2016年09月27日

A&K SR25K電動ガン Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日はA&K製SR25K Magnusチューンのご紹介です。
A&KのSR25はロングシリンダーを使用しているのが特徴で排出するエアー量が多い為、より飛距離を稼ぐ事が出来ます。



それでは作業開始です。
フレームロックピン(F)を外しアッパーとロアを分解します。



ストックとストックパイプを外します。



グリップエンドのネジを外しモーターと取り出しグリップも外します。



フレームロックピン(R)・トリガーロックピン・マガジンキャッチ・ボルトストップを外します。



メカボを取り出します。
先程も触れましたがロングシリンダー仕様のVer.2ロングメカボです。



メカボを開けます。



メカボ内のパーツを外しパーツクリーナーで洗浄します。
耐久性向上の為ORGA SUS420 6mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。
詳しい組込み方のコツはこちらよりご覧ください。



ギアはSHS SR25 強化ギアを使用します。
タペットプレートを引く為のピンがベアリングになっているのが特徴ですね。
これですとタペットプレートの摩耗が抑えられます。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
ういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnusシリンダーセット ロングメカボックス用を使用します。
元々ロングタイプですのでエアー量が多いのですがボアアップにする事により更にエアー量が増えます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
詳細な組込み方法はこちらよりご覧ください。



こちらも耐久性向上の為SHS製メタル19歯ロングピストンを使用します。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



オーナー様のご希望によりテフロン配線に交換致します。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
スプリングはSHS製M120スプリングを使用しました。



メカボを閉じロアに組込みます。



モーターは東京マルイ製EG1000Lを使用し、スイッチ接点保護の為SBDも組込みます。



ストックパイプ・グリップやモーター等ロアのパーツを組んでテストドライブを行います。
モーター位置調整やセミ・フルの駆動確認も行います。これでロア周りのチューンは終了となります。



続いてフロント周りのチューンに入ります。
チャンバーをバラし、インナーバレルとHOP周りを取り出します。



この銃のチャンバーパッキンは通常の物と形状が異なります。
上がA&Kのチャンバーパッキンで下がマルイ製など通常のパッキンとなります。
必ず純正品を使用して下さい。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回はバレル長160mmでの調整となりました。

初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 07:50Comments(0)SR25

2012年10月24日

SR25K Magnus


ORGA です。
今回は以前作業分(大分前のですが)のA&K SR25 Magnusチューンです。


メカボを取り出します。
A&K SR25はお馴染みのロングメカボックスタイプのVer.2となります。


メカボを開け内部確認を行います。



まずは、内部のパーツを全て外し綺麗に洗浄します。


SR25の場合、純正トリガーのままですと、トリガートラブル(接電が鈍かったり、通電しなくなったり)が多いですので、マルイの純正へ変更します。


A&Kの標準軸受の殆どが、軸穴の径が広すぎてしまい、ギア異音やロックの原因となります。
軸受けは耐久性、精度を考慮しORGA SUS420軸受けに変更します。

商品ページはこちら→ORGA SUS420 軸受け


今回、配線の変更はありませんでしたので、電装系をセットアップします。


ギアはSHS18:1強化ギアを使用します。
通常、A&KのSR25はロングストローク(ロングピストン)の為、セクターも専用の物を利用するのが一般的ですが、今回はセミの切れを向上させる目的から、通常の歯数の18:1を採用しました。

見た目ではわかりませんが歯の微妙な公差により回転時ノイズが大きい場合があります。
ORGAでは在庫ギアの中から相性の良いギアを選択しノイズを最小限に抑えています。






シム調整を行いグリスアップをします。
グリスは付けすぎると駆動の抵抗となったり、シリンダー内に入り込みトラブルの元となります。
歯の部分に最小限の量を吹付け筆等で延ばします。

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。



ロングメカボックス用のMagnusシリンダーを使用し内部にグリスを薄く塗り延ばします。
商品ページはこちら→Magnusシリンダー


全体パーツを組み込んだら内部チューンの終了です。


モーターはマルイEG1000に変更します。
モーター自体の精度も違いますがピニオン形状の違いにより駆動音が全然違います。



続いてチャンバー周りのチューンです。



HOPチューンはORGA Magnusバレル定番のHOPパッキンを回転させた状態で装着できる為、東京マルイの純正パッキンを楽に運用していけます。


HOPラバーはもちろん なまずを採用します。

Magnusバレルとの併用で、面HOPを行う事で、弾の散り(特に左右)を軽減します。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:35Comments(0)SR25

2011年09月30日

CA25 Magnus



ClassicArmy CA25 Magnus
ORGAです。

以前作業分のClassic Army 製のCA25のMagnusチューンです。

まずはアッパーとロアを外します。




グリップとストックパイプをはずしロアからメカボを取り出します

CA25は、ロングメカボックス仕様となります。



メカボックスOPEN



各パーツをはずしキレイに洗浄します。




配線は電導効率を考慮しテフロンコードに変更します。




ギアもキレイに洗浄します。
Classic Army製ギアです。
精度を確認し、問題なければそのまま使用します。



シム調整です。
スパーギアの下のシムはなるべく薄いものをチョイスします。


シム調整中にメタル軸受の不具合が発覚。
ベアリング軸受に変更します。
しっかり接着する事を忘れずに^^



ビスタックでギアのグリスアップです。
少量をギア部分に吹付け筆で延ばします。



この銃はロングシリンダー搭載の為
Magnusシリンダーはロングメカボ用を使用します。



SR25用のメタルピストンにMagnusピストンヘッドを装着します。
Magnusシリンダー専用のピストンヘッドです!



全てを組込みます。



メカボを閉じてノズルとピストンの動きをチェックします。



メカボをロアに組込みます。



モーターはEG1000に変更します。



グリップとストックパイプを取付けます。



チャンバーを取出します。
バレルはもちろんMagnusバレルに変更します。



HOPパッキンは面HOPにする為、「なまず」を使用します。


なまずを装着し、チャンバー周りを組上げます。
アッパーとロアを組み試射を行います。
弾速はバレル長で調整します。
弾速が規定値におさまったらあとは弾道と飛距離のチェックをして完了です。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:53Comments(0)SR25

2011年07月05日

SR25 Magnus★



SR25 Magnus

こんにちは★ORGAです^^

作業~作業で、BlogUP待ちの画像が溜まり過ぎてきた為、ガガガとUPします^^;

以前、作業分のSR25 Magnusです★

-------------
ロアとアッパーの分解
-------------

まずは、ロアを取り出します。





今回のSR25は、ロングメカボックス仕様ではなく、通常のVer2のメカボックスです^^



内部、ガワ共に、マルイ純正です^^



メカボックスは、Playerさん持込のG&P強化メカボックスへ変更します!



ピストンは、コアピストンを利用します!

やっぱ、このピストンは最強ですね^^y

|- Super Core Piston



SuperCorePistonの重量を軽くする為に、フライスで肉抜きを行います。



↓↓仕上がりはこんな感じです。



軸受けは、ジュラコンの純正からベアリング軸受けへ変更します!



軸受け固定時、メカボックスの軸穴のクリアランスによって「キツイ」場合があるので、無理には圧入せず
リーマー等で軽くサラってあげて、指で「パチン」と入る状態になってから接着剤で固定しましょう!





今回のギアは、SHS16:1です。

ハイサイを創る別けではないのですが、セミのキレとドライブ感を出す為です。



まずは、シム調整を行います。



あ!テフロン線忘れてました^^;

一旦ギアを外して配線変更です^^



配線変更が終わり、ギアに戻りますy

シム調整は終っているので、WAKOS ビスタックでグリスアップします。



シリンダーは、純正からMagnusシリンダー変更します!



ピストンヘッドもMagnusピストンヘッドを利用します^^

|- Magnusシリンダー

|- Magnusピストンヘッド



Coreピストンですが、16:1のギアを使っている為、念のためピスクラ対策を行います。

ピストン歯の2枚目をフライスでカットします。





SUperCorePiston Magnus仕様の完成です^^



ピストンレールや、タペットプレートのレールは、例のケミカルで潤滑させます^^



全てのパーツの準備が整い、全体をくみ上げたら、内部チューン終了です^^





後は、ORGA HOPチューンを行います。

Magnusバレル+フライス加工

なまず取り付け+パッキン加工を行い、初速調整~弾道チェックにて終了となります。

チャンバーはSYSTEMAのメタルチャンバーへ変更します。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:01Comments(0)SR25

2011年06月09日

SR25K Magnus G&P



G&P SR25K Magnus


《Tune構 成》

[固体] G&P SR25K

[Tune内容] ORGA Magnus

[ギア] SHS16:1

[軸受け] 9mmベアリング

[ピストン] SuperShooterメタルピストン

[ピストンH] ORGA Magnusピストンヘッド

[シリンダーヘッド] マルイ純正

[シリンダー] ORGA Magnusシリンダー

[バレル] ORGA Magnusバレル150mm

[スプリング] SHS130

[HOP] ORGA HOP Tune

[Mortor] SYSTEMA Magnum

[配線] オールテフロン配線

--------------------

こんばんわ★ORGA teruです^^

G&P SR25K Magnus UPです!


====================
 ロア取り外し
====================

今回のSR25は、通常のVer2メカボックスのバージョンです。



G&P 9mmベアリング強化メカボックスです。



メカボックスオープン

既存ギアはG&P純正4枚カット+ちょっぱやピストン^^

シリンダーはワープシリンダーですね。



まずは、全体のパーツは外します。



メカボ内部を洗浄します。



洗浄が終ったら、テフロン配線へ敷直しです。



既存のカットオフレバーですが、大分ヘタリが出ていましたので、SYSTEMAのカットオフレバーへ変更します。



軸受けも洗浄し、しっかり接着固定します。



基本的な固定と配線が終了しました。



====================
 ギアの交換
====================

Magnusチューンはフルストロークでのドライブとなる為、既存4枚カットのギアは変更します。



SR25=セミのキレ重視!

という事で、ギアは16:1を採用!

|-SHS 16:1 ハイスピード



ギア選定の次は、シム調整を行います。



シム調整の確認は、必ずメカボックスを閉じて、ビス2~3点を閉めて確認しましょう!

メカボックスは、ビス止めすると、密閉力が上がり、シムがキツくなります。



シム調整が済んだら、WAKOSビスタックでグリスアップです。



====================
 シリンダーヘッド交換
====================

既存のシリンダーヘッドは、アルミ製の物となっていましたが、マルイ純正へ変更です。



Magnusの場合、SPテンションが高い為、アルミ系のシリンダーヘッドですと、直接メカボックスに打撃圧が掛かり、メカボックスの破損に繋がります。

純正のノズルですが、出口が結構絞られていたので、広げました。

これにより、初速の低下を防ぎます。



====================
 Magnusシリンダー
====================

シリンダーはMagnusシリンダーを採用です。

|-Magnusシリンダー



今回発登場!!!!

WAKOS CORE 501 ケミカル★

これ、なかなか売ってませんw

シリンダー用で利用するのですが、350mlで¥10000ちょっとします^^;



====================
 Magnusピストンへっそ
====================

ピストンヘッドは、Magnusピストンヘッドを利用します。

Magnusピストンヘッドってな~に??という人は、先日、解説した記事をUPしてますので、ご覧ください。




全てのパーツが整ったら、全体を組み込んでメカボ側のチューン終了です!



====================
 メカボックス強化ネジ 
====================

既存のミリネジの山がナメッていたので、ORGA メカボックス強化ネジへ変更です!



バッチリです^^y

あとは、HOP側のチューンを行い、終了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:53Comments(1)SR25

2011年03月25日

SR25K Magnus



A&K SR25K Magnus ロングメッカボックス

こんにちは★ORGA teruです^^

SR25K Magnus upです。



A&KはMinimi系が代名詞ですが、SR系の外装の精度良いです!

まず、アッパーとロアを分離します。



ロアからロングメカボックスを取り出します。

ロングシューティングには、このロングメカボックスは有利です^^



メカボオープン。



まずは、既存グリスなど洗浄し、メカボ内部をクリーニングします。



各部調整の前に、配線をテフロン線へ敷き直しです。



キレイに仕上がりました!



ギアも洗浄します!



ギア洗浄が終わったら、シム調整です。



シム調整の確認は、必ずメカボックスをビス2~3点で止めて行いましょう!

元のビス精度が悪い為、ORGA 強化ビスへ変更です。



シム調整が終わったら、WAKOでグリスアップです。



次は、シリンダー交換です。

今回は、ロングメカボックスなので、Magnusシリンダー for ロングメカボックスを利用します!

ストロークば長い分、放出されるエアの量が通常の電動ガンよりも かなり多いです^^y

純正シリンダー長は、72.2mm

ロングシリンダーは、81.5mm

この差は如実にでます^^



シリンダーはWAKOS シリコングリスでグリスアップです^^

このグリスは、薄く塗るのがコツです★



ピストンとピストンヘッドは、耐久性のあるメタル製を採用します!



ピストンとヘッドは、ネジ部と重なる面の部分にネジロックを塗布して、固定します。

Oリングは、Magnusシリンダー専用 Oリングです^^



全てのパーツの準備が出来たら、全体を組み付けて終了です。



ORGA 強化ビスで剛性UPです^^



モーターは、純正からEG1000へ交換です!



テストドライブも良い感じです^^



Playerさんへお返しする 取り外したパーツ^^



あとは、チャンバー側のチューンとMagnusバレルを導入して終了です★



《作業中、作業待ち》※順不同

・Yamam氏:M7A1 Magnus

・Yamam氏:次世代M4 Magnus

・Take氏:Magpul Masada Magnus HD

・Hase氏:次世代 M4 Magnus

・Sho氏:VFC635 ORGA ハイサイクル

・Suz氏:M14メンテナンス

・Sait氏:次世代CQB-R Magnus

・Dobas氏:HK416 Magnus

・And氏:VFC AK104 PMC Magnus

・End氏:CYMA RPK Retune  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:35Comments(0)SR25

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

ORGA Blogカテ
ORGA日記 (389)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (27)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 314人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail