2017年02月13日

MEGA三種の神器!!!

トレポン

ORGA AIRSOFT 横山です。

今まで多くのお客様のトレポンの製作や修理を行ってきましたが、MEGA ARMS刻印のトレポンは極僅かでした。
人気が無いのかと思っておりましたが、お客様に聞いたところ「レシーバーはあるけど、ハンドガードとチャージングハンドルがねぇ...」とのご意見を頂きましたので、本日はそんなお悩みを解決しようと思います!!!

なんと、ORGAではMEGA ARMS刻印のレシーバーとハンドガード、さらにチャージングハンドルまで取り扱い致しております!
まさに、MEGA三種の神器ですね^^

そんな、三種の神器をご紹介させて頂きます!

MAGPUL PTS Mega Arms Upper & Lower Receivers

刻印、塗装全てにおいてクウォリティーの高いPTS生産のレシーバー。
システマ純正メカボックスを組み込む際にプライム等だとギアボックスの高さ調整が必要になりますが、本レシーバーは高さ調整が不要!
こちらをベースに鈴友セラコートを施してオリジナルのトレポンを製作するのにもお勧めのレシーバーです。

MAGPUL PTS Mega Arms Upper & Lower Receivers

MAGPUL PTS Mega Arms Upper & Lower Receiversはこちら


MEGA Arms ウェッジロック Rail

強度を損なうことなく軽量化されたスケルトンで非常に洗練されたモダンなMLOK互換性ハンドガード。

ハンドガードの狭い断面は優れた人間工学に基づいたグリップを提供し、サポートポジションで安定したシューティングを可能に改良されたスラブサイド。
『ウェッジロックシステム』は二つのくさび形の平面で構成され、簡単にネジを締めるだけで補完的な角度で互いに押し付けるのでハンドガードとバレルナットの間のテンションを作成。
ウェッジロックはレールとレシーバーの間を強く固定しサポートポジションからもレーザーなどの精度を高めることを保証。
ロープロファイルガスブロックとモックガスチューブが付属。

MEGA Arms ウェッジロック Rail 12inch BK

MEGA Arms ウェッジロック Railはこちら


マグプルPTS MEGA ARMS AR15 スライドロックチャージングハンドル

通常のチャージングハンドルよりもラッチ部分が広く、レシーバーやハンドガードに負けない存在感があります。
ガスチューブがレシーバーの内部に入り込んでいるタイプでも対応できるように、先端のピンを抜き、詰め物を取る事でガスチューブを逃がす事ができます。

マグプルPTS MEGA ARMS AR15 スライドロックチャージングハンドル

マグプルPTS MEGA ARMS AR15 スライドロックチャージングハンドルはこちら


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:50Comments(0)★トレポンPTW

2017年01月29日

FCC ジャックカービンコンプリート製作!!!

トラヴィスハーレー

ORGA AIRSOFT 横山です。

今回は、人気が高く入荷しても直ぐに完売してしまう、FCC JACK CARBINEコンバージョンキットを使用したコンプリート製作を行いましたのでご紹介させて頂きます!

まず、こちらがレシーバーとなります。
塗装の色、刻印に至るまでクウォリティーの高いキットで、システマ トレポン、FCC FTWとの互換があります。
今回は、システマ バリューキット3のアンビバージョンを使用しました。
アンビバージョンを使用する際に、セレクターのアンビ側の穴を広げる必要がある場合が御座いますので、組み込む前に確認して下さい。

FCC

トレポン

こちらが、組み込み後となります。
今回は、以前販売していたコンプリートよりも豪華なセットアップになっており、マガジンキャッチとトリガーガードをFCCのアフターパーツに変更しました。

ジャックカービン

マガジンリリースはFCC XMR2スタイル エンハンスドマグリリースを使用し、スケルトンタイプですので、スマートな印象ですが、存在感があるのでオススメです。

トリガーガードはFCC HVA Style トリガーガードを使用しました。
本トリガーガードは前方が大きくなっており、レシーバーにはめるように取り付けるので、耐久性に優れており、取り付け方法もビスを使用するので、叩き込んでレシーバーを割るといったトラブルも軽減されるのでオススメです。

トレポンパーツ

FCC XMR2スタイル エンハンスドマグリリースはこちらからご覧頂けます。

FCC HVA Style トリガーガードはこちらからご覧頂けます。

お客様のご希望で、ストックはERGO F93 Pro Stock w/pad トレポン用 ストック BKを使用しております。
マグプル ERGOタイプのストックで、トレポン専用となりますのでガスブロにはお使い頂けません。写真にはガスブロ用のリコイルバッファー用のシムが3つ掲載されておりますが、トレポンではご利用頂く機会はありません。
こちらのストックはトレポン用としては珍しく民間向けのカスタムにオススメのストックです。
着脱可能なPADが付属します。

ERGOストック

ERGO F93 Pro Stock w/pad トレポン用 ストック BKはこちらからご覧頂けます。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:15Comments(0)★トレポンPTW

2017年01月26日

システマモーター修理!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

本日は、システマ純正の7511モーターの修理についてご紹介したいと思います!

7511モーターはローターが露出していないタイプのモーターです。
トレポンモーターは個体差によって、テストドライブ時に故障してしまったり、1年以内に壊れてしまう物が御座いますので、ORGAでは、そんな故障したトレポンモーターの修理を行っております。
修理可能モーターはSYSTEMA 490 / 7511 / 新KUMI / FCCモーター3.0 & FCC G3.5となります。

今回修理したトレポンモーターはNEW KUMI 7511モーターです。

システマモーター

ORGAではモーター修理に使用しているローターはシステマ純正を使用しております。
モーターの修理時はローターのシム調整も行って、無理無くスムーズにローターが回転するように調整しています。

KUMIモーター

モーター修理をご希望の方は、以下の商品をご購入頂ければ、ご対応させて頂きます。

トレポンモーター修理はこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:50Comments(0)★トレポンPTW

2017年01月18日

FCC G3.5トレポンモーターの組み込み時の注意点

FCC G3.5

ORGA AIRSOFT 横山です。

本日は、FCC G3.5モーターを組み込む際の注意点をご紹介したいと思います。
今回は、システマ純正KUMI7511モーターからFCC G3.5モーターに交換しました。

KUMI7511は個体差にもよりますが、ローターが露出している490モーターと比べ、ギア鳴りが大きく、構造上モーターピニオンの調整を行っても静かにならない場合が御座いますので、FCC G3.5をオススメしております。

トレポン

G3.5モーターのモーターセットピンの溝が個体差により浅い物や深い物があり、深い分には問題無いのですが、浅いとセットピンが叩き込んでも入らない場合が御座います。

モーターセットピン

こちらが、セットピンの溝になります。
溝の浅い、深いの見分け方は、モーターをロアレシーバーにセットし、セットピンを入れる際に指で押して半分位入れば問題ありませんが、先端すら入らない場合は、叩き込んでしまうと、ロアレシーバーを割ってしまったりする場合があるので、無理に叩き込むのは控えて下さい。

トレポンモーター

赤枠のように、溝の深さを深くし、ピンが半分位指で押し込める程度に削りましょう。
棒やすりなどで、簡単に削れるので、専用の工具等は必要ありません。

また、削り過ぎてしまうと、モーターのブレに繋がりますので、調整しながら削りましょう。

システマ

FCC G3.5モーターは耐久性面で好評だったG3.0モーターを更にカスタムビルドした FCC トレポン用 Newモーターです。
G3.0からの変更点は、燃費の向上、ローターのヒートシンク性能の向上となります。
軸の精度、強度からベアリングの精度、回転数に至るまで全てをグレードアップさせた現存するトレポン用モーター。
高回転、高トルク仕様になっております。
Lipo7.4やSYSTEMA純正ニッカドバッテリー利用などにもオススメです。

耐久性は高くストレスなく快適なドライブが可能ですので、オススメのトレポン用モーターです。

FCC

トレポン モーター FCC G3.5はこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:48Comments(0)★トレポンPTW

2016年08月30日

【SR16】トレポン SR16オーバーホール&カスタム

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日、定例会に行ってきたのですが、トレポンを使っているプレイヤーさんが年々増えて来ていて、個性色々なカスタムを見る事ができるのでとても勉強になっています!

さて、実物パーツが多く使用されたトレポンのオーバーホールとカスタムの依頼が来たので、本日は、外装パーツのご紹介です!
まずは、全体のフォルムです!
ハンドガードからストックに至るまで多くのパーツがFDEで統一されており、上品な仕上がりになっていますね~かっこいいです!

トレポン

PTW

刻印はKnight's Armament SR16です。
FDEにセラコート塗装が施されており深堀でKAC刻印がまた渋いです!
全て深堀ではなく、ワンポイントでレーザー刻印が目を引くお洒落なレシーバーです。

裏面にも深堀刻印がしっかりと施されており、ボルトストップのアンビレバー部分がメカメカしくてこうゆう拘りを見てしまうとワクワクしませんか?w

鈴友

SR16

ここからは、拘りの感じるパーツのご紹介です!!!
まずは、ガスブロックです!
こちらのガスブロックはGEISSELE製の実物でなんとガスチューブまでも実物!
すごい拘りです^^

ガイズリー

さらにさらに、ハンドガードも実物で高級感が漂っています。
色合いも実物ならではの上品な色合いです。

ハンドガード

そんな、高級感のある(高級品ばかりですが...)こちらのトレポンをオーバーホールしてカスタムしていきます!

そういえば、先日再入荷した、FCC トレポン用 P-MAG GEN3がBK / FDE共に残りわずかとなっております!!!
今までの丸みを帯びたデザインも洗練されていてお洒落ですが、GEN3はカチッとしていてかっこいいと思いますのでこの機会に是非!!

FCC マガジン  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:10Comments(0)★トレポンPTW

2016年08月21日

トレポンアンビセレクター取り付けの注意点!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

近頃トレポンの作業が異常に増えてきており、外装のカスタムはもちろんなんですが、内部のメンテナンス等も多く、毎日手が真っ黒になっています^^;
昨今のトレポン依頼では、アンビのギアボックスを使用する頻度が増えてきてまして、システマ純正のアンビセレクターやFCC製のアンビセレクターを利用しているケースが殆どになって来ています。

特に民間系のカスタム等で多様されるFCCのアンビセレクターですが、ロットによっては斜めに付いてしまったり アンビセレクターの固定プレートが入らない事例がありましたの、で改善方法をご紹介したいと思います。

FCC

FCC DSA Style トレポン用 アンビセレクターはこちらからご覧頂けます。


このように、ポン付けをしてしまうと画像の赤丸のように若干ですが浮いてしまい、以下の様な問題が派生します。

・斜めに付いてレシーバーに傷が付く
・固定プレートが入らない
・セレクターがキツイ

アンビギアボックス

トレポン

改善方法として、アンビギアボックス内にセレクターを同調させるギアがあります。このギアには下記の用なシムが設置されていますが、シムを取り除く事によりクリアランスが生まれます。
その事によりセレクターの取りつけ及び稼動がスムーズになります。社外のセレクターをアンビギアボックスでご利用の際に同様の問題が発生した場合には確認してみてください。

トレポンギア
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:03Comments(0)★トレポンPTW

2016年08月11日

トレポン リコイルシステム(リコイルモデル)

トレポン リコイルシステム

ORGA AIRSOFTです★トレポンのリコイルキットが販売されますね。
弊社の方にも業者さんから案内が届きました。

今回のリコイルシステムですが、以下の画像の通り、マガジン内部にバッテリーを格納することで、これまでの前配線問題を解決しているっぽいです。 個人的には、マガジンの抜き差し頻度による端子の摩耗がLIPOに影響を及ぼさなければいいな~と感じておりますが、この辺は、実機を見てから判断という感じでしょうね。。。

システマ トレポンリコイル

トレポンのリコイル化という部分では、以前からMOVEさんがカスタムメニュ-でやられていて、弊社もメンテナンスやカスタム依頼でユーザーさんのトレポンを多数触ってきましたが、いつも、前配線に悩まされておりました^^;

PTWリコイル

今回のリコイルモデルですが、現状の所、本体完成品のみ販売となっている様で、弊社としては、キット販売が開始になった際には、取り扱いを検討しようと考えておりまして、完成品の取り扱いは考えておりません。

ちなみに完成品の価格は以下となります。

SYSTEMA(システマ) PTWリコイルモデル トレーニングウエポン / M4-A1-MAX2 アンビ
初回限定価格版
商品コード:Rec-M4A1-MAX2-AM
販売価格(税込):259,200円

SYSTEMA(システマ) PTWリコイルモデル トレーニングウエポン / M4-A1-CQBR-MAX2 アンビ
初回限定価格版
商品コード:Rec-M4-CQBR-MAX2-AM
販売価格(税込):259,200円

トレポン バッテリー内臓マガジン

トレポン リコイルウェイト
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:19Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月15日

【AERO PRECISION】FCC製 エアロプレシジョンコンバージョンキット入荷

FCC

ORGA AIRSOFTです
FCCからトレポン用のNEW KITが届いております。

取り急ぎ、先方在庫があった分のみですが、順次 新しいKITも入荷しますので、楽しみにしててください。

FCC AERO Precision トレポンコンバージョンキット

トレポン

付属するアウターバレルは12.5inchとなり、MIハンドガードは10inchとなります。

FCC生産によるジャックカービンキットです。塗装の色、刻印に至るまでクウォリティーの高くシャープな印象のトレポンに仕上がります。システマ トレポン、FCC FTWとの互換があります。

<付属品>
・AERO Precision レシーバー・刻印+塗装(FCCセラミック)
・MIRail・塗装(FCCセラミック)
・12.5inchアウターバレル
・アンビセレクターセット
・専用バレルナット
・ダミーピン、セレクターカバー関係

トレポンレシーバー

PTW

AERO

トレポンコンプリート

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:07Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月14日

FCC トレポンパーツ再入荷!

本日 午後にUPしました トレポン用マガジン新入荷に続き、本日再入荷しましたトレポン用のパーツをUPします。

トレポン用 マグプルグリップ

トレポンのカスタムグリップとしてはド定番のFCC製 マグプルタイプグリップ。BKとFDEの両方が入荷しています!

FCC トレポン用マグプルグリップはこちら

トレポン マグプルグリップ

トレポン用 トリガー


トレポンでもガスブロでも最近、民間系の外装カスタムが流行していますね!弊社へ依頼のあるカスタムやパーツオーダーの8割が民間系のパーツとなっています。
外装カスタムの中で、意外とインパクトが出る部分としてトリガーのカスタムはお勧めです!

トレポン用 カスタムトリガーはこちら

トレポン MAトリガー

トレポン用 フルシリンダー


最近のトレポン運用で、フルシリンダーは、このFCCのフルシリンダーしか無いんですよね。。本音を言うとシステマに再販してほしいですが、無理そうですので、弊社コンプリートなどにもFCCのフルシリンダーを採用しています。

FCCフルシリンダーはこちら

FCC フルシリンダー

トレポン用 ガスブロック


FCCのNOPVESKEタイプのガスブロックも再入荷しています!
ガスブロックですが、基本的に「何用」という括りは殆どなく、アウターバレルの外径がほとんど同じですので、電動ガン、ガスブロ、トレポンでご利用頂けます。

ガスブロック一覧はこちら

トレポン ガスブロック

トレポン用 バレルキー


FCCのチャンバー用バレルキーです。既存でイモネジが着いていますので、脱着が楽に行えます^^
意外と人気のある商品です。

FCCバレルキーはこちら

FCC バレルキー

ハンドガード


さて、トレポン専用という訳ではありませんが、在庫が切れておりました、ハンドガードも入荷しました。

FCC MIハンドガード

FCC MIハンドガード

定番のRAINIERも再入荷しています!

PTS RAINIERハンドガード  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:03Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月14日

トレポン用マガジン 新入荷!

FCC Pマグ

ORGA AIRSOFTです
好評頂いている FCCのPマグGen3大量再入荷しております!
その他のトレポンパーツも多数入荷してますので、追って公開致します。

今回、MAG製のスチールマガジン160rdと ショートマガジン90rdの2種類が新入荷しています。
MAGのインナーシェルですが、FCCのGen3と同じシェル&リップですね^^


マガジン関連ということで、以下のマガジンフォロワーとトレポン用BBローダーも再入荷しています。
商品は、マガジンと同じページに掲載されていますので、ご覧ください。

トレポンマガジン フォロワー

トレポン ローダー

そういえばですが、6月初旬ころから、以下 トレポン用 BB弾リリースアダプターを販売しています。
初回ロットは2日で完売してしまい、現在2次ロットを販売中です。
トレポンマガジン内に残ったBB弾を簡単にBBボトルに戻す事ができるアダプターです。
こちらもマガジン一覧の中に掲載してます。

トレポン リリースアダプター
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:58Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月10日

【再入荷】トレポン用 フラットHOP

ORGAトレポンHOP

ORGA AIRSOFTです、明日は所要にて定休となります。

さて、ORGA製 トレポン用フラットHOPの方がようやく再入荷致しました!
今回、300個入荷なんですが、海外向けのバックオーダーで250個出てしまいますので、残50個しかありません^^;

追って300入ってくるのですが、もうしばらく時間が掛かりそうですので、お待ち頂いていたユーザーさんは早めにチェックしてください!

ORGA トレポン用Hopはこちら

トレポンHOP
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 22:12Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月06日

トレポン用 MK18Mod1用アウターバレル再入荷!

MK18Mod1

ORGA AIRSOFTです
在庫切れになっておりました HAO トレポン用 MK18 アウターバレルが再入荷致しました。
HAOのアウターバレルは精度が非常に良く仕上がっておりますので、オススメです!
HAO Mk18用 トレポン用アウターバレル

HAO トレポンアウター Mk18
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:01Comments(0)★トレポンPTW

2016年06月03日

【便利】トレポン用リリースアダプター再入荷!

トレポン リリースアダプター

ORGA AIRSOFTです、明日の土曜は定休となります。

さて、先日公開致しました トレポン用のBB弾リリースアダプターの方ですが、公開後直ぐに売り切れになってしまいましたが、本日再入荷致しました!
取り急ぎ、告知のみとなりますが、必要な方はチェックお願いします。

トレポン用のBB弾リリースアダプター  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:59Comments(0)★トレポンPTW

2016年05月31日

トレポン用 HEXマガジンサンプル届きました!

トレポン用 HEXマガジン

先日より公開しておりました、HEXマガジントレポン用 サンプルが届きました!アウターシェルのクウォリティーも申し分なく、民間系 外装カスタムを行ったトレポンとのマッチングは非常に良いです!

オルガ HEXマガジン

心配だった弾上がりの部分も問題なく、しっかり撃つ事が出来ます。

PTSのPマグや、FCCのGen3マガジンでもなのですが、マガジンのリップ形状や寸法に懸念を持たれているユーザーさんも多いと思いますが、ORGAメカニック的には、最近のシステマ製パーツに含まれるチャンバーケースにも懸念があります。

結論なんですが、社外マガジンを利用して弾が詰まる場合など、FCCの純正タイプチャンバーケースに交換すると、すんなり直ります。
また、08\時代のロット?のシステマ製チャンバーケースでも、すんなり撃てます。

逆に言うと、最近のバリューキットに含まれているチャンバーケースは、ロットによって、今までよりもタイトな設計の物があると感じていて、実際、吊るしのトレポン(全てのパーツがシステマ製)で組んで、付属のスチールマガジンで撃った場合にも、弾が詰まったりするロットがあります。
お客様お持込のトレポンでも上記の問題が発生しているケースがあります。
これは 製品を生産する上、公差が出てしまうのは仕方がないんです。

その事を受け、今後は、システマ = 純正 という概念ではなく
システマ = PTW製品のパーツメーカーの1つ という認識の方が、良いのかもしれません。
と言っても、同じ日本人として、システマ製の製品押しですが^^;

トレポンマガジン HEX

さて、本HEXマガジンですが、既に入荷に当っての交渉を始めておりますので、具体的な入荷時期や金額が確定したら、改めて公開させて頂きます!

そうえいばですが、本日日中にもUPしましたが、ハンドガード系のパーツが再入荷しておりますので、ご覧ください。

トレポンマガジン


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:44Comments(0)★トレポンPTW

2016年05月30日

【ドレスアップ】トレポンアッパー再入荷!

トレポンカスタム

ORGA AIRSOFTです★
多数のお問い合わせを頂戴しておりました、トレポン用 システマ純正アッパーレシーバーが再入荷しております!
良くBlogでもUPしている、マルイM4MWS GBBでも同じなのですが、日々、トレポンのコンプリート製作や外装カスタムの依頼を頂戴し、パンパンの状態で作業を行っておりますが、殆どのトレポンが民間系の外装カスタム仕様にする事が多いです。

お手持ちのトレポンの外装カスタムはもちろんなんですが、アッパーASSYの製作依頼も非常に多いです。
ロアセクションがシステマ純正であれば、基本的にアッパーASSYの乗せ換え(シリンダーとチャンバーAssyは流用)で行けますもんね^^

アッパーを作る際ですが、チャージングハンドルやダストカバー、フォアードアシストノブ等も必要かと思いますので、以下に掲載してあります。

チャージングハンドル

ダストカバー&フォアードアシストノブ


トレポンアッパー

アッパーAssyを作る!と一言で言っても、どんな組み合わせがいいの?と思う人も多いと思います。
以下、一部ですが、弊社 エアガンパーツ プレビューのOUTLINEから抜粋した画像を掲載致します。

アウトラインは、まだまだ掲載待ちの画像やコンテンツが沢山ありますが、公開が追いつかず、順次UPして行く予定ですので、ちょこちょこチェックしてみてください。

トロイ 電動ガン

JPライフル マッドブル

Fortis Switch 556
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:44Comments(0)★トレポンPTW

2016年05月28日

トレポン用 EPMマガジンとHEXマガジン

ORGA AIRSOFT TERUです★
最近どうですか?(何が?)

ORGAの方は相変わらず忙しく、事務所スペースとマンパワーの悩みで日々悩んでおります。
現在の事務所ですが、お越しになられた事のある人はご存知かと思いますが 「事務所スペース+作業スペース」 と 「倉庫」とで、足の踏み場も無い程、殺伐としております^^;
既に、新事務所へ移転する(したい)為、物件探しはしているのですが、なかなか良いのが出てきません。。。

マンパワー部分でも、ORGAの方は現在4名で回しているんですが、ORGA以外の事業(サバゲー・ミリタリー関係)でもリソースが足りておらず、2人くらいスタッフを増やしたい次第ですが、上記の事務所問題でデスクが作れませんTOT
事務所が整ったら、求人等告知させて頂きますので、その折には宜しくお願い致します。

さて、トレポン用のNEWマガジンのサンプルが もう間もなく届きます!

今回は、以下の販売展開を行います。

PTS : EPMマガジン
DYTAC : HEXマガジン

PTS EPMマガジン

本当はね~純なEマグがね~欲しかったんですけどね~。。
多分、出ないと思います(今後も)
ですので、EPMで我慢するしかないんでしょうね。。。
トレポン Eマグ

PTSの方からはサンプルが発送されるますので、届き次第 「リップ形状」 と 「弾上がり」の確認をして、本発注となります。
価格は、Pマグと大差ない程度かと思います。
内部のシェルは、Pマグの物とは若干違うみたいですが、サンプルが届くまではなんとも言えませんので、直ぐUPしますね!

PTS Eマグ

DYTAC HEXマガジン

HEXマガジンも需要あると思いますよ!弊社の方で良くコンプリートで作る BAD556 とも相性は抜群だと思いますし、最新のFortis Switch ハンドガードの様な奇抜なデザインの外装トレポンとのマッチングも良いと思います。

トレポン HEXマグ

まだ届いてませんが、HEXマグは既にサンプルが発送されてますので、直ぐに情報UPできると思いますので、楽しみにしててください。

ダイタック トレポンマガジン

そういえばですが、以前公開させて頂きました、弊社で運用している
エアガンパーツのプレビューサイト アウトライン の方、カテゴリーが見難かったので、修正しておりますので、多少使い易くなりましたので、是非ご覧ください。
まだまだ、コンテンツは少ない(弊社カメラマンがオーバーフローしておりまして)のですが、2000アイテムくらいは増えますので楽しみにしててください!
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:51Comments(0)★トレポンPTW

2016年05月24日

トレポン用 BB弾リリースアダプター入荷!

ORGA AIRSOFT 横山です。

トレポンをお使いのプレイヤーさんはマガジンの弾抜きとかどうされてますか?
試射レンジなどで打ち切る方もいれば、直接BBボトルに戻す方もいるかと思われます。
そんな時の為にこちらのトレポン用 BB弾リリースアダプターがオススメです!!!

本アダプターをBBボトルに取り付ける事でトレポンマガジンの弾抜きがスムーズに行え、マガジンフォロアーが無くなる心配も御座いません。

トレポンマガジン

トレポン用 BB弾リリースアダプターはこちらからご覧頂けます。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:32Comments(0)★トレポンPTW

2016年05月10日

システマFULLシリンダーケース

システマ フルシリンダー トレポン

先日公開致しました、システマ トレポンパーツ再入荷の件ですが、前回入荷した再に速攻で完売になってしまいました、フルシリンダーケースですが、残り3つとなりました!
これ以降は、暫く入荷の予定がありませんので、必要なPlayerさんは早めにチェックしてください!

システマ フルシリンダーケースはこちら

以下、前回の記事と同じ内容

ポート無しと有りの違い

フルでも加速ポート付でも殆ど変わらないよ!っていう所もあるんですが、実際は全然変わります^^;
どっちが飛ぶとか、当るとかでは無いんですが、弾の直進力に影響が出ますので、弾が草臥れるのが遅い(遅らせる事ができる)というか、結果、40mくらいまでの射程で比較した場合、フルシリンダーの方が集弾性は良くなりますよ^^b

トレポンシリンダー
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:38Comments(0)★トレポンPTW

2016年04月29日

【ドレスアップ】FCCトレポンパーツ再入荷!

ORGA AIRSOFTです★
明日4月30日(土)は15:00までとなりますので宜しくお願い致します。

FCC トレポン用パーツ 各種再入荷!

FCCのパーツが入って来ました!GWのサバゲーで利用するトレポンの予備マガジンや外装ドレスアップなど必要なPlayerさんはチェックお願いします。


FCC トレポンマガジン Gen3

トレポン用 Genマガジン

好評頂いているMagpul Gen3タイプのマガジンです。
いつも大量に入荷するんですが、最近のトレポンユーザーの増加に伴い、直ぐに無くなってしまいます。
こちら早めにチェックしてください。

FCC トレポンマガジンはこちら

FCC ストレートトリガー

FCC フラット トリガー

最近トレポンでも民間系の外装カスタムをするユーザーさんが多くなってます。FCCからは本トリガーを含め3種類のトリガーが出てますので、お使いのトレポンの外装ドレスアップにお役立てください。

FCC カスタムトリガーはこちら

FCC ジャックカービン トレポン

FCC Jack Carbine キット

今回も1台のみですが、入荷です!

FCCジャックカービンキットはこちら

FCCモーター G3.5

トレポンモーター G3.5

好評頂いているFCC G3.5モーターも再入荷です!システマのNew KUMIモーターになってからモーターハウジングの膨らみによって利用できるグリップが制限されています。
G3.5は以前の7511とか480とかと同じ形状ですので、現存するトレポン用のグリップの殆どがご利用頂けます。

FCC G3.5モーターはこちら

FCC

BCMタイプ ガスブロック

在庫切れになっておりました、BCM刻印入りのガスブロックが再入荷しています。
トレポン以外にも、ガスブロや電動ガンにご利用頂けます。
先日、東京マルイ M4MWSガスブロ再入荷の記事をUPさせて頂いた再にも書いたのですが、M4MWSでも民間系の外装カスタムが流行しており、ORGAで販売しているダイタックのアウターバレル等を用い、ドレスアップするユーザーさんも多いですので、ガスブロックも見落とせない商品になってます。

本ガスブロック以外にも多数掲載してますので、ご確認ください。

ガスブロックはこちら

トレポン アンビセレクター

トレポン アンビセレクター

バリューキットを利用したアンビタイプのトレポンにオススメのセレクターです。
組み込みの際にコツがありますので、先日弊社メカニック 横山がUPした記事を参考にして頂ければと思います。

トレポンアンビセレクターはこちら

その他、以下のパーツも再入荷!

トレポン チャンバー キー

トレポン アンチローテーション

トレポン マガジンアダプター  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:44Comments(0)★トレポンPTW

2016年04月06日

特別仕様限定3台!HAO HK416D鈴友刻印セラコート

HAO HK416D SMR 鈴友

特別仕様限定3台!トレポン用 HK416D SMRキット

ORGA AIRSOFTです★ようやく依頼していた鈴友刻印+セラコートの方が戻って参りまして、HAO HK416D SMR DEの特別仕様が3台のみですが準備できました。

HAOのセカンドロット(リアルサイズバージョンとは異なる)のHK416Dキットは、現在のリアルサイズバージョンと同じ工程、切削器械を利用して生産されているキットとなり、仕上がりも非常にキレイです。
リアルサイズバージョンとの違いは、アッパーのネジピッチや全長などが従来のトレポン用として設計されています。
逆にリアルサイズの方は、文字通りリアルサイズですので、コンバージョンキットに含まれているパーツでしか組むことができませんので、言い換えれば、今回の特別仕様の方が自由度が高いです!
しかも、リアル刻印+セラコート済みです。

鈴友セラコート HK416D

レシーバー精度もシステマ内部パーツ準拠となっており、変な癖も無く組み上げ易い印象があります。2015年度にはORGAでも20台以上組んでいる実績のあるレシーバーです。
ハンドガードとレシーバーにおいては、切削に国内の森精機のFANACを利用し超硬質アルミのインゴットからCNCで削りだした、非常に綺麗な仕上がりとなっております。アッパーレシーバーへのアウターバレルの組み付けにもガタが無く、品質の高いHK416D トレポンを構築する事が可能です。

特別仕様のHK416D トレポンキットはこちら

HK416D SMR
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:04Comments(0)★トレポンPTW

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (326)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (71)
M4,16 (76)
HK416 (11)
M14 / EBR (39)
MASADA (16)
Magpul PDR (3)
MP5 (12)
AK / RPK (46)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (26)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 302人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail