2011年10月06日

SW バレットM82 Magnus ★



SW バレットM82 Magnus

ORGAです。
Snow Wolf製バレットのMagnusチューンです。

相変わらずの大迫力ですw
持ってるだけで強くなった気がします^^v

まずストック部分のピンを抜きアッパーとロアに分解します。



メカボはSWの刻印が入ったVer.2です!



メカボを開けます。
中には中華製グリスがたっぷりと・・・・(笑)



まず各パーツをはずしパーツクリーナーでしっかり洗浄します。


既存のメタル軸受は精度が悪い為、6mmボールベアリングに変更します。
ベアリングはブレ防止の為、接着材でしっかり固定します。



配線は電導効率を考慮しテフロンコードに変更します。
振動で外れないようにスイッチにはハンダでしっかり固定します。



ギアは精度に問題があった為、18:1SHS強化ギアに変更しました。
このギアを使用するにあたりORGAでは事前にしっかり精度検査を行っています。
NGギアはもったいないですが破棄します^^;
駆動部の要ですからこれは妥協しません!!





セクターギアにはセクターチップを圧入します。
このパーツは給弾性能を確実にUPしてくれます。
原因不明の給弾不良にお悩みの方は一度試してみるのも一つの手ですね。

あ!チップの設置向きが反対です^^;




次にシム調整です。
メカボを閉じてビスを締めた状態でシムを決めます。
ビスを締めてないとクリアランスが変わってしまいます。



ギアのグリスアップにはWAKOSビスタックを使用します。
少量を吹付け筆で薄く塗り延ばします。
 


シリンダーはもちろんMagnusシリンダーを使用します。
大容量のエアーはMagnusチューンの基本です。
内面にはシリコングリスを薄く塗り延ばします。



軽量で丈夫なSuperCorePistonにはMagnusピストンヘッドを装着します。
このピストンヘッドはMagnusシリンダー専用のピストンヘッドですので
シリンダー内のエアーを確実にノズルへと押し出します。



そしてそのノズルを「でんでんむし」に変更します。
BB弾を確実に保持し弾道を安定させます。



シリンダー周りを組上げました。



各パーツをメカボにおさめます。



メカボを閉じてノズルを手で押すとノズルの動きをチェックできます。
長細い棒状のモノをノズルの中に入れて押してみるとピストンの動きもチェックできますよ^^v



メカボをロアにはめます。



モーターは中華製のノンブランドからマルイのEG1000に変更します。
良いモーターは動作音が静かなだけではなく駆動トラブルの防止につながります。


メカボを固定しグリップをつけます。



続いてチャンバーASSYのチューンです。
チャンバーはSYSTEMAのメタルチャンバーに変更です。
このチャンバーは精度が良く給弾性もアップし弾道も安定させます。



HOPの要であるHOPラバーは面HOPの「なまず」を使用します。



バレルは内径6.23mmが脅威の弾道を生み出すMagnusバレルを使用します。
パッキンもマルイ製の新品に変更です。



チャンバー周りを組上げます。
アッパーに組込み試射をして弾速チェックです。
バレルの長さで弾速を調整します。



インナーバレルが短くなりアウターバレル内で弾当たりがでるので
アルミ製のアウター管でハイダー部まで延長します。
アウター管を通す為ハイダー内径を旋盤で広げます。



全てを組上げ最終の駆動、弾道チェックをしてチューンは終了です。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:00Comments(0)スノーウルフ

2011年08月16日

スノーウルフ バレットM82 Magnus



スノーウルフ バレットM82 Magnus

どうもORGA TAKAです。
バレットのMagnusチューンです。

銃デカいんです(笑)
全長145cm!

The 対物ですねw

すごい迫力でフィールドでも注目される事間違いなしですface01
撮影も普段の場所ではできないので床で行いました^^;


それでは作業開始です。
アッパーとロアを外すメカボが見えます。



ロックピンとグリップを外すとメカボが取出せます。
メカボはVer.2ですね。
中央にSWのロゴが入っています!



メカボオープンです。



まずは各パーツを外しメカボをパーツクリーナーで洗浄します。



配線は電導効率を配慮し高電率テフロンコードに変更です。



軸受を7mmベアリング軸受に変更です。
ギアの回転負荷を軽減してくれます。
軸受はガタツキがないように接着します。



ギアもキレイに洗浄しました。



既存のギアの精度に問題があった為、ORGA在庫の中から
セクターを変更しました。



ギアの選択が終わったらシム調整です。



続いてWAKOSビスタックでギアのグリスアップです。
歯の部分に少量を吹付け筆で延ばすように塗布します。




シリンダーはエア量を増やすMagnusシリンダーを使用します。
内部はシリコングリスを少量を薄くまんべんなく塗り広げます。



ピストンは軽量で強固なSuperCorePistonです。
表面も特殊加工を施してあり、とても滑らかです。



メカボとの干渉をチェックし当たりがシブい所をフライスで削ります。



Magnusピストンヘッドを取付けます。
Magnusシリンダー用に開発されたピストンヘッドです。



シリンダー周りを組上げます。



各パーツを組込み内部チューンの終了です。



メカボを閉じます。
この時点でノズルとピストンがスムーズに動くかチェックします。



とここで・・・・
ノズルを変更し忘れました(笑)
もう一度メカボを開けでんでんむしM4用と交換します。



メカボをロアに納めます。


グリップをつけます。
画像を撮り損ねましたがモーターをマルイのEG1000に変更しました。



チャンバーをSYSTEMA製メタルチャンバーに変更します。
給弾と弾道に大きな影響を与えるチャンバーには精度が要求されます。
カスタムパーツとして高精度なSYSTEMA製チャンバーはうってつけです。



HOPラバーは「なまず」を使用します。
面HOPは弾道のばらつきを抑えて集弾性を向上させます。



バレルはMagnusバレルを投入です。
内径6.23mmが脅威の集弾性を発揮します。
今まで導入されたプレイヤー様から
たくさんの賞賛の声を頂いているORGAイチオシのカスタムパーツです。


バレル加工を施します。

2th ロットの加工です^^y




チャンバーに組込んでアッパーに装着します。



インナーバレルが短くなったのでアウター管で延長します。
これでアウターバレル内での弾当たりがなくなります。



全て組み上げ試射をくり返し、弾速を規定内でおさまる様にバレル長を決めます。
HOPの状態や弾道もチェックし作業は終了です。

外観のインパクトに負けない弾道が得られました^^v  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:00Comments(2)スノーウルフ

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (351)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (71)
M4,16 (76)
HK416 (12)
M14 / EBR (39)
MASADA (16)
Magpul PDR (3)
MP5 (12)
AK / RPK (46)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (26)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 309人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail