2017年08月13日

LCT製AK Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はLTC製AK Magnusチューンのご紹介です。

この銃は見ての通りオーナー様にてMagpul製ハンドガード、グリップ、ストックに変更されております。
とてもスタイリッシュなAKに仕上がっております!



いつもの様に作業開始です。
LCT製AKは先日もカスタムをご紹介しておりますので、分解方法等はこちらよりご覧ください。
と言う訳でメカボを取り出しました!
LCTの刻印が光る重厚なVer.3メカボです。
軸受けは9mmタイプです。



メカボを開けます。
内部も海外銃特有のグリスがベッタリではなく綺麗に組み上げております。
シリンダーはフルシリンダーです。
メカボ内パーツを外し洗浄します。
軸受けは9mmベアリング軸受けを一旦外して接着をして使用します。



ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
セクターチップの組込み方のコツはこちらよりご覧ください。
シム調整、グリス塗布も行います。



その他の変更パーツは以下の通りです。
MagnusシリンダーセットVer2~Ver6
でんでんむしAK用
ピストンはメタル歯の為、シリンダーヘッド・スプリングガイドと共に流用しました。
各部グリスアップを行いメカボを閉じます。



モーターは東京マルイ製EG1000Sに変更します。
モーターを取付ければVer.3メカボはテストドライブが可能となります。
動きをチェックしフレームに組込みます。



次にフロント周りのチューンとなります。
インナーバレルを外しHOP周りを分解します。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ますが、念の為バレルを組まずにHOPだけチャンバーに組込み窓に当たらずにスムーズにHOPが降りるかチェックして下さい。
このLCTのチャンバーにもカット無しでOKです!
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。
DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



チャンバーにインナーバレルとHOPを組込み、ノズルが入る部分から覗き込みHOPを下してきてHOPが水平に降りてきてるかチェックして下さい。
これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回は182mmで調整しました。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:25Comments(0)AK / RPK

2017年06月18日

LCT製AK-47 Axisチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はLCT製AK47 Axisチューンのご紹介です。

AKって非常に有名な銃ですよね^^
って事で実銃としてのAK-47のご説明を少々・・・。
AK-47はソ連のミハイル・カラシニコフ氏(ロシア語でАвтомат Калашникова )が1947年に開発された銃です。
開発者の名前の頭文字を取り開発年から「AK-47」と命名されました。
実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮して、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および生産の容易性を実現することに成功しました。
それにより世界の紛争地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって、最も信頼され最も生産され銃となりました。
また基本設計が優れていたため様々な改良がなされ派生型が生まれました。



LCTのAKは内外装共に非常に良い造りとなっていますね。
AKではトップメーカーですね。
それでは作業を開始します。
初めにレシーバートップを外します。



ハンドガード上部を外します。



レシーバートップの固定ラッチの横にあるイモネジを緩めてコッキンハンドルを外します。



リアサイトとリアサイト用板バネを外すと丸い穴があります。
その奥にイモネジがあるのでそれを緩めます。



これでアウターバレルが前方向にずらせます。
ハンドガード下部が外れます。



チャンバー固定ネジを外してアウターバレルをレシーバーから引き抜きます。



グリップ固定ネジを外します。



ここで配線の通し方を覚えておきましょう。
メーカーに因って配線の通す位置が異なる場合がございます。
この銃は一番後ろ側から配線を通しています。



セレクターレバーの軸を外し、セレクターレバーも外します。



これでメカボが取り出せます。
もちろんVer.3メカボです。



メカボを開けて内部パーツを取り出し全て洗浄します。
軸受けは9mmベアリングで洗浄後接着して使用します。



ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で高耐久、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツで



シム調整とギアのグリスアップです。
シム調整のコツはYouTubeにて動画をUPしておりますのでこちらよりご覧ください。



リシンダー周りを組上げます。
カスタム内容は下記の通りです。
MagnusシリンダーセットVer2~Ver6
J-Armament製14歯メタルTeethピストン
でんでんむしAK用

シリンダーヘッドの組込み方法はこちらよりご覧ください。



テフロン配線に交換し敷き直しを行います。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
スプリングはAxisスプリングを使用します。



最近はカスタムの定番となってきました東京マルイサマリウムコバルトモーターとスイッチ接点保護を手軽に可能にしたSBDの組込みを行います。
サマリウムコバルトモーターを組み込めばハイレートスプリング使用時でもトリガーレスポンスを損なうことなく使用出来ます。
AKはショートモーターですのでサマコバにショート化加工を施します。
モーターのショート化加工の方法はこちらよりご覧に頂けます。



モーターを組んでテストドライブを行います。
モーター位置の調整も忘れずに。



続いてフロント周りのチューンです。
インナーバレル、HOP周りをバラします。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
HOPの降りる量が少なったのでゴムシートを貼って嵩上げします。
方法はこちらよりご覧に頂けます。



インナーバレルはAxisチューンとの相性が良いMagnusHDバレルを使用します。



チャンバーにインナーバレルとHOPを組込み、ノズルが入る部分から覗き込みHOPを下してきてHOPが水平に降りてきてるかチェックして下さい。
これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回は260mmで調整しました。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)AK / RPK

2016年08月21日

LCT PP-19-01 VITYAZ 電動ガン 爆音カスタム

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日はLCT製PP-19-01 VITYAZの爆音カスタムのご紹介です。

普段のカスタムではM120相当のスプリングを使用しておりますが、爆音カスタムの場合はM130スプリングを使用します。

実銃としてのPP-19-01 VITYAZはロシア内務省の法執行機関向けにイジュマッシュ社が開発したPP-19BIZONの派生型です。
VITYAZはロシア語で騎士、英雄を意味します。



それでは作業に入ります。
レシーバートップの固定ボタンを押して開けます。



ボタンの横にある芋ネジを緩めコッキングレバーシャフトを抜きコッキングレバーを外します。



レバーを上に回しハンドガード上部を外します。
リアサイトを押し込みながら前方向にスライドさせ外し、下にある板バネも外します。



板バネの下に穴があり、その奥に芋ネジがあるのでこれも外しておきます。



レバーを前方向に回し下側のハンドガードも外します。



セレクターレバーの中心にあるネジを回してレバーを外します。



グリップ底のネジを外しグリップを外します。



チャンバーとアウターバレルを固定しているネジも二ヶ所外しておきます。



アウターバレルの基部にあるレシーバートップを固定している芋ネジ二ヶ所と側面のピンを抜きます。



レシーバートップをずらしたらアウターバレルを固定しているピンの抜き防止芋ネジがあるのでこれを取ります。



HOPレバー一番後ろにしてから右側からポンチでアウターバレルを固定しているピンを抜きます。



ピンは二分割となっております。



これでメカボとチャンバー周りが同時に取り出せます。



メカボとを開けてメカボのカスタムに入ります。




メカボのパーツを外しパーツクリーナーで洗浄します。9mmベアリング軸受けは再度接着しそのまま使用します。



ギアはCORE製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で高耐久、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツです。
セクターチップの組込み方のコツはこちらよりご覧ください。




続いてシム調整を行います。
スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
詳細な組込み方法はこちらよりご覧ください。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしAK用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。
ピストンは純正でメタル歯だった為そのまま使用しました。
シリンダーヘッドは衝撃吸収に優れた樹脂製のマルイ純正シリンダーヘッドに交換しました。



オーナー様のご要望でテフロン配線に交換です。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
スプリングは爆音にする為SHS製M130スプリングを使用しました。



カスタムの定番となってきました東京マルイサマリウムコバルトモーターとスイッチ接点保護を手軽に可能にしたSBDの組込みです。
サマリウムコバルトモーターはM130等のハイレートスプリングでもセミでのトリガーフィーリングを損なう事なくLipoバッテリー7.4vで使用可能となります。
今回はVer.3メカボの為ショートモーターとなりますのでショート化の加工を行いました。
詳しくはこちらよりご覧ください。



メカボを閉じモーターを組み付けてメカボのカスタムは完了です。
これでメカボのテストドライブも行います。モーターの位置調整も行いますが、AKの場合はグリップを取り付けた際にモーターハウジングが引っ張られますのでその分も考慮し位置調整を行います。



次にチャンバー周りのカスタムです。




インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



フレームにチャンバー・メカボ、アウターバレル等を組込み初速の調整です。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回は140mmでの調整となりました。
初速調整が終われば屋外にてロングレンジ試射を行い弾道チェックをしカスタムは終了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:11Comments(0)AK / RPK

2015年12月18日

電動ガンカスタム E&L AKM ORGA Axis

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日はE&L製AKMのAxisチューンのご紹介です。
E&L製のAKは質感が非常に良く剛性もしっかりしてますね。



それではカスタムを開始します。
上部のカバーを外します。



レバーを上方向に回すとハンドガードの上部を外せます。



こんな感じです。



下ハンドガード部にあるレバーを上方向に回します。
これにより固定パーツが前にずらす事が出来、下ハンドガードが外れます。
固体差はありますがこのレバー、非常に固いです・・・。



チャージングハンドルを外します。
矢印のイモネジを緩めてシャフトを前方にずらせば外せます。



サイトを外すのですが一旦下に押し込み後方向にずらすと外れます。
これも非常に固かったです^^;
サイトの下の板バネはペンチ等で挟んで引き抜きます。



板バネを抜くと穴がありその奥にアウターバレルを固定しているイモネジがあるので緩めます。
2ヶ所あり後方はさっきの穴から六角レンチを差し込み、前のイモネジは前のスペースから地道に緩めます。



チャンバーがアウターバレルに固定されているのでネジを2本外します。



メカボにもチャンバーが固定されているのでこのネジも外します。



グリップ底のネジを外しグリップを引き抜きます。



セレクターレバーのネジをペンチ等で挟んで緩め外します。



これでメカボが取り出せます。



モーターハウジングを外しネジを外してメカボを開けます。



軸受けはORGA SUS軸受け7mmを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らない場合や斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



ギアも耐久性向上の為にCORE強化ギア18:1に変更し、給弾不良対策の為セクターチップも組込みます。



次にシム調整を行います。
シムはスパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



シム調整が終わったらギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
ビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。



ピストンも耐久性向上の為にJA製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっておりますので、通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。



今回はメカボ内でピストン動きをチェックした所、若干抵抗がある事が判明しました。
ピストンの左右レール部を少し削り幅を小さくし抵抗なく動く事を確認。



この様にメカボの中にピストンを入れ前後に動かし、抵抗が無いかチェックします。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。



ピストンヘッドをピストンに組込みます。



Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。



シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。



はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしAK用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばします。
薄く塗り伸ばすがコツです!
グリスを塗ったらシリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボにカットオフレバーやセレクタープレートを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
今回はAxisスプリングを使用しました。



メカボを閉じ、ネジを締めます。



モーターは東京マルイ製EG1000Sに交換します。



スプリングレートを上げるとヒューズが飛ぶ危険性があるのでヒューズはカットし直結しました。



モーターハウジングを組んで配線を繋いでテストドライブです。
セミ、フルと駆動を確認しながらモーター位置の調整も行います。



次にチャンバー周りのチューンです。
インナーバレルとHOPをバラします。



インナーバレルはMagnusHDバレルを組込みます。



HOPは面HOPの電気なまず「辛口」を組込ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けます。
これに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



そのままでは大きいのでチャンバーの窓に合わせカットしHOPアームに接着させます。
接着をしないと稀にチャンバー内で「電気なまず」がずれてHOPがうまく掛からなくなる事があります。



HOPとHDバレルをチャンバーに組込みます。



まずはチャンバーをフレームに差込み、メカボをフレームに組み込みます。
アウターバレルを組んで初速のチェックです。
今回はHDバレルの長さは260mmで決定です。

ロングレンジ試射で弾道をチェックしカスタム作業は終了となります。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:11Comments(2)AK / RPK

2015年09月04日

電動ガン Beta Project Tactical AK Axisチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。
本日はBeta Project Tactical AKのAxisチューンのご紹介です。



ストッパーを押しカバーを外します。



ストッパー部のイモネジを緩めます。



チャージングハンドルを外します。



サイトを外し、下にある板バネも抜いて下さい。



赤丸部の下のアウターバレルを固定しているイモネジを緩めます。



サイドにあるピンを抜きます。

ピンは向きがあるので注意して下さい。



チャンバーの固定パーツを外します。



これでフロント周りを引き抜く事が出来ます。



チャンバーの固定ネジを2ヶ所外します。



これでチャンバーが外れます。
ノズルが引っ掛かり外れない場合は後で
メカボがフリーになってから抜いていも大丈夫です。



続いてメカボの取り出し作業に入ります。
グリップ底のネジを外します。



これでグリップが外れます。
セレクターレバーの軸部分のネジを外します。
手で回らない場合はペンチ等で挟み回します。
その際ネジ頭が傷付かない様に注意して下さい。



セレクターレバーが外れました。



メカボを上方向に抜き出します。



メカボが取り出せました。



各パーツを外しメカボを開けます。



メカボ内のパーツを外しパーツクリーナーを使用し洗浄を行います。
軸受けを外した後は接着剤が固まっている事があるのでそれもキレイに剥がします。
耐久性向上の為、ORGA SUS軸受け7mmを使用します。
軸受けは水平に奥まで押し込み接着して下さい。



CORE製強化ギア18:1を使用し給弾不良対策としてセクターチップを組込ます。



次にシム調整を行います。
スパーギアの下側はギアがメカボと擦らない程度に薄めのシムを使用しセクターとベベルの下側はスパーと擦らない様にします。
各ギアの上側はメカボを閉じネジを締めてクリアランスを確かめながら調整を行います。



ギアのグリスアップを行います。
ギアの歯の部分にビスタックを少々吹付け筆で延ばします。
グリスの付け過ぎは返って駆動の負荷となるので気をつけましょう。



エアー容量アップの為MagnusシリンダーセットVer2~Ver6を使用します。
シリンダーのエアー容量を増やす事により飛距離アップに繋がります。



シリンダーヘッドは純正品を使用します。
そのままではエアー漏れを起こすので
シールテープをシリンダーヘッドの周りに巻いて押し込みます。
シリンダーからはみ出た部分はカッターでカットします。



ピストンは耐久性向上の為JA製メタルTeethピストンを使用します。
耐久性はもちろんコストパフォーマンス優れたピストンです。



ノズルは集弾性向上パーツの定番でんでんむしAK用を使用します。



これでシリンダー周りを組み上げます。
シリンダー内、ノズル内はグリスを薄く塗り伸ばします。



全てのパーツをメカボに組込ます。
ピストンレール・タペットプレートレールやギアの軸部分等
摩擦が生じる部分はしっかりとグリスアップをして下さい。
スプリングはAxisスプリングを使用しました。



モーターは東京マルイ製EG1000Sに変更します。



オーナー様よりFETの組込を依頼されていた事を思い出しNEOX製 FETの組込を行いました^^;



これでメカボのカスタム作業は完了です。
この状態でメカボの駆動チェックです。
セミが不調だった為スイッチアッセンとカットオフレバーを交換し症状は改善されました。
モーター位置の調整も行いますが、グリップを付けると
モーターが下方向に引っ張られ多少ピニオンギアのクリアランスが変わります。



フレームにメカボを組んでセレクターレバーとグリップも取り付けます。
ここで再度テストドライブを行い、セミ・フルの駆動確認とモーター位置の微調整を行います。



続いてフロント周りのチューンを行います。



バレルはMagnusHDバレルを使用します。



次に面HOPカスタムを行います。
使用するのはお馴染みの電気なまず「辛口」です。



チャンバーの窓に合わせ電気なまずの長さと幅をカットします。
細工用カッターを使用するとキレイにカット出来ます。
電気なまずをHOPアームに接着して使用します。



HOPとバレルをチャンバーに組込ます。



フロント周りもフレームに組んで初速のチェックです。
今回はバレル長260mmだと少し高いので250mmに決定です。
ロングレンジの試射を行いカスタムは完了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:26Comments(0)AK / RPK

2014年11月13日

BetaProject Tactical AK 電動ガンカスタム

ORGA AIRSOFTのTAKAです。

本日はBetaProject Tactical AKのMagnusチューンのご紹介です。

AK102をベースとしタクティカルカスタムを施した銃です。


カバーを外し赤丸の芋ネジを緩めます。


チャージングハンドルのステーを抜き取り、チャージングハンドルを後方にスライドさせて外します。


サイトを下に押しながら後方にスライドさせて外します。

下にある板バネは前方にスライドさせて抜き取ります。


赤丸の穴から六角レンチを差込み下にあるイモネジを緩めます。


赤丸のピンをポンチなどを使って抜きます。


チャンバーをメカボ側に押し付けているパーツを上に持ち上げて外します。


チャンバーを固定しているネジも外します。



これでアウターバレル周りを前方向に抜き取り、チャンバーとインナーバレルは後ろ方向に抜き取ります。


グリップ底のネジを外すとグリップが外れます。


セレクターレバー軸部分のネジを外します。


セレクターレバーを外すとメカボを取り出す事が出来ます。


メカボを取り出しました。


モーターを外しメカボを開けます。


メカボ内のパーツを取り外します。

今回はプレイヤーさんのご要望により配線をテフロン線に交換します。


メカボを綺麗に洗浄します。

軸受けは耐久性を考慮しORGA SUS420 7mm軸受けを使用致します。


軸受けがキツイ場合は無理せず、メカボ側の穴を丸ヤスリ等で軽く削ります。

押し込んでパチンと入る程度が理想です。

斜めにならない様に平らに押し込んで接着して下さい。


ギアはCORE製 18:1 強化ギアを使用します。

コストパフォーマンスに優れ強度も申し分ございません。

ベベルギアのラッチも8枚とギアの逆回転を最小限に抑えます。

給弾不良防止の為にセクターギアにセクターチップも取付けます。


続いてシム調整を行います。

スパーの下シムはスパーがメカボに擦らない程度に薄めにします。

セクターとベベルの下シムはそれぞれのギアがスパーと擦らない様にして下さい。

あとは上のシムを決めていきます。

スパーはタイトにセクターとベベルはある程度余裕があっても大丈夫です。

シム調整を行う時はメカボのネジを2,3本は絞めて行いましょう。

ネジを締めることでクリアランスが変わります。

セクターギアを指で回してカラカラと無抵抗で回るのが理想です。


WAKO'Sビスタックを使用してギアのグリスアップです。

歯の部分に少量を吹き付け筆で延ばします。

付け過ぎは返って負荷となるので注意して下さい。


シリンダーはもちろんMagnusシリンダーを使用します。

エアーの容量を増やす事で飛距離を延ばす事が出来ます。


シリンダーヘッドは純正品を使用します。

シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしてシリンダーに押し込みます。


シリンダーからはみ出た部分をカッター等で切り落とします。


ピストンは強度もありコストパフォーマンスに優れた高耐久メタルTeethピストンを使用します。


シリンダー内とピストンヘッドのOリングにグリスを塗ります。


ノズルはでんでんむしAK用を使用します。

集弾性向上に強い見方のカスタムパーツです。


シリンダー周りを組み上げます。


メカボに各パーツを組み込みます。

スプリングはMagnusスプリングを使用します。

ギア軸部分、ピストンレール、タペットのレール部分、セクターチップ等摩擦が生じる部分はグリスを塗りましょう。


メカボを閉じてノズルを指で押して動きを確認します。

続いて細い棒をノズルの先から入れてピストンがスムーズに動くか確認します。

タペットスプリングの掛け忘れやピストンのレールにキチンと入っていない等のトラブルを事前に発見できます。


モーターを東京マルイEG1000Sに交換します。


モーターを組んでテストドライブです。

モーターの位置調整も行います。


メカボをフレームに組み込んでセレクターも取付けます。

この時点でもSEFE・SEMI・FULLと駆動を確認します。


次にバレル交換とHOPチューンです。


バレルはMagnusバレルを組み込みます。

内径6.23mmのルーズバレルがBB弾の管内での弾当たりを最小限に抑え、弾の回転を乱す要因を軽減します。

それによりまして集弾性が向上します。

スプリングレートはそのままでMagnusバレルへの交換のみですと初速が落ちますのでご注意下さい。


面HOPへのチューンです。

FIREFLY電気なまず「辛口」を使用します。

通常のHOPは弾が通貨する際に点でHOPを掛けますが、面HOPに変えますと線でHOPが掛かり回転数が安定します。

それにより集弾性が向上します。


そのままでは大きい為に細工カッターでカットしHOPアームに接着します。


チャンバーにHOPとバレルを組み込みました。

チャンバーパッキンは回転させて取り付け平らな部分がHOPで押せる様にして下さい。

チャンバーのノズルが入る口から覗いてHOPを掛けていきます。

平らにHOPが降りている事を確認します。

全てを組み込み初速を計ります。

今回のバレル長は182mmで仕上げました。

ロングレンジでの試射も行いカスタム終了です。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:44Comments(0)AK / RPK

2014年03月06日

東京マルイ AK ハイサイ

どうも!メカニックのShuです!

以前はTeru氏がブログを更新していましたが、今回からはSHUとTeru氏の2名で順番に更新して行こうと思います!

今回も大分前の作業なんですが、東京マルイ AK電動ガンのハイサイチューンの模様をUPします。

AKとは...(ご存知の方の方が多いと思いますが。。)

第一次世界大戦終結後も軽量フルオート火器を模索していたドイツ国防軍は、1939年の冬戦争に際してソ連軍から鹵獲した極めて初期のアサルトライフルであるフェドロフM1916に強い関心を抱き、StG44の開発へと繋がってます。

開発されたStG44は当時まだMKb42(H)と呼称されていたが、ドイツが苦戦を続けていた東部戦線に試験投入されました。

直後にこれを鹵獲したソ連軍は、このドイツ製の新たな特徴を持つ自動小銃に強い関心を抱き、自軍では1940年にいったん退役させてしまった“フルオート射撃が可能な歩兵用自動小銃”、後のアサルトライフルを再開発するプロジェクトを1943年6月に開始しました。

開発プロジェクトは、独ソ戦の勃発により高齢をおして現役復帰したフョードロフ中将(フェドロフM1916の開発者)によって統括され、Avtomát用弾薬である7.62x39弾、そしてその弾薬を使用するRPD軽機関銃とSKSカービンが開発され、実戦試験が続けられました。

ナチス・ドイツの降伏後、ドイツの分割占領に加わったソ連軍は、StG44の開発者であるヒューゴ・シュマイザーの身柄を確保・抑留し、新進設計者だったミハイル・カラシニコフとの協同の下で、ドイツの“Maschinenkarabiner”あるいは“Sturmgewehr”と同様の設計思想を持つ各種の火器を開発させ、1946年、アサルトライフルの設計が完成します。

設計製図には当時、航空省に勤務していたカラシニコフの母親も協力しています。

試作されたアサルトライフルは、ソ連軍によって各種のテストが行われたが、長時間射撃した時にジャミングや部品の破損が発生したため、10次に渡る再設計を重ねて完成度を高めていきます。

1947年、改良試作型アサルトライフルが、ソ連軍の部隊テストに提出され、1949年に制式採用となった。これが、AK(後のAK-47)です。

A&K M4 mini

そういえば...AKで思い出したのですが、来る3月21日に公開の「ローンサバイバー」でもゲリラがAKを持ってるらしいですね!

「ローンサバイバー」とは、米海軍特殊部隊ネイビーシールズ創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を、マーク・ウォールバーグ主演で、「キングタム 見えざる敵」のピーター・バーグ監督が映画化しました。

2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯で偵察活動中の4人のシールズ隊員は、あるひとつの決断によって、200人を超すタリバン兵の攻撃にさらされることになりました。

極限の状況を生き延び、奇跡の生還を果たした唯一の隊員マーカス・ラトレルが執筆し、全米ベストセラーとなったノンフィクション「アフガン、たった一人の生還」が原作です。

ストーリーはもちろん、装備や銃も見所の一つだと思います!

と、映画の話はこの辺にして本題に戻ります^^:

それではメカボを取り出します。

A&K M4 mini

メカボックスを開けます。

東京マルイ製のメカボックスは殆ど問題ありませんが、中華製メーカーの場合

ピストンレールやシリンダーホールなどにバリやザラつきがあったりする場合がありますので、耐水サンド等で研磨してください。

メカボックス内部のパーツは一旦全て取外し、内部をしっかり洗浄します。

電動ガンのメカボックス内部構造は各社 似たり寄ったりですが、利用されている軸受やギア軸の公差などで、シムのバランスが変わっていたりしますので、ご自身で分解する場合は、写真を撮ったり、各部のシムの枚数をメモしておいたりすると、全分解した後でもデフォルト(箱出しの状態)から調整を再スタートできると思いますので、お薦めです。



A&K M4 mini

これは、どの電動ガンでも共通する事ですが、メンテナンスやカスタムの際にはメカボックスの内部を洗浄してあげる様 心がけましょう。

内部の汚れが酷い場合、サバイバルゲーム等で利用した際に細かい砂やチリが混入してギアの回転に障害が出たり、グリスが硬化してしまい、性能を発揮できなくなってしまったりします。

ORGAのカスタムでは、基本的に軸受はORGAブランドの軸受へ変更します。(Plyaerさんから指定が無い場合)
箱だしの電動ガンで利用されている軸受は概ね、プラ製、ベアリング製、真鍮製 ですが、ORGAとしては両方とも耐久性に掛けると考えています。

プラ製と真鍮製の物は、経年により軸穴が広がってしまう為、適正なギアの噛み合わせが出来なくなり(ガタが出る)異音の原因に繋がります。

ベアリングの場合は、ベアリング自体の破損が起こり、物理的なギアクラッシュへつながってしまいます。

これらの理由から、ORGAではステンレス製の硬度と強度の高い国内生産軸受を利用しています。

硬度と強度以外にもORGA軸受の特徴をWebShopにて解説してありますので、ご覧ください。


軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。

この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。

折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり

ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!

※瞬間接着剤等を利用の場合、設置の瞬間に斜になってしまったりしますので、注意してください。

SHS 13:1のギアに交換します。

A&K M4 mini

電動ガンのカスタムの中で、ギアの選択(材質ではない)は大きな要素です。

ORGA WebShopでも解説している通り、ギアにはギア比という物が存在します。

このギア比で、回転する速度が変動します(ハイサイクルなど)

# 18:1 = マルイ純正比
# 16:1 = ハイサイクル系
# 13:1 = スーパーハイサイクル(マルイハイサイクル同等比)
# 32:1 / 100:200 / 100:300 = トルク寄り(サイクルが落ちます)

現在はCORE ENHANCED GEARというNEWギアを取り扱っています。

動画でも詳細をUPしてますので、商品ページからご覧ください。




次にシム調整です。

同じ事を長い間言い続けてはいますがシム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。

このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまいモーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。

注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。

ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

ビスを締めた後、指でギアを回した際に、抵抗や異音が無くスルスル回ればOKです。

そのスパーの高さに合わせて、セクターとベベルの高さを決めます。

セクター上のシムはタペットプレートが押さえてくれる事もあり、然程 神経質になる必要はありません。

ベベルの肝は、ベベルの上のシムになります。

ベベルの下に関しては、モーターピニオンがベベルギアに当たり、ベベルを持ち上げますので、然程関係ありません。

ベベル上のシムのみ注力してください。

上があまりキツすぎると、ドライブ時に異音の原因になります。

このシム調整が修行中の自分としては難しく感じます^^:

A&K M4 mini

次に13:1のセクターギアの歯を5枚カットしました。

A&K M4 mini

シムが決まったら、次にグリスアップをしていきます。

ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!

グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。

その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。

A&K M4 mini

ピストンはSuper Core Pistonを使用します。

ORGAでも愛用し続けている、最高のピストンです。

材質には特殊な素材が使われており、設計も高精度。

LongShootingは基より、ハイサイクルPlayerにも支持の高いピストンです。


A&K M4 mini

シリンダー内にWAKOSのシリコングリスを薄く塗ります。

A&K M4 mini

組みあがったメカボックスをロアに組込み、テストドライブを行います。

この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。

もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。

また、この状態でノズルを押してみて、きっちり前後運動するか?確認してください。

細い棒状の工具をノズルから差込んで押す事によりピストンの動きもチェックをしてキッチリ動いていればOKです。

たまに、メカボックスを閉じてテストドライブの段階で「実はピストンがレールと噛んでいた・・・」なんて事になると
また全バラシになりますので、この工程は必ずやりましょう!

A&K M4 mini

次にHOPチューンをしていきます。

A&K M4 mini

HOPチューンは、FireFlyのなまず辛口を利用します。

ORGAで販売(組込み含む)している なまずは、オリジナルのステンレス平行ピンが付属していますのでより"ねじれ"に強く安定したHOP回転を掛ける事ができます。

なまずに関しては、そのまま利用する事はありません。

チャンバーの開口部やHOPレバーの形状に合わせてなまずを加工します。




サバゲー用品 通販
電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

# カスタム ピストン一覧

# 電動ガン 強化ギア一覧

# 電動ガン用 モーター一覧

# FireFly製品

# 強化メカボックス

# ORGAブランドパーツ一覧


サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

# Lipo / 充電器一覧

# BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:24Comments(0)AK / RPK

2013年04月16日

BetaProject Tactical AK - Magnusチューン

AK

BetaProject Tactical AK - Magnusチューン

こちらも古い作業分になってしまいますが、人気の高かった Beta AKです!

こちら、個体差によって、セミがロックしたり、ちゃんと切り替わらなかったりしますので、各部調整していきます。

メカボックスはVer3となります。



Beta project

内部確認を行います。

グリス量も異常に多く、軸受やギアの設置具合もイマイチです。

Beta project

Beta project

まずは、全てを外し、内部洗浄からのテフロン線へ変更です。

Beta project

この頃は、まだORGA軸受がありませんでしたので、ベアリング軸受を利用します。

現在は、全ラインナップ在庫してますので、ご覧ください。


Beta project

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!

※瞬間接着剤等を利用の場合、設置の瞬間に斜になってしまったりしますので、注意してください。

Beta project

《ギアのチョイス》
電動ガンのカスタムの中で、ギアの選択(材質ではない)は大きな要素です。
ORGA WebShopでも解説している通り、ギアにはギア比という物が存在します。
このギア比で、回転する速度が変動します(ハイサイクルなど)

# 18:1 = マルイ純正比
# 16:1 = ハイサイクル系
# 13:1 = スーパーハイサイクル(マルイハイサイクル同等比)
# 32:1 / 100:200 / 100:300 = トルク寄り(サイクルが落ちます)

現在はCORE ENHANCED GEARというNEWギアを取り扱っています。
動画でも詳細をUPしてますので、商品ページからご覧ください。
CORE GEAR SET 商品ページ

Beta project

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。
スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。

注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。
ビスを締めた後、指でギアを回した際に、抵抗や異音が無くスルスル回ればOKです。

そのスパーの高さに合わせて、セクターとベベルの高さを決めます。
セクター上のシムはタペットプレートが押さえてくれる事もあり、然程 神経質になる必要はありません。

ベベルの肝は、ベベルの上のシムになります。
ベベルの下に関しては、モーターピニオンがベベルギアに当たり、ベベルを持ち上げますので、然程関係ありません。
ベベル上のシムのみ注力してください。
上があまりキツすぎると、ドライブ時に異音の原因になります。

Beta project

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。

Beta project

Beta project

《ピストン》
ピストンは耐久性と静音性を考慮してSuperCorePistonへ変更します。

Beta project

中華製電動ガンの場合、メカボックス内部のピストンホールの設計にバラツキがありますので、ピストンがキツイ場合は、ピストンホールのクリアランスに合わせて、ピストンの寸法を変更します。

Beta project

《シリンダー》
シリンダーは放出エア量Upを狙いMagnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。
ロングシューティングには、放出エア量は必須です。
詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。
Magnusシリンダー商品一覧

Beta project

ノズルは、でんでんむし AK用を利用します。

このノズルの特性は商品ページに記載してありますので、ご覧ください^^


Beta project

全てのパーツの準備が整ったら、内部チューンの終了です。

Beta project

《モーター》
モーターはマルイ純正 EG1000へ交換です。
高電圧の耐久性と安定性は郡を抜いて良いです。
こちらも、ORGA WebShopにて取り扱いしています★
モーター商品一覧

Beta project

《バレルについて》
Magnusチューン 及び Axisチューン共に、ORGA製 WideBore バレルを利用します。
ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。
各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。

# 6.13mm MagnusHD Barrel

全国のSHOPさんでも取り扱いがありますので、最寄りのSHOPさんにもお問合せしてみてください。

Beta project

《HOPチューン》
HOPチューンは、FireFlyのなまず辛口を利用します。

なまず

ORGAで販売(組込み含む)している なまずは、オリジナルのステンレス平行ピンが付属していますので、より"ねじれ"に強く安定したHOP回転を掛ける事ができます。

なまずに関しては、そのまま利用する事はありません。チャンバーの開口部やHOPレバーの形状に合わせてなまずを加工します。

なまず商品ページはこちら

Beta project

Beta project
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:00Comments(0)AK / RPK

2013年01月23日

LCT AMD65 Axis - AK


ORGAです★今日もサクサク以前作業分のUPしていきます!
LCT AMD65のAxisチューンです。




AMD65とはハンガリーがAK-47を基にし
将校や空挺部隊及び特殊部隊用に設計したアサルトカービンです。
結構人気のある個体ですね!


まずフロント周りを外します。





グリップとセレクターレバーを外します。




メカボを取り出します。




モーターを外しメカボを開けます。
AK - Ver3メカメカボックスは大体同じですね。



軸受けをORGA SUS軸受けに変更します。

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!

ご購入はこちら→ORGA SUS軸受け




ギアはSHS強化ギア18:1を使用します。
ハイレートスプリングを使用する際にはギアとピストンは強化品を使用します。

ORGAではギアを交換する際には在庫品の中よりベストな組み合わせな物を選択し使用します。




シムの調整を行いグリスアップを行います。

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。


シリンダーは飛距離を伸ばす為 Magnusシリンダーを使用します。
Magnusシリンダーは内経を可能な限り広くしたボアアップシリンダーです。
ご購入はこちら→Magnusシリンダーセット


ピストンはスーパーコアピストンを使用します。
軽量でかつ強固な素材でピスクラの可能性を可能な限り防いでくれます。
ご購入はこちら→Super Core Piston


ノズルはでんでんむしAK用を使用します。
BB弾の給弾位置が固定され安定した弾道を生み出します。
ご購入はこちら→でんでんむし


全てのパーツ準備が整ったら、全体のパーツを組み付けて内部終了です。




Ver3 = AK系はフレームに組み込まなくてもテストドライブが可能ですので、2度手間を防ぐ為に、この状態でテストを行いましょう!

この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。
もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。

続いては、チャンバー周りです。


HOPラバーは電気なまずを使用します。
面HOPが安定した回転をBB弾に与え、弾道が安定します。


《バレルについて》
ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。

各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。





全てを組みなおし初速を計ります。
バレル長で初速の調整を行い規制値内に納めます。

ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックを行い終了です。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:24Comments(0)AK / RPK

2012年08月28日

G&G GK99 Retune



G&G GK99 Retune

こちらも引き続き、古い記事になりますが、G&G GK99のtune模様です。

このGK99は、G&Gオリジナルのエアーブローバックを採用したもので、ダストカバーのブローバック作動を、メカボックス上部のミニシリンダーからの排気で作動させるのですが・・・・

この機構が最大の欠点だったりもします^^;

考え方はリアルで良いのですけどね。。。






取り急ぎ、メカボックスを取り出します。





エアブローバック以外は、通常のVer3内部です。



G&Gのギアは比較的精度が良いので、ギア軸に曲がりが無ければ、そのまま利用でOK



内部はしっかり洗浄して、軸受けは固定します。



冒頭のエアーブローバックがダメな件ですが・・・

以下の真鍮のシリンダー(純正)の先端に「ポチ」っと穴が空いていますね。
この穴からエアがミニシリンダーに流れる・・・想定だったのだと思いますが、ほとんど流れませんTOT

しかも、この穴のお陰で、機密漏れを起こし初速もかなり低い状態です。

シリンダー自体は、この穴の空いていない物に変更します。



純正ピストンのOリングですが、径が細く、ゴムの耐久性もありませんので、ORGA特注のOリング(普通のOリングですが)へ変更します。



ギアについては、先程の通り「そのまま」利用しますので、シム調整を行い、駆動系を仕上げます。



シリンダーのエアロスを防止し、適正なコンプレッションを得られる様になりました。

それ以外は、ライトチューンになります。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 23:06Comments(0)AK / RPK

2012年05月15日

KC-89 KREBS Magnus



ClassicArmy KC-89 KREBS Magnus

--先に告知--

現在行なっている ORGA BRAND製品 20%オフセールの方は、今月末までとなります。
キャンペーン終了後は、通常価格に戻りますので、この機会に是非お試しください。
ORGA WebShop


ORGAです★久々の深夜の更新です^^;

事前予約を含め、数多くの受注を頂きましたKC-89の方、早速 カスタム依頼分を作業しております。

今回のKCですが箱出しを購入されたPlayerさんや、Retune、Axis、Magnusなど、Playerさん毎のStyleに合わせてチューンして行く物と様々です。

しかし剛性が高いですKREBSは。。。

スチールの質感も良い感じです。

KREBS

バラし始めると、基本 他のAKと大差はありません。

KREBS

NoブローバックのVer3メカボックスです。

KREBS

メカボックスを開け、内部パーツの確認を行います。

KREBS

今回は軸受はそのままCAの物を流用します。

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!

KREBS

ギアもそのまま流用します。

KREBS

ノズルがでんでんむし AK用を利用しますので、確実は給弾を行う為、セクターチップを導入します。

KREBS

シム調整に入ります。

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

KREBS

新グリス登場!

これまで、WAKOSをメインに使ってきましたが、今回から新グリスを採用していきます。
色々試して、試行錯誤した結果、ギア用とシリンダー用のグリスをORGAブランドとして販売するかもしれません。

後に紹介しますが、特に、シリンダーグリスは、今まで見てきた中で最高峰かもです。

電動以外でもGBBのボルトキャリアの中へも最適です。

KREBS

ピストンはもちろんSuperCorePistonです。

今、WebShopの方では在庫切れとなっておりますが、販売分は、月末までには大量に入荷しますので、またUPしますね!

KREBS

新グリスのシリンダー用です!
Magnusシリンダー&ピストンヘッドを組み込みます。

KREBS

ノズルは でんでんむし AK用を採用します。

KREBS

全体のパーツを組み込んだら、内部は終了です。
SP = SHS130利用

KREBS

モーターはEG1000Sへ変更します。

KREBS

テストドライブも良い感じです。

KREBS

続いてチャンバー回りです。

KREBS

Magnusバレル150mm+なまず辛口を利用してFlat Hopを製作します。

KREBS

今後、試射を行い完了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 00:33Comments(0)AK / RPK

2012年05月12日

13:1ハイスピード AK ORGA HD



--告知--
本日、これから所要により臨時休業となります。
メールでのお問い合わせへのご返答は深夜~明日のご返答になってしまいますので、ご了承お願い致します。
---------

東京マルイ AK 13:1 ハイスピード ORGA HD

ORGAです^^
以前作業ハイサイクルの模様UPです。
ノーマルAKを13:1ハイスピードに仕上げていきます。



AK系は全般 Ver3系のメカボックスとなり、メカボックスにモーターハウジングが固定されていますので、比較的トラブルの少ない形状となります。



内部は、フルノーマルとなります。
この状態から、必要部分のパーツ強化や加工を行い、ハイサイクルに仕上げていきます。



今回は、SHSの13:1ギアを採用します。



軸受はORGA SUS420 6mm軸受へ変更し、ギア精度のチェック 及び シム調整を行います。

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。



ギア選定とシムが決まったら、利用するセクターギアの歯をカットします。
今回は、11.1v利用も視野に入れて、前1後4の計5枚カットとなります。

セクターギアには、必ずセクターチップを取り付けしましょう。



ピストンは耐久性を考慮しSuperCorePistonを採用します。
ハイサイクル系のチューンの際は、ピスクラ防止の為、ピストンの2枚目(掛かり始めから数えて)を切削しましょう!
ピストンは、SYSTEMAのAREA1000(ORGA Web Shopにも掲載しています) を利用します。



シリンダーのグリスアップはWAKOS SSGを利用します。
グリス残りも良く、サラサラになるグリスで非常に品質の良いグリスです。



全体を組み上げたら内部チューンの終了です。



チャンバー側ももちろん手を入れますが、今回はMagnusバレルは利用しません。
セクター5枚カットになると、WideBoreバレルを利用した場合、初速が上がりきらない為です。。。
現在、ORGAハイサイクル用のバレルも製作中ですので、情報は改めてUPします^^!



Magnusチューンでは定番のなまずですが、ハイサイクルにも非常に有効です。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:04Comments(0)AK / RPK

2012年03月05日

金AK 爆音チューン



SRC Gold AK 爆音チューン

ORGAです^^
以前作業のSRC 金AKです。

このAKですが、命中精度よりも とにかく爆音にしてくれ! という事で、耐久性を無視(まぁ大丈夫です)した爆音になってます。
Goldの外観だけあって、静か目よりもとことん目立ちたいですもんね!

爆音仕様なので、それなりのスプリングを使ってはいますが、設定初速は超低いです^^y
音だけで威圧感ありますし、その上撃たれて痛かったら、嫌ですもんねw(僕も嫌です^^;)

それにしても綺麗な金ですw



さて、早速内部です。
SRCのメカボですね。



内部を確認します。



まず、現状でピストンが逝ってしまっています。







爆音仕様なので内部は耐久性を高める事に100シフトしたチューニングを行います。



こちらも、Playerさんの意向で サイクルも実っぽくして!という事だったので、100:300のヘリカルトルクギアを投入です!
ORGAでも以前 MagnusRD(リアルドライブ)というカスタムをやってましたが、復活させようかしら・・・。
サイクル速いのも好きですが、トロイのも好きです。

このギア、WecShopに出てますので、宜しければチェックしてください^^



さて、シム調整に入ります。

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。



グリスはWAKOSビスタックを利用します。



ピストンヘッドシリンダーヘッドは、Playerさんの意向でLCT製のメタルです。

ORGA的に 「いや~メカボ割れますよ!多分・・・」

Playerさん「知ってますw良いんです!」

ORGA的に 「んじゃ~Goで^^;」


ってな訳で、超ハイレートなのに、メタルAssy・・・・

Ver3メカボの首元に頑張ってもらうしかありませんね^^




ピストンはSHS 15teethメタルを利用。



う~ん・・・重そうです。



破損パーツを交換し、耐久性重視のパーツに総交換です!

シリンダーはKMさんのが手元にあったので、利用しました!



とりあえず、7.4vでドライブです^^
久々にここまでのレートで組んだので、トリガー引くのが怖いですTOT

結果は・・・・いや~音がデカイですwww

別の部屋に居たスタッフが 「なんか破裂した?」 って、聞きにきましたw


ORGA的に 「いや、何も・・・」

こういうの嫌いじゃないっすw



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:58Comments(0)AK / RPK

2012年02月16日

SLRハイサイクル テスト

SLR105

ORGAです。
本日、他の銃と一緒にSLR105 13:1 ハイサイのテストを行ってきました。
再び、ハイサイ ちょっと楽しくなってきたかもですw

今日はこれから作業場を離れて、深夜に戻ります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)AK / RPK

2012年02月14日

SLR105 ハイサイクル



ClassicArmy SLR105 ハイサイクル

ORGAです^^
クラシックアーミーのSLRハイサイクル 作業UPです。

今回はテストで動画を撮ってみました。

早速、分解しVer3メカボックスを取り出します。

SLR105

メカボックスを分解です。

SLR105

全体のパーツを外し、軸受けの固定から行います。

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!

SLR105

SLR105

《ピストン》
ピストンは耐久性と静音性を考慮して
SuperCorePistonへ変更します。

ORGA Web Shopでも常時在庫してますので、ご覧ください。

ORGA WebShop

SLR105

ハイサイクル仕様となりますので、ピストンの2枚目はカットします。

SLR105

ハイサイでは古くから利用していて、絶大な信用がある、AREA1000のPOMピストンヘッド。

SLR105

ギアはSHS13:1を利用します。

SLR105

今回は秒間30発~を狙いますので、セクターカットは5枚です。
前1後4のカットです。

SLR105

SLR105

もちろんセクターチップは欠かせません。
このクラスのハイサイでは欠かせません。

SLR105

シリンダーは加速ポート付きの物を利用します。
セクターカット時はピストンストローク量が減りますので、シリンダーのポートまでピストンヘッドが下がっているかの確認を行い、下がっていればOKです。

SLR105

セクター加工、ピストン、シリンダー系が決まったら、シム調整を行います。

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

SLR105

シム調整の確認は必ず、メカボックスをビス2本程度にて締めて確認する様にしましょう!

SLR105

シム調整後は、ビスタックでグリスアップです。

SLR105

全てのパーツ準備が整ったら、内部チューンの終了です。

SLR105

モーターはマルイのEG1000へ変更します。

SLR105

モーターを組み付けたら、テストドライブです★

SLR105

テストドライブ 11.1v 25c ラフ充電の物を利用

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 22:51Comments(2)AK / RPK

2011年12月23日

BetaProject Tactical AK Axis



Beta Project Tactical AK
ORGA Axis

ORGAです^^

いや~寒いですね・・・。。。

いい加減チューンのBlogUp待ちが溜まり過ぎてしまったので、順次UPしていきます!

今回UPは、BetaProject Tactical AKです。

チューンの内容は、セミのキレとレスポンス重視+0.2g弾を利用とのオーダーで

中距離命中精度重視のAXISチューンとなります。

BetaProject

今回、先週から3本ほど造っていますが、個人的に1本欲しいかもです^^

ちなみに、ORGAで1本在庫してますので、欲しいPlayerさんは声を掛けてくださいね!

BetaProject

内部は純粋なVer3メカボックスです。

BetaProject

メカボックスをオープンです。

内部を見た感じ、BetaProjectって・・・どこのメーカーなんでしょうかね?w

BetaProject

グリスはお馴染みのGreeenグリスです。

このグリスの内容物が知りたいです。

あと、このSHS系の十字メタル軸受けは全く使い物になりませんので、交換します。

BetaProject

内部洗浄を行い、テフロン配線へ変更しヒューズカットを行います。

BetaProject

BetaProject

軸受けは7mmベアリングをチョイス。

金属用の接着剤でしっかり固定します。

BetaProject

BetaProject

BPAKはLiPo7.4運用となりますので、ギアは16:1をセクターカットなしで利用します。

BetaProject

ギアの選定が済んだら、シム調整を行います。

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまいモーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

BetaProject



BetaProject

シム調整が終ったら、ビスタックでグリスアップを行います。

BetaProject

ピストンは耐久性と静音性を考慮して
SuperCorePistonへ変更します。

ORGA Web Shopでも常時在庫してますので、ご覧ください。

ORGA WebShop

BetaProject

BPAKの場合、SuperCorePistonは横幅あり過ぎて、ポン付けできません。

フライスでレール溝を掘りこみます。

BetaProject

この様にメカボを閉じた状態で、ストレス無く前後運動できればOKです★

BetaProject

シリンダーは放出エア量Upを狙い
Magnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。

ロングシューティングには、放出エア量は必須です。

詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。


BetaProject

全体のパーツ準備が整い、組込みを行ったら、内部チューン終了です。

BetaProject

モーターはマルイ純正 EG1000へ交換です。

高電圧の耐久性と安定性は郡を抜いて良いです。

こちらも、ORGA WebShopにて取り扱いしています★

BetaProject

テストドライブも完璧です。

BetaProject

続いて、チャンバー回りです。

BetaProject

もちろん、なまず辛口+ステンレスピンを利用します!

ORGAでのなまず販売は、このオリジナルのSUSピンが付属してますので、宜しければどうぞ^^

BetaProject

BetaProject

チャンバーのガタつきを防止するためのパーツですが、固体差によって大き過ぎることがある様です。

その場合は、ヤスリ等で大きさを合わせてください。

BetaProject

このチャンバーガイド(黒いプラの四角い土台)も、センターがずれています。

生産時の型か治具の問題でしょう・・・。

キッチリセンターに来る様に切削して調整します。

これを怠ると、ノズルの前後運動に抵抗が生まれ、初速のバラつきやタペットプレートの破損に繋がります。

BetaProject

BPAKのチャンバーですが、これも固体差でしょうか・・・

若干ガタがあります。

ORGAでは、A&K LMG等でよく用いる手法なのですが、以下の様にバレルに1.5mm程度のスリットを入れて、オリジナルのOリングを嵌めます。

その上で、スプリング等を着けて、アウターに組み込むと、スプリングのテンションでチャンバー側へインナーバレルを押し付ける事ができるので、気密のブレやバレル自体のガタが無くなり、初速の安定やポロ弾防止になります。

BetaProject

こんな感じです^^

BetaProject

BPAKをはじめ、中華ガンはまだまだトラブルが多かったり、精度が悪かったりしますが、要点をキッチリ押さえれば、見違えるほど良くなります^^
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:20Comments(0)AK / RPK

2011年08月06日

GK99 Axis G&G




G&G GK99 Axis

こんばんわ★ORGA teruです^^

今作業をしていたGK99のUPです!


さすが高級中華だけあって、造りがしっかりしてます^^y



G&G Ver3  Airブローバック メカボックスです^^



このブローバック機構ですが、実銃同様に、発射の際のエアー(実銃はエアーではないですが・・・)を利用してブローバックさせるという
なんともお洒落な構造です。

シリンダーの前方に噴出し穴が開いていて、メカボック上部も同じ所に穴があります。

つまり、ピストンが前進するとこの穴からエアーが出る訳けです^^!



そのエアーをメカボ上部設置されているブローバック用のミニシリンダーに送られると・・・



シリンダー内にあるピストンがエアーで後方に押されます。

このピストンとダストカバーが連携していて、ブローバックが起こります。。。。

が、しかし・・・・発射性能、飛距離性能においてはTOT

G&G、良く考えたと思います◎


今回のチューンでは、発射性能と命中精度を向上させるのが目的なので、この機構はオミットします!



さて、内部です。



さっきの穴ですね^^



まずは、全体のパーツを外し洗浄します。



この固体のシリンダーは固定用の溝がある(上のヤツ)ので、Magnusシリンダーも同様に溝を造ります。





同じ溝を造りました^^y



ギアですが、精度的に問題なさそうなので、このままGOです!



ですが、1点・・・・。

既存の8mmベアリングの中心穴(ギアの軸が入る所)の径が広すぎて、ギアを設置するとグラグラです^^;

ここがグラついていると、異音の原因やクラッシュの原因になります。



ベアリングは全て社外のベアリングへ変更します。



毎回クドイ様ですが、軸受けは必ず固定しましょう!



新しい軸受けになり、ギア設置もしっかりできました!

次は、シム調整です★



こちらもお馴染みのビスタックでグリスアップです。



ピストンは、SuperCorePistonを利用します。

ピストンヘッドはMagnusPistonHeadを利用。

MagnusシリンダーとMagnusピストンヘッドはロングシューティングの定番になってきてますicon06

ありがとうございます^^



CorePistonを軽量化させます。





ノズルは、でんでんむし AK用を採用!

弾の散りが格段になくなります!

|- でんでんむし AK用



全てのパーツ準備が整ったら、メカボ内のチューン終了です!



テストドライブも完璧です^^

後は、HOPチューニングとMagnusバレルの導入を行って、日中 試射に入ります^^

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 00:12Comments(0)AK / RPK

2011年07月14日

AKクリンコフ Axis



AKクリンコフ Axis

どうもORGA TAKAです。

今日は以前作業分のクリンコフです。
ウッド系のAKもシブいですがスチール製のAKは近代的でカッコイイですねface02
ショートバレルのうえストックも折りたためて超コンパクトになり機動性抜群!!




さて作業開始です^^v
さくさく分解をしてメカボを取り出します。
いつも思うんですけどVer.3のメカボって構造的に作業がしやすいです。
メカボに直接モータを固定出来たり、配線が外を通るところなど。




メカボを開けるとパープルのピストンが目立っています(笑)




まずメカボ内部のパーツを外してパーツクリーナーで洗浄します。




通電性を考慮し配線はテフロン線に変更します。
これで電流のロスを極力少なくし、レスポンス向上にも繋がります^^




ギアは標準で強化ギアが入っていたのでそのまま使用します。
まず洗浄し軸のブレなどがないかチェックします。




メタル軸受にガタツキが見受けられたので6mmボールベアリング軸受に変更します!

ベアリングが傾いて取り付けない様に注意しながら接着剤で固定します。
接着剤がはみ出てベアリングが回らなくならない様に薄く塗りましょう。




ベアリングを固定したらシム調整を行います。
シムの厚みを調整する際、メカボを閉じたら必ずビスを締めましょう。
この状態で調整をしないとくるいが生じます。




シムが決まったらビスタックでグリスUPです。
歯一枚一枚に丁寧に筆で延ばします。




シリンダー内部にシリコングリスを薄く塗布します。
そしてMagnusシリンダーにシリンダーヘッドを固定しますが
そのままだとMagnusシリンダーは内径が広いので固定出来ません^^;
シリンダーヘッドの周りにシール材を巻いて径を太くします。




ピストンヘッドはMagnusピストンヘッドを投入です。
Magnusシリンダーの性能を最大限に引き出してくれる秘密兵器です。
なんと言ってもMagnusシリンダー用に開発したピストンヘッドですので・・・^^v




ピストンはイチオシのSuper Core Piston!!!
軽くて丈夫で素晴らしい逸品ですよ^^

あとOリングにも必ずグリスを塗りましょう。




ノズルはAK用でんでんむしです!
標準のノズルを使用している方は一度試してみる価値はありますよ。
かなり集弾性に変化がでますvvvv




今回は、フロントの長さが短い銃なので、Magnusバレルの長さを長くする事ができませんので110%不等ピッチスプリングを投入します。
不等ピッチスプリングは向きが決まっているので使用する際は注意しましょう。




全てのパーツを組み込みます。
メカボ内のシリンダーがスライドする部分や
タペットプレートがスライドする部分には必ずグリスを塗布しましょう。




メカボを閉じたらビスを締めます。
この時のビスは緩過ぎてもきつ過ぎてもNG。
適度な締め具合が求められます。



モーターはマルイEG1000に変更です。
やはりマルイの製品は高性能で品質が安定しているので安心して使えます。




Ver.3メカボにEG1000・・・・。
とってもカッコイイです!
メカボにカッコイイって表現は少し変かもしれませんね(笑)




反対側はこんな感じです^^v




チャンバーを外します。
なぜかバレルに青錆が・・・・^^;
もちろんバレルもMagnusバレルに変更しますので問題ありません!




HOPラバーはいつものなまずを使います。
面HOPは安定した弾道を得られます^^v




Magnusバレルにも一手間加えてワンランク上のHOPカスタムを施します。

旋盤とフライスを使うと大体の加工ができるのでほんとに助かってます。
なかなか個人では買える機器ではないんですけどね。


バレル長により初速を調整して完成です。
試射ではキレキレのクリンコフが快適に動いていました。
もちろん弾道も納得です!
絶対に敵には持っていて欲しくない銃です(笑)
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:18Comments(0)AK / RPK

2011年07月12日

AK-47RPK Magnus



AK-47RPK Magnus

どうもORGA TAKAです。

今回は以前にチューンをしたAK-47RPKのご紹介です。

RPK・・・・
正式名称 AK-47RPK軽機関銃 
ミハイル・カラシニコフ氏設計の銃。

いかにも旧ソビエト連邦共和国って雰囲気を漂わすフォルムですよね。
かなりシブい逸品です^^v




ストック、グリップ等を外しアウターバレル部分を外すとこんな感じになります。
SYSTEMAモーターを搭載したVer.3メカボのお目見えです!




Ver.3メカボってモーターが固定されているのでこの状態でも動作確認が可能なんです!
組みバラシをしているとこれが意外に重宝します。




こちらのRPKは故障修理&チューン依頼でした。
メカボを開け故障の原因を究明です!!!






お判りになりますか?
って言うか一目瞭然ですね。
スパーとセクターの歯が見事に逝ってます^^;

原因は・・・・・色々と考えられますが
金属疲労からくる軸受とギアのガタツキって可能性は大きいですね。



そこでギアはSHS強化ギアの16:1を投入します。

ガツガツ打ちまくる銃に強化ギアは必要不可欠です!
コストパフォーマンスにも優れた頼もしいヤツです^^v




全てのパーツを外しキレイに洗浄します。
こうして洗浄すると新品みたいになります。




配線は通電性のロスを抑えるテフロン配線に変更です。
もちろんストック内の延長配線部分もテフロン線にしますよ。
全てをテフロン線にしないと意味ないですから~~~^^;

スイッチとセレクタープレートも消耗が激しいので交換です。




軸受がガタついていたので6mmボールベアリングに変更します。
もちろんキチンと接着します。




続いてシム調整です。
メカボのネジを締めて各ギアがガタつかず
尚且つスムーズに回転するのが理想です。
ってこれが難しいんですけどね・・・^^;




シム調整が終わればビスタックでギアのグリスアップです。
ハケを使って丁寧に塗りましょう!




タペットプレートも交換です。
セクターギアとの接点が少し摩耗していました。
ここが摩耗すると給弾不良につながります。




Magnusシリンダー内面にはWAKOSのシリコングリスを薄く塗ります。




ピストンはスーパーコアピストンにMagnusピストンヘッドの組合せです。

スーパーコアピストンはとっても優れモノです。
素材は非常に丈夫で軽く滑りがよい!
ピスクラ防止の強い味方ですよ^^v




スプリングは毎度のMagnus Springを使います。




ノズルは集弾性を考慮し「AK用でんでんむし」を使います。
カスタムには欠かせないパーツです。




これでメカボもMagnusチューンの組み込みは完了です。
最初にメカボを開けた時とだいぶ変わりました!




メカボを閉じテストドライブしたところモーターの動きがなにやら怪しい・・・。
という事でお客様持ち込みのモーターに変更しました。
うん!今度はバッチリです^^v




カバーにメカボを装着しグリップを着け動作確認です。



既存のチャンバーを取り出します。
続いてMagnusバレル&HOPチューンです。




HOPラバーはいつもの「なまず」です。
なまずも非常に優れたカスタムパーツですね。
ただ今までのHOPラバーの代わりにポン付けではうまく動作しない事もあります。
この辺はちょっと工夫が必要なんですよね~~~。




バレルはもちろんMagnusバレルです。
みなさんにもご好評を頂いておりますこのバレル・・・。
自分で言うのもなんですが・・・・やっぱりイイです(笑)

二次ロットを作成中ですが出来上がってくるまで結構時間がかかるんです。
マジ在庫がヤバイです^^;
Magnusバレル投入をご検討中の皆様お早めにご注文くださ~い。


という事で無事すべてを組み込んで、脅威のRPKが出来上がりました。
発射音も弾道も納得のいくカスタムとなりました。

う~~~~んRPK欲しいかもです。。。

ORGA TAKAでした!  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:00Comments(0)AK / RPK

2011年04月09日

CYMA RPK Retune



CYMA RPK ORGA Retune

こんばんわ★ORGA teruです^^

今日は、CYMA RPK RetuneのUPです。

ORGA Retuneの紹介はこちら

この最新ロットのCYMA RPKですが、なかなか良い出来です。

RPKの問題点だった 長いアウターバレルの繋ぎ目もなくなり、一本物のアウターバレルとなってるので、剛性も良いです。

フレームのスチール製と、質感も大変良いですし、ウェザリングにも向くんじゃないですかね!

Retuneで利用しているパーツは、ORGA WEB SHOPに掲載してあります。





Ver3 メカボックスを取り出します。



メカボオープン。

今回のCYMAのデチューンは、バネ切でした。



さっそく、全体のパーツを外し、洗浄です。



軸受けは、しっかり固定します!



きっちり収まりました。



軸受けの固定が終わったら、シム調整です。



シムの確認は、メカボックスを閉じて、ビス止めを行ってから確認しましょう!



シムが完了したら、WAKOSでグリスアップです。



標準のシリンダー、タペット、デチューンバネです。



ORGA Retuneは標準でメタルピストンを採用します。



ヘッドも標準でメタルへ変更です。



今回のRetuneは、Playerさんからの要望で、Magnusシリンダーの投入です。

現在 在庫切れのMagnusシリンダーですが、15日か16日に入荷予定です。



Retuneの場合、Magnusでは無いのでスプリングは軽めの物を利用します。

今回は、AXISスプリングを導入です。



全体を組み付けたら、Retune終了です!

完璧にドライブしてます!

中華銃は、箱出しだと、シム状態やピストン材質+強スプリングが起因して、クラッシュし易い電動ガンですが 「ここが壊れる」 という部分をしっかり把握し、惜しみなくメタルパーツへ交換等を行う事で、すばらしいポテンシャルを発揮します。

シューティングレンジでクラッシュは悲しいですものね^^;


《作業中、作業待ち》※順不同

・Suz氏:M14メンテナンス

・And氏:VFC AK104 PMC Magnus

・End氏:CYMA RPK Retune

・WAK氏:APS AK47 メンテナンス

・Suzk氏:VFC SR16E3 Axis

・Kihr氏:スノーウルフM24 Magnus

・watana氏:VFC Mk12mod1 Magnus

・Nomt氏:ClassicArmy SA58 Axis

・Nagat氏:ドラグノフ Magnus

・Yamamt氏:A&K Minimi ハイサイクル

・Ito氏:L96  

・Sho氏:VFC635 MagnusHD

・Yokoy氏;ClassicArmy M24 Retune

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:35Comments(0)AK / RPK

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (381)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (72)
M4,16 (76)
HK416 (13)
M14 / EBR (39)
MASADA (18)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (48)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (27)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 314人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail