2016年01月14日

電動ガン 東京マルイSIG552 Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日は東京マルイ製SIG552のMagnusチューンのご紹介です。



それでは作業に入ります。
まずはフレームロックピンを抜きハンドガードを外します。



ピンを抜いたら下側のハンドガードを後方にずらします。
上側のハンドガードの後方を上方向に持ち上げながら外します。



ヒューズ部を外し配線を止めている結束バンドも切ります。



ストックを固定しているダミーのフレームロックピンのネジを左右外します。



ストックを折り曲げ後部のネジを外します。



マガジンの差込部のネジを2ヶ所外し、青矢印のプレートを外します。
このプレートを外すのが固くちょっと大変です^^;



これでフロントとロアが外せます。
配線に気をつけながら外して下さい。



グリップ底のネジを外しモーターとグリップを外します。
グリップを外すとストックを後方にずらします。



これでストック部が外れました。



両側のセレクターレバーの下側にイモネジがあるのでこれを緩めるとセレクターレバーが外せます。
左側のセレクターレバーに下にはクリック感用の小さなボールが入ってるので無くさない様にして下さい。



セレクターレバーを外したらメカボ固定用のパーツが出てくるのでこれも両側外します。



これでフレームからメカボを取り出します。
メカボはVer.3タイプですね。



各パーツを外し、ネジを外しメカボを開けます。



メカボ内のパーツを全て外しパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けは耐久性向上の為にORGA SUS軸受け6mmを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らない場合や斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



ギアも耐久性向上の為、CORE製強化ギア18:1に給弾不良対策としてセクターチップを組込ます。



このメカボはセクターチップを組むとタペットプレートのレールと干渉するので干渉部を削りました。
他のメカボでも稀に起こる現象ですのでシム調整を行いながらチェックします。



シムはスパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
ビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗りましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。



ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせで!
JA製14歯メタルTeethピストンを使用します。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
ORGAでは定番となった耐久性とコストパフォーマンスに優れたJA製メタルTeethピストンを使用しております。
このピストンは14歯となっており、通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばします。
シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボにギア周り、シリンダー周りを組込ます。
この時ギア軸部分、ピストンレールやタペット周りなど摩擦が生じる部分は必ずグリスアップをして下さい。
スプリングはMagnusスプリングを使用しました。



メカボを閉じてネジを締め周りのパーツも組込ます。
この時にノズル内に細長い棒状の物を差込み、ピストンが動く事を確認して下さい。



フレームにメカボを組んで周りも組み上げます。
配線を繋いでテストドライブを行います。
モーター位置の調整もこのタイミングで行います。



次はチャンバー周りです。
HOPダイヤルを前方向にずらしHOPアームのピンを抜けばHOPアームが外せます。
インナーバレルはHOPダイヤル下の固定パーツを外せば抜く事が出来ます。



インナーバレルはMagnusチューンの要、Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑えます。
それにより弾道が安定します。



HOPは面HOPの電気なまず「辛口」を組込ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けます。
面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



そのままでは大きいのでチャンバーの窓に合わせカットし、HOPアームに接着します。



MagnusバレルとHOPをチャンバーに組込ます。
これをアウターバレルに組んでフロントとロアを組んで初速測定です。



初速調整はバレル長で調整します。
基本的にバレル長が短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回は170mmで決定です。
ロングレンジの試射を行い、弾道をチェックしカスタムは終了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:10Comments(0)SIG

2013年01月22日

KingArms SIG556DMR



KingArms SIG556DMR Magnus

ここの所、トレポンとGBB、商品UPばかりの記事だったので、いい加減に溜まりに溜まったVer2,Ver3系の作業をUPしていきます^^;

大分前の作業になりますが、SIG556です!ブラローバックのモデルなのですが、個人的に好きな銃です★

SIG556はもちろんメタルフレームで、剛性も大変良い仕様になっています。



メカボはVer3系です。
ノズルは独自のノズルなので、変更はできません^^;



内部は7mm軸受の仕様になっていて、軸受の耐久性を考慮して純正のベアリングからORGA SUS420 7mm軸受へ変更します。

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!



ギアの精度をチェックします。

ギアは、必ず社外の物へ交換するという事はありません。KAやG&P、G&G等の場合、ロットによって精度が良い場合がありますので、その場合は、そのまま流用しコストを抑える方向で着手しています。



今回は、セクターとスパーはOKだったので、ベベルのみ交換となります。
ラッチ数の多いSHSへ変更です。



ギアの精査が終わったらし無調整を行います。

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。



シリンダーは、もちろんMagnusシリンダーを採用します。

《シリンダー》
シリンダーは放出エア量Upを狙いMagnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。
ロングシューティングには、放出エア量は必須です。
詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。
Magnusシリンダー商品一覧


ピストンヘッドは、Magnusシリンダーに付帯している専用のピストンヘッドとなります。
通常のヘッドよりも外径が大きく、内径の広いMagnusシリンダーの内部エアをしっかり叩き出します。


《ピストン》
ピストンは耐久性と静音性を考慮してSuperCorePistonへ変更します。
ORGA Web Shopでも常時在庫してますので、ご覧ください。
ORGA WebShop



全てのパーツが組みあがったら内部チューンの終了です。



組みあがったメカボックスをロアに組込み、テストドライブを行います。

この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。

もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。



残りはHOPチューンとなりますが、ご存知の通り、Magnusバレル + ナマズを利用してのチューンを行います。



今回は内径6.23mmのMagnusバレルを採用します。


《バレルについて》

ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。

各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:32Comments(0)SIG

2011年07月11日

SIG552 Magnus



SIG552 Magnus

どうも、ORGA TAKAです^^

以前に作業をしたSIG552のMagnusチューンです。
このSIG552は重量が軽くバランスが良い為とても扱い易いです。


まずアッパーを外しストックとグリップも外します。
これでセミフルの切り替えレバーを外せば、メカボが取り出せます。







メカボを取り出しました。

セレクターレバーが左右両方についてるのでアンビの機構がついてます。
セレクタープレートの上にに扇型の歯車がありますが
組み込む時にこの位置関係に注意して組み込みましょう。


メカボを開けます。
配線がメカボの中を通らないのでべベルギア周りがすっきり見えます。



各パーツを取り外しパーツクリーナーで全て洗浄します。



通電性を重視しテフロン配線に交換します。


ギアはSHSの18:1強化ギアを使用します。
ゲーム中にギアのトラブルって多いですよね。
強化ギアはそれを軽減してくれます。



軸受を6mmボールベアリングに変更します。
ギアの回り方がとてもスムーズになり
モーターのパワーを確実にピストンに伝えます。



ベアリングは接着剤で確実に固定しましょう。
ベアリングがガタついているとギア欠け等のトラブル原因になります。

シム調整です。
スパーギア下のシムは、ギアがメカボに擦らない程度になるべく薄いモノを使いましょう。




ギア部分のグリスUPはWAKOSのビスタックで決まりです^^
とても良いグリスです。
しかしつけ過ぎは厳禁ですよ。
なるべく薄く、しかし歯車部分全てにいきわたる様に筆で延ばします。




Magnusシリンダーを投入です!!!
内側にはWAKOSのケミカルを塗ります。



ピストンは耐久性の面からメタルピストンを使用します。


MagnusシリンダーにはMagnusピストンヘッドを使います。
シリンダー内のエアを確実に押し出します!



シリンダーにシリンダーヘッドをピストンにピストンヘッドを取り付けました。
フォルムがキレイです!



スプリングはやっぱりMagnus Springを使用します。
Magnusチューンにハイレートスプリングは必要不可欠です。


全てのパーツを組み込んでメカボを閉じます。
ブラックメカボは引き締まって見えてカッコイイですね。



グリップをつけるとこんな感じです。



次はHOP&バレルのチューンです。
バレルはもちろんMagnusバレルを使います。
試射を繰り返し適正な弾速になるバレル長を採用します。



チャンバーを分解しHOPラバーは「なまず」交換します。
面HOPは弾道が安定しHOPもきれいにかかります。

バレルに装着するパッキンも新品に交換します。
このパッキンが劣化すると弾速がばらついたり落ちたりします。



バレルを短くした事によりハイダーに弾が当たるので内側をリーマーで広げます。

弾がハイダー内側に当たらない事を確認しチューンは終了です。

チューン前とは比べものにならない程迫力のあるSIGとなりました^^v
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 11:26Comments(0)SIG

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

ORGA Blogカテ
ORGA日記 (395)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (28)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 321人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail