2013年10月31日

チャレンジキットからのTROY トレポン製作

トレポン

チャレンジキットからのTROY トレポン製作

お馴染みと言えばお馴染みなんですが、チャレキからの製作です★

相変わらずトレポンの人気は高いですね!コンプリートでの製作も多いですが、ORGAでチャレンジキットのみを組み立てて、Playerさんの方で自由にカスタムしたりと、M4という単純な個体だけに、意外と外装カスタムが難しかったりしますよね。

トレポン

作業の内容は、いつもの感じですので、他の話を織り交ぜながら進めたいと思います。

先に、今回も利用しているチャレンジキットですが、WebShopに在庫もありますので、ご覧ください。

もちろん、キットのみでの販売も可能です。

製作が必要な場合は、こちらに製作に関しての情報が(PC閲覧のみ)載ってますので確認してみてください。

トレポン

話は一旦変わるんですが、最近、ORGAに新しいメカニックが入っております^^y

TERU と TAKAの2名で対応しておりましたが、物理的にオーバフローしてまして(とっくに) 今後の事も考えて一人修行させてます。


とりあえず、いきなりお客さんの銃を触らせる訳にもいかないので、ORGA M4 Retuneをさせてます。

まだまだ、まだまだ、まだまだ、修行中ですが、日々上手くこなしてますよ★Blogの更新なども始めさせるとおもいますので、拙い部分もあるかと思いますが、暖かい目で見守ってあげてください!

近い内 また ご紹介しますね!

トレポン

今回の製作ですが、各画像を見て頂いた通り、お馴染みのFCCのパーツを利用しております。

FCCといえば、最近 彼らから FCC ダイアル式のHOPチャンバーSampleが届きましたね^^


性能どうよ?って聞かれる人もいると思いますが、結構良いですよ★

良いというか、これぐらいの事が出来て然るべき(可動域的に)というか。。

販売なんですが、販売はできるんですが、今のところ仕入れの予定は立ててないんです。

というのも、提携話を持ち掛けられておりまして、悩み中ではあります。

まぁ、物はちゃんとしてますね★

トレポン

お馴染みのFCC基盤ですが、いつもの通りヒューズは反転させ、さらにコンパクトにします。

トレポン

個人的には、もう少し考えれば 2回りくらい小さくできると思うんですけどね。。。

トレポン

トレポン 基盤やフレーム、ストック、グリップ、内部パーツ含めて WebShopに掲載してますので、ご覧ください。

トレポン パーツ

トレポン

そういや、セクターギアですが、ORGAでは最近、セクターギアを2枚くらいカットしてます。

そもそも ロングシューティング向きではないので、フルストロークの必要性が無いのと、リリースが早い方が、何かとトラブルが減ります。

その上、セミのレスポンスも更に上がりますのでオススメです。

んで、性能差は?って聞かれると思いますが、飛距離、集弾性 共に変化ありません。

ただ、初速が下がりますので、スプリングでの調整は必要になりますが。

トレポン

今回は、7511+TDグリップですね!

7511ですが、本当 当たり外れ多いです。。。当たりの場合は壊れず使える事が多いですが、外れを引くと、初日で断線します。。。

7511であれば、ウチが完璧に修理できるので問題ないですが。。。

一応、新品の7511在庫もありますが、FCCのG3.0の方が間違いないかもです。

トレポン

Playerさん持ち込みの TROYレールですね!

トレポン対応のRailも多数掲載してますので、ご覧ください!


トレポン

他のRailでも良くあるんですが、ダストカバーの棒が、Railに当たる事がありますので、1mmくらい全長を短く(Rail側)しておくと2度手間が省けます^^

トレポン

インナーは、ORGA MagnusHDです。

お陰様で、初期ロット、2nd, 3rd共に完売(3rd分は2種在庫あり)しており、現在 4thロットを生産中です。

11月の中盤以降くらいには、再入荷致します。

トレポン

ORGA PTW HOP 国内で売らないの?ってしょっちゅう言われます。。。

別に、特別な理由がある訳では無いんですが、日本語版の取説を作る時間がなくて、、、ただそれだけです。。

頑張って時間作ります。

トレポン

純正シリンダーはごらんの通りのグリス塗布量です。(これも毎度です)

トレポン

純正のピストンヘッドとシリンダー内面に付いている白いグリスは、すぐ硬化しますので、必ず洗浄と他のグリスで処理してください。

比べるとわかりますが、WAKOSなどのグリスに変更するだけで、弾速が8m/sくらい上がります。

トレポン

サバゲー用品 通販
電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは以下一覧からご覧頂けます。

# カスタム ピストン一覧

# 電動ガン 強化ギア一覧

# 電動ガン用 モーター一覧

# FireFly製品

# 強化メカボックス

# ORGAブランドパーツ一覧


サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

# Lipo / 充電器一覧

# BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:23Comments(0)★トレポンPTW

2013年10月25日

MSK GBB RATECH NPAS入り 入荷!

WE MSK

WE MSK NPAS モデル(BK & DE)入荷してます!

大分前に入荷してたんですが、商品UPとBlogでの告知が遅れておりました^^;

ファーストロットの時は、刻印入りモデルを限定数販売となりましたが、今回はRATECHからのNAPS入りモデルとなります。


NPASはノズル内部に可変式の弁を設置できるカスタムパーツで、ノズル先端から専用のレンチにて弁の位置を変更できる物です。
弁の位置によって、ガスの流量が変更できます。
可変させる為の専用レンチも付属します。

WE ACR

今回入荷した RATECHからのNPASモデルは刻印なしですが、刻印入りのモデルも一緒に掲載してあります。
刻印入りについては、NPASは付いていません。

WE MSK GBB

本機は、その他のWEインナーバレルはご利用になれません。
近日にORGA Magnusバレル for MSKが発売されますので、そちらをご利用頂けます。
※マガジンは従来のWEマガジンもご利用頂けます。

マガジンも刻印入り、刻印なし共に、掲載してますので、ご覧ください。

MSK GBBですが従来のM4 GBBのマガジンも利用できます。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:24Comments(0)WE-TECH

2013年10月18日

トレポン HK416D FCC 製作

HK416D

トレポン HK416D FCC 製作

毎回入荷しても、あっという間に売れてしまう FCCのHK416 KITですが、販売のみならず製作も週2~3本やっております。。

FCCのKITってどうなの?という話題を耳にしますが、全然良いですよ^^y

SYSTEMA純正の上下と比べると、後方のバッファー部分のシム枚数を厚めにしてあげれば問題ありません★

残りラスト2台となってまして、今後、FCCが再生産しないと入荷が難しいかもですので、お早めにGETしてください。



さて、今回のコンプリートも早速作業に入ります。

まずは、GearBoxの洗浄と調整からですね。


トレポン

毎度 お馴染みではありますが、SYSTEMA純正のGearBoxは グリス量が多すぎです。(最近 ちょっと減りましたがね^^;)

洗浄して、再グリスアップを行い、軸受をORGA SUS 6mmへ変更します。

他店さんの修理ポンなども数多く入ってくるんですが、純正のベアリング軸受が破損している個体が、ここの所 連発してます。

りコイルを組む時には、必ずメタル軸受へ変更してあげてくださいね^^

トレポン

今回のバッファーとFETは、バリアントストックAssy + FCC MiniFETを利用します。

トレポン

MiniFETですが、内部のヒューズがBoxの外に飛び出ていて、サイズ面で無駄が出るので・・・・・

トレポン

ヒューズの向きを逆にします。

これで、更にコンパクトにできますね^^

トレポン

Playerさん持ち込みのMagpul ASAPを取り付けます。

トレポン

GripはFCCのTDタイプを採用。

グリップエンド固定の際、純正長のビスだと届かないので、M3 10mmのサラネジへ変更します。

トレポン

チャレキ、塗装レシーバー、FCC、Prime など全体的に言える事なんですが、トリガーガードのピン穴へピンを刺してみて、入りがキツイ場合は、無理に叩かず、以下の様に軽くピン穴を広げてあげてください。
無理に叩くと、割れてしまう事がありますので。

トレポン

各パーツを取り付けて、ロアコンプリートです。

FCC , Prime共通で言えるんですが、後方のバッファーキャップのシム枚数ですが、SYSTEMAと同じ感覚で組んでしまうと、NGです。
Primeの場合、アウターバレルのセット位置(SYSTEMAよりもアッパーにアウターが刺さらない)が、前過ぎるので アウターのフランジ(アッパーに刺さる部分)の加工が必要な場合もありますが、FCCの場合は概ね 後方のシムを追加すれば問題ありません。

Primeよりも、FCCの方が公差が少ないので、大体 どの個体もシム追加でOKです。

わからない事があれば、お問い合わせください^^

トレポン

続いて、アッパー作業です。

トレポン

今回も、ORGA MagnusHD Barrel for PTW を利用します。

あと、最近 ちょくちょく登場している、ORGA FLAT HOP for PTWも導入です。

ORGAさ~ん、HOPの販売まだですか??? と再三連絡を頂いているんですが、今のところ、日本での販売は考えておりませんでして、組込み依頼系であれば請け負っております。
初回生産350個で残り100個位です。。。

トレポン

ORGA HOPを利用する場合ですが、以下の様にアジャスタークッションの全長を短くしてあげます。

トレポン

以下、FullにHOPが降りている状態です。
何も考えずに、100%ブレない Flat HOPができます★

トレポン

最後はシリンダー内部を洗浄+スプリング調整を行い、初速合わせをしていきます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:20Comments(0)★トレポンPTW

2013年10月16日

東京マルイ 89式 Axis

東京マルイ 89式

東京マルイ 89式 Axis Tune

昔も今も根強い人気がありますね!89式は。

3Burst機構を含めて、東京マルイの技術力の高さには脱帽です。


以前作業分となりますが、カスタムの内容をUPしていきます。

89式

フロント、アッパー部分から分解を始めて行きます。

89式

89式

89式だけは、専用のトルク型のモーターが入っています。

最終的には、セミレスポンスとサイクルUPの為、EG1000へ交換してしまうのですが、この89式専用のモーターも良いモーターです。

89式にEG1000を利用する場合は、モーターのピニオンと胴体の間のハウジングを移植してご利用ください。(経が異なる為)

89式

ロアからメカボックスを抜き出し、分解に入ります。

細部に付いている スプリングは紛失し易いので、注意してください。

89式

中は意外とシンプルです。

電動ガンのメカボックス内部構造は各社 似たり寄ったりですが、利用されている軸受やギア軸の公差などで、シムのバランスが変わっていたりしますので、ご自身で分解する場合は、写真を撮ったり、各部のシムの枚数をメモしておいたりすると、全分解した後でもデフォルト(箱出しの状態)から調整を再スタートできると思いますので、お薦めです。

89式

《メカボックス洗浄》
これは、どの電動ガンでも共通する事ですが、メンテナンスやカスタムの際にはメカボックスの内部を洗浄してあげる様 心がけましょう。
内部の汚れが酷い場合、サバイバルゲーム等で利用した際に細かい砂やチリが混入してギアの回転に障害が出たり、グリスが硬化してしまい、性能を発揮できなくなってしまったりします。

89式

《軸受けの交換》
ORGAのカスタムでは、基本的に軸受はORGAブランドの軸受へ変更します。(Plyaerさんから指定が無い場合)
箱だしの電動ガンで利用されている軸受は概ね、プラ製、ベアリング製、真鍮製 ですが、ORGAとしては両方とも耐久性に掛けると考えています。

プラ製と真鍮製の物は、経年により軸穴が広がってしまう為、適正なギアの噛み合わせが出来なくなり(ガタが出る)異音の原因に繋がります。

ベアリングの場合は、ベアリング自体の破損が起こり、物理的なギアクラッシュへつながってしまいます。
これらの理由から、ORGAではステンレス製の硬度と強度の高い国内生産軸受を利用しています。

硬度と強度以外にもORGA軸受の特徴をWebShopにて解説してありますので、ご覧ください。

ORGA SUS軸受シリーズはこちら

89式

89式は(東京マルイ全般)ギア自体がアルミダイキャストで作られている為、静音性は高いのですが、耐久性に欠けてしまいます。

今回のカスタムでは、特に逝きやすいスパーギアを強化ギアへ変更します。

89式

3Burst機構がある為、セクターギアは交換できず、そのまま利用します。

89式

《シム調整》

同じ事を長い間言い続けてはいますが
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。
スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。

注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。
ビスを締めた後、指でギアを回した際に、抵抗や異音が無くスルスル回ればOKです。

そのスパーの高さに合わせて、セクターとベベルの高さを決めます。
セクター上のシムはタペットプレートが押さえてくれる事もあり、然程 神経質になる必要はありません。

ベベルの肝は、ベベルの上のシムになります。
ベベルの下に関しては、モーターピニオンがベベルギアに当たり、ベベルを持ち上げますので、然程関係ありません。
ベベル上のシムのみ注力してください。
上があまりキツすぎると、ドライブ時に異音の原因になります。

89式

ピストンは SuperCorePistonを採用しました。

本ピストンを89式で利用する場合、ピストンの各部が干渉し、そのままでは利用できない為、干渉部分をフライスで切削します。

ORGAで現在取り扱っている 高耐久メタルピストンは、無加工で利用頂けます。


89式

《シリンダー》
シリンダーは放出エア量Upを狙いMagnusシリンダー+Magnusピストンヘッドセットを採用。
ロングシューティングには、放出エア量は必須です。
詳細はMagnusシリンダー商品ページにも記載してありますので、ご覧ください。
Magnusシリンダー商品一覧

89式

全てのパーツの準備が整ったら、内部チューンの終了です。

89式

《駆動部確認とテストドライブ》
組みあがったメカボックスをロアに組込み、テストドライブを行います。
この状態でセミ/フルともに支障がなければOKです。
もし支障がある場合は、カットオフレバーやセレクター&セレクタープレートなどの駆動を再度チェックしてください。

また、この状態でノズルを押してみて、きっちり前後運動するか?確認してください。
細い棒状の工具をノズルから差込んで押す事によりピストンの動きもチェックをしてキッチリ動いていればOKです。

たまに、メカボックスを閉じてテストドライブの段階で「実はピストンがレールと噛んでいた・・・」なんて事になると
また全バラシになりますので、この工程は必ずやりましょう!


89式

89式

続いて、チャンバーのチューンとMagnusバレルの組込みです。

89式

《バレルについて》
Magnusチューン 及び Axisチューン共に、ORGA製 WideBore バレルを利用します。
ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。
各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。

# 6.23mm Magnus Barrel

# 6.13mm MagnusHD Barrel

全国のSHOPさんでも取り扱いがありますので、最寄りのSHOPさんにもお問合せしてみてください。

89式

《HOPチューン》

HOPチューンは、FireFlyのなまず辛口を利用します。

なまず

ORGAで販売(組込み含む)している なまずは、オリジナルのステンレス平行ピンが付属していますのでより"ねじれ"に強く安定したHOP回転を掛ける事ができます。

なまずに関しては、そのまま利用する事はありません。チャンバーの開口部やHOPレバーの形状に合わせてなまずを加工します。

なまず商品ページはこちら

89式

89式

サバゲー用品 通販

電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT

ORGA Blogで取り上げられているカスタムパーツは

以下一覧からご覧頂けます。

# カスタム ピストン一覧
# 電動ガン 強化ギア一覧
# 電動ガン用 モーター一覧
# FireFly製品
# 強化メカボックス
# ORGAブランドパーツ一覧

サバイバルゲームに欠かせない LipoやBB弾も各種取り扱いしております。

# Lipo / 充電器一覧
# BB弾一覧

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)東京マルイ

2013年10月08日

FCC 416KIT 最終?入荷!

トレポン

一山去って また一山(商品入荷で) で全然 Blogを書く時間がない ORGA AIRSOFTです★

冗談抜きで、忙しさがハンパないです。。。


さて、弱音はこれくらいにして、先日 入荷させて あっという間に完売してしまいました トレポン用 FCC HK416 KITですが、多分年内は、これで最後になるかもしれませんが 4台取れました。

すでにORGAでも多数組込みの実績があるKITですが、質感、精度 共に申し分ないです。

ただ、完全にSYSTEMAチャレンジキットと内部は同寸ではないので、お使い頂いている諸々のパーツの寸法や各部の劣化状態、バッファーのシム枚数など、多少の調整が必要になる部分もあります。
まぁ、ご自身で組み込まれているPlayerさんや、社外KIT (G&P , Prime , FCCなど)の経験がある人であれば問題ないと思います。

組込みで何か解らない事があれば、気軽に連絡ください^^



サバゲー用品 通販


電動ガン パーツ、カスタム ORGA AIRSOFT  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:52Comments(0)★トレポンPTW

2013年10月04日

Toysol 製品 入荷情報

AOR1 JPC

在庫切れになっていた商品を含めてバタバタ入って来ております!

ToysolからNJPC 出ましたね^^
とりあえず、ORGAの方でも仕入れをするつもりですが、欲しい人います?
多分価格は¥44000くらいになると思います。

NJPC

暫くToysolの方で在庫が無かった Triple M4 ポーチも入って来ています。

その他以下商品 再入荷しています。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:49Comments(0)★装備

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (388)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (72)
M4,16 (77)
HK416 (13)
M14 / EBR (39)
MASADA (18)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (48)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (28)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 313人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ORGAへmail