2018年05月27日

電動ガン KRYTAC KRISS VECTOR SMGチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はKRYTAC KRISS VECTORのチューンをご紹介致します。
近未来的なスタイルで人気を博しているクリスベクターですがもう少し飛距離が欲しい・・・。
なんて声をも耳にします。
内部の構造上、限られてくるのですが、可能な部分でチューンを行いサバゲーで気持ちよく使える1丁に仕上げます!

クリスベクター

それでは作業を開始します。
早速分解をして行きます。
まず3ヶ所のピンを抜きます。

分解

これでアッパーとロアが分解出来ます。

ロア

4ヶ所のネジを外しボルトストップも外しておきます。

ボルトストップ

コッキングハンドルのスプリング固定しているネジを外します。

チャージングハンドル

左面のネジを3ヶ所外します。

メカボ取出し

次に右面のネジも3ヶ所外します。
下側にあるネジも外しピンを抜きます。

メカボ取出し

これでメカボが取り出せます。

メカボ取出し

スプリングガイドを固定してるネジを外すとスプリングガイド+スプリングが取り出せます。

スプリングガイド

アウターバレルを固定してる左側のネジ2か所を外します。

アウターバレル

逆の右側も外します。

アウターバレル

モーターを固定してるハウジングをネジを外して取ります。

モーター取出し

モーターはショートタイプです。



とここで途中だったアウターバレルを引き抜きます。
固い場合は赤矢印部分のネジを緩めるとスムーズに抜けます。

アウターバレル

次に8か所のネジを外してメカボを開けます。

メカボックス開封

メカボを開けました!
シリンダーが斜めに配置された特殊な構造です。
シリンダー周りやギア等を外して洗浄します。

メカボックス内部パーツ

まず飛距離アップの為に加速シリンダーからフルシリンダーに変更します。
J-ARMAMENT アルミ FULLシリンダーを使用します。

シリンダー

ピストンはORGAチューンでは定番のJ-ARMAMENT メタルTeethピストン 14歯を使用します。

ピストン

シリンダー内やギア周りはこのBREAKTROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用します。

ガングリス

メカボ内のピストンレールやタペットプレート等には駆動抵抗の少ないBREAKTROUGH BATTLE BORN HPプロ ガンオイル 金属連結部潤滑材を使用します。

ガンオイル

洗浄&グリスアップを行いながらメカボ内パーツを組込みます。

メカボックス内部パーツ組込み

メカボを閉じスプリングを組込みます。
スプリングはSHS スプリング M100を使用しました。

スプリング

モーターはサマリウムコバルトモーターを使用します!
ロングタイプですのでショートタイプに加工します。

サマリウムコバルトモーター

モーターのショート化加工は以前にブログにてご紹介しているのでこちらからご覧ください。
加工をしたらモーターも組込みます。

サマリウムコバルトモーター

次にチャンバー周りのチューンです。
インナーバレルとHOP周りを分解します。

チャンバー分解

インナーバレルはORGA LEX05バレル(内径6.05mm)に変更します。
長さは185mmを155mmにカットし使用します。
MagnusバレルやHDバレル同様サイドスリットがある為面HOPが容易に実現可能です。

インナーバレル

チャンバーにインナーバレルを組込み、HOPラバーはこちらも定番のDIMESION 面HOPラバーを使用します。
面HOPラバーはHOPアームに接着しましょう。
接着しないと使っているうちにラバーが曲がってしまう可能性があります。
これで弾道も集弾性能も向上します!

面HOP

次にチャンバー周りとアウターバレルをメカボに組込みロア、アッパーと組んでいき弾速測定を行います。



ロングレンジ試射を行い弾道をチェックして完了です。
これで他の電動ガンと対等に渡り合える銃に変身しました!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:30Comments(0)KRYTAC

2017年12月03日

電動ガン KRYTAC KRISS VECTOR チューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は今話題のKRYTAC KRISS VECTOR(クリスベクター)SMG電動ガンのチューンの様子をご紹介させて頂きす。
この電動ガンはM4などのライフル系の電動ガンと比較しますとどうしても飛距離がネックとなります。
これだけインナーバレルが短いと致し方ない所はありますが、やはりサバゲーでの使用で不自由のない飛距離と弾道が欲しいですね。
そこでいつも行っているMagnusチューンやAxisチューン程ではありませんが、箱出しの電動ガンと同じかそれ以上の飛距離と弾道に仕上げたいと思います。
ちなみに付属マガジンは95連ですのでサバゲーで使用するには最低2~3本は必要ですね。
スペアマガジンが必要な方はこちらからどうぞ!



先日ブログにてこの銃の分解方法をご紹介致しましたので詳しい分解方法と内部構造をご覧になりたい方はこちらよりご覧下さい。
と言う訳で本日は詳しい分解方法は省略させて頂きます。
まずはアッパーを外します。



次にロアも外してメカボを取り出しました。
アウターバレルがメカボに固定してあるのでメカボっぽく見えないですね。



スプリングガイドの固定ネジを外してスプリングガイドとスプリングを外します。



モーターを固定しているステーを外し、配線端子も抜き取ります。



モーターはショートタイプのモーターです。



アウターバレルの固定ネジを外してアウターバレルとチャンバーを取り出しメカボネジを8か所外してメカボを開けます。
一旦メカボ内部のパーツを外し洗浄を行います。
軸受けとギアはそのまま流用します。
ギアはスパーギアの厚みの問題でうかつに他社製ギアを使用しますと不具合の原因となる場合がございます。
ちなみにタペットプレートは専用形状となり横からノズルを挟む形となる為でんでんむしノズルの使用は出来ません。
詳しくは先程同様、分解方法と内部構造をご覧下さい。



シリンダーは加速ポート付で内容量は約半分という感じです。
これですとエアー量が少ないので弾は途中で失速し飛距離が稼げません。



と言う訳でシリンダーはJ-ARMAMENT アルミ FULLシリンダーに交換します。



ピストンは耐久性向上の為J-ARMAMENT メタルTeethピストン 14歯に変更します。
このピストンはORGAのチューンでは定番のピストンで耐久性、形状、寸法精度など理想に近いピストンです。



ギアやメカボ内をグリスアップを行います。
ピストン交換を行いノズル部やシリンダー内にもグリスアップを行います。
メカボ内パーツをメカボに組み込みます。



今回はSHS製スプリングM100を使用しました。
不等ピッチスプリングはピッチの狭い方がスプリングガイド側になります。



メカボを閉じてスプリングガイドもはめ込んでモーターを組んで・・・・。
おっと、モーターはサマリウムコバルトモーターを組込む予定でしたので再度モーターを取り出します。



東京マルイ製サマリウムコバルトモーター!
セミのレスポンスが格段に良くなるハイトルクモーターでバッテリーの燃費も向上します。
しかしこのモーターは次世代HK417用に開発された為かロングタイプしか存在しません。
クリスベクターはショートタイプのモーターですのでそのままでは使えません。



と言う訳でシャフトをカットしてショートタイプモーターに変身です!
モーター用スプリングは既存の物を使用しメカボに組込みます。
ロングタイプからショートタイプへの詳しい加工方法はこちらよりご覧頂けます。



次にチャンバー周りのチューンです。

 

インナーバレルはORGA LEX05バレル(内径6.05mm)に変更します。
長さは185mmを155mmにカットし使用します。
MagnusバレルやHDバレル同様サイドスリットがある為面HOPが容易に実現可能です。



チャンバーにインナーバレルを組込み、HOPラバーはこちらも定番のDIMESION 面HOPラバーを使用します。
面HOPラバーはHOPアームに接着しましょう。
接着しないと使っているうちにラバーが曲がってしまう可能性があります。
これで弾道も集弾性能も向上します!



次にチャンバー周りとアウターバレルをメカボに組込みロア、アッパーと組んでいき弾速測定を行います。
その後、屋外にてロングレンジ試射を行い弾道や集弾性をチェックして作業は終了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)KRYTAC

2017年11月19日

電動ガン KRYTAC KRISS VECTOR SMGの分解と内部構造

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はKRYTAC KRISS VECTOR SMG電動ガンの分解作業の様子と内部構造についてご紹介致します。
この銃は外見だけでなく内部も今までにない構造の電動ガンです。



クリスベクター本体の詳細データにつきましてはORGA WEB SHOPにて記載がございますのでこちらよりご覧下さい。
ご覧の通りのスタイルはCQB戦などの小スペースでのゲームにうってつけ!
小柄な方や女性でも扱い易い全長665mmでウェイトバランスも良いので構えていてしっくりきます。
MOSFET電子トリガースイッチ搭載でセミの切れは申し分なく1発/2発/連射と3種類の発射数をセレクターレバーで切り替え可能です。
マガジンは95連の専用マガジンですのでゲーム投入時は数本は必要ですね。
バッテリーはグリップ内に収納しNEOX Lipoバッテリー7.4v 15C/35C 950mAhが丁度入ります。



それでは早速分解開始です!
まず3本のピンを抜き取りアッパーとロアを分解します。



アッパー上側の内面に電極端子(青矢印)がありこれでバッテリーから供給された電源をメカボの基盤に送っています。
ちなみにヒューズ(赤矢印)もここに内蔵されています。



こちらがメカボ側の電極になります。
通電不良の原因となりますので両方の電極には注意して下さい。



アッパーと分解したロア部分です。
上部にモーターが顔を出しています。



ここの順番はどうでも良いのですがとりあえずコッキングレバーのスプリングを外します。



そしてボルトストップ?的なパーツも4本のネジを外し念の為外しておきます。



次に3ヶ所のネジを外しピンを抜きロアからメカボを取り出します。




ロアが外れても変り映えしませんがメカボを取り出しました。
メカボとアウターバレル・チャンバー周りが一体となっています。



加速シリンダーのポート穴からエアーをメカボで塞がない様に切り欠きが造られていてます。



次にスプリングガイドを外します。
スプリングガイドと一体のエンドパーツの固定ネジを外します。


これでスプリングガイドとスプリングが外せました。
メカボを開けずにスプリング交換が出来るのは楽ですね!



サイドにはカットオフレバーとその検知用スイッチがあります。
セクターギアが一回転するとカットオフレバーが降りてスイッチのレバーを押しギアが1回転したと認識する構造です。



メカボの下側から覗くとベベルギアと逆転防止ラッチが見えます。
セレクターをSAFEにすると逆転防止ラッチのアームが押されラッチが解除する機構です。



次にモーターを外します。
固定用のハウジングの2か所のネジを外します。
M4系で例えるとグリップのエンドプレートの役割です。



ハウジングを外し、配線を抜けばモーターを抜き出せます。



モーターはショートタイプでKRYTACスタンダードタイプの20Kモーターです。



次にアウターバレル基部の左右4本のネジを外します。



そうしますとアウターバレルを前方に抜く事が出来ます。



それと同時にチャンバー周りが取り出せます。
今流行りのドラム式HOPダイヤルで樹脂製のチャンバーです。
チャンバー周りも分解します。



インナーバレル長は155mmでかなり短いですね。
MP5K同様、このインナーバレルの短さがカスタムをする際にはネックとなる場合がございます。



チャンバーは長いHOPアームが特徴でHOPラバーはPTS MASADA同様アームにはめ込まれています。



コッキングハンドル取外します。
上下の固定プレートのネジ4本を外しチャージングハンドルを取外します。



そしていよいよ合計8ヶ所のネジを外しメカボを開けます。
ちなみに軸受けはメタル製ブッシュタイプの8mmです。



メカボを開けると内部はこんな感じになっています。
センターに斜めにシリンダー周りがありその右上にギア周り、右上に基盤が配置させています。
シリンダーは水平というイメージがあるのでよく考えないとメカボの上下が判らなくなるパーツの配置ですね。



シリンダーを斜めに配置する事からシリンダーヘッドの形状が異質です。
ちなみにタペットプレートも専用形状となり横からノズルを挟む形となる為でんでんむしノズルの使用は出来ません。
ノズル自体は通常のM4用ノズルですので変更も可能です。
シリンダーは真鍮製で加速ポート付きでポート穴位置はシリンダーの半分位の位置です。
これは先程のインナーバレル長が短く初速を稼ぐ為にこの位置に



ピストンは14歯タイプで掛かり終わり4枚がメタルTheethとなっております。
ピストンヘッドは樹脂製の後方吸気タイプです。



ギアは強化タイプの18:1のギア比です。



ベベルギアは通常のタイプでラッチは4枚です。

 

のスパーギアはKRYTAC特有スプリングによりシム調整フリータイプです。
しかもこのギアはベベルギアと噛み合うギアの厚さが通常のスパーギアより少し薄く出来ております。
通常の厚みがあるスパーギアを使うとセクターギアと干渉しますのでご注意下さい。



セクターギアはタペットプレートを引く為のピンが東京マルイ次世代用ギアと似ている形状でセクターチップの役割も果たしています。



このラッチ部分でセクターギアのタペットプレートを引くピン部分と噛み合い逆転防止の役目を果たしている様です。

 

以上、クリスベクターの分解と内部構造の様子をご紹介させて頂きました。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)KRYTAC

2017年03月05日

KRYTAC TRIDENT ALPHA CRBハンドガード・アウターバレルの入替

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はKRYTAC TRIDENT ALPHA CRBのハンドガードとアウターバレルの交換の様子をご紹介させて頂きます。
この銃は外装は見ての通りスタイリッシュで、FETを標準搭載されており内部パーツのクオリティーも高く全体的に良く出来ているという印象を受けます。



今回はオーナー様のご要望によりハンドガードを交換し、それに合わせアウターバレルも交換致します。
まずはフレームロックピンを外しアッパーとロアを分解します。



ハイダー下部に固定用イモネジがあるのでこれを緩めハイダーを外します。
アウターバレルのネジは逆ネジ(ccw)です。



ハンドガード下部のイモネジ2本を緩めるとハンドガードが外れます。



ガスブロック下部のイモネジ2本も緩めガスブロック・ガスチューブを外します。



TRIDENTのバレルナットはモンキースパナがあれば緩める事が出来ます。
専用レンチ等は必要ありません。
バレルナットを外したらアウターバレルも外れます。



純正アウターバレルは10.5インチだったので、11.5インチの電動ガン用アウターバレルに交換します。
今回は無加工でアウターバレルの交換が出来ました!



そしてこれがオーナー様が惚れ込んだハンドガードです!
G&P SAILENT ARMS Jailbreak ショートハンドガード 電動ガン用
後でご説明しますが先端部分が外れハイダーが現れるんです。



アウターバレルを差し込みバレルナットで締め込みます。
今回はバレルナット用のシムが必要でした。
このバレルナットは向きの調整が必要となります。
通常は締まればOKな場合が多いのですが、このハンドガードはバレルナットの向きでハンドガード向きも決まるのです。
シムの厚さで丁度バレルナットの上下が合う様に調整します。



次にガスブロック・ガスチューブを組み込みます。
ガスチューブのアッパーレシーバーに差し込む部分がバレルナットと干渉してしまうので下側半分程度(バレルナットの長さ分)を削りました。



これでハンドガードを差し込むのですがピンを抜いてレバーを下に下げておきます。



この状態でハンドガードを組込み、奥まで組み込んだらレバーを戻しピンも戻します。



先程も少し触れましたがハンドガードの先端部が外れます!
11.5インチのアウターバレルに交換したのもこうして外した時に丁度ハイダー部が出る様にしたかったからです。



その時の気分でハイダーを出してサプレッサーを付ける事も可能。
先端部を被せて使ってもオシャレですね!



先端部の外し方は下側にあるピンレバーを後方にスライドさせながら先端部を回転させて外します。



以上、今回はTRIDENT のハンドガード・アウターバレルの交換の方法をご説明致しました。

ハンドガードの組込みは組み込むハンドガードに因って多少の違いはありますが基本的には同じです。
シムもアウターバレルとの組み合わせにより必要な場合と必要のない場合がございます。

本日はここまでとなります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:40Comments(2)KRYTAC

2016年11月05日

電動ガン KRYTAC TRIDENT LMG ENHANCED Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

今回はKRYTAC TRIDENT LMG ENHANCEDのMagnusチューンのご紹介です。
この銃は実銃としては存在しておりませんがM4をベースとした分隊支援火器タイプで銃自体も軽量化されており取り扱いがしやすいLMGです。
付属のBOXマガジンでは電動給弾式で装弾数4000発という圧倒的な制圧力を持ち、通常のM4用マガジンも使用可能です。

その他KRYTAC製電動ガンのラインナップはこちらよりご覧に頂けます



それでは作業に取り掛かります。
フレームロックン(F)を外しアッパーとロアを分解します。



ストックチューブ内のネジを外しストックチューブを外します。



グリップエンドのネジを外し、モーターとグリップも外します。



右側のセレクターレバーを外します。



マガジンキャッチ・トリガーロックピン・フレームロックピン(R)も外します。



メカボを取り出せます。
KRYTACの特徴でもあります、FETがメカボ後部に組み込まれております。



メカボ後部よりスプリングを取り出せます。
メカボを開けなくてもスプリングの交換が可能なのは最近の流行りでメンテナンスはしやすく、メカボを開閉時もスプリングのテンションが掛かっていないので楽ですね。



KRYTACのスパーギアは硬めのスプリングテンションが掛かっておりシムフリーとなっております。
また通常のスパーギアは高さが違う為使用出来ません。
ギア類は変更せずそのまま使用します。



メカボ内のパーツを外し洗浄をします。
軸受けはORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。
詳しい組込み方のコツはこちらよりご覧ください。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
メカボの種類によっては少し長さが長い場合がございます。その際はリューター等で削って長さを調整して下さい。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
詳細な組込み方法はこちらよりご覧ください。




ピストンも耐久性向上の為にJA製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっておりますので、通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。
ノズルを交換した際にはその径がチャンバーと合っているかチェックが必要です。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。
メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じスプリングを組込みます。
今回はMagnusスプリングを使用しました。



モーターはハイトルクタイプの東京マルイ製サマリウムコバルトモーターを使用します。
モーターを組込んだらテストドライブを行いロア周りのチューンは終了です。



続いてフロント周りのチューンです。
チャンバーを分解し、インナーバレルとHOPを取り出します。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ますが、念の為バレルを組まずにHOPだけチャンバーに組込み窓に当たらずにスムーズにHOPが降りるかチェックして下さい。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:15Comments(0)KRYTAC

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (439)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (14)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (32)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (3)
P90 (1)
MASADA (12)
Magpul PDR (3)
MP5 (14)
AK / RPK (23)
PDW (7)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (15)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (5)
SRC (2)
G&G (1)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 345人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事