2018年07月08日

電動ガン G&G L85 オーバーホール

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はG&G製L85のオーバーホール作業のご紹介です。

実銃としてのL85は、イギリスで開発されたアサルトライフルでイギリス軍が採用致しました。
5.56x45mm NATO弾を使用可能とする事で汎用性をもたせました。
最大の特徴であるブルパップ方式を採用しており全長は短くしコンパクト化を図りながら銃身を長くする事で長距離の命中精度を高めた設計となっております。

L85

こちらの銃は以前にMagnusチューンを施しており、ブログにアップしておりますのでこちらよりご覧下さい。

L85

それでは作業を開始します。
後部にあるロックピンを抜いてアッパーとロアを前後にスライドさせて分解します。

分解

G&G製L85はメカボが上下分解するタイプでシリンダー部とギアボックスに分かれています。
まずはシリンダー部に掛っているスプリングを外します。
ついてにボルトリリースレバーのスプリングピンも抜いておきます。

メカボックス上部

シリンダー部を固定しているピンを抜きます。
これでシリンダー部は外せますがついでにボルトリリースレバー、ギアボックスを固定しているピンも抜いちゃいました。

メカボックス取出し

シリンダー部後部を上に持ち上げながら外します。

シリンダー

ギアボックスは前側を持ち上げながらフレームから引き抜きます。

ギアボックス

これがギアボックスです。
モーターASSYを固定しているネジ2本を外し配線も抜きます。

モーター取出し

逆側のモーター配線も抜きます。
この時に配線の通し方をよく覚えておきましょう。

配線取外し

次にトリガー装置とスイッチ部を分解します。
ギアボックスからスイッチ部を取り外します。

スイッチ部分解

ギアボックスを固定しているネジは2本、これを外せばギアボックスを開けられます。

ギアボックス分解

カットオフレバーも外します。
ギアボックス内部やギアなどを洗浄しグリスアップを行います。
軸受けもしっかり接着されているかチェックします。
そして組上げていきます。

カットオフレバー交換

今回はオーナー様のご要望でカットオフレバーを交換致します。

カットオフレバー

通電不良があったのでスイッチ配線セットも交換致します。

スイッチ交換

スイッチの寿命を延ばす為SBDをモーターに取り付けます。
モーターハウジングのネジを外してモーターを取り出してからSBDを取り付けます。
モーターをハウジングに戻しギアボックスに組込みます。
ギアボックスをロアに組込みます。

SBD組込み

次にシリンダー部のオーバーホールです。
4ヶ所のネジを外し上部のレール押さえをスライドさせて外します。

シリンダー部分解 

スプリングやシリンダーやピストン、ノズル等のパーツを取出し洗浄を行いグリスアップを行います。
ピストンOリングなども気密漏れがないか、劣化してないか等チェックします。
シリンダー部を組上げたらシリンダー部をギアボックスに合体させます。

メカボックス上部

これでバッテリーを繋いでテストドライブです。
セミ、フルなど問題無く動くかチェックします。
モーター位置調整は後部のパッドを外し、矢印の部分から六角レンチを差し込み行います。

モーター位置調整 

チャンバー周りも分解チェックし問題無ければすべて組上げ弾速チェックを行います。
これで室内作業は完了です。
屋外のロングレンジにて試射を行い弾道や飛距離をチェックし全ての作業は終了となります。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:50Comments(0)L85

2015年10月10日

電動ガン G&G L85 Magnus

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA AIRSOFTは明日、明後日と定休となります。
次回営業は13日火曜となります。

さて、G&G製L85のMagnusチューンのご紹介です。
実銃はイギリス軍採用品で、イギリス軍が好きな方には大変に人気のある銃です。
電動ガンの特徴としましてはメカボが上下分割出来ます。
メカボの配置も後方にあるのでマガジンはグリップの後方になります。



それでは作業に入ります。
後方にあるフレームロックピンを抜きます。



これでアッパーフレームとロアフレームを外します。
次にメカボのアッパー部を固定しているピンを外します。



これでメカボのアッパー部後方を持ち上げ前にスライドさせれば外せます。



メカボが上下分割しました。



メカボアッパー部のカスタムに入ります。
4ヶ所の固定ネジを外し、上部にある固定用プレートを前方にスライドさせて外します。



これでメカボのアッパー部が開きます。
内部パーツを外し全てパーツクリーナーで洗浄します。



シリンダーはMagnusシリンダーセットロングメカボックス用を使用します。



ピストンは耐久製を考慮しSHS製ロングメタルピストン19歯を使用します。



次にノズルです。
L85の場合、シリンダーヘッドの形状が通常と変わり、先端部にリブがあります。



いつもの様にでんでんむしM4用を使用すのですが・・・。



リブがある為そのままではでんでんむしが干渉します。



リブの形状に合わせこんな感じで削りました。



リブとでんでんむしの当たりをみながらでんでんむしを削り微調整です。
抵抗無くでんでんむしがスライド出来る様に調整します。



シリンダー内やノズル内をグリスアップを行いシリンダー周りを組みます。



メカボのアッパー部内もグリスアップを行いシリンダー周りを組み込みます。
今回はオーナー様がブローバックシステムのオミットをご希望でしたのでブローバックシステムのパーツは組込ません。
今回のスプリングはMagnusスプリングを使用しました。



フレームの中央辺りにあるメカボのロックピンを抜き、ボルトロックレバーを抜くとメカボのロア部が抜き出せます。



モーターハウジングを固定しているネジを2本はずしモーターハウジングごとモーターを外します。
スイッチ部のカバーも2本のネジを外して取っておきます。



メカボ周りのパーツを外しメカボを開けギアや逆転防止ラッチも外します。



全て洗浄しORGA SUS420 8mm軸受けを組み込みます。
キツイ場合は無理せず軽く穴の周りをヤスッて広げてあげましょう。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着しましょう。



ギアはSHS製強化ギアM14用を使用します。
L85用ギアもありますがピストンロック等不具合が発生する事が多いので使用しません。
給弾不良対策としてセクターチップも使用します。



L85のセクターギアのカム形状が特殊なのでM14用のセクターギアのカムも同じ形状に加工します。
これは手やすりでは厳しいのでリューター等で行います。
ダイヤモンドビットのφ3辺りが加工しやすいと思います。



カムの加工完了です。
ここをキチンと仕上げないとセミの調子が悪くなります。



次にシム調整です。



シム調整が終了したらギアのグリスアップです。
いつもの様にビスタックをギアの歯の部分に吹き付け筆で延ばします。
ギア軸部もグリスをぬり逆転防止ラッチを組んでメカボを閉じます。



メカボ周りのパーツを組みます。



モーターを東京マルイEG1000Lに交換します。



モーターハウジングを開けモーターを入換えてメカボに組み込みます。



上下のメカボをフレームに組んでテストドライブです。



次にチャンバー周りです。
最初からPROWIN製チャンバーが組まれておりました。
オーナー様のご希望によりPROWIN製チャンバーをそのまま使用します。



HOPはいつもの面HOPです。
やはり面HOPに変えると集弾性が向上します。
しかしそのままでは使えないので電気なまず「辛口」をチャンバーの窓の大きさに合わせカットします。
HOPアームに接着するのも忘れずに。
接着しないと稀になまずがズレて平らに降りてこなくなります。



バレルは内径6.23Magnusバレルを使用しました。



全てを組み、初速チェックです。
初速をみながら長さを決めていきます。
今回は303mmに決定です。
ロングレンジの試射も調子よく集弾性もOKで今回のカスタムは終了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:13Comments(0)L85

2013年04月15日

L85 内部強化、調整、ショートストローク化

L85

L85 内部強化、調整、ショートストローク化

こちらも、数多く作業してきた銃の一つです^^
ロングストローク+ピストン後退停止というPSG1的な機構が邪魔し、ピストンロックが頻発する個体です。

こちらの対策と強化をしていきます。

L85

L85は以下の様に上下分割式での分解となります。

L85

周りにゴチャゴチャパーツがついており、一見 難しそうですが、各パーツは着く所にしか着きませんので、確認しながら外せば大丈夫です★

L85

内部オープンです。

L85

既存ギアは以下の構成です。
L85

ギアの選定を行います。
今回は、ピストンロックを解消する為に、セクターギアの歯をカットし、ピストンが後退仕切らない様に調整します。

L85

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。
スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。

注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。
ビスを締めた後、指でギアを回した際に、抵抗や異音が無くスルスル回ればOKです。

そのスパーの高さに合わせて、セクターとベベルの高さを決めます。
セクター上のシムはタペットプレートが押さえてくれる事もあり、然程 神経質になる必要はありません。

ベベルの肝は、ベベルの上のシムになります。
ベベルの下に関しては、モーターピニオンがベベルギアに当たり、ベベルを持ち上げますので、然程関係ありません。
ベベル上のシムのみ注力してください。
上があまりキツすぎると、ドライブ時に異音の原因になります。

L85

この状態で、シムの具合を確認します。
メカボックスはビスで止めた状態で、シムの確認をしてください。

L85

以下の様に、抵抗無く回ればOKです。

L85

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。

L85

グリスアップが終了したら、内部の調整は終了です。

《駆動部確認とテストドライブ》
組みあがったメカボックスをロアに組込み、テストドライブを行います。
この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。
もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。

L85

《モーター》
モーターはマルイ純正 EG1000へ交換です。
高電圧の耐久性と安定性は郡を抜いて良いです。
こちらも、ORGA WebShopにて取り扱いしています★
モーター商品一覧

L85

L85

続いては、アッパーAssyです。

L85

L85

ピストンは、SHSの19歯(ロングストローク用)を利用します。

L85

《シリンダー》
シリンダーは放出エア量Upを狙いMagnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。
ロングシューティングには、放出エア量は必須です。
詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。
Magnusシリンダー商品一覧

純正シリンダーと同じ位置に切り欠きを入れます。

L85

今回はノズルの変更はありません。

L85

この状態で、駆動テストをしてください。

L85

バレルに関しては、Playerさんからの要望で、純正バレルをそのまま流用します。

L85

組み上げると、以下の仕様となります。

L85
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:00Comments(0)L85

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (448)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (14)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (32)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (3)
P90 (1)
MASADA (12)
Magpul PDR (3)
MP5 (15)
AK / RPK (23)
PDW (7)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (15)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (5)
SRC (2)
G&G (1)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 353人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事