2017年04月12日

ACE1 ARMS AGC G19 スケルトンスライドセット組み込み注意点!

AgencyArms

ORGA AIRSOFT 横山です。

本日は、ACE1 ARMS AGC G19 スケルトンスライドセットの組み込み注意点をご紹介したいと思います。


今回使用したベースのハンドガンはSTARK ARMS製のG19となります。

STARK ARMSは細部に至るまで実銃を忠実に再現しており、今までで一番クウォリティーの高いG19だと思います。

こちらが、組み込み後となります。

ACE1 ARMS AGC G19 スケルトンスライドセット

それでは、擦り合わせ箇所についてご説明したいと思います。
まず、ノズルの下面がACE1純正ノズルの場合フラットになっています。
STARK ARMS純正マガジンリップはRがかかっておりマガジンの高さが合わず動きが渋いです。

その際にノズル側のRに加工する事で引っかかりなくスムーズに動くようになります。

STARK ARMS

ノズルを加工しただけでは、まだ少々動きが渋いので、スライド前方の突起を左右両方削ります。
その際なるべく水平に削りましょう。
水平でないとロア側に傷が付いてしまったり、引っ掛かりが起こる場合が御座います。

カスタムスライド

アルミスライド

お次は、グリップ内部のすり合わせです。

トリガー上部のトリガーユニットのすり合わせを行わないと引っかかりがあります。
大きな加工は必要なく、平らな棒やすりなどで、角を落とす程度でスムーズになります。

ハンドガンカスタム

ファイアリングブロック部分はスライド設置面が塗装でザラザラしておりますので、サンドベーパーなどでザラつきを落とせ程度で大丈夫です。

ハンマー

上記の加工と擦り合わせを行う事で快調に作動させる事ができます。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:47Comments(0)└ガスブロ

2016年09月25日

MWSボルトキャリアー擦り合わせについて

ORGA AIRSOFT 横山です。

近頃、MWSのカスタム依頼が多く、内部のカスタムから外装のカスタムまで様々なお客様がいらっしゃいます。
そこで今回は、プレイヤーさんでも出来る簡単な擦り合わせをご紹介します!

MWSは擦り合わせなどしなくても快調に作動しますが、さらに快調に作動させる為に、ボルトキャリアーの底面を研磨する事でスルスルとボルトキャリアーが引ける様になります。

研磨する部分は、以下の画像(擦り合わせ後)の部分となります。
ボルトキャリアーの地金が見えるまで、紙やすりなどで研磨します。

MWS

ボルトキャリアー

ORGAでは、MWSを初め、VFC等のボルトキャリアーの擦り合せも承らせて頂いておりますので、お悩みのプレイヤーさんはお問い合わせ頂ければと思います!

また、MWS本体も在庫の方御座いまして、そのままでも外装カスタムでも内部カスタムでもお問い合わせ下さい!!!!

MWS本体はこちらからご覧頂けます!!!  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:08Comments(0)└ガスブロ

2016年09月24日

M4 MWS弾詰まり修理

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日、MWSのチャンバーとノズルにBB弾が詰まったとお客様から修理依頼を頂きましたので、そちらの症状と解消方法についてご紹介したいと思います。

まず、チャンバー内に詰まっていたBB弾ですが、以下画像のように変形し、一発目が発射されずに二発目も給弾されてしまい、一発目に入った弾が変形していました。
変形した事により、インナーバレル内でピッタリとはまっており、簡単に抜く事が出来ず、フロントをばらしてチャンバーを取り出しインナーバレルの出口から、弾抜き用の棒?を入れハンマーで叩き込んだら抜く事が出来ました。

BB弾

さらになんと、三発目がローディングノズル内にピッタリはまっており、ガスが全てリコイル側に流れていました。
こちらは、ボルトキャリアーとローディングノズルを全てばらし、ノズル先端の内径より、若干細いピンポンチ等を使いハンマーで叩く事で取り出す事ができました。

MWS

今回のように、弾詰まりを起こしてしまう原因として考えられるのが、もちろんチャンバーとノズルの兼ね合いや、マガジンの製品公差等が考えられますが、多くが価格の安い粗悪なBB弾や開封後時間が経っている物を使用すると今回のような症状が発生します。

そこで、ORGAではG&G製のBB弾を推奨しております。
G&G製は真球度が高く、公差も少ない為、多くのプレイヤーさんにお使い頂いておりますが、今だかつて問題が起きた事がありません!

G&G


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:05Comments(0)└ガスブロ

2016年05月30日

【初速調整】 WEガスブロに付帯するNPASに関して

ラテック NAPS調整

ORGA AIRSOFTで販売するWE-TECH ガスブロバックライフル/SMGは全てRATECH(ラテック)のNAPSが標準搭載されております。

NAPSとは?

NPAS(エヌパス)とは、ボルトキャリア内に設置されたパーツで、マガジンから上がるガスを初速側とリコイル側へ振り分ける流量を可変できるシステムです。

標準搭載されているNPAS調整を行うには以下のツールを利用します。

・NPASレンチ(銃に付属)

・小さいマイナスドライバー

※ RATECH製の7075アルミNAPSノズルを利用する場合は、付属のレンチを挿入し回して頂くだけで調整が出来ます。

NAPS調整方法


下記の様にNPASの同部分に「開いている穴にマイナスドライバーを差し込んで」頂き、付属のレンチを前方より入れ、ゆっくり回してください。
同部分に「開いている穴が見えていない場合」は、マイナスドライバーをNPASの隙間に挟む様にしてNPAS自体を固定し、穴が見えるまで回してください。

NAPS

NPASのフランジ部分が中央(前50% 後ろ50%)部分に位置する状態がWE純正状態となります。

右回転で初速が下がります(リコイル側にガスが流れる)

左回転で初速が上がります(放出側にガスが流れる)


WE本体とパーツなど


以下より、ORGAで取り扱っている製品をご覧いただけます。

WEガスブロ本体はこちら

WEガスブロ用 マガジンはこちら

WEガスブロ用 各種パーツはこちら

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:40Comments(0)└ガスブロ

2016年03月29日

WE AKガスブロマガジン トラブル対策 AK GBB

ORGA AIRSOFTです★
最近のWE AKマガジンでロットによりマガジンからBB弾が上がってこないという問題があります。 以下、問題解決の方掲載しますので、お困りの方はご参考ください。

WE AKガスブロ トラブル

BB弾がマガジン内に詰まる

以下の画像の様にWE AK ガスブロマガジン内部にBB弾が詰まってしまい上がって来ない現象が起こります。これは、マガジンのインナーケースのガイドの公差による物です。

WE AK GBB MAGAZINE JAM

以下の部分がガイドを押し付けている

以下の矢印部分(金属のアウターケース)の成形の際に、インナーシェルのガイドを必要以上に押し付けてしまい、BBフォロワーが挟まってしまう事で、途中でBB弾が止まってしまいます。

ガスブロAK マガジン ジャムる

インナーシェルのガイド

以下の丸の羽の様な部分がインナーシェルです。

AKガスブロ マガジン トラブル

この羽をニッパーなどで切り落としてください。ここを切り落としてしまうと、マガジン内でインナーシェルが暴れるのでは?と思われがちですが、全く問題ありません。

AKマガジン GBB トラブル

上記の羽を切り落としてしまえば、ほぼ大丈夫なんですが、アウターシェルへのインナーシェル差込が異常にキツイ場合は、以下の部分(前面の全体)を軽くリューターでサラってください。

WE AK ガスガン 給弾不良

これで、殆どのWE AKマガジンのジャムトラブルを解消できます。
WE AKガスブロマガジンは、以下の様にガス室の前面にBB弾を格納するスペースがあります。この部分に利用されているプラスチックが薄く、以下の様に軽く握ると撓みます。
羽に公差があった事で、アウターシェルにセットした際に、このBB弾を格納する部分が圧迫され、フォロアーの動きに支障をきたしておりました。

給弾不良 AK ガスブロマガジン

今回の問題ですが、インナーシェルの成形(金型)の際に適正な材料(設計の段階で指定した材料)を使わなかったのだとおもいます。以前のロットは同様のトラブルが無かったので、材料に熱が加わった際の数値を読み違えていたのだと思います。

WE AK 給弾不良 マガジン
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:44Comments(0)└ガスブロ

2015年08月05日

VFC M40A5 ガスブロ 初速調整について

VFC M40A5 GBB 初速調整

VFC M40A5 初速調整

VFC M40A5 GBBはボルトを抜いて頂き、以下の部分のダイアルを回して頂くと放出されるガス量を調整できます。
ダイアルが硬い場合は、イモネジを緩めて調整、若しくは、ボルト下側の2つのビスを外し、分解するとマイナスドライバーを差し込める様になりますので、簡単に回ります。

初期出荷時の状態でのダイアル位置によっては、初速が高めに出る事があります。
お使いのガスや使用状況下によって、調整してからご利用ください。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:59Comments(0)└ガスブロ

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (357)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (72)
M4,16 (76)
HK416 (13)
M14 / EBR (39)
MASADA (16)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (47)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (27)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 311人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail