカボをフレームに組込ます。
スプリングはMagnusスプリング次世代用を使用します。



グリップはオーナー様のご希望でG&P製MOTSグリップを組込みます。
モーターORGAオススメの東京マルイ製サマリウムコバルトモーター を使用します。
EG1000の二倍のトルクを持つこのモーターはハイレートスプリング使用時にありがちなトリガーフィーリングのもたつきが解消され、燃費も向上します。



Lipoバッテリーを使用出来る様にストックの加工をします。
アダプターを使用する方法もありますが端子から直で配線をハンダ付けする為通電ロスを最小限に抑えられます。



端子から直で配線を出します。
向かって左側にLipoバッテリーを収納出来るように干渉部を削りました。
これでリア周りは完了でテストドライブを行います。



次にフロント周りのチューンです。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑えます。
それにより弾道が安定します。



HOPは面HOPの電気なまず「辛口」を組込ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けます。
これに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



そのままでは大きいのでチャンバーの窓にあわせカットしHOPアームに接着します。



チャンバー回りを組んでアッパーに組込ます。
アッパーとロアを組み初速測定をします。



初速測定を行い弾速が高い場合はバレルを短くカットし、低い場合は長いバレルと交換します。
初速が決まればロングレンジでの試射を行い弾道・飛距離チェックし完了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:15Comments(0)次世代M4

2014年11月15日

東京マルイ 次世代レシー電動ガン Magnusチューン

ORGA AIRSOFTのTAKAです。

---先に業務連絡---
本日ですが、pm15:00にて終了とさせて頂きます。


さて、本日は東京マルイ次世代レシーのMagnusチューンのご紹介です。

レシーは過去何回かアップしている銃ですが、人気があり問い合わせも多いのでアップさせて頂きます。


ストックの取り外しですが通常はレバーを下に引きながらストックを抜きます。

しかし、銃によってはストックを抜いてる途中で引っ掛かる場合がありストックパイプの端子を破損する事があるので赤矢印の部分を摘んでしっかり下ろしながらストックを抜いて下さい。


今回の銃は以前にストックinリポ化加工を施しておりましたのでそのまま作業に入ります。


フレームロックピンを外します。

これでロアレシーバーとアッパーレシーバーをスライドさせて分解します。


従来型ですとチャージングハンドルはアッパーレシーバーに組まれておりますが次世代M4系はリコイル機構と共にメカボに組まれております。


グリップエンドのネジを二ヶ所外し、グリップエンドを外します。

モーターに繋がってる配線を抜き、モーターも取り出します。

グリップ固定用ネジを二ヶ所外しますとグリップも外れます。


配線カバーを外し、バッファーチューブの端子と配線を繋いでるハンダを取り配線を外します。


バッファーリングを緩め配線を抜きます。


バッファーチューブを回し外します。

マガジンキャッチとトリガーロックピンを外します。


ロアフレームからメカボを抜き取る時の順序を説明します。

まずセレクターレバーをSAFEとSEMIの中間にします(赤)。

メカボの先端を少し持ち上げます(青)。

ボルトストップを上に抜き取ります(紫)。

メカボを前方にスライドながら後部を上に持ち上げる様に抜き取ります(緑)。


メカボを取り出しました。

レシーは加速ポート付きのシリンダーです。


弾切れになるとトリガーが引けなくなる機構のパーツですがこのままネジ(赤丸)を外してしまうとスプリングが飛んで無くなってしまいます。

それを防ぐ為に少しだけネジを緩めたらスプリングの片方を外します。

これでテンションが掛からなくなるのでネジを外しても大丈夫です。


その他のネジを外しメカボを開けます。


メカボ内のパーツを外しメカボをパーツクリーナーで洗浄します。


軸受けはORGA 6mm軸受け 次世代電動ガン用を使用します。

純正軸受けはプラですのでスプリングレートを上げると破損する可能性が高いです。

取り付けは斜めにならない様に注意し奥までしっかり押し込んで接着して下さい。


ギアはパーツクリーナーで洗浄し、状態を精査します。

今回はそのまま流用します。


続いてシム調整です。

スパーの下側は薄すぎるとメカボの外側にギアの軸が飛び出てセレクターレバーのカムと干渉を起こします。

メカボの外側をチェックしながら軸受けより出ない様にして下さい。

若しくはスパーギアの軸を少し削りましょう。

あとはセクターがスパーと擦らない様に注意し下側シムを決定して下さい。

上側シムはきつ過ぎるとギアの回転に負荷となるので注意して下さい。


ギアのグリスアップです。

ORGAではWAKO'Sビスタックを使用しております。

少量を歯の部分に吹き付け筆で延ばします。

グリスのつけ過ぎは逆に負荷となるので注意して下さい。


純正シリンダーからMagnusシリンダーに変更します。

エアー量を増加させる事により飛距離が伸びます!


シリンダーヘッドは純正品を使用します。

そのままでは径が合わずスカスカですのでシールテープを4~5巻き程度巻いて押し込みます。


シリンダーからはみ出たシールテープはカットして下さい。

シリンダー内部のグリスはWAKO'Sシリコーングリスを少量取り内部に塗り延ばします。

これも厚く塗りすぎると負荷となってしまいます。


ピストンはSHS製次世代M4用メタルピストンを使用します。


ノズルはFIREFLY製でんでんむし次世代M4用を使用します。

チャンバー内でBB弾の保持位置を一定にする事により弾の回転を安定させ集弾性を向上させます。


タペットプレートですが赤部分が磨耗しているとノズルの後退量が減り給弾不良の原因となります。

今回はほとんど磨耗していないのでそのまま使用します。


シリンダー周りを組み上げます。


メカボに全てのパーツを組み込みます。

ギアの軸部分、タペットプレートのレール部分、ピストンレール等摩擦が起こる部分はグリスアップを忘れずに行いましょう。


メカボを閉じます。


メカボをロアフレームに組み込みます。

スプリングはMagnusスプリング次世代用を使用します。

ハイレートスプリングを使用した場合は初速を1J規定内にする様に注意して下さい。


バッファーチューブ、グリップを組み上げます。

この状態でストックを付けテストドライブです。

ギア音を聞きながらモーター位置調整も行いましょう。


次にバレル交換とHOPチューンです。


HOPテンショナーは面HOPのなまず「辛口」を使用します。

そのままでは大きいので細工用カッターでなまずを切りHOPアームに接着します。


バレルはMagnusバレル(内径6.23mm)を使用します。

ルーズバレルはバレル内での弾当たりを最小限にしBB弾の回転が乱れ難いので集弾性が向上します。

スプリングは純正のままでMagnusバレルに交換されますと初速が落ちますのでご注意下さい。

今回は182mmで丁度良い初速でした。


バレルとHOPを組み上げます。

バレル先端のテープですがアウターバレル内でのセンター出しの為にシールテープを巻いてます。

インナーバレルが短くなるとハイダーの出口で弾当りが発生する事が多いのでセンター出しは必須です。

全てを組んで初速チェックです。

今回は182mmで丁度良い初速を得る事が出来ました。

ロングレンジの試射でも綺麗な弾道でOKです。

ご参考になりましたでしょうか。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:40Comments(0)次世代M4

2013年07月22日

次世代M4 Magnusチューン



次世代M4

次世代M4 Magnusチューン

昨日のゲームは如何でしたでしょうか? この季節のゲームは、水分と塩分をしっかり取って熱中症対策を行ってくださいね!

さて、今回は、次世代M4のMagnusチューンです。

相変わらずMagnusチューンのオーダーは多いですが、最近では、ライトな感じのチューニングも人気があります。

ORGAでは基本的にカスタムのメニューというのは、固定していなく、Playerさんの利用用途に合わせてチューン内容を変更するのですが、Lipo7.4の需要が多いなかで、トリガーレスポンスが軽く、40mくらいまでをしっかり当てていくカスタムが人気あります。

ORGAでも最近取り扱いしているNEOXさんのLIPO7.4(40C)なんかも、トルクと、キレが抜群で、次世代ユーザーに人気があります。

さて、チューンの方に入ります。

次世代M4

もうお馴染みのNew Ver2です。

次世代M4

Playerさんの方で既に手を入れている個体で、ここから必要 / 不必要を見極めて Magnusに仕上げて行きます。 

次世代M4

まずは、配線をテフロン線へ交換します。

次世代M4

この際、スイッチ周りも確認、劣化している様であれば交換致します。

次世代M4

ギアは基本 セクターギアのみマルイさんのSCAR用へ変更します。

次世代M4

続いてシム調整ですが、同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。
スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。

注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。
ビスを締めた後、指でギアを回した際に、抵抗や異音が無くスルスル回ればOKです。

そのスパーの高さに合わせて、セクターとベベルの高さを決めます。
セクター上のシムはタペットプレートが押さえてくれる事もあり、然程 神経質になる必要はありません。

ベベルの肝は、ベベルの上のシムになります。
ベベルの下に関しては、モーターピニオンがベベルギアに当たり、ベベルを持ち上げますので、然程関係ありません。
ベベル上のシムのみ注力してください。
上があまりキツすぎると、ドライブ時に異音の原因になります。


次世代M4

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。

次世代M4

《シリンダー》
シリンダーは放出エア量Upを狙いMagnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。
ロングシューティングには、放出エア量は必須です。

詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。
Magnusシリンダー商品一覧

次世代M4

ピストンはSHSの次世代用 メタルピストンを利用します。

本ピストンを利用する際は、メタル歯を一度 取り外し、接着材で固定してから利用してください。

次世代M4

タペットプレートも大分ヘタっておりましたので、新品へ交換致します。
次世代の場合は特に、タペットがヘタっていると給弾不良を起こしますので、必ず確認してください。

次世代M4

《カスタムノズル》
ノズルは、ORGAでは定番になっているFireFlyのでんでんむしノズルを利用します。
通常のノズルよりも上部先端が1mm長くなっている為、チャンバー内でBB弾をしっかりと保持する事ができる為
弾速と弾道が安定します。

マルイ系電動ガンや次世代用など各種取り揃えています。

FireFlyカスタムノズルはこちら

次世代M4

全てのパーツ準備が整ったら、内部チューンの終了です。

次世代M4

《駆動部確認とテストドライブ》
組みあがったメカボックスをロアに組込み、テストドライブを行います。
この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。
もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。

また、この状態でノズルを押してみて、きっちり前後運動するか?確認してください。
細い棒状の工具をノズルから差込んで押す事によりピストンの動きもチェックをしてキッチリ動いていればOKです。

たまに、メカボックスを閉じてテストドライブの段階で「実はピストンがレールと噛んでいた・・・」なんて事になると
また全バラシになりますので、この工程は必ずやりましょう!

次世代M4

続いて、HOPチューンに入ります。

次世代M4

こちらも、他社さんのバレルが利用されておりましたので、Magnusバレルへ変更致します。

次世代M4

《HOPチューン》

HOPチューンは、FireFlyのなまず辛口を利用します。

なまず

ORGAで販売(組込み含む)している なまずは、オリジナルのステンレス平行ピンが付属していますので
より"ねじれ"に強く安定したHOP回転を掛ける事ができます。

なまずに関しては、そのまま利用する事はありません。チャンバーの開口部やHOPレバーの形状に合わせてなまずを加工します。

なまず商品ページはこちら

次世代M4

《バレルについて》
Magnusチューン 及び Axisチューン共に、ORGA製 WideBore バレルを利用します。
ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。
各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。

# 6.13mm MagnusHD Barrel

全国のSHOPさんでも取り扱いがありますので、最寄りのSHOPさんにもお問合せしてみてください。

次世代M4

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:00Comments(0)次世代M4

2011年08月23日

マルイ 次世代M4CQB-R Magnus



マルイ 次世代M4CQB-R Magnus

どうもORGA TAKAです。
今日は東京マルイ次世代M4のMagnusチューンです。
このCQB-Rは個人的に好きな銃のひとつですface02



では作業を始めます。
まずアッパーとロアをはずします。



ストックパイプとグリップを外します。
あとはロックピンとマガジンキャッチを外すとメカボが取出せます。



次世代用メカボです。
このメカボはメカボを開けなくてもスプリングの交換が可能なので便利ですね!



メカボを開けます。
通常のメカボに比べノズルが長いのも特徴です。



各パーツを外したらパーツクリーナーでキレイに洗浄します。



配線は通電性の良いテフロンコードに変更します。



ギアも一旦キレイに洗浄します。




セクターギアを変更します。



シム調整です。
必ずメカボのビスを2~3本締めてから調整しましょう。
ビスを締めないで調整するとクリアランスが変わってしまいますから^^



ギアのグリスアップは少量のビスタックを歯車部分に吹付け筆で均一に塗り延ばします。



Magnusチューンの要Magnusシリンダーを投入します。
内部にはシリコングリスを薄く塗り延ばします。



ピストンを次世代用SHSメタルピストンを使います。
ピスクラを最大限に防いでくれるメタルピストンは心強い味方です!



ピストンヘッドはMagnusピストンヘッド for 次世代を使います。
ガイドの部分の形状が違うので次世代をお持ちの方はこちらを使いましょう^^
尚、ガイドのみの販売も致しております。



ピストンヘッドをピストンに固定します。
Oリングにもグリスを塗ります!



新品のタペットプレートに交換します。
このパーツが消耗していると給弾不良の原因となりますので注意です!


次世代用でんでんむしを使用し
シリンダー部分を組み立てます。



スプリングは次世代用Magnus Springです^^



全てのパーツを組込むとこんな感じです!



メカボを閉じます。



メカボをロアに組込みます。



ストックパイプとグリップ等をつけロア部分は完成です^^v



バレルをアッパーから抜きます。



チャンバーを分解します。
パッキンもマルイ純正の新品に交換します。



HOPパッキンは「なまず」を投入します。
面HOPは集弾性アップには欠かせませんネ!

※なまずは、一部加工します。




バレルはもちろんMagnusバレルを使用します。
内径6.23がバツグンの集弾性をもたらします!!!!
この作業時は、2ndMagnusバレルが無かったので、フライスで加工です^^;




試射をくり返し弾速を調整する為バレルの長さを調整します。
弾速が規定内で決まったらあとは弾道のチェックで完成です。

ロングレンジを正確に狙えるのがORGA Magnusチューンの真髄です^^V
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 00:22Comments(0)次世代M4

2011年05月19日

CQB-R Magnus M4



《Tune構 成》

[固体] 次世代 M4 CQB-R

[Tune内容] ORGA Magnus

[ギア] 次世代強化ギア

[ピストン] SHS メタルピストン

[ピストンH] 次世代純正

[ノズル] でんでんむし 次世代用

[シリンダーヘッド] 次世代 純正

[シリンダー] ORGA Magnusシリンダー

[バレル] ORGA Magnusバレル182mm

[スプリング] ORGA Magnus for 次世代

[HOP] ORGA HOP Tune

[Mortor] EG1000L

[バッテリー] LiPo7.4

--------------------------

こんにちは★ORGA teruです^^

先日作業の次世代 CQB-R Magnusです。

このCQB-Rは、問屋さんより仕入れを行いチューンして納品する物となります。

---PR---
Magnusシリンダーの商品ページの内容を更新しました^^
Magnusシリンダーページ
---------

====================
ロア&アッパー分解
====================

まずは、上下分解します。



次世代のメカボックスを取り出します。



メカボックスオープンです。



====================
 メカボックス内部洗浄
====================

メカボックス内部を洗浄します。


洗浄後は、シム調整を行います。



====================
SHSメタルピストン 
====================

ピストンはSHSメタルピストンへ変更。

|-SHSメタルピストン



シリンダーは、Magnusシリンダーへ変更

|-Magnusシリンダー



ノズルはでんでんむし次世代用へ変更します。
でんでんむしの2本の角で、チャンバー内で弾を保持する事により、着弾の左右のブレを減少させることができます。

|-でんでんむし 次世代用



組みあがりも綺麗に収まりました。



====================
 Magnusスプリング for 次世代
====================
スプリングは、2011新設計VerのMagnusスプリングを投入!

|-Magnusスプリング



全体を組み付けてメカボ側のチューン終了となります!







====================
 HOPチューニング
====================
メカボ側のチューンが終了したら、なまずを利用してのHOPチューンを行い終了となります。

今回採用のMagnusバレルは182mmです。

|-Magnusバレル182mm

|-なまず辛口


Magnusバレルの方ですが、在庫無しのモデルも出ておりますので、検討頂いているPlayerさんはお早めにお願い致します★



《新規作業待ち》順不同

・Nomt氏:ClassicArmy EBR Axis

・Kon氏:VSR BoltActionMagnus

・Inoue氏:M14 Magnus

・Ito氏:次世代SCAR-L Axis

・WAKI氏:APS AK47

・Hashimoto氏:ドラグノフ

・Sasaki氏:SR16E3 Magnus

・Watanabe氏:M14 Magnus

・Atsuta氏:CYMA MP5 MagnusHD

・Atsuta氏:CYMA M14 Magnus

・Tak氏:L1A1 Retune

・Matsuo氏:次世代CQB-R Magnus

・Ando氏:VFC AK104

・Hirano氏:

・Dobuchi氏:SR25 Magnus

・Yamamoto氏:A&K Masada Axis

・Hirano氏:RPK Magnus

・Matsuoka氏:MP5SD6 Axis

・BigBoss氏:SR25K Magnus  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:42Comments(2)次世代M4

2010年06月14日

次世代用 Magnusスプリング★出荷好調!

次世代 SOPMOD M4 流速 ORGA

次世代 M4用 Magnus スプリング

更なる飛距離性能とトリガーレスポンスの向上

ORGA - HIGH GRADE SPRINGⅡ
BASIS(ベイシス) for 次世代
推奨バレル長 170mm(内径6.08mm)

販売価格¥1,680

ORGA High Grade Spring(HGS)
次世代専用スプリングが遂に完成!

ORGA 次世代 Mgnus カテゴリーでも紹介しています。

----------------------------------------------------------------

このBASISは、次世代M4用 スプリングとして設計されており

リコイルユニット装着、次世代ピストン内の直径やクリアランスまで

考え抜かれた設計となっており、次世代M4のポテンシャルを更に

向上させることが可能です。


・スプリング全長

・各コイル同士の感覚

・最大圧縮時のコイル同士のクリアランス

・反発係数

・スプリング内径、外径

これらを次世代向け(ピストンを最大までストロークさせない)用に設計しており

従来のスプリングよりも高い反発力を持っています。
-------------------------------------------------------------------------


カスタムを施工されていて、バネカット等を行っている方は必見!

次世代M4(他の電動ガン服務)にて、スプリングをカットした場合、カットした面を平に処理を行わないとスプリングが斜めに切断されている要因で、ピストン後退時に余計な傾斜が掛かってしまいます。

このことは、ピストン歯への負担、ギアへの負担が掛かり、ピストンクラッシュや、ギア歯損の原因に繋がります。

特に、不等ピッチスプリングをカットした場合、スプリングテンション自体のバランスが崩れ反発力が低下するのみならず、上記の負担が増大致します。

このBASIS for 次世代は、純正の次世代スプリングよりも、4mm短くなっており、且つ スプリング内径を絞ってある為、高い反発力と、次世代の設計にマッチしたスプリング長となっています。



安定したドライブを実現させる為には

・スプリングがピストンに対して、まっすぐな状態で伸縮(たわみが無い)。

・リリース後の反発速度が速い。

・ストローク時にピストンをしっかりと押し切ることができるバネ長とテンション

・そして全てが等間隔巻きのリニアピッチスプリング

・ピストン内部やスプリングガイドにも干渉しない最適なスプリング内径


⇒ これらが最も良いサイクル動作に繋がり、安定したドライブを実現します。



【High Grade Spring テスト環境】

・スプリング : BASIS for 次世代

・エアノズル :次世代 純正エアノズル

・スプリングガイド : ライラクス ベアリングガイド

・ピストン :純正ピストン

・ピストンヘッド : ライラクス POMヘッド

・シリンダー : 純正シリンダー

・チャンバーパッキン : マルイ純正パッキン

・インナーバレル: 次世代 純正バレル


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弾速結果

インナーバレル長 : 170mm


● G&Gバイオ 0.20g NoHOP : 87.47m/s


● G&Gバイオ 0.20g OnHOP : 93.68m/s

● G&Gバイオ 0.25g NoHOP : 79.16m/s

● G&Gバイオ 0.25g OnHOP : 84.51m/s


※ 本商品は、次世代 M4専用となっております。
※ AKやG36に導入後検討のPlayer様はお問い合わせください。

※ BASIS導入の際は、インナーバレルのカットを行ってご利用ください。

カスタムパーツ同様、インナーバレルの組み合わせによっては規制を超えてしまう可能性もございますので、銃に組み込む際には落札者様ご自身の責任において初速調整をし、またチェックも行って下さい。

ORGAの方でも、¥1000にてバレルカット調整カットを行います。


【発送について】

発送につきましては、クロネコ メール便¥160にて送り致します。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:00Comments(0)次世代M4

2010年06月02日

完売!!次世代用 Magnusスプリング

次世代 流速用スプリング

第一弾販売 次世代専用スプリングは完売しました!
この商品です★

と思いきや、本日再入荷ですwww

※パーツ検品でUPするの忘れてました^^;


これだけあれば、暫く持ちそうです=3

今回は数に余裕がありますので、欲しい方はメッセくださいね~icon06  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:14Comments(0)次世代M4

2010年05月27日

次世代 M4 Magnusカスタム作業 続き

次世代 M4

前夜から進めていた、次世代 SOPMOD M4のMagnus加工の途中経過です★

M4

早速、ORGA Magnus for 次世代を組み込む為、純正メカボックスを分解します。

強化ギア

Magnusで利用する強化ギアは海外製の為、ある程度「すり合わせ」をしないと使えません。

そのままポン付けでも動くは動くんですが、若干のギア音やレートの高いSPを用いた場合のギア負荷などを考えると、すり合わせをしておいた方が良いです。

メタルフレーム

ギアのすり合わせを行い、シム調性を行ったら、慣らし運転ですicon06

社外ギアの場合、半日くらい掛けて慣らしをしますface01

ギアの精度が低い場合、慣らしが不十分だと次世代問わず、ドライブに問題が発生しますので、必ず行う様にしてくださいface02

それでは、続きの作業も改めてUPしますicon14

ORGA Magnus for 次世代の内容はこちら  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:00Comments(0)次世代M4

2010年05月26日

次世代バネ★次世代用 スプリング

今日、日中にBLOGに記載した
次世代用 Magnusスプリングです★

次世代

長さ的には、アングスさんのSバネよりも若干短い仕様となっていますが、ORGA製作のバネなので内径やらコイルバランスやら色々変更になっていますicon06

リコイル着けて、LiPo7.4やLiFeでガンガン回してもNoトラブルで快適です★

アングス

黒い方:ORGA 次世代用 スプリング
銀の方:アングスさんSバネ  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:30Comments(0)次世代M4

2010年05月23日

M4 Magnusカスタム for 次世代 SOPMOD

次世代 sopmod M4 Magnus

ORGA 次世代用 流速カスタムメニュー
ORGA Magnus

次世代の持つポテンシャルを最大限に引き出し、更なる飛距離と命中精度を実現したオリジナルカスタム Magnus(マグナス)

強化系パーツ(ギア、ピストン、軸受け)はもちろん、耐震というテーマに基づいて考え尽くされた耐震加工を施工する事により、次世代はMagnusとして生まれ変わります。

ORGA Magnusには、ORGA オリジナルの次世代用のスプリングを利用します。

ORGA Magnus 料金 ¥21,500
※パーツ代込み


【ORGA Magnus 弾速テスト】

利用固体 : 次世代 SOPMOD M4

使用弾 : G&G バイオ(0.20g & 0.25g)

● 0.20g OnHop : 94.71m/s

● 0.25g OnHop : 85.69m/s

M4 テスト0.20g

0.25g


【パワーソースについて】

Magnus利用推奨のパワーソース(バッテリー)は以下の通りです。

・ニッケル水素 9.6v以上

・LiFe 9.9v以上

・LiPo 7.4v以上


現在、ストックinの純正8.4vをご利用の場合、9.6vバッテリーに変更して頂くか、配線の取りまわしの変更(前配線への変更)し、高電圧のバッテリーへの変更が必要になる場合があります。

配線の取りまわし変更につきましては、一律¥2,000となります。
※オールテフロン線使用


【前出し配線について】
ORGA Magnusにて、前配線へ変更する場合は、PEQケースなどをRASに装着して頂き、その中にバッテリーを収納することをお勧め致します。

各種、小型高電圧バッテリー(LiPo)やLiPo専用充電器の販売も行いますので、お問い合わせください。  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:30Comments(0)次世代M4

2010年05月22日

次世代 Magnusカスタム★

次世代 M4 SOPMOD

本日、早速 次世代 SOPMOD M4 流速カスタム

ORGA Magnus施工の為、M4届きましたicon14

個別注文を受けていたせいで、スプリングが掃けてしまい、来週中に改めてスプリング会社から納品がありますので、それまでの間にギアの慣らしなど、出来る所までやっておきます★

今回は、10.5アウターですので、音的には「乾いた」音になりそうですね!

ORGAのMagnusは、14.5のアウター等で撃つと

スバン!という打撃音の中に「ポフン」っていう空気の音がプラスされますw

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:00Comments(2)次世代M4

2010年05月22日

次世代カスタム/ORGA Magnus

次世代 M4

ORGA 次世代用 Magnusカスタムメニュー
ORGA Magnus

次世代の持つポテンシャルを最大限に引き出し、更なる飛距離と命中精度を実現したオリジナルカスタム Magnus(マグナス)

強化系パーツ(ギア、ピストン、軸受け)はもちろん、耐震というテーマに基づいて考え尽くされた耐震加工を施工する事により、次世代はMagnusとして生まれ変わります。

ORGA Magnusには、ORGA オリジナルの次世代用のスプリングを利用します。

ORGA Magnus 料金 ¥21,500
※パーツ代込み


【ORGA Magnus 弾速テスト】

利用固体 : 次世代 SOPMOD M4

使用弾 : G&G バイオ(0.20g & 0.25g)

● 0.20g OnHop : 94.71m/s

● 0.25g OnHop : 85.69m/s

M4 テスト0.20g

0.25g


【パワーソースについて】

Magnus利用推奨のパワーソース(バッテリー)は以下の通りです。

・ニッケル水素 9.6v以上

・LiFe 9.9v以上

・LiPo 7.4v以上


現在、ストックinの純正8.4vをご利用の場合、9.6vバッテリーに変更して頂くか、配線の取りまわしの変更(前配線への変更)し、高電圧のバッテリーへの変更が必要になる場合があります。

配線の取りまわし変更につきましては、一律¥2,000となります。
※オールテフロン線使用


【前出し配線について】
ORGA Magnusにて、前配線へ変更する場合は、PEQケースなどをRASに装着して頂き、その中にバッテリーを収納することをお勧め致します。

各種、小型高電圧バッテリー(LiPo)やLiPo専用充電器の販売も行いますので、お問い合わせください。  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:30Comments(1)次世代M4

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

ORGA Blogカテ
ORGA日記 (394)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (28)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 319人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail