2016年01月31日

東京マルイ VSR-10 Magnusチューン

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製VSR-10のMagnsuチューンをご紹介致します。
元はGスペックでしたがPDI製アッパーキットのPDI-PMX005を組み込んでありました。



まずはストックからPMX005を取り出します。



シリンダー部とアウターバレル部を分解します。
下部のM3イモネジを外してアウターバレルを逆時計回りに回すと外れます。



レシーバーからシリンダーを取り出します。
シリンダーはボアアップでピストンはバキュームタイプです。
トリガーはニュートリガーですのでこのまま使用します。



シリンダーはPDI VSR-10用 プレシジョンシリンダーセット HDに変更です。
ボアアップシリンダーやバキュームピストンは弾道や弾速が安定しない事が多いので・・・。



プレシジョンシリンダーセットに付属しているピストンはマルイ純正のトリガー仕様ですのでピストンエンドをニュートリガー用に交換します。
ピストンに組まれているのがマルイ純正トリガーでシアーの掛かる部分が斜めになっています。
ニュートリガー用のピストンエンドはシアーの掛かる部分が垂直です。



コッキングレバーをプレシジョンシリンダーに移植します。
シリンダー内をグリスアップしMagnusスプリングVSR用を使用しピストン、シリンダーヘッドを組込ます。



シリンダーをレシーバーに組んでニュートリガーも組み込めばシリンダー周りのカスタムは終了です。



次にフロント周りのカスタムです。
ネジを2本外しチャンバーブロックを取り外します。
この中にはPDI HOP UP チャンバーver.2が組まれておりましたのでチャンバーは純正品を使用します。
ORGAではチャンバーは純正が一番と考えておりまます。



元のGスペックから取り出したチャンバー&インナーバレルです。
チャンバーを分解します。
使用するのはチャンバーASSYとチャンバーパッキンです。



インナーバレルはMagnusバレルボルトアクション用200mmです。
後で初速調整の為に200mmからカットしながら短くしていきます。



純正のチャンバーパッキンのHOP部の出っ張りを削り平らにします。
これをしないと面HOPにならないので・・・。



削り方はパッキンを半分ひっくり返し出っ張りをリューターであらかた削り仕上げは平やすりで綺麗にします。



HOPはもちろん面HOPです。
いつもの電気なまずを使用します。



電動ガンの場合は大きいのでなまずをカットしますが、VSRの場合はそのまま使用します。
HOPアームの赤線の幅が狭いので平やすりで幅を広げます。



この様になまずを挟み込む様に接着します。



Magnusバレルと面HOPをチャンバーに組込ます。
HOPを掛けていきHOPが平らに降りてきている事を確認します。



インナーバレルが短いのでそのまま使用しますとマズルの部分で弾当たりが発生します。
その為にφ10mmのアルミ管でマズル部まで誘導管を作製します。
PDIのマズルキャップ(逆ネジ)を外しφ9.5mmのドリルで穴を貫通させます。
次にアルミ誘導管を差せる様にφ10.1mmのドリルで10mm程度のザグリをつけます。
これでアルミ誘導管がマズル部から先に出る事はありません。



マズルにアルミ誘導管を差してみます。
アルミ管の長さは長すぎるとHOPがNOHOPにならなくなるのでNOHOPで丁度良い長さに調整して下さい。



アルミ誘導管をインナーバレルに差し込むのですが、そのままだとガタが出るのでインナーバレルの先端と根元に7~8cmのシールテープを巻いてアルミ誘導管を押し込みます。



これでチャンバー周りが完成です。
アウターバレルにチャンバー周りを組み込んでチャンバーブロックで固定します。



アウターバレルとレシーバーを組んで初速調整です。
今回はインナーバレル長は180mmで調整しました。

ロングレンジ試射にて弾道をチェックし、適HOPにて弾速を確認し作業は終了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:13Comments(0)ボルトアクション

2016年01月30日

PEQ-15 UHPやWEガスブロ用パーツ入荷!

PEQ-15 UHP

ORGA AIRSOFTです★昨日から商品入荷情報ばかりで恐縮です。
まだ続くんですが、ようやく落ち着いてきました。

今回は、以前販売させて頂いたPEQ-15 LA5 レプリカのUHPバージョンが入荷しました!
結構リアルです^^

PEQ-15 関係はこちらからご覧頂けます。

PEQ-15 レプリカ

続いては、暫く在庫が切れておりました、RATECH(ラテック)の5ベアリングハンマーが再入荷しています!
ウェスタンアームズ、イノカツ系に利用できるのですが、ボルトキャリアの動きが非常にスムーズになりますので、お勧めです。
1点注意点なんですが、ボルトと接触する部分のベアリングはイモネジで止まっているんですが、振動でイモネジが緩む事がありますので、ネジロックなどで固定してください。
おすすめです^^

ラテック 5ベアリングハンマーはこちら

ラテック ベアリングハンマー

続いては、ラテック 7075 NPASノズル 3連発です。

まずは、VFC M4系 GBB用(M4 / HK416)のNPASノズルセット。

ラテック VFC NAPSノズル

NPASについて
ボルトキャリア内のローディングノズルをNPAS仕様に変更します。NPASはノズル内部に可変式の弁を設置できるカスタムパーツで、ノズル先端から専用のレンチにて弁の位置を変更できる物です。
弁の位置によって、ガスの流量が変更できます。

こちらは、WE PDWガスブロ用

ラテック WE SCAR用 NAPS

WE SCAR L ガスブロ用

ラテック NPASノズルセット一覧はこちらからご覧頂けます。

ラテック WE PDW用アルミノズル

続いては、ラテック WE M4系用 カスタムボルトキャリアです。
AACやシルバーカラー、スチール製など掲載しておりますので、ご覧ください。

WE M4用 ボルトキャリアーはこちら

ラテック WE M4GBB用 ボルトキャリア

さて、最後になりますが、INOKATSU(イノカツ) M4ガスブローバック用のボルトキャリア ASSY単品が再入荷してます。
こちらは、入荷数が少ないですので、予備で購入しておきたい人は早めにチェックしてください。
また、先日、INOKATSUのM4A1も再入荷してますので、重ねてご確認ください。

イノカツ ボルトキャリア
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:22Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月30日

電動ガン用カスタムパーツ再入荷!

ORGA AIRSOFTです。昨晩から雪が降るなんて言ってましたが、降らなくて良かったですね^^
週明けの天気はまだ分かりませんが、雪が降ると交通事情を含め仕事に影響が出てしまうので、嫌いです。。。。
本日は、15:00で終了となります。

アイアンエアソフト Fortis556

本日日中にUPしました、アイアンエアソフトのFortis最新ハンドガードですが、Blog告知後、バタバタ注文が入りまして、あっという間に在庫が少なくなりました。
カッコイイですもんね、今回のFortis.

さて、先日からの入荷商品ですが、ようやく電動ガン系の登録が終わりましたので、UPさせて頂きます。

まずは、TROYのバトルレール13inch
民間系の外装カスタムにオススメ、フロントセクションを細身にする事が可能ですので、スタイリッシュに仕上げる事が出来ます。
マッドブル製となりますが、電動ガン、トレポン、ガスブロにご利用いただけます。

TROY Indutries 系のハンドガードはこちらからご覧いただけます。

マッドブル

さて、続いては電動ガン用のNOVESKE のシルバーアウターバレルです。
こちらも民間系での利用が前提となりますが、今回 再入荷した入荷した8.5inchと12.5inch , 16inchは人気のラインナップです。


アウターバレル

電動ガン

ノベスケ

続きましては、MGPUL PTSからM4SDⅡの逆ネジが再入荷しています。
このハイダーも人気ですね!正ネジはまだ在庫切れのままです。


マグプルPTS

これも意外と人気ありますね、マッシュルームハイダー!
BLACKの方が再入荷しております!

G&P マッシュルーム フラッシュハイダーはこちら

フラッシュハイダー

さてさて、ノベ系で正ネジない?と良く聞かれます^^;
KFHですがようやく再入荷しました!

ノベスケ KFHハイダーはこちら

NOVESKE

電動ガン用のマグプルPTS EPG-C M4グリップ再入荷してます。
前回登録時には、1日で完売してしまいました。
定番のマグプルMOEが飽きた人が多いのかも知れませんね。。。

マグプルPTS 電動ガン用 グリップはこちら

ピストルグリップ

Blogを書いている間にも、海外からダンボールが届き、まだビビッて開けてないんですが、再入荷品、新商品など、まだまだ入荷しますので、追ってUPさせて頂きますね!
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:53Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月30日

アイアンエアソフト 最新 Fortisレール 再入荷!

アイアンエアソフト Fortis

ORGA AIRSOFTです★
先日、公開致しましたアイアンエアソフトの最新ハンドガード Fortis Switch 556 Keymod ですが、あっという間に完売してしまいました。
追加注文を出していた分が本日再入荷しました!特に人気の12inchの方はこれで最後との事です。
WebShopの在庫を戻しましたので、買いそびれた人はチェックしてください!
12inch / 14inch BK と FDEがあります。

アイアンエアソフト Fortisレールはこちら

本日は、15:00で終了となりますので、14:30までのご注文分までの対応となります。
宜しくお願い致します。  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:07Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月29日

トレポンパーツ 続々入荷してます。FCCやSR16レシーバーなど

FCC ローディングアダプター

気温がどんどん下がってきてますね。。。
また雪になるという事で、本当やめて欲しいです><

さて、来週かと思っていた香港からのパーツが今日入ってきまして、慌てて商品登録をしました。
今回は新入荷品と再入荷品です。
電動ガン用のパーツも多数 再入荷してますが、UPが間に合いませんので、改めてUP致します。

まず最初に、「トレポン用のローダーアダプター無い?」 って凄い沢山の連絡がありまして、本日ようやく入荷致しました!
しかも、上記のFCCのローダーなんですが、Gen2 バージョンとなっています!

こちら速攻で無くなる可能性がありますので、早めにチェックしてください。

FCC トレポン用 ローダーアダプターはこちら


さて、続いては、こちらもお待ちかねの FCC マグプルタイプGen3マガジンです!
BKとFDE共に入荷しております!


FCC Pマグ Gen3 トレポン用

FCCマグプルマガジン DE

さてさて、以下は、CQDスタイルのスチール製 スリングスイベルです。
この型って頑丈だし無難ですよね^^ そう思う人が多いせいかいつも直ぐに完売してしまいます。
今回は若干多めに取ってますので、チェックしてみてください。

CQDスチール スリングスイベルはこちら

CQD トレポン

マグプルPTSから最新のチャージングハンドルが入荷してます。
ガスブロとトレポンで利用できます。

マグプルPTS MEGA ARMS AR15 スタイルチャーハンはこちら

マグプルPTS MEGA ARMS チャージングハンドル

続いては、いつも直ぐに完売してしまう、アジャスタブルトリガーが再入荷しました。
本当、人気ありますね、これ。

FCC アジャスタブルトリガーはこちら

FCC トレポントリガー アジャスタブル

トレポン用のレシーバー関係も再入荷しています。

プライムのVLTOR アッパー、SR16 E3 レシーバー、RWA CMTスタイルのCNCレシーバーなど、民間系の外装に拘る人にはオススメのラインナップです。

トレポン レシーバーはこちら

プライム VLTOR アッパートレポン

トレポン SR16 E3

トレポン CMTレシーバー RWA

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:11Comments(0)★トレポンPTW

2016年01月29日

CELCIUS AKM 追加情報

セルシウス AKM

ORGA AIRSOFTです★2月の第2週辺りからスタートする ORGA運営の新規コンテンツの準備で連日連夜の作業が続き、若干バテてます^^;

さて、大量のご質問を頂戴しておりますCELCIUS AKMですが、本日先方より新しい写真が送られてきました。現在は海外に出回ったロットで出ていたアウターバレル周りの調整を行っているとの事で、結構な時間を待たされておりますが、結果として良い製品に仕上がれば◎だと思ってますので、ORGAとしても気長に待っております。。。

と言っていたら、先方 中国の旧正月に入るらしく、本人は余り休みを取らずAKMの構築をやっているみたいなんですが、肝心な生産工場の方が完全に休みになってしまうとの事で、暫く 進捗はなさそうです(泣)

そういえば、先日公開した アイアンエアソフトの新作 Fortisハンドガードの方、秒殺でしたね。。。
慌てて、アイアンに追加オーダーしました!
今日から来週に掛けて新入荷の商品も続々入ってきますので、楽しみにしててください。

AAC 51Tハイダー

そういえばなんですが、先日 アイアンエアソフトから例のAAC 51Tハイダーが大量に入荷してます。
PTSが絶版で買いそびれた人はチャンスです!

AAC 51Tハイダーはこちら  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:14Comments(0)★CELCIUS AKM

2016年01月28日

VFC 電動ガン HK416 V2 & サプレッサー等入荷しました

ORGA AIRSOFT TAKAです。
今日は、新入荷や再入荷のご案内が連続しました(汗)
来週は更に多くの商品が入荷の予定ですので、楽しみにしててください。

欠品しておりましたVFC製電動ガンHK416V2・M4 KAC NT-4 QDサップレッサー (フラッシュハイダ-付き)・MP7ガスブロ用QDサプレッサー再入荷!!

大人気VFC製電動ガンHK416V2
現存するVFC電動ガンの中で最も人気を誇るHK416Dシリーズ。ビギナーからリアル派のサバイバルゲームユーザーに人気の電動ガンです。



VFC M4 KAC NT-4 QDサップレッサー (フラッシュハイダ-付き)
定番サプレッサーです。14mm逆用のスチールハイダーが付属します。
ハイダーとサプレッサーのガタ付きも無く、高品質なセットです。
電動ガン、ガスガン、トレポンにご利用頂けます。



VFC/UMAREX製 MP7ガスブロ用 QDサプレッサー

VFC/UMAREX製 MP7専用サプレッサーです。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:27Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月28日

INOKATSU M4A1 ガスブローバック再入荷!イノカツ

イノカツ M4ガスブローバック

ORGA AIRSOFTです★本日 INOKATSU M4A1ガスブローバックが再入荷致しました!
ご予約頂いて方の分を除いて、WebShopにUPできたのは3本のみとなります。
イノカツ狙っていた人はお早めにチェックしてください。

イノカツ M4 ガスブローバックはこちら
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:22Comments(0)★ガスブロ/GBB

2016年01月28日

最新 FORTIS SWITCH KETMOD ハンドガード入荷!アイアンエアソフト

fortis switch キーモッド ハンドガード

FORTIS SWITCH KETMOD ハンドガード入荷しました!
ORGA AIRSOFTです★

午前中に荷物が届いて、物撮りの為 ハンドガードを見ていたんですが、非常に綺麗に出来ています!
そうです!例のアレです^^

早速、WebShopにUPしましたので、ご確認ください。

12inch / 14inch BK と FDEが掲載してあります。

アイアンエアソフト FORTIS SWITCH KETMOD ハンドガードはこちら

アイアンエアソフト

Fortisレール

Keymodハンドガード  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:05Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月27日

SGT(鈴友) Hk416 DEVGRU(デブグル)RAHGハンドガード

SGT(鈴友) Hk416 DEVGRU(デブグル)

こんばんわ★ORGA AIRSOFTです。
ここの所、関東地方の相模湾周りで地鳴りが相次いでいますね。。。
大きな地震が発生しなければ良いのですが。。。

さて、本日は鈴友社からレミントンのハンドガードが入荷しました。
もう既にあっちこっちでご覧になっていると思います^^

BK - アルマイト
TAN - IR対応

の2機種となっております。
入荷本数は少ないですので、チェックしてください!

SGT HK416ハンドガードはこちら

レミントン ハンドガード 次世代
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:18Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月27日

WE商品再入荷!

ORGA AIRSOFT Shuです。

昨日に続き本日もWE製品が再入荷しております!!!

昨日ほど多くはありませんが、本体系2種類とマガジンも2種類入荷しております!!


本日再入荷した商品は以下の通りです。

WE GBB R5

WE

WE GBB P90

P90
WE M4 GBB用のマガジンですが、CO2 Verも掲載してます^^
Co2マガジン人気ありますね!
間もなく、マルゼンのCo2カートリッジも入荷しますので、改めて掲載させて頂きます!

WE用マガジンはこちらからご覧頂けます

昨日はブラックのみですが、本日はダークアースのマガジンが再入荷しております!

WE SCAR-H用マガジン FDE

ガスブロ

WE M4 / Hk416用マガジン FDE

マガジン

本日入荷した商品ですが、少数の入荷となりますので、お早めにチェックして下さい!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:01Comments(0)★ガスブロ/GBB

2016年01月25日

WEガスブローバックライフル 大量再入荷!

ORGA AIRSOFT Shuです。

本日はWE製のガスブローバックが大量に再入荷致しました! 超デカイダンボールで8カートン。。。明日筋肉痛になりそうですw
WE ガスブロですが、非常に人気がありますね!無刻印という事でリアル感はVFCには負けるものの、撃ち心地と強度、RATECHなどからの強化パーツなどを考えると、WE-TECHの方が運用し易いですね。


とても人気の高いWE M4A1やWE 416D、SCARシリーズも再入荷しております!
また、各種 WE用マガジンも入荷してますので、ご覧ください!
今回はCo2対応のマガジンも多数入荷してます!

WE M4A1

WE

WE M4CQB-R
CQB-R

WE 416D
Hk416

WE XM177
XM177

WE SCAR-L FDE
SCAR-L

WE SCAR-H FDE
SCAR-H

WE AK PMC
AK-PMC

今回は本体系の他にもマガジンも再入荷しておりますので合わせてご覧ください!


人気商品が多数ですので、お早めにチェックして下さい!!!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:16Comments(0)★ガスブロ/GBB

2016年01月25日

フルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差につきまして

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日はご質問の多いフルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差につきましてご説明させて頂きます。
上がフルシリンダーで下が加速ポート付きシリンダー(シリンダーに穴が開いています)です。



フルシリンダーはその名の通りシリンダーの幅全てを使用してエアーを圧縮・排出します。
ピストンがリリースされた瞬間からエアーが圧縮されピストンに負荷が掛かります。

加速ポート付きシリンダーは穴が終わった部分からエアーが圧縮され排出されます。
ピストンがリリースされ穴が終わるまでは負荷が掛からずにピストンが加速し、これによりフルシリンダーに比べピストンの速度が得られ、結果同じ条件では弾速が高くなります。
しかしエアー量が少ない為、弾の勢いが長続きせず同じ条件の場合の飛距離ではフルシリンダーに劣ります。
この穴が前方向にあればあるほど加速ポート付きシリンダーの特性が顕著になります。



加速ポート付きシリンダーは弱いスプリングでインナーバレル長が短い時に初速が稼げます。
逆に強いスプリングを使用した場合やインナーバレルが長い場合はエアー量が多く飛距離が稼げるフルシリンダーが合っていると思います。

以上、簡単ですがフルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差をご説明させて頂きました。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:52Comments(0)└電動ガン

2016年01月22日

A-Two 装備品 再入荷!!!

ORGA AIRSOFT Shuです。
明日は諸用により定休となります。

さて、在庫切れになっていたA-Twoタクティカル製品が再入荷致しました!


今回はAOR2のコンバットスーツや6094、ポーチと多数再入荷しております!

まずはAOR2のコンバットスーツです。

AOR2

生地の色味がとても実物に近く、素材も現在のロットからより忠実に再現されております。

コンバットスーツだけでなく、プレートキャリアー類もとてもよく出来ております。

LBTタイプ6094プレートキャリアーです。

今回はマルチカムとカーキが再入荷しております。

LBT

マルチカムの生地は実物を使用し、とてもLBT製に近い作りを再現しています。

マルチカムだけでなくカーキもオススメです。

6094

シールズやDEVGRU、PJやCCT装備には持って来いのプレートキャリアーです。

他にも多数ポーチ類が再入荷しております。

2586アドミンポーチ

Eagle industries

こちらは通常のアドミンポーチよりも容量が大きく、メディックポーチとして使用している隊員も多く存在します。

前面にベルクロが装備されておりますので、パッチも貼ることが出来ます。

JPC ラジオポーチセット

JPC

JPC用のラジオポーチセットです。

ラジオポーチでは御座いますが、ラジオだけでなくマガジンポーチとしてもご使用頂け、ハンドガンも収納できますので用途はプレイヤーさんの好みに合わせてご使用頂けます。

7.62マガジンポーチ

SCAR-H

こちらはM14やSCAR-Hなどの7.62ようのシングルマガジンポーチです。

尚、こちらのポーチですがHk417用のマガジンは少々入れる際にキツイので417用も在庫しておりますのでそちらをオススメします。

ユニバーサルシングル5.56マガジンポーチ

マガジンポーチ

オープントップタイプのマガジンポーチで、もちろんプレートキャリアーに取り付けてもいいのですが、私個人の拘りとして腰周りやプレートキャリアーの再度に上下逆さまに取り付け、伏せた時に使用するように取り付けるとかっこいいです。

前面にモールを装備しておりますので、サイリュームやメディックシザーなどを挿しておくだけでもオシャレ度がアップします。

AOR2ブーニーハット

ブーニーハット

ブッシュの多いフィールドなどで、ブーニーハットはとてもオススメです。

スナイピングや裏取りをする際に迷彩効果が高いと強いですよね!

私もブッシュの多いフィールドなどでは好んでブーニーハットをかぶってスナイピングしています^^

今回ご紹介した装備類ですがとても人気が高く再入荷数も少数ですのでお早めにチェックして下さい!!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:26Comments(0)★装備

2016年01月22日

MFT製品再入荷&新商品入荷情報

LE



ORGA AIRSOFT Shuです。
明日の土曜ですが、諸用により定休となります。

さて、本日、MFT商品が多数再入荷致しました!!!

ストック
トレポン


今回は実物ストック MFT BUSMIL BATTLELINK Utility Stock のFDEも入荷しております。

MFT

今回はストックだけではなく、マガジンカプラーも入荷しております。

カラーバリエーションはブラックとダークアースの2色です。

一本一本弾切れになった時にその都度マガジンポーチやダンプポーチにしまう事が面倒だと思った方も多いと思います。

そんな時にこちらのマガジンカプラーを使用すると2本リロードが効率よく行えます。

バトルリンク

マガジン

取り付けも簡単で、マガジンをこちらのカプラーに差込2本のネジでテンションをかける事で保持されます。

電動ガン用 / トレポン用 / ガスブロ用のM4系マガジンであれば御使用頂けます。

AKタイプのマガジンや7.62mmのマガジンには御使用頂けません。

今回入荷したMFT製品ですが、少数のみの入荷となりますのでお早めにゲットして下さい!!!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:36Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月21日

CELCIUS AKM について

セルシウス AKM

ORGA AIRSOFT TERUです★
日々沢山のお問い合わせやご予約を頂戴し有難うございます。
まだ、最終的なリリース予定や販売金額、仕様については確定しておりませんが、月末くらいには次のSTEPのお話が公開できると思います^^

個人的な予測ですが、CELCIUSがコンプリートしたAKMに対して、ORGAの方で内部パーツの部分的な変更作業が発生すると思っています。
CTWの時もそうだったんですが、耐久性に問題がありそうなパーツに関しては、ORGA指定のパーツへ交換し販売を行う型となります。
AKMは、一部の海外地域では出回りましたが、やはり初期ロットという事もあり、手を入れないとダメな所が多いのも事実です。
今回、長引いている理由の一つとして、この辺の問題の折衝があります。
セカンドロットは初期に発生していた問題を修正し、より品質の高いAKMとしてブラッシュアップさせた商品を取り扱う予定ですので、情報が確定次第、改めて公開させて頂きます。

CELCIUSのYoutube を以下に掲載しましたので、ご覧ください。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:10Comments(0)★CELCIUS AKM

2016年01月21日

トレポンMk12 コンプリート(COLT) SGTセラコート

ORGA AIRSOFT Shuです。

2016年1本目となるORGAトレポンコンプリートが完成しました!!!

記念すべき1本目はMk12mod1です!


トレポン コルトMk12

映画「ローンサバイバー」でも使用され人気が出たライフルです。

今回はそのローンサバイバーでも使用されている固定ストックバージョンを再現しました。

ローンサバイバー

SGT(鈴友)リアル コルト刻印(Colt)及びセラコートをベースにZ-PARTSのMk12フロントキットを実装し好評頂いているORGA Flat HopやMagnusHDバレルも採用した完全コンプリートです。

SGT セラコート

鈴友 刻印

スマートな見た目ですが重厚感があり、電動ガンとはまた違った味わいがあります。

動作や作動音なども調整しており、マガジンキャッチなどの必須パーツは全てシステマ純正を使用しておりギアボックスのみFCC製のアンビギアボックスを使用しております。

Mk12modフロントキットですが、刻印もしっかりとされており質感もとても良く実物との差も殆どありません。

Z-Parts トレポンパーツ

Mk12と言えばねじ込み式のサプレッサーがポイントですが...

今回はもちろん、Z-Parts製Mk12サプレッサーも付属致します!!!

MK12カスタム 電動ガン

今回使用したパーツ構成は以下の通りです。

# 鈴友リアル コルト刻印及びセラコート
# Z-Parts Mk12mod1フロンキット
# Z-Parts Mk12mod1サプレッサー
# ORGAコンプリートチャンバーASSY
# FCCアンビギアボックス
# SYSTEMA純正ECU / FET
# SYSTEMA純正アクセサリーパーツ

トレポン 完成品

サプレッサーを取り付ける際にはハイダーに付いているリングを外し、サプレッサーをねじ込むと取り付けられます。

Mk12 サプレッサー

サプレッサーを取り付ける事で多少の消音効果が出るので、スナイピングにオススメです。

こちらのMk12mod1は限定1本ですのでお早めにゲットして下さい!!!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:56Comments(0)★トレポンPTW

2016年01月20日

トレポンHOP ORGA FLAT HOP Gen2 入荷!

オルガ トレポンHOP

こんばんは★ORGA TERUです。
寒い日が続きますね。。。

ここの所、新しく立ち上げている サバゲ関連のコンテンツサイトの製作や、トレポンAKMの折衝や、新商品の開発やらで残業の嵐です^^;
自分以外の業務でも、カスタムやメンテ、プロモーション関連などで、TAKA、SHU、GORO共に残業の日々が続いています。。。

さて、本日は好評頂いている ORGA FLAT HOP トレポン用のGen2版が入荷しました!
Gen2と言っても、若干設計を変更しただけなんですが。。。

以前の物は(使って頂いているPlayerさんはご存知かと思いますが) HOPの設定(イモネジの回転具合)がピーキーだったんですが、今回のGen2は調整幅を更に広げました。
それによって、トレポン初心者の人でも気軽に組めて、且つ より安定した弾道が得られる様に設計変更してあります。

今回は生産業者さんが忙しく300個しか作れませんでした。しかも、明日 香港に向けて150個出てしまいます。。。
まぁ、150個あれば来月一杯くらいは持つと思いますが、USからのオーダーが入るとガサっと無くなってしまいますので、トレポン Flat Hop デビューを狙っている人はチェックしてみてください。
※もちろん、直ぐに追加生産します^^


トレポンホップ

さて、先日UPさせて頂きました、システマ純正のHOP ASSYですが、半分売れてしまいました。
まぁ、20セットしか用意しなかったのもありますが^^;
アッパーセクションを2個持ちしている人などにオススメ!とか書いたんですが、本音は、ORGA コンプリートチャンバーASSYの注文が入った時に、細かい各パーツを準備するのが面倒で予めパッケージしておこう!というのが理由です^^;
でも、実際、このセットで販売してください!という声も異常に多かったのも事実で、なる様になった 感じです。


コンプリートチャンバー トレポン

さて、最後は、上記にも記載しました
コンプリートチャンバーASSYです。

今回のロットからFlat Hop はGen2を採用します。
WebShopには6.10HDバレル版しか出ておりませんが、6.23mmバレルでの製作も可能です。
6.23をご希望の人は備考欄に6.23の●●mmと記入してオーダーしてください!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:39Comments(0)★トレポンPTW

2016年01月20日

電動ガンへの軸受け組込み時の注意点につきまして

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は軸受けの組込時の注意点につきましてご説明させて頂きます。

まずは既存の軸家を外し、メカボの軸受けを組み込む穴や周りをきれいにします。



接着剤の残りが無い様に小さなマイナスドライバー等で剥がします。
油分が残っていると接着する際の邪魔になるのでパーツクリーナー等で洗浄脱脂をします。



次に軸受けをメカボにはめ込みあたりをみます。
この時キツ過ぎる場合はメカボの穴を丸ヤスリで軽くやすって圧入して丁度入るぐらいにします。
下の画像の様に使ってないギアにはめてから押し込むとやりやすいです。



あたりがでたら一旦軸受けを外し接着剤を軸受けに塗ります。
ハケタイプの瞬間接着剤が使いやすいですが、あくまで軸受けとメカボにガタがなく圧入で漸く入る場合です。
初めから軸受けとメカボの穴がスカスカの場合は耐衝撃用の強力接着材をお勧め致します。
耐衝撃用の強力接着剤ですと時間は掛かりますが、一旦固まれば軸受けが抜けにくくなります。
接着剤を塗る時も使ってないギアに軸受けをはめ込み周りに塗るときれいに塗れます。
このままメカボに圧入します。



これでメカボに入りました。



念の為ポンチ等で打ち、キチンと奥まで水平に入る様にします。



メカボの外側から見て水平に入っているかチェックします。



これで軸受けが奥までしっかり入り、且つ水平に入っています。
軸受けが斜めだったりするとギアの破損に繋がるので注意して下さい。

これは一つの方法ですので、ご参考にして頂きご自分でやりやすい方法を探して下さい。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:12Comments(0)└電動ガン

2016年01月19日

東京マルイ 次世代M4/HK416D 電動ガン 純正メカボックス入荷しました。

ORGA AIR SOFT TAKAです。

なかなか入手出来ない東京マルイ 次世代M4/HK416D 電動ガン 純正メカボックスが入荷しました。

メカボが破損しているので交換したい、予備としてストックしておきたいという声にお応えして入荷させて頂きました。

東京マルイ様の内部パーツは入手困難な事が多いのでこの機会をお見逃し無く!!!

今回は限定20個限りとなります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:44Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月19日

トレポンハンドガード取り付けのコツ

ORGA AIRSOFT Shuです。

前回、Rainier Armsレシーバーのトレポン製作について書きましたが、今回はその続きです!

前回はロア周りの説明でしたが今回はアッパー周りの紹介です。

アッパーは前回もご紹介しましたが、システマ純正レシーバーにスナイパーグレーのセラコート塗装を施した物になります。

トレポン

ハンドガードはレイニアータイプのハンドガードでこちらもスナイパーグレーのセラコートを施した物になります。

レイニアー

こちらのハンドガードですが、セラコート塗装を施してもかっこいいですが、そのままでもスマートなデザインでかっこいいですね^^

ハンドガード

こちらのハンドガードですが、今回は9inchを使用しましたが12.37inchも在庫の方御座いますので合わせてチェックしてみて下さい。


こちらのハンドガードにはバレルナットが付属されておりませんので、システマ純正のデルタリングを分解しバレルナットのみを使用します。

今回はシステマ純正アウターにシステマ純正バレルナットですのでシム調整などは行っておりませんが、社外のアウターを使用する際はシム調整が必要な場合が御座いますので注意して下さい。

シム調整のコツですが、シムを入れすぎるとアッパーレシーバーとハンドガードの間に隙間が出来てしまいます。

かといって入れなさ過ぎてもアウターのぐら付きやハンドガードがアッパーレシーバーに押し付けられ水平につかない場合があるので様子を見ながら取り付けてください。

他にORGAでは多数レールハンドガードを取り揃えておりますので合わせてチェックしてみて下さい!!!


まだまだ作業の方が溜まっておりますのでその都度ご紹介したいと思います。

今回ご紹介したハンドガードですが、人気のある商品が多数ですのでお早めにチェックして下さい!!!



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:23Comments(0)└トレポン

2016年01月18日

電動ガン VFC HK416C Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日日中にTERUの方が、CELOCIUS AKM に関しましての記事をUPさせて頂いておりますので、気になっているお客様はAKMの記事もご覧ください。

さて、本日はVFC製HK416CのMagnusチューンのご紹介です。



それでは作業に入ります。
ハンドガードを外す為にフロントサイトを外します。
マイナスドライバーで軸部分のネジを外すとフロントサイトは外れます。



配線のT型コネクターをハンダで外します。
ハンドガードを固定しているボルトを外すとハンドガードが外れます。
続いてフレームロックピン(フロント)を外しアッパーとロアを分解します。



作業の邪魔になるのでストックは外しておきます。
今回はストックパイプは外さなくても大丈夫なのでそのままです。
モーターやグリップを取り外します。



ボルトストップ、マガジンキャッチ、トリガーロックピン、フレームロックピン(リア)を外します。



これでメカボが取り出せます。



メカボを開けます。



メカボのパーツを外しメカボ等を洗浄します。
軸受けは耐久性向上の為、ORGA SUS軸受け8mmを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らない場合や斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



ギアはセミの切れを重視し通常のピストンが使用可能なCORE製100:300強化ギアを使用します。
給弾不良対策の為セクターチップも組込みます。



続いてシム調整です。
シムはスパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
ビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗りましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。

ピストンは耐久性向上の為にJA製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっており、通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



VFC製のタペットプレートは強度が弱く破損する事があるのでGUARDER ガーダー Ver.2 タペットプレートに変更致します。
GUARDERのタペットプレートは強化タイプですので耐久性があり、精度も良いです。
これでシリンダー周りを組み上げます。



メカボにカットオフレバーやセレクタープレートを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
スプリングはMagnusスプリングを使用します。
VFCのスプリングガイドはベアリング部の厚さがあるのでスプリングに因っては引ききれない場合がございます。
その場合はベアリング部を取り外すか、別のスプリングガイドに交換される事をオススメ致します。



メカボを閉じます。



メカボをフレームに組んでグリップやモーターを組み込みます。
この状態で一旦端子をハンダ付けしテストドライブです。
モーター位置の調整もここで行います。
問題なく駆動しましたのでマガジンキャッチやボルトストップを組んでロア周りは完了です。



次にチャンバーを取り出してフロント周りのチューンです。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え弾道が安定します。



HOPは面HOPの電気なまず「辛口」を組込ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けます。
これに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



これでチャンバー周りを組んで初速調整です。
初速調整はバレル長で調整します。
今回は170mmで決定です。
チャンバーパッキンですが純正ではなく、他社のパッキンに交換した場合、初速が不安定になる事があります。
その場合は純正パッキンに戻してお試し下さい。

室内の作業が終わったらロングレンジ試射を行い弾道チェックで作業は終了です。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)次世代HK416

2016年01月18日

CELCIUS AKMについて

トレポン AKM

CELCIUS AKM の国内取り扱いに関しまして

ORGA AIRSOFT TERUです★
FaceBook等では既に告知していたんですが、ORGA AIRSOFTはCELCIUS AKMの国内総代理店になりましたのでご報告させて頂きます。

「商品の取り扱いのみ」ではなく、アフターサービス運用や日本語マニュアル作成、アフターパーツの販売などAKMに関する運用の全てを請け負う予定となります。
ほぼ毎日CELCIUS側と折衝を行っており、やることが山積みですが早ければ2月初頭には大まかな概要が決定していると思います。
月内にはAKMプロトが一本きますので、詳細は追って公開しますね。

国内のショップさんや個人商店さんには、追ってご連絡させて頂きます。

AKMですが、マガジンの加工が意外と骨を折る作業みたいで、量産に若干時間が掛かりそうです。マガジンは初回ロットで200本程度しかありませんので、JAPANの方に振り分けられる本数の交渉に入ります。

本体を含め2月中にはスタートを切る予定ですが、初回ロット全てを輸入できる別けではありませんので、業半用と直販用を合わせてもそんなに多くは用意できなそうです。
AKM公開の情報は新しい情報の公開ができる段階で順次公開していきますが、すでに常連さんから予約も多数頂いておりますので、直販部分(WebShop)で購入される予定のPlayerさんは、事前にFACE BOOKでのFriend申請や、本Blogの読者登録をしておいてもらえると情報をいち早くお届けできます。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:49Comments(0)★CELCIUS AKM

2016年01月18日

システマ純正トレポン用チャンバーASSY

トレポンチャンバー

ORGA AIRSOFT TERUです★雪ですね~。。。。
ウチの子供達は大喜びしてましたが、大人的には雪は勘弁してほしいです^^;
今朝は9時前に出社して会社の駐車場を雪搔きして、ビショビショですw

さて、表題のシステマ純正トレポン用チャンバーASSYですが、結構依頼が多く、それであればパッケージングしてしまおう!という事で作ってみました。

アッパーセクションを複数持っている人や、シリンダー毎にセッティングしたインナーバレル+チャンバーAssyを持っている人など、細かいチャンバーパーツを探して買い揃えるのって、結構面倒だと思うんです^^;

カスタムやコンプリート用もありますので、とりあえず20セットしか製作していませんが、直ぐ出荷できる様になってますので、必要な人はご覧ください。

システマ純正トレポン用チャンバーASSYはこちら  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:39Comments(0)★トレポンPTW

2016年01月16日

ORGA V2ハイレスポンスメカボックス(後方配線)の組上げ完了!

ORGA AIRSOFT TAKAです★年明けからカスタムやオーバーホールの依頼が殺到しており、息つく暇もなく仕事しております。。。
長らく欠品しておりましたORGA V2ハイレスポンスメカボックス(後方配線の組上げ完了致しました。
トリガーフィーリングとコストパフォーマンスに優れたメガヒット商品のハイレスポンスメカボックスにORGA AIRSOFTにて厳選したパーツを組込み、調整致しましたVer2用メカボックスです。

商品の方はWebShopに登録してありますので、ご確認お願い致します。



あと、本日 日中にTERUの方がUPしました、AA-12 マルイ電動ショットガンの方もご覧ください。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:14Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月16日

AA-12 東京マルイ 電動ショットガン 入荷!

AA-12 東京マルイ 電動ショットガン

ORGA AIRSOFTです★
AA-12 東京マルイ 電動ショットガンが入荷しました!
ショットガンもここまで来たか・・・という感想です^^

AA-12 ショットガンはこちらからご覧頂けます。

強大な火力を誇る、フルオート・ショットガン
ユニークな外観に驚くべき火力を秘めたフルオート・ショットガンAA-12が、電動ショットガン第1弾として登場!ショットガンモデルの定番となった3発同時発射が、ついにフルオートでも可能になりました。
樹脂製フレームに覆われた内部機構には、3つのシリンダーを備えた専用のメカBOXや、発射する3発それぞれに調整が可能なトリプル可変ホップアップシステム、東京マルイ初となるFET(電子スイッチ方式)の採用など、電動ガン技術の粋を集めた仕上がりになっています。


●3シリンダーメカBOX搭載:オートマチックで3発同時発射を可能にする専用メカBOXを新規に開発。トリガーを引くだけでBB弾の発射とコッキング、次弾の装填を自動で行います。ノズルガイドには自己潤滑アルマイトのカシマコートを採用。フルオート時にも3発ずつのスムーズな装填を可能にしました。

●フル/セミオート切替式:フルオート発射だけでなく、本物にはないセミオート発射機能も搭載。ボディ側面のセレクターをセンター位置に合わせれば、セミオートでの発射が可能になります。

●FET搭載:BB弾3発の同時発射とフルオート発射を両立することによるスイッチ部への負担を、FET(電子スイッチ方式)を採用することで軽減。トリガーを引いてからBB弾を発射するまでのレスポンスも向上しています。

●金属製インナーフレーム採用:樹脂製の外装フレーム内側には、メカニズム全体を覆う金属製フレームを採用し、剛性を高めています。

●トリプル可変ホップアップ搭載:3本のバレルから発射されるBB弾には、エジェクションポート内のダイヤルを操作することで、個別にホップアップのかけ具合を調整することができます。

●アジャスタブル・サイト:フロントサイトは上下に、リアサイトは左右に調整が可能です。
ボックスタイプマガジン:装弾数93発、すべり止めのチェッカリングを再現した樹脂製マガジンが付属します。


パッケージ内容
AA-12本体、マガジン(装弾数93発)
保護キャップ
取扱い注意・説明書
サイト調整ツール
チャージャー
チャージングロッド
クリーニングロッド
BB弾(0.2g/200発)

パッケージサイズ:横935 x 縦395 x 厚95 mm  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:12Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月15日

マルイM4ガスブロ用アウターバレル!

マルイM4ガスブロ用 アウターバレル

ORGA AIRSOFT TERUです★
先日、公開させて頂きました M4ガスブロ用のバレルガイドですが、大変好評頂き有難うございました!

さて、本日は現在生産中の東京マルイ M4MWS ガスブロ用のアウターバレルの紹介です。 第一弾は10.5inch 民間タイプのストレートで、国内生産となります。
アルミ削りだしからガンドリルで内径の微調整を行う型となりますので、それなりの精度が提供できると思います。
最近 CQB系の外装カスタムが主流になってますので、初っ端はCQBを選択しました。

アルミアウターですので、スチールと違い 重す過ぎる という問題もありませんし、個人的にはアッパーレシーバーの強度を考慮すると、余計 アルミの方が良いですね。
また、アッパーに差し込む部分の設計は、完全にマルイ準拠となりますので、海外製の様に刺さりきらない などのクリアランスの問題はありません。
ガスブロの場合ですが、アウターバレルの差込具合は真円精度などが給弾に大きく影響が出てしまうので、この部分はシビアにやる必要があります。

発表するモデルは、ブラック(梨地カラー)とステンレスカラー(シルバー)の2Typeです。
シルバーカラーって、意外と人気なんですよね!自分も好きです。
発売は3月になると思います。
価格は現在の所 ¥9800を予定しております。

また、自由にハイダーを選べる様に、ハイダーアタッチメント2種(14mm逆と正)も付帯します。(アウターにはメスネジが切ってあります) 通常 市販されているアウターバレルは14mm逆、若しくは正ネジのどちらかとなり、ハイダーを選ぶのに苦労する傾向がありますよね。。

状況は改めて公開させて頂きますので、楽しみにしててください。
納期が明確になりましたら、予約受付を開始いたしますので、宜しくお願い致します。

M4MWSアウターバレル

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:11Comments(3)★ガスブロ/GBB

2016年01月15日

トレポンの注意点とコツ

ORGA AIRSOFT Shuです。

本日から新にコンプリート製作を開始いたしました!

本日から製作しているトレポンのレシーバーはシステマ純正レシーバーに鈴友刻印とスナイパーグレーのセラコートといったまさに民間向けのカスタムです。

レイニアー

通常のブラックに比べ、スナイパーグレーはなんとも言えない色合いで一味も二味も違う銃になりますね。

トレポン

今回刻印はSAFE / SEMI / AUTOではなく弾丸マークでSAFEとSEMIのみの刻印です。

セレクター部分がシンプルですので、RAINIER ARMS刻印がより引き立ってかっこいいです。

鈴友

ロアレシーバー前方にも大きくレイニアのロゴが刻印されています。

刻印

ロアだけでなくアッパーにももちろん刻印されております。

と、レシーバーの紹介はこの辺にして、カスタムの注意点とコツをお話したいと思います!

まず、セラコートを施したレシーバーのピン穴は塗料の厚みで計が小さくピンが入らない事やキツイ事が多々ありますので組み込む前に一度ピンがすんなり通る事を確認して下さい。

通らない場合は棒状のヤスリで擦り合わせを行ってください。

特に重要な箇所を写真でご説明します。

まず、テイクダウンピンのピン穴は二番目に注意して下さい。

テイクダウンピン

セラコート

上記二枚の画像の赤丸部分です。

この2箇所がキツイとテイクダウンする際にハンマーを使って叩き込んでもキツイ場合があります。

黄丸のセレクターを取り付ける穴も確認が必要です。

ダミーのセレクターチップを取り付ける際に接着をするのですが、確認をせず接着してしまうと曲がった状態で接着されてしまう場合があるので注意してください。

意外な場所もキツイ場合があります。

それは赤丸のマガジンキャッチ部分です。

マガジン

こちらがキツイをマガジンキャッチが奥まで入らず、マガジンが抜けてしまう場合やマガジンはしっかり保持されても抜き辛くなる場合があります。

特に要注意なのがトリガーガードを固定する為のピン穴です。

トレポンモーター

こちらがキツイ場合に力ずくで叩き込んでしまうとレシーバー側が割れてしまうので、ピンが指で押して1/3から半分ほど入る位になれば割れる事は少ないでしょう。

ピン穴を広げる際に両サイドのピン穴を広げてください。

他にもモーターを固定する為のピン穴も確認が必要です。

モーターピン

モーターとレシーバーの相性もありますが、今回使用したFCC G3.5モーターは6割強ほどモーター側とレシーバー側の溝を広げています。

FCCモーター

モーター側は赤丸部分の溝が浅く、ピンが入りません。

ピンを入れるために溝を深くする必要があるのですが、緩過ぎてもモーターがぐら付いてしまうのでピンを指で押し込んで半分ほど入る位に広げ、残り半分はピンポンチを当てハンマーで叩き込んで下さい。

最後にもう一点注意事項が御座います!!!

トレポンギアボックス

それはセクターギアの検知穴についてです!

セクターギアの検知穴にグリスやゴミが詰まっていると正確に検知されず撃っていると止まってしまったり、オーバーランしてしまう場合があるのでゲームに行った後などはチェックして、何か詰まってそうでしたらエアダスターなどで綺麗にしてあげて下さい。

最近多く注文を受けているトレポンパーツも多数取り揃えておりますので合わせてご覧頂ければと思います。


近日中にアッパーに関しての注意点とコツもご紹介したいと思います!!!



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:15Comments(0)└トレポン

2016年01月14日

HAO Hk416Dトレポンコンバージョンキット!!

ORGA AIRSOFT Shuです!

先日のブログでTERUの方が書いておりましたが、年明け早々にインフルエンザにかかり地獄のような年末年始を過ごしておりました^^;

でももう直り、溜まっていた作業に取り掛かっております!!!

トレポンとガスブロの製作やチューンが多く、今日はトレポンガスブロ含め計4本を上げ5本目に突入です!!!

トレポンと言えば沢山のお客様からお問い合わせ頂いております、HAO Hk416D V2コンバージョンキットですがまだ在庫の方御座いますよ!!!

HAO Hk416D V2コンバージョンキットはこちら

HAO

HAOの416D V2キットを組む際に気をつけている事があります。

それはダミーピンを取り付ける際にキツイ場合があり、少々すり合わせが必要な場合があります。

もう一点注意点があり、モーターを固定するピン穴が小さい場合がありますのでそちらも少々広げるとすんなりピンを入れる事が出来ます。

そんなHAOですが、レシーバーだけでなくこんなお洒落なフラッシュライトマウントも製作したようです!!!

こちらのフラッシュライトマウントはHk416のハンドガードやガイズリーSMR等にオフセットさせて取り付ける為にマウントです。

DEVGRU

このように、ライトをオフセットさせる事により機能性も格段にアップし、デッドゾーンだったレールとレールの溝を埋めることができます。

Surefire

機能性もアップしかっこよさもアップします!!!

こちらのフラッシュライトマウントですが只今TERUの方と検討中ですので決まり次第またブログでアナウンスします!!!

まだまだ、寒い日が続きますので皆様もお体に気をつけてお過ごし下さい!!





  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:15Comments(0)★最新入荷情報

2016年01月14日

ハイダーアタッチメント トレポン用

ハイダーアタッチメント

ORGA AIRSOFT TERUです★
トレポン用のハイダーアタッチメントを作ってみました。
最近、コンプリートやコンバージョンキットの販売等が多く、アウターのネジが正ネジだったり、インチだったりして、運用しづらく思ってました。
コンバージョンキットに付帯するアウターは、一旦 14mm正ネジを切って ハイダーアタッチメントを付帯させて14mm逆でも正でも自由にハイダーを交換できる仕様にしています。

今、ORGAでもアウターバレルを生産している(入荷待ち)んですが、全て アウターバレル側にメスネジを切っています。
既存で、OPバレルやナギサバレルなどを利用している人で、アウターにメスネジが切ってある人も多いと思いますが、本アタッチメントを利用すればハイダーのネジに捕らわれる事なく、フロントセクションのカスタムが可能です^^

内径はφ10.4となってますので、トレポンインナーバレル以外でご利用の場合は、任意にスペースを詰めてご利用ください。

ハイダーアタッチメントはこちら

ハイダーアタッチメント トレポン  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:37Comments(0)★トレポンPTW

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (327)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (71)
M4,16 (76)
HK416 (12)
M14 / EBR (39)
MASADA (16)
Magpul PDR (3)
MP5 (12)
AK / RPK (46)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (26)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 302人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ORGAへmail