2018年02月24日

電動ガン メカボックスの仕組みについて

ORGA AIRSOFT TAKAです。

先日は電動ガンのメカボックス内部パーツの名称と簡単な役割をご説明させて頂きました。
見逃した方や見直したい方はこちらよりご覧下さい。
本日はそれを基にしメカボックスのエアーを排出する仕組みをご説明させて頂きます。
トリガーを引く→弾が出る!その基本部分であるメカボックスの構造や仕組みについてお話をさせて頂きます。
前回に引き続きVer.2メカボックスでご説明させて頂きます。

メカボックス

①トリガーを引く
②スイッチ接点が接触し通電
③モーターが回転しモーターピニオンがベべルギアを回す
④べべルギアが回転しスパーギアを回す
⑤スパーギアが回転しセクターギアを回す
⑥セクターギアが回転しピストンを後退させる。

ギア ピストン

ピストンを後退させているセクターギアの歯は1周全てにある訳ではなく、ギアが回転していき、歯が無くなるとメインスプリングに押されてピストンの前進が始まります。
ピストン前部に組まれているピストンヘッドがシリンダー内のエアーを圧縮しノズル先端から排出する仕組みです。
これにセクターギアによってタペットプレート&ノズルが前後する動きが加わり、給弾と発射のタイミングを制御します。

エアー排出

次はカットオフレバーについてご説明させて頂きます。
セミは一発撃つとトリガーを引いたままで止まってくれます。
これはカットオフレバーによって機械的に制御されている為です。
(電子トリガー等で違う制御方法を使っている場合もございます)

その仕組みについては以下の通りです。
セクターギアの裏側(下側?)の軸部分にカムが付いております。

セクターギア

このカムが1周に1回カットオフレバーを押し下げます。
ギア側で押し下げられカットオフレバーは反対側のアーム部が上に上がります。
このアームが上がる事でスイッチの可動部を持ち上げで接点が離れ通電をOFFにします。
この一連の動きがセミが撃てる仕組みです。

カットオフレバー

次はSAFEの仕組みについて説明させて頂きます。
セレクターレバーをSAFEにするとトリガーが引けなくなり誤射を防いでくれます。
これはメカボックスの形状に因っても仕組みが変わりますが多くは機械的にトリガーを引けなくしている場合が多いです。
Ver.2メカボックスの場合はセレクタープレートに因ってストッパーアームが跳ね上がります。
これでトリガーを引いてもトリガー上部とストッパーアームが干渉し引けなくなる仕組みです。

ストッパーアーム

以上メカボックスの仕組みを簡単ではございますが説明させて頂きました。
基本が判れば他のメカボックスでも応用が利くと思います。
またトラブル時にどのパーツが原因なのか等の切り分けが容易になります。
チューンをする際にも「自分の目指すチューン」にはどんなパーツが必要なのかとの判断にも役立ちます。
など利点はたくさんありますので覚えておいて損はないと思います^^

少しでも皆様のエアガンライフが充実したものになります様に・・・。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)└電動ガン

2018年02月18日

電動ガン メカボックス内部パーツの名称

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は電動ガンの基本でありますメカボックスについてお話を少々・・・。
メカボックスは様々な形状の物がありますがVer.2(主にM4系)とVer.3(主にAK系)などが多いのではないかと思います。
今回はVer.2メカボックスを例にとりまして内部パーツの名称と役割をご紹介させて頂きます。
まずは各パーツとその名称を覚えるところ始めましょう!
メカボによって使ってるパーツに多少の違いはありますが基本形を覚えれば応用は簡単です。

メカボックス

セレクタープレート
メーカーや機種によって素材や形状が異なります。
セレクターレバーと連動しカットオフレバーやストッパーアームを動かす為のパーツです。

セレクタープレート

スプリングガイド
メカボックス内でスプリングがよれずに真っすぐ圧縮させる為のパーツです。
メインスプリング
ピストン(ピストンヘッド)を前進させる為のパーツです。

スプリング

セクターギア
スパーギアから受けた回転をピストンに伝える為のギアです。
ベベルギアから受けた回転をセクターギアに伝える為のギアです。
モーターピニオンから受けた回転をスパーギアに伝える為のギアです。
ベベルギアの逆回転を防ぐ為のパーツです。
トリガー
スイッチを前進させて通電を管理する為のパーツです。
⑥ストッパーアーム
トリガーを引けない様にする為のパーツです。
スイッチ
通電のON・OFFを管理する為のパーツです。

ギア

シリンダー
エアーを貯めて排出する為のパーツです。
FULLシリンダーと加速ポート付きの2タイプがございます。
シリンダーヘッド
シリンダーの前部分に組込みノズルを組込む為のパーツです。
材質は金属製、樹脂製などがございます。
ノズル
後退時に給弾を促し、前進する事でBB弾をHOPの所まで運ぶと同時にチャンバーパッキンと密着し排出エアー漏れを防ぎます。
タペットプレート
ノズルの前進後退を促すパーツです。

シリンダー

ピストン
セクターギアと連動しシリンダー内のエアーを圧縮・排出促します。
ピストンヘッド
シリンダー内エアーの圧縮排出時に後方にエアーが逃げない様に気密を保持する為のパーツです。



軸受け
ギアの軸を受け支える為のパーツです。
メカボックスによって使える大きさ(直径)が決まっており主にφ6・7・8・9mmのタイプがございます。
またブッシュタイプとベアリングタイプがあり、材質は数種類存在します。
セミ時にスイッチをOFFにする為のパーツです。

カットオフレバー

この様にメカボックス内には様々なパーツが使われております。
パーツ名称と簡単な役割を覚えましたでしょうか。
次回は各パーツの動きからエアー排出の仕組みをご説明させて頂きます。






  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:10Comments(0)└電動ガン

2018年02月12日

FETとは・・・。

ORGA AIRSOFT TAKAです。

先日はSBDのお話をさせて頂きましたが本日はFETのお話を少々・・・。
SBDの記事を見過ごした!という方はこちらよりご覧下さい。

「FETってどういったパーツ?」「本当に効果はあるの?」などFETへのご質問も数多く寄せられています。
それだけ皆さんの関心も高く、エアガンメーカーによっては標準装備になっていたりとFET自体がメジャーな存在になってきております。
そこで今日はFET導入のメリット、デメリット、構造などについてご説明させて頂きます。

「FET」とはField Effect Transistorの略称です。
メリットとしましてこのFETを組込む事でスイッチ接点を保護し大幅に寿命を延ばします。
またトリガーレスポンスの向上効果もございます。

ORGAで取り扱いをしているNEOX製FETです。
1石仕様ですので2石仕様より小さいスペースに設置可能で270v耐圧の為安心してお使い頂けます。
ORGAでの組込み事例も多く安定した商品でお勧め出来るFETです。
FET-1

メリットとしては今お話した通りですがデメリットの事もお話させて頂きます。
まずは組込みには高い知識が必要となります。
具体的にはスイッチ部からの配線敷き直しなどの知識、技量が必要となります。
あとは本体基盤の設置スペースが必要となり、製品のコストも高額となります。
それと何と言っても最大のデメリットが電気回路の為破損する確率が他のパーツに比べ高いと言う事です。

そこで破損しやすい条件を下記に挙げてみました。
・電圧の低いバッテリーや充電が切れかけたバッテリーを使用し続けた場合。
・FETの許容を超えた電圧での使用や駆動に大きな負荷が掛かっている(ギアなどがロックしている状態で通電し続けた等)場合。
・バッテリーの+-を逆に繋いだ場合。
・長時間FULLで駆動させた場合。
上記の理由により回路が破損しますとトリガーを引かない状態でもFULL駆動(暴走)をする事がございます。
など非常に大きなメリットがある反面デメリットもある事をお判り頂けましたでしょうか。


次にFETのスイッチ接点保護のしくみについてご説明させて頂きます。
イメージ図を使って説明させて頂きます。
通常の電動ガンはバッテリーからの電気が全てスイッチ接点を通ってモーターに流れます。
普段はスイッチに因って切断されている電気がトリガーを引く事で物理的に通電されます。

スイッチイメージ

FETを組込んだ場合はバッテリーからの電気がFETを通ってモーターに流れます。
要するにバッテリーとモーターは直結状態にありFETの回路に因って通電するか切断するか指示を出します。
スイッチはFETの回路のON・OFFさせる為の信号用となります。

FETスイッチイメージ

ではなぜスイッチの寿命が長くなのか・・・。
通常の電動ガンではバッテリーから流れる全ての電気がスイッチ接点を通ります。
大きな電流が流れるスイッチ接点は端子が接触する瞬間や離れる瞬間にスパークが発生します。

スイッチ接点

このスパークが原因でスイッチ接点端子が少しづつ溶解し最後には接触しなくなり通電しなくなります。
これに対しFETの場合は信号用としてスイッチを使うので微弱な電流しか流れずスイッチの溶解が起きにくくなります。
これがFETを組み込んだ場合のスイッチ寿命が延びるしくみです。

そしてトリガーレスポンスが向上するしくみについて下記の通りです。
通常の電動ガンではバッテリーから流れる電気はスイッチ接点の接触し始めはスパークの為にロス発生したり接触面積が小さい為に十分な電圧が流れにくい環境にあります。
これに対しFETは電流のON/OFFは回路で管理される為最初から粗ロスがほとんど無く電気が流れる為モーターの立ち上がりスピード早くなりトリガーレスポンスも向上します。
弱いスプリングでの体感はあまり出来ないかもしれませんが強いスプリングの場合は顕著に差が体感出来ます。

この様に仕組みやメリット・デメリットを把握した上でFETを組込むかSBDやハイトルクモーターを使用する等他の方法でチューンを行うか判断材料にして頂ければと思います。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:55Comments(0)└電動ガン

2018年01月27日

SHS製 次世代電動ガンM4系用メタルピストンの接着強化方法

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は以前にもご紹介した記事ですが問い合わせが多かったのでちょっと手直しし再度、次世代電動ガンM4系用 SHS製メタルピストンの補強方法をご紹介致します。
このピストンはメタル歯ですので耐久性があり低価格な為ORGAでのカスタムでは欠かせないパーツとなっております。



しかしハイレートスプリングを使用しているとメタルピストンの歯の部分が外れるというアクシデントが発生する場合がございます。
これは歯の前方部分の引っ掛かりが小さい為で通常のピストンでは起こりにくい現象です。

 

通常のピストンの引っ掛りはこんな感じです。
これぐらいあると抜ける事はないですね。



これの対処策としまして歯を本体と接着する事をオススメします。
それでは実際の作業方法をご覧ください。
まずは歯の部分を本体から外します。
方法は何でもいいんですがORGAではピストンを固定しポンチを当て軽くハンマーで叩きながら外しています。
方向はピストンの前方向に抜いて下さい。くれぐれも逆方向に叩かないで下さい。



歯が外れたらパーツクリーナー等で洗浄します。
そのままですとオイルが付着している場合があり、接着するのに支障がでるので脱脂を兼ね洗浄します。


接着剤ですが普通の瞬間接着剤は使用しないで下さい。
普通の瞬間接着剤は衝撃に弱く外れる可能性がございます。
耐衝撃タイプの瞬間接着剤もございますが使用した事がないので何とも言えません。
金属とポリカ系の接着が可能な多用途系で耐衝撃性のある接着剤を使用して下さい。
ORGAでは「Scotch PREMIER GOLDスーパー多用途2」という商品を使用しております。



歯のレール部分に接着剤を薄く塗ります。



ピストン本体のレール部にも同じ様に接着剤を塗ります。



接着剤によりますがこの接着剤は5~10分程度放置後します。

次に本体に歯をはめていき奥までキチンと叩き込んで下さい。
内外のはみ出た接着剤は乾く前に布等で拭き取って下さい。

1日放置して乾燥させれば使用出来る様になります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)└電動ガン

2018年01月20日

SBDって・・・

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はチューンの定番となりつつあるパーツ「SBD」ですが、最近お客様から「SBD」って何?本当にスイッチ寿命が延びるの?なんてお話を耳にします。
そんな訳で「SBD」について少々お話させて頂きます。

SBDとは「ショットキーバリアダイオード」の略称です。
スイッチ接点の摩耗を大幅に軽減し、スイッチの寿命を延ばしてくれるパーツです。
費用も安く組込みも簡単で昨今人気が急上昇のお勧め商品です。
SBDは数社から発売されておりますがORGAではGAW製SBDを使用しております。

 

組込み方法は簡単でモーター端子部に接続するだけです。
組込み例の様にブラシスプリングに挟んだり端子を使ってネジ止めしたり直接ハンダ付けもOK。

 

では何故SBDを組込むとスイッチ接点の寿命が延びるのか・・・。
モーターのON-OFF時にスイッチの接点でスパークが発生し、それにより接点が摩耗していきます。
SBDを組込む事でスパークの原因となるON-OFF時の大電力(逆起電力)をモーターの
回転エネルギーとして消費させる事でスパークを格段に抑えスパークが減る事で接点の摩耗が減り寿命が延びる仕組みです。



組込むメリットとしては
・接点摩耗を軽減しスイッチ寿命が大幅に延びる。
・組込みが簡単。
・製品コストが安い。
・FETと比較し暴走の危険性が無い。

デメリットは殆どないと考えておりますがあえて挙げるなら・・・
FETと比較しすると接点摩耗の効果は若干落ちる事とモーター周りに本体の設置スペースが必要(5~6mm程度のダイオードなので通常であれば問題無し)。
この程度でしょうか。

※SBDの許容を超えた電圧での使用時やバッテリーの+-逆に繋いだ場合は破損に繋がりますのでご注意下さい。

結論としましてはこの値段でスイッチ寿命が大幅に延ばせるなら組込まない理由がないです。
ご自身で組込まれるのも良し、チューン依頼時に組み込んでもらうのも良し!
大切な銃の寿命を延ばす為に是非ご活用下さい。

以上SBDについてご説明させて頂きました。
ご参考になれば幸いです。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:15Comments(0)└電動ガン

2018年01月04日

ORGA V2 組込済 ハイレスポンス メカボックスのご紹介

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はORGAにて組込みを行い販売をさせて頂いておりますORGA V2 組込済 ハイレスポンス メカボックスの組込みの様子をご紹介させて頂きます。
多くのサバゲーユーザーから支持されているJ-Armament製 ハイレスポンスメカボックスVer2を使用し内部パーツを組込み、既存メカボックスと入れ替えるだけで高次元のレスポンス化が可能となります。
手間を掛けずにチューンが可能な便利なメカボックスです。

組込み方法や使用パーツなど詳しく説明させて頂きますので興味のある方は是非ご覧ください。
ご自身で組込みをご検討の方にもご参考になれば幸いです。



使用するメカボはJ-ARMAMENT ハイレスポンスメカボックス Ver.2です。
このメカボの利点は初めからスイッチ&配線、トリガー、カットオフレバー、セレクタープレート、スプリングガイドなどが付属している点です。
通常のメカボックスはパーツ類は付属していないので全て揃えると結構な金額が掛かりコストパフォーマンスに優れています。
何よりスイッチにマイクロスイッチが採用され通常のメカボックスに比べトリガーレスポンスが格段に向上しています。
と言う訳で今回はリア配線タイプでのご紹介となります。



まずはチャンバーをハメてキツくないかチェックします。



キツい場合はリューターで軽く削ります。
これは丸ヤスリでも出来ます!



チャンバーを差し込む部分の擦り合わせ完了です。



次にメカボを開けます。
左側にはスイッチ&配線、カットオフレバーなどが組込んであります。



右側にはトリガーが組込まれています。
メカボ内の組込み済パーツ類もアフターパーツとしてラインナップされています。
J-ARMAMENTハイレスポンスメカボのパーツ類はこちらよりご覧下さい。



まずはトリガー部分を外します。
引っ張れば抜けます!



カットオフレバーとスイッチも外します。
カットオフレバーは固定ネジを外してから取り出します。
スイッチは配線を外していき上に引っ張れば外れます。



カットオフレバーを外したらセレクタープレートも外すのですがセイフティーパーツ部を細いマイナスドライバーで浮かせながらスライドさせると簡単に外せます。



メカボの両側パーツを外し終えたら軸受けの組込みです。
軸受けは8mmタイプですのでORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。


組込み方法ですがORGAでは使っていないスパーギアを利用しています。
ギアに軸受けをはめ込みます。



この様に軸受けをメカボに押し込みます。
この時に奥まで押し込めればOKですがキツく入らない場合はメカボの穴を広げます。



丸ヤスリを使い少しづつ削りながら当たりをみます。
この時に削り過ぎて軸受けがガタガタにならない様に注意して下さい。



この様に全て押し込めました。
次は軸受けを一旦外し接着を行います。
キチンと接着されていないと駆動の振動でメカボと軸受けの間でずれが発生し最悪は破損に繋がります。



接着剤ですがORGAではScotch PREMIER GOLD スーパー多用途2という物を使用しております。
耐衝撃性に優れて強力な接着剤であればこれに限らず大丈夫です。
瞬間接着剤は衝撃に弱く外れてしまう事があるのでお勧め出来ません。



一旦外した軸受けを使用していないスパーギアにハメ込み接着剤を塗ります。



奥までしっかり押し込み、念の為ポンチ等で叩き確実に押し込みます。
この時に水平に入ってるかもしっかりチェックして下さい。
はみ出した接着剤は綺麗にふき取ります。
ある程度乾いたらパーツクリーナー等でふき取っても綺麗になります。
このタイプの接着剤は乾くまで時間が掛かるのでこの状態で乾くまで放置します。



軸受けの接着材が乾いたら組込み再開です。
使用しているギアは18:1の強化ギアセットです。
セクターチップも給弾不良対策の為に組込みます。
セクターチップの組込み方のコツはこちらよりご覧ください。



そしてシム調整作業です。
スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。
シム調整のコツはYouTubeにて動画をUPしておりますのでこちらよりご覧ください。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。
方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。
その他、シリンダー内にこのグリスが入り込むとピストンヘッドの滑りが悪くなり初速低下に繋がります。



シリンダーはJ-ARMAMENT アルミ FULLシリンダーを使用します。


そしてシリンダーヘッドはJ-ARMAMENT シリンダーヘッド Ver.2用を使用します。



シリンダーヘッドをシリンダーに組み込んだらシリンダー内とノズル差し込み口にグリスアップを行います。
いずれもグリスを薄く塗り延ばし余分なグリスはふき取ります。
ORGAではWAKO'Sシリコーングリスを使用しています。



ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。



ピストンヘッドはJ-ARMAMENT メタルピストンヘッドです。



ピストンヘッドをピストンに組込むのですがピストンヘッドの固定ネジにネジロックを塗ります。
これで駆動中の振動でピストンヘッドが外れる事を防ぎます。



タペットプレートはマルイ純正A2タペットプレートとノズルのセットを使用します。



これらのパーツを組上げシリンダー周りは完成です。



最後のパーツ、逆転防止ラッチですがこれはSHS 逆転防止ラッチ Ver.2/3用を使用します。



ギアの軸やタペットプレートレールやピストンレール部などもグリスアップを行いメカボにパーツ類を組んでいきます。



スプリングですがご使用のバレル等により丁度良いスプリングは様々です。
ORGAでは駆動確認用としましてM80相当のスプリングを入れてお送りしておりますのでお客様にてスプリング交換を行って下さい。



これでORGA V2 組込済 ハイレスポンス メカボックスは組込み作業は終了です。



作業完了後グリップやモーターを付けて駆動テストを行って作業は終了となります。
この様に使用しているパーツ類は全てORGAにて販売しておりますので必要な方はパーツだけでもご購入可能です。

この組込み済メカボは性能も価格も胸を張ってお勧め出来る商品です!
是非一度お試し下さい。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:40Comments(0)└電動ガン

2017年11月12日

東京マルイ 次世代M4A1 ハンドガード交換

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイ次世代M4A1のハンドガード交換をご紹介します。



既にハンドガードやグリップは交換されておりました。



それでは作業に入ります。
フレームロックピン(F)を抜いてアッパーとロアーを分解します。
M4A1はフロント配線なので配線を傷めない様に気を付けて下さい。



ハイダーを外します。
ハイダーは逆ネジなので時計回りに回すと外れます。
次にフロントサイトのピンをポンチで抜きます。

 

フロントサイトの後方の下部に穴があります。
ここから2mmの六角レンチを差し込んでアウターバレル上部にあるフロントサイト固定用イモネジを緩めます。



アウターバレル上にあるフロントサイト固定ネジです。



次にバレルナットを外します。
デルタリングタイプのバレルナットも純正品ではなく社外品に交換してありました。
純正デルタリングとは分解の方法が異なりますので注意して下さい。
専用の冶具にアッパーを噛ませ万力に固定します。
あとはデルタリング用レンチで外します。
画像のレンチとは異なりますがエレメント Delta Ring&Butt Stock Tube Wrench Toolが使用出来ます。



これでアウターバレルの分解が出来ます。
バレルベースは純正品が使われておりました。



バレルナットが社外品に交換されていた為アッパーのネジ山も切り直しが行われておりました。
社外製のバレルナットを使用する場合はこの様にネジ山の切り直しが必要な場合がございます。



ハンドガードはMADBULL ダニエルディフェンス RIS II 12.5inch FDEを使用します。



純正品バレルベースはC型で切り欠きがある為バレルナットで360度全ての面を押さえられずアウターバレルが曲がってしまう事がございます。
それに対しエチゴヤ様が販売しております「エクストリームバレルベース」は切り欠き部が無く全面をバレルナットが押さえられる構造の為アウターバレルが曲がらずに固定出来ます。
次世代M4系でハンドガード交換時にアウターバレルが曲がってしまうとお悩みの方は試して頂くと良いと思います。
こちらの商品はエチゴヤ様にて販売しております。



少し見ずらいですがこの様にバレルベース全体が押さえられる様に360度リブがあります。
その分M4A1の様なフロント配線の場合は配線を通す穴が狭くなります。



バレルナット調整用シムを入れバレルナットを専用レンチで締めます。
画像のレンチとは異なりますがこのハンドガードにはMADBULL DD用バレルナットレンチが使用出来ます。
しっかりと締めこんで下さい。
しっかり締め込んでもアウターバレルがガタつく様であればシムの厚みを増やしましょう。



オーナー様のご希望によりガスブロックはMadbull DDタイプ ロープロファイルガスブロックを組込みます。



ガスブロック&ガスチューブを組込んだらハンドガード上側を組込みます。



フロント部の純正ヒューズが当たってしまいハンドガード下側が組込めないのでヒューズをミニ平型に変更しました。
それに合わせジョイント部から先の配線を作り変えました。



これで下側が無事に収まり作業は終了です。



次世代M4系のハンドガード交換時はバレルナットのネジ山が合わない場合がございます。
その際はネジ山の切り直し必要となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)└電動ガン

2017年09月23日

次世代M4系のダミーボルト停止位置につきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は次世代M4やHK416などで起きる「ある現象」につきましてご説明させて頂きます。

チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退しHOPダイヤルを調整出来る様になっております。
チャージングハンドルを戻すと通常はダミーボルトは前に戻ります。



それが途中で止まってしまい一番前まで戻らない現象が起きます。
使うには問題ないのですが「なんか気になる」、「気持ち悪い」と言う声をお聞きします。


この原理を簡単にご説明致します。
次世代M4系のダミーボルトはチャージングハンドルで後方に動く他、駆動時にも動く機構となっております。
ピストン上部の突起に引掛りダミーボルトが後退する機構です。



この様にダミーボルトの停止位置はピストンの停止位置と連動しております。
ピストンが後方で止まるとダミーボルトも開いた状態で止まるという事になります。
フルの場合はどこでピストンが止まるかは判りませんのでこういった現象が起きる可能性がある訳です。

仕組みが判ればなんて事はないのですが、判らないと「故障」?なんて心配になったりしますね。

今後も皆さんから頂いたご質問から抜粋したご説明を掲載していきたいと思いますので宜しくお願い致します。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:50Comments(0)└電動ガン

2017年06月11日

次世代HK416のグリップにつきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


本日は次世代HK416のグリップについてお話をさせて頂きます。
次世代HK416のグリップを変えたいとのご相談をよく受けるのですが通常のM4系グリップは使えないんです。



HK416はセレクターがアンビですのでその機構(歯車)がグリップの根元にあります。



その歯車を押さえる為の溝がグリップに施されているんです。
その為専用グリップでないと使用出来ないんです。



以上ちょっとした豆知識でした。

※記事公開後、記事内容につきましてご指摘を頂きありがとうございました。
通常のM4用グリップは加工し取り付けを行っても隙間等があきますのでご使用にならない方が賢明です。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:40Comments(0)└電動ガン

2017年06月10日

弾が出ない時はここを確認!

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


本日は動いてるのに弾が出ない!というトラブルの時のチェック方法について今回は次世代SCARを例にとりご説明致します。

まず見てほしい部分は銃を駆動させてモーターやピストンが動いてるか音でチェックです。
「パンパン」と音がしていれば第一段階はOKです。

次に赤丸で囲ったチェンバーの給弾口を見ながら駆動させます。
この時にノズルが動いてるかチェックです。
今回はノズルが動いておりませんでした。
この場合はタペットプレートが折れている事が原因と思われます。



メカボを開けてみるとやはりタペットプレートが折れていました。



タペットプレートを交換し修理は完了です。
タペットプレート各種はこちらよりご覧に頂けます。



先程のチェック段階でノズルが動いてるのに弾が出ない時はタペットプレートが摩耗してノズルの後退量が足りないかマガジンの弾を押し上げる力が足りない場合が多いです。
マガジンが原因の場合は別のマガジンで試してみれば解決します。
タペットプレートの摩耗による給弾不良のご説明はこちらよりご覧に頂けます

給弾不良の原因はこれが全てではございませんが解決のヒントになれば幸いです。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:40Comments(0)└電動ガン

2016年12月03日

次世代M4系バッファーチューブ内Lipoバッテリー収納加工

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


本日は次世代M4系のバッファーチューブ内にLipoバッテリーを収納する加工のご紹介です。
リコイルウエイトを外してしまうので次世代特有のリコイルショックは無くなりますが、好きなストックに変えられるというメリットがございます。



それでは加工を始めます。
バッファーチューブを外し後方のコネクター端子を外します。
固定用ネジがネジロックで接着されているので硬い場合はヒートガン等で温めて頂くと簡単に回ります。



バッファーキャップを回し外します。
これもネジロックで接着されているので硬い場合はヒートガン等で温めて頂くと簡単に回ります。



キャップを外しますと内部のウェイトが取り出せます。



配線を内部に取り込む為の穴を開けます。
丸より楕円形の方が配線を通しやすいです。
角は面取りを行い配線を傷めない様にします。



純正スプリングガイドはリコイルウェイトがないとぐらついてトラブルの元となるのでVer.2用スプリングガイドに交換します。
今回はG&P Ver2用 ベアリング スプリングガイドを使用しました。
回転防止の突起を両方削り落とします。



M5の皿ネジをチューブ内から入れてスプリングガイドを固定します。
ネジロックを使用しますとゆるみ止めになります。



これでスプリングガイドはしっかり固定出来ました。
これをロアに組込み配線を開けた穴から通します。



配線ですが、純正のままですと短くチューブから出ませんので、メカボを開けテフロン配線の敷き直しを行いました。
メカボを開け配線の敷き直しが無理な方は途中で配線を繋ぎ延長する手段もございます。



バッファーチューブ内に収納するバッテリーですが通常のスティックタイプ(NEOXバッテリー7.4v 1200mAh)ですと長さがある為
ストックが一番前まで縮められません。

NEOXバッテリー7.4v 950mAhの短いタイプでしたら配線を上手くたためばストックを一番前まで縮める事が出来ます。

バッテリーの容量を取るか、ストックを縮める事を取るかはオーナー様次第ですね!



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:05Comments(0)└電動ガン

2016年06月23日

電動ガン 面HOPの効きが悪い時は

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は面HOP組込み後、HOPの効きが悪い時の対策法をご説明させて頂きます。

せっかく面HOPに交換したのにチャンバーやHOPアームの個体差や種類に因ってはHOPの降りる量が足りずHOPの効きの悪い事がございます。
これはHOPの降りる量が足らない為に起きる症状ですので面ホップの降りる量を増やせば解決します。
方法は色々あると思いますがORGAで行っている対策をご説明します。



ORGA DIMENSION フラットHOP
を使いご説明します。
DIMENSIONフラットHOPの下側にゴムシート(ホームセンター等で入手可能)を貼付け嵩増しをします。
普段は0.5mmのゴムシートを使用します。



ゴムシートにDIMENSIONフラットHOPを接着します。



乾いたら細工バサミや細工カッター等でDIMENSIONフラットHOPの周りに沿って切り取れば完成です。
HOPアームから一旦DIMENSIONフラットHOPを外して頂くと切り取り易いです。
貼り終わったらチャンバーにバレルとHOPを組み込んでHOPが水平に、また十分に降りてきている事を確認してください。



だいたいの場合は0.5mmのゴムシートを貼る事で症状は解消されます。
もし足りない場合はもう一枚貼るか、1mmのゴムシートを使用してください。

面HOPの場合はチャンバーパッキンは必ず突起の無い平らな部分がHOPで押される様にして下さい。
純正パッキン使用時でもワンタッチでこれを可能にしたのがMagnusバレルMagnusHDバレルLEX05バレルです。
MagnusバレルやHDバレルはワイドボアの為、初速が落ちスプリングレートを上げる必要がありますがLEX05バレルを使用すれば初速を落とさず面HOPにする事が可能です。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:59Comments(0)└電動ガン

2016年05月29日

ベアリング付きスプリングガイドの注意点

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


本日の電動ガンカスタムのポイントはベアリング付きスプリングガイドを使用する際の注意点です。


カスタムの際、ベアリング付きスプリングガイドはスプリングのねじれを吸収してくれるので使用される方も多いと思います。しかし気を付けなければいけない部分もあるのです。
ベアリング無しのスプリングガイドに比べベアリング付きは厚みが出る為、スプリングの最圧縮時のスペースが短くなります。
これにより使用するスプリングに因ってはピストンがリリースする前にスプリングが最圧縮状態となりロックしてしまいます。
例えば下画像のベアリングはG&P製Ver2スプリングガイドですが後部よりスプリングが当たる部分までは7mmです。
これがベアリング無しですと4mm程度ですので3mmはスプリングの圧縮スペースが無くなる訳です。
CORE製ベアリング付きスプリングガイドは7.5mmくらいです。



最も厚さがある部類のVFC製のスプリングガイドは後部よりスプリングが当たる部分までは10mmです
ベアリング無しですと4mm程度ですので6mm分のスプリングの圧縮スペースが無ります。
6mmですと約ギア2枚分引きしろが無くなる事になります。



使用するスプリングにも因りますが、もしピストンが最後部でロックした場合はこの辺りを疑ってみるのも良いかもしれません。
対策としましてはベアリング無しの物に変えるかスプリングガイドを分解しベアリングを取ってしまう方法もございます。
ちなみにピストンヘッドのベアリング付きのタイプも同じ事が言えますのでご注意ください。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:20Comments(0)└電動ガン

2016年05月16日

ロングモーターのショート・ミドル化加工

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

本日の電動ガンカスタムのポイントはロングモーターのショート・ミドル化加工についてです。

手元にあるのはロングモーターだけだったり、ミドルやショートタイプのモーターが入手出来ない場合にロングモーターのシャフトをカットし使用出来ます。
ORGAイチオシの東京マルイ製サマリウムコバルトモーターもロングタイプのみですし、ハイサイ用の東京マルイ製EG30000もショートタイプは入手が困難だったりします。こういった場合もこの方法でお好みのモーターを使用する事が可能となります。



まず必要なのはモーターピニオン交換用ツールです。
ピニオンが外せないと始まりません!
ORGAではエレメント製モーターピニオン交換ツールを使用しています。
ピニオンが破損した場合もモーターごと交換しなくても、ピニオンを交換すれば復活するので優れ物といえるツールですね。



ツールにモーターをセットしピニオンを外していきます。
少し固いですが頑張ってハンドルを回して下さい。



ピニオンが外れたらシャフトの長さを測り印を付けます。
モーターは位置調整が出来るので多少の長さのズレは大丈夫です。



シャフトを切断する際に開口部に切断カスが入るのでテープ等で塞ぎましょう。



マスキングテープで塞ぎました。



万力にシャフトの先端を噛んでORGAではリューターを使ってカットしていますが鉄ノコでも切れます。
この時にモーター本体側を固定するとシャフトを曲げてしまう事があるので注意して下さい。



シャフトの切断が出来たらマスキングテープを剥がし、モーターピニオンを圧入して完了です。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:11Comments(0)└電動ガン

2016年04月08日

タペットプレートの磨耗と給弾不良につきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


本日の電動ガンカスタムのワンポイントは
タペットプレートの磨耗と給弾不良についてお話させて頂きます。



タペットプレートはセクターギアによって後方に引っ張られリリースされるとスプリングにより前に戻ります。それによりノズルが前後に動く構造となっています。
セクターギアと接触する部分(赤線の部分)が磨耗しますと、タペットプレートの後退量が減りノズルがさがりきらなくなる為に給弾不良が発生します。今まで快調に動いていて、マガジンは問題ないのに給弾不良が起こる場合はタペットプレートの交換をしてみましょう。



でんでんむしなどノズルを交換した際も純正ノズルの時は大丈夫でも給弾不良が起きた際にはタペットプレートの交換で治まる場合もございます。
各種タペットプレートはこちらにございます。

この様にちょっとした事ですが、様々な知識があると不具合の原因の切り分けが出来、遠回りせずに楽にメンテナンスが出来ますね。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:10Comments(0)└電動ガン

2016年04月06日

次世代電動ガン用ピストンの違いにつきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

本日は東京マルイ次世代用ピストンの違いにつきましてご説明させて頂きます。

下の画像は上側が次世代用ピストンで下側が従来用ピストンです。次世代用と従来用ピストンの違いは歯の幅にあり、従来用に比べ次世代用は歯の幅が半分となっております。これはセクターギアの形状の違いから来るものです。
この様に次世代と従来電動ガンはピストンもギアも違いますのでご注意下さい。



次世代用のピストンの中でも使用する銃により3種類のピストンがあり、上からM4系、SCAR系、AK・G36系となっております。
ピストン上部に出っ張りがあり、この部分でダミーボルトやリコイルウエイトを引っ掛ける構造となっております。M4系はこの出っ張りでダミーボルトを引っ掛けて、SCARやAKはこの出っ張りでリコイルウエイトを引っ掛けます。



その他の寸法的な違いはございません。
緊急的な対策としまして上部の突起を削ってしまえば、ダミーボルトは動きませんが次世代M4系にSCARのピストンも使えます。この様に機能はオミットされますが代用が効きますのでお頭の片隅に記憶して頂ければいざと言う時にお役に立つかもしれません。

次世代を含め、電動ガン用のカスタムパーツはこちらからご覧頂けます。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:14Comments(0)└電動ガン

2016年04月03日

次世代電動ガンM4系 スパーギアとセレクターの干渉

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。


以前にもご紹介致しましたがお問い合わせが多かったので再度御紹介させて頂きます。次世代M4系(HK416・HK417含)のスパーギアの下側の軸についてのワンポイントです。
軸受けを交換した場合、下画像の様にスパーギアの下側の軸が軸受けより出っ張る場合があります。



この軸が出っ張るとセレクターレバーの内側のカムと干渉し最悪セレクターレバーが動かなくなります。シム調整をする段階で軸受けよりスパーギアの下側の軸が出ない様に調整しましょう。
若しくはスパーギアの下側の軸を短く削る方法もございます。カスタムを施した後セレクターレバーの動きが渋くなったらここをチェックしてみましょう。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:13Comments(0)└電動ガン

2016年03月26日

電動ガンの2発給弾対策例

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は二発給弾対策についてお話します。

二発給弾を起こすメカニズムですが、一発目が給弾されますと通常はそこで弾は止まります。
しかし、「チャンバーの構造やマガジンの弾上げの力が強すぎる」場合、一発目が給弾されると、弾がズレて二発目が給弾されてしまう事があります。

対策としましてチャンバーの給弾口の突き当たりに溝をつけ上がってきた弾がズレない様に加工すれば解消されます。

給弾口から見た画像です。

この突き当たりにドリルで溝を付けます。

φ3.5mmのドリルで深さは1.5mm程度の溝を付けております。ドリル径、深さはこれで無ければいけないと言う訳ではないのであくまで目安です。
ORGAではフライス盤を使っておりますがリューターやハンドドリルでも可能です。

こんな感じで溝を付けました。

これで弾が上がった時に弾が溝にはまる為、ズレる事が無くなり二発給弾が解消されます。
二発給弾でお困りのプレイヤーさんはお試し下さい。

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

電動ガン カスタム ピストン一覧

電動ガン 強化ギア一覧

電動ガン モーター一覧

電動ガン 強化メカボックス

FireFly製品


ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

Lipo / 充電器一覧

BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:28Comments(0)★電動ガン カスタム└電動ガン

2016年03月23日

次世代M4電動ガン系の接点不良につきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

本日は次世代M4系やSCAR系の接点不良につきましてご紹介させて頂きます。

お客様よりセミが撃てなくった、フルにすると動くけど・・・。というご相談がよくあります。
そういうお話の時に一番に疑うのはスイッチの左側にある接点の不具合です。
次世代M4系のスイッチは矢印の部分の端子がセレクタープレートにより押されて通電する構造になっています。セレクターレバーがSAFEの位置ですと端子が離れ、セミ・フルの時に端子が接触し通電します。
この端子が使用していると形が変わり接触しづらくなるのが原因です。



解決策としましては端子がしっかり接触すればいい訳ですので端子の形を調整し直します。
まずはスイッチをばらして端子を取り出します。細いラジオペンチ等で黒矢印の部分を押さえながら赤矢印の部分を上方向に曲げれば完了です!
これでセレクタープレートで押された時にしっかり端子が接触し通電する様になります。



同じ症状でお悩みの方は一度試してみては如何でしょうか。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:34Comments(0)└電動ガン

2016年03月04日

次世代電動ガンへのMagnusピストンヘッドの組込について

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

今回は次世代用Magnusシリンダーセットに含まれますMagnusピストンヘッド次世代用の組込につきましてご説明させて頂きます。
パーツ構成はMagnusシリンダー、Magnusピストンヘッド、Magnus用Oリング、固定用ネジ、ガイド、エンドキャップとなっております。

単品でのMagnusピストンヘッド次世代用Magnus用Oリングの販売も致しております。



このパーツがガイドとなり、ピストン内部に組込み、ネジでピストンヘッドを固定します。ガイドの切欠きをピストンの下側(歯側)に向けて組み込んで下さい。



イメージにしますとこんな感じになります。ピストンにピストンヘッドを差し、ガイドを入れネジで固定します。



ご質問が多いのが下のパーツです。
エンドキャップという名称になります。次世代SCARやAK系は必須のパーツではないのですがM4系には必ず組み込んで下さい。
次世代M4系はリコイルウエイトを動かすシャフトがバッファーチューブから出ておりピストンが後退時にピストンの奥に当たりウエイトを後退させます。ピストンが前進するとバネによりリコイルウエイトが前進しリコイルが発生する仕組みです。その際にエンドキャップがシャフトとぶつかる構造となります。
エンドキャップを入れないとシャフトがガイド内のネジに当たり破損の原因となります。




エンドキャップの向きは出っ張り(凸部)をガイド側(前方向)に向けて組込みます。
ガイドの凹み部分に凸がはまります。これを逆にしますと凸部が後ろに出る為スプリングガイドと干渉しピストンが後退しきれません。



ご質問が多かった次世代用Magnusシリンダーセットのご説明でした。
これからも随時ワンポイントアドバイスを掲載させて頂きますので宜しくお願い致します。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:04Comments(0)└電動ガン

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (437)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (14)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (16)
M4,16 (32)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (3)
P90 (1)
MASADA (12)
Magpul PDR (3)
MP5 (14)
AK / RPK (23)
PDW (7)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (15)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (5)
SRC (2)
G&G (1)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 345人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事