2016年09月30日

【ELEMENT】M3Xタイプデュアルスイッチ残りわずか!!!

75レンジャー

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日から、光学系の入荷が多くお問い合わせも多数頂いております!
そんな光学系でもフラッシュライト系のお問い合わせを多く頂いております。

本日は、レーザーデバイスとフラッシュライトのテープスイッチを一つのスイッチにまとめる事ができるデュアルスイッチのご紹介です!
インサイトテック社M3Xに付属している、デュアルスイッチのレプリカです。
使用方法は簡単で、レーザーデバイスとフラッシュライトを付けたハンドガードに取り付け配線を指すだけで簡単にお使い頂けます。

スイッチはブラックとダークアースの二色が御座いますが、やはりブラックの方が人気で常に品薄状態なのでお早めにゲットして下さい!

エレメント

エレメント ダブルリモートコントロール スイッチFor AN/PEQ-16A & M3Xはこちらからご覧頂けます。

スイッチ単体でも販売しておりますが、PEQとフラッシュライトのセットも販売しております!

こちらのレーザーデバイスはPEQ16Aタイプとなり、海兵隊で多く使用されているタイプです。
M16A4やM4A1に載せるとぐっと海兵隊セットアップに近づくのでオススメです!

光量も強過ぎず弱過ぎずと丁度良い光量で、さらに...謎の光線も...
フィールドにもよりますが、謎の光線はなるべく使用しない方がオススメです...^^;

デュアルスイッチ

エレメント Advanced イルミネーターコンボはこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:13Comments(0)ORGA日記

2016年09月30日

マルイMP7ガスブロ用 スペアマガジン再入荷!

マルイMP7A1ガスブロ マガジン

ORGA AIRSOFTです!
明日 10/1(土)はお休みを頂戴いたします。

さて、東京マルイ MP7A1用のスペアマガジンが再入荷しました!
ご存知の通り、マルイのMP7の作動は快調で、ゲームで利用されている人も多いと思います。
最近、若干涼しくなってはきてますが、まだまだMP7ガスブロの運用は可能だと思いますので、入荷数は多くありませんがマガジン足りない人は、お早目にチェックしてください!

マルイMP7ガスブロ用 マガジンはこちら

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:02Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月30日

【実物】ブッシュネル ショートスコープ 入荷!

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

まずは業務連絡となります。
明日の10月1日は第一土曜日となりますのでお休みとさせて頂きます。
翌10月2日は日曜日の為連休となりますのでご了承下さい。

さて、昨日ご案内しましたBushnellの実物ショートスコープですが即完売となってしまいました。
現在急いで追加注文をしているので、来週中には何本か再入荷のご案内が出来ると思います。
それと、一つ入荷案内漏れがありましたのでご案内させて頂きます。
昨日ご案内したショートスコープはハンドルタイプ(Bushnell AR OPTICS 1-4x 24mm Throw Down PCL)となりますが、ハンドル無しタイプも入荷しました!

Bushnell AR OPTICS 1-4x 24mm
Bushnell AR OPTICS ショートスコープ
ブッシュネル AR OPTICS 1-4x 24mm
昨日ご案内しましたハンドル有りタイプもそうですが、レンズから見る視界はさすが実物です。こちらも等倍から倍率を上げても肉眼で見るより鮮明で、当たり前ですがレプリカ品とは比べ物になりません。狙撃しようものなら、ついニヤけてしまいそうです^^
機能面ではハンドル有り無しで若干仕様が異なります。
大きく異なる点は、ハンドル無しタイプはイルミネーションが無くレティクルが固定となります。
耐衝撃性能、完全防水、フルマルチコートレンズといった機能はそのままで、ハンドルやバッテリー収納部分がありませんので若干軽量(有り:492g、無し:478g)となります。

レティクルの画像
ar91424-レティクル

何といっても本体サイズが長すぎず短すぎずでM4系のドレスアップにはおすすめです!
こちらも実物ではありえない価格設定となっており、コストパフォーマンスに優れたショートスコープです。
通常のショートスコープの操作に慣れていてハンドルタイプはちょっと・・・という方は是非こちらをご検討ください!

Bushnell ショートスコープ一覧はこちら


今日は久しぶりに秋晴れとなりました。
久々の晴れ間とあって、窓を開けているとご近所の洗濯機の稼働音と洗剤の匂いが風に乗って入り込んできます。
この季節、キンモクセイの香りもあちらこちらでフワっと匂ってきますね。
明日から10月に入ります。
サバゲーシーズンも過ごしやすくなりますが、今週末の天気予報はまた雨となり気温も高くなるそうです。
気温の変化で体調を崩さないようお気を付けください。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:24Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月29日

【Bushnell】実物 AR OPTICS ショートスコープ&ドットサイト 新入荷!

Bushnell AR OPTICS

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

ここ最近は光学機器のご注文が多く、ショートスコープやドットサイト、先日もご案内しましたオプティクスG EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセットと、日に日に在庫が少なくなってきております。
さて、本日はハンティングやスポーツ系で高品質な光学機器を提供しているBushnell(ブッシュネル)より、コストパフォーマンスに優れたAR OPTICSシリーズのショートスコープとドットサイトが入荷しましたのでご案内させて頂きます。

Bushnell AR OPTICS 1-4x 24mm Throw Down PCL
ブッシュネル AR OPTICS 1-4x 24mm Throw Down PCL
Bushnell AR OPTICS Throw Down PCL
耐衝撃性能に加え完全防水、フルマルチコートレンズといった機能を備え、倍率やレティクルの調整も素早く行えるよう設計されています。
倍率の変更はレバー操作で素早く対応。
クリアなレンズをはじめ、スピードズームレバーやFFPなど機能性にも優れたサバイバルゲームにも最適なショートスコープです。

レティクルの表示も等倍から4倍に上げる事によりサイズが大きくなります。
以下は倍率毎のレティクルの画像になります。
Bushnell AR OPTICS
等倍
Bushnell AR OPTICS レティクル2倍
2倍
Bushnell AR OPTICS レティクル3倍
3倍
Bushnell AR OPTICS レティクル4倍
4倍

さすが実物とあって、等倍も肉眼で見るより鮮明でMAXの4倍でもピント合わせもスムーズでストレスなく調整が可能です。
他にも、倍率やレティクル調整の為にダイヤルを行ったり来たりで回すより、ハンドルレバー調整はとてもスムーズに行えるのがとても有りがたい機能です!
実物と言えば通常は何十万とする価格帯ですが、半分以下の価格設定もとても魅力的です!

Bushnell AR OPTICS TRS-25 ドットサイト
ブッシュネル AR OPTICS TRS-25 DOT SIGHT
Bushnell AR OPTICS TRS-25
クリアなレンズはストレスの無い視界を確保し、実物ならではの耐水・防曇・耐衝撃仕様。
ドットはレッドカラー、11段階の調整が可能です。
本体のみ装着も可能ですが、20mmレイル対応のライザーマウント(高さ:約32mm)が付属します。

Bushnell AR OPTICS 一覧はこちら

どちらも実物でありながら価格も抑えたコストパフォーマンスに優れた商品です。
これから過ごしやすくなるサバゲーシーズン、光学機器も要チェックです!  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:01Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月29日

【LVOA】WAR SPORT LVOA刻印レシーバー!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日、鈴友社にWAR SPORTのLVOA刻印とセラコート塗装の依頼をしていたWEレシーバーが到着致しました!!!
近頃、クライタック電動ガンから発売されたLVOAが人気で、トレポンユーザーさんからガスブロユーザーさんまで様々なお客様から多種多様なLVOA製作依頼を受けております。

それでは、細部まで見ていきましょう!
まずは、全体がこちら。

セラコート塗装と言う事で、とても綺麗な仕上がりになっています。

LVOA

刻印はWAR SPORT刻印となります。
クライタックレシーバーはシリアルナンバーが入っているのですが、お客様のご要望でシリアルナンバーは無しとなっております。

WAR SPORT

セレクター部分のSAFE/SEMI/AUTO刻印はWE純正レシーバーに初めから刻印されております。
その他の刻印はクライタック電動ガンと同じ刻印となります。

WEレシーバー

裏面のLVOA刻印もしっかり刻印されており、実物同等の刻印でとてもリアルな出来です!

鈴友刻印

最後にセラコート塗装を施したレシーバーを組み込み際の注意点を簡単ではありますが、ご説明したいと思います。
まず、セラコート塗装は、塗膜暑く、塗装前に入っていたピンやネジが塗装後に入らない事が多々あります。
その際に無理に入れてしまうと塗装が剥がれてしまったり、最悪の場合レシーバーが割れる恐れがあるので、組み込み前に予めピン穴やネジ穴の塗装を棒状のヤスリなどで擦り合わせして下さい!!!

今回ご紹介した刻印と塗装ですが、無刻印のレシーバーをお持込頂くか、WE製のガスブロをご購入時にご連絡頂ければご対応させて頂きます!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:13Comments(0)★ガスブロ/GBB

2016年09月28日

【MARSOC】各社LV-MBAV比較!

ハートロック

ORGA AIRSOFT 横山です!

本日は、各社からモデルアップされている、LV-MBAVの比較をしてみました!
LV MBAVは現在、海兵隊の特殊部隊MARSOCでのみ使用が確認されています。
そもそもこのLV MBAVがMARSOCのリクエストに答える形でデザインされたのもなのか、たまたま買い手がMARSOCしかいなかったのか、なんとも謎につつまれた存在です^^;

さらに米国でも一般販売すらしていないのです(でも2014のカタログなんかには載ってます。
しかも見ればみるほど昨今のアーマー・プレートキャリアのデザイン傾向からかけ離れたそのスリックな形状。
MBAVソフトインサートとSAPIプレートをそれぞれ収納できる構造のようですが、本体にはモールウェビングの類が一切ありませんので、カンガルーポーチやチェストリグを重ね着などがオススメです。

さて、それでは本題に入りたいと思います!
まず、ORGAで取り扱いのあるLV-MBAVは3社御座いまして、トイソルジャー、FFI、A-TWOとなります。
下記画像の上段二つがトイソルジャー製となり、下段左がFFI、下段右がA-TWOとなります。

パッと見大きな違いと言えば色味が異なります。
トイソルジャーはFFIやA-TWOと比べると、白っぽい印象で、FFIは実物の画像の色味に最も近い色合いをしています。
A-TWOは3社の中だと最も濃い色合いをしています。

LV-MBAV

それでは、細部の違いを解説していきます。
まずは、フロントの合わせ部分です。
FFI,トイソルジャーは実物で使用されているハイパロンと言う生地を使用していますが、A-TWOは表面がメスのベロクロとなります。
実物のLV-MBAVはFFIやトイソルジャーと同様の作りをしておりますが、A-TWOはチェストリグなどを重ね着する際にチェストリグの内側にベロクロがあるタイプですと、激しい動きをした際にチェストリグのズレ防止の役割が担えます。

MARSOC

肩の部分は3社同様のハイパロン生地を使用しています。
肩の部分は三者三様でカットの角度や、幅が異なります。
また、縫い糸の色や、縫い幅も異なります。

縫い糸と縫い幅はFFIとA-TWOが実物に近く、トイソルジャーは縫い糸に光沢があり、縫い幅も広いので実物との見分け方の一つです。

マーソック

フロント部分の伸縮素材もそれぞれ異なり、FFIの伸縮素材は実物のCRYE製コンバットパンツの伸縮素材と同じ質感と色味をしています。
A-TWOとトイソルジャーはFFIほど実物に近くはありませんが、伸縮素材を使用しているので、プレートを入れた時にプレートの淵がくっきりと浮き出るので、リアルです。

Crye Precision

バックプレートの長さも異なり、左からトイソルジャー、A-TWO、FFIとなり、トイソルジャーとA-TWOはほぼ同じ長さですが、FFIは若干長めに作られております。
また、肩から背中にかけてのUの字部分の長さも異なります。
トイソルジャーは大きくUの字にカットされていますが、A-WOとFFIは実物に近いカットです。

トイソルジャー

最後にフロント部分のラジオポーチに付いている、ウェビングループも異なり、トイソルジャーはストレートタイプでFFIとA-TWOは実物同様、位置をずらした状態で縫い付けられております。
こちらのウェビングループですが、フラッシュバンを付けたり、サイリウムなどを差し込んでいる画像が多いです。

FFI

今回ご紹介した、LV-MBAVですが、それぞれ仕様は異なりますが、実物に近い作りをしており、そのままでもお使い頂けますが、カスタムベースとしてもオススメです。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:06Comments(0)【解説】 装備全般

2016年09月28日

【入荷情報】VFC QRSフリップサイト 再入荷しました!

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

在庫切れの状態が続いておりましたが、VFC QRSフリップアップ フロント・リアサイトが再入荷しました!
こちらは電動ガンのVFC VR16 CALIBURやSABER CARBINE に標準装備されているサイトと同じ物となり、樹脂製で20mmレイルに対応します。

VFC QRSフリップアップ フロントサイト BK
VFC QRSフリップアップ リアサイト BK
軽量で値段も手頃なのでおすすめです!

VFC QRSフリップアップサイトはこちら

VFCのQRS(Quick Response System)商品は今回入荷したフリップアップサイトの他にもストックやグリップ、マガジンなどがありますが、これらを標準装備した電動ガン本体、SR-16をベースにVFC独自にカスタマイズされたVR16シリーズがあります。
こちらも値段がお手頃という事もあり非常に人気の高い商品です。

VFC VR16 SABER CARBINE BK 電動ガン
VFC VR16 SABER CARBINE BK 電動ガン
VFC VR16 CALIBUR CQC 電動ガン
VFC VR16 CALIBUR CQC 電動ガン

その他、マガジンやストックなどVFC QRS商品も取り扱っております。
VFC QRS(Quick Response System)商品はこちら  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:11Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月27日

【VFC】待望のVFC MP7 GBB用マガジン再入荷!!!

ORGA AIRSOFT 横山です。

本日、VFCから長らく在庫切れになっておりましたMP7 GBB用マガジンが再入荷致しました!!!
まだまだ、ガスブロの出番が多いと思いますので、この機会に是非ゲットして下さい!!!

MP7GBB

VFC MP7 GBB用 マガジンはこちらからご覧頂けます。

今回は、マガジンだけでなく、電動ガン本体とガスブロ本体も少量では御座いますが、再入荷しております!!!

まずは、電動ガン本体からご紹介です!
VFC Mk18mod1 FDEです。
電動ガン カスタムの中では人気機種のMk18Mod1ビギナーからリアル派のサバイバルゲームユーザーに人気の電動ガンです。

COLT社ライセンスを取得し更なるリアリティを追及したVFC M4 L-Series。
米最新CQBRとして各部隊への配備されているMk18Mod1、従来のMod0との相違点はナイツハンドガードからダニエルディフェンスレイルハンドガードへの変更点です。このレイルハンドガードパーツについても、ダニエルディフェンス社のライセンスを取得し究極の外観を再現しています。

Mk18mod1

VFC Mk18mod1 FDEはこちらからご覧頂けます。

お次は、人気のコンパクトなHk416C GBBです。
2015年最新バージョンの416Cとなります。
H&K正規ライセンス取得のVFC入魂の製品です。
ライセンス生産による細部まで再現された外観と内部構造がセールスポイントの最新バージョンHK416C GBBRです。
フルメタル製で高剛性、電動ガンインナーバレルと同規格を採用することによる高命中精度が期待できます。

Hk416C

VFC HK416C ガスブローバックライフルはこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:13Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月27日

MWSボルトキャリアー分解!

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日から立て続けにMWSのカスタムを行っております!
本日は、MWSのボルトキャリアーの分解方法を簡単ではありますがご紹介したいと思います!

こちらが、MWSのボルトキャリアーです。
VFCの形状に良く似てますが分解がVFCより簡単に行えるのでメンテナンスもし易いです!

MWS

それでは、分解していきます。
まずは、下記画像の二本のビスを外します。
外す時の注意点として、結構タイトに締まっているので一気に回してしまうとねじ山が舐めてしまう可能性があるので注意して下さい!

ガスブロ

ビスを外すとこのように樹脂製のプレートを浮き上がらせます。
浮き上がらせる時の注意点ですが、まず、プレートが樹脂製ですので、強く持ち上げてしまうと折れる可能性があるのでゆっくり優しく持ち上げて下さい。
また、プレート内部にスプリングが入っているので、そのスプリングが飛ばないように注意して下さい。

GBB

プレート内に入っているスプリングがこちらです。
プレートを外すには、こちらのスプリングを先に抜く必要があります。

スプリング

スプリングを抜いたら、お次は、プレートを外します。
プレートを外すには、そのままでは抜けません。
ローディングノズルを引っ張り、プレートを持ち上げながらノズル方向にスライドさせると抜けます。

ボルトキャリアー

こちらが、抜いたプレートです。
極希に、プレートにバリなどがあるので、紙やすりなどでバリ取りをしてあげましょう。

ノズル

お次は、ローディングノズルを取り出します。
VFCやWE、イノカツのようにEリングやピンで止まっているわけではなく、ローディングノズル後方の黒いパーツがEリングの役割をしています。
その黒いパーツは、専用工具など一切要らず簡単に取り外せます。

ローディングノズル

このように上方向にスライドさせるだけで感単に取り外せます。
このパーツを取り外すことにより、ローディングノズルが取り出せます。

M4

こちらが、ローディングノズルを取り出した状態です。
メンテナンス等を行う際に、以下画像のようにローディングノズルを取り出し、ボルトキャリアー内にゴミが入っていないかや、グリスがしっかりと塗られているかなど確認しましょう!

メンテナンス

お次は、ローディングノズルを分解分解していきます。
まずは、小さい+のビスを取り外します。
こちらのビスも一気に回すと舐めてしまう可能性があるのでゆっくり回しましょう。

負圧バルブ

ビスを完全に抜いたら、ローディングノズル後方のゴムのパーツを外します。
こちらのパーツははまっているだけなので、簡単に取り外せます。

分解

ゴムのパーツを外すとローディングノズル内のパーツ全てが取り出すことが出来ます。
こちらがローディングノズル内部のパーツ全てです。

Oリング

今回ご説明した分解方法でMWS用のNPASの組み込みが行えます。
NPASとは、ボルトキャリア内に設置されたパーツで、マガジンから上がるガスを初速側とリコイル側へ振り分ける流量を可変できるシステムです。
一般的にはリコイル側へ振る型となり、それによりブローバックのリコイル量調整できます。初速側へ振っても極端な初速UPはありませんので、ご安心ください。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:15Comments(0)★ガスブロ/GBB

2016年09月27日

A&K SR25K電動ガン Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日はA&K製SR25K Magnusチューンのご紹介です。
A&KのSR25はロングシリンダーを使用しているのが特徴で排出するエアー量が多い為、より飛距離を稼ぐ事が出来ます。



それでは作業開始です。
フレームロックピン(F)を外しアッパーとロアを分解します。



ストックとストックパイプを外します。



グリップエンドのネジを外しモーターと取り出しグリップも外します。



フレームロックピン(R)・トリガーロックピン・マガジンキャッチ・ボルトストップを外します。



メカボを取り出します。
先程も触れましたがロングシリンダー仕様のVer.2ロングメカボです。



メカボを開けます。



メカボ内のパーツを外しパーツクリーナーで洗浄します。
耐久性向上の為ORGA SUS420 6mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。
詳しい組込み方のコツはこちらよりご覧ください。



ギアはSHS SR25 強化ギアを使用します。
タペットプレートを引く為のピンがベアリングになっているのが特徴ですね。
これですとタペットプレートの摩耗が抑えられます。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、
ういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnusシリンダーセット ロングメカボックス用を使用します。
元々ロングタイプですのでエアー量が多いのですがボアアップにする事により更にエアー量が増えます。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
詳細な組込み方法はこちらよりご覧ください。



こちらも耐久性向上の為SHS製メタル19歯ロングピストンを使用します。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



オーナー様のご希望によりテフロン配線に交換致します。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。
スプリングはSHS製M120スプリングを使用しました。



メカボを閉じロアに組込みます。



モーターは東京マルイ製EG1000Lを使用し、スイッチ接点保護の為SBDも組込みます。



ストックパイプ・グリップやモーター等ロアのパーツを組んでテストドライブを行います。
モーター位置調整やセミ・フルの駆動確認も行います。これでロア周りのチューンは終了となります。



続いてフロント周りのチューンに入ります。
チャンバーをバラし、インナーバレルとHOP周りを取り出します。



この銃のチャンバーパッキンは通常の物と形状が異なります。
上がA&Kのチャンバーパッキンで下がマルイ製など通常のパッキンとなります。
必ず純正品を使用して下さい。



インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。



これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回はバレル長160mmでの調整となりました。

初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 07:50Comments(0)SR25

2016年09月26日

【ナイツアーマメント エアソフト】556QDC サイレンサー在庫切れ間近!

KAC QDC556

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

先月から続いていた入荷ラッシュもようやく一段落し、商品を片付けては出荷と、バックヤードも落ち着き始めました。
今度は逆に在庫切れ商品が目立ってきてます。
最近気温が涼しくなってきたのもあるかと思いますが、真夏の炎天下、ゲーム開始時には装着していたはずなのに、終了時には外している確率の高いアイテム(個人差はありますが^^;)、光学機器やフロント部分のドレスアップパーツの在庫が少なくなってきております。

特に、KAC 556QDCサイレンサーはハイダーとサイレンサーのセットで着脱のし易さやパンチングメッシュ加工でスタイリッシュ且つ剛性、仕上がりも良く、M4系やHK416など、フロントのドレスアップパーツでは人気の高い商品となっております。
通常サイズ、CQBサイズ共に在庫が残り少なくなっておりますので、これからのサバゲーシーズンに是非ご検討ください!

KAC 556QDC_CQB_BK
KAC 556QDC_DE

ナイツアーマメントAirsoft 556 QDC 一覧はこちら

先ほど OUTLINE(アウトライン)にて、KAC 556QDC、QDC/CQBサイレンサー のページもアップしましたので、ご参考頂ければ幸いです。
KAC 556QDC_BK

OUTLINE(アウトライン)はこちら
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:28Comments(0)ORGA日記

2016年09月26日

リポ充電器の説明 NEOX N6 DUO

neox N6 Duo充電器

ORGA AIRSOFTです!当店で扱っている NEOX製 最新充電器
NEOX N6 DUOの操作説明動画が来ましたので、ご参考ください!

N6 DUOは、サバゲーに持ち運びも可能なLipo充電器で、6セル充電器内蔵(独立アンペア設定)にて、同時に2種類のバッテリーを充電出来ます。

NEOX N6 DUOはこちら


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 11:50Comments(0)【解説】LIPOバッテリーについて

2016年09月25日

MWSボルトキャリアー擦り合わせについて

ORGA AIRSOFT 横山です。

近頃、MWSのカスタム依頼が多く、内部のカスタムから外装のカスタムまで様々なお客様がいらっしゃいます。
そこで今回は、プレイヤーさんでも出来る簡単な擦り合わせをご紹介します!

MWSは擦り合わせなどしなくても快調に作動しますが、さらに快調に作動させる為に、ボルトキャリアーの底面を研磨する事でスルスルとボルトキャリアーが引ける様になります。

研磨する部分は、以下の画像(擦り合わせ後)の部分となります。
ボルトキャリアーの地金が見えるまで、紙やすりなどで研磨します。

MWS

ボルトキャリアー

ORGAでは、MWSを初め、VFC等のボルトキャリアーの擦り合せも承らせて頂いておりますので、お悩みのプレイヤーさんはお問い合わせ頂ければと思います!

また、MWS本体も在庫の方御座いまして、そのままでも外装カスタムでも内部カスタムでもお問い合わせ下さい!!!!

MWS本体はこちらからご覧頂けます!!!  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:08Comments(0)└ガスブロ

2016年09月25日

EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセット 残り僅か!

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

昨日minimalist再入荷のご案内をさせて頂きましたが、同じく今月に再入荷しましたEOTech EXPS3レプリカとリアルマーキングEOTech G33ブースターのセットが残りわずかとなっております。
こちらはオプティクスG EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセットで、当然の事ですがホロサイトとブースターの高さの位置調整の相性も良く、ブースターマウント用のスペーサーも1個付属されております。
個別に購入されるとマウントの高さが合わずに別途購入という事もありますので、初めて光学機器を購入される方にもオススメです。

オプティクスG EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセット
Optics G EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセット

EoTech社最新のEXPS3最新QDレバー付きレプリカドットサイトで、ワンタッチ装着の出来るQDレバーはより実物に近いデザインで再現。
ホロサイト、ブースター共に作りもとても良く、単純にドレスアップパーツとしても一際目立つアイテムです。
レティクルカラー はグリーンorレッドの2色で、光量は赤、緑、各20段階の調整が可能となっております。
タクティカル系であれば一つは所有しておきたいホロサイト。
EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセット、おすすめです!

EXPSタイプホロサイト G33タイプブースターセット はこちら

当セットだけの限定特典としてハードケース、EXPS3ドット用保護カバーが付属します。
※現時点での特典となります。今後終了となる可能性もございますので予めご了承ください。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:05Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月24日

M4 MWS弾詰まり修理

ORGA AIRSOFT 横山です。

先日、MWSのチャンバーとノズルにBB弾が詰まったとお客様から修理依頼を頂きましたので、そちらの症状と解消方法についてご紹介したいと思います。

まず、チャンバー内に詰まっていたBB弾ですが、以下画像のように変形し、一発目が発射されずに二発目も給弾されてしまい、一発目に入った弾が変形していました。
変形した事により、インナーバレル内でピッタリとはまっており、簡単に抜く事が出来ず、フロントをばらしてチャンバーを取り出しインナーバレルの出口から、弾抜き用の棒?を入れハンマーで叩き込んだら抜く事が出来ました。

BB弾

さらになんと、三発目がローディングノズル内にピッタリはまっており、ガスが全てリコイル側に流れていました。
こちらは、ボルトキャリアーとローディングノズルを全てばらし、ノズル先端の内径より、若干細いピンポンチ等を使いハンマーで叩く事で取り出す事ができました。

MWS

今回のように、弾詰まりを起こしてしまう原因として考えられるのが、もちろんチャンバーとノズルの兼ね合いや、マガジンの製品公差等が考えられますが、多くが価格の安い粗悪なBB弾や開封後時間が経っている物を使用すると今回のような症状が発生します。

そこで、ORGAではG&G製のBB弾を推奨しております。
G&G製は真球度が高く、公差も少ない為、多くのプレイヤーさんにお使い頂いておりますが、今だかつて問題が起きた事がありません!

G&G


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:05Comments(0)└ガスブロ

2016年09月24日

実物MFT Minimalistストック 再入荷!

MFTストック

BATTLE LINK
MINIMALIST STOCK 再入荷!

ORGA AIRSOFTです★本日、暫く在庫が切れておりました、実物MFT ミニマリスト ストック FDEが再入荷しました!
ご存知の通り、ミニマリストは、民間系の外装カスタムM4では定番で一斉を風靡したと言っても過言ではないほど、人気のストックとなります。
その事で、サバゲーユーザーからの指示も高く、人気のBKとFDEは入荷後に直ぐ完売してしまう商品となります。

ORGA AIRSOFTでの取り扱いでは、BK / FDE / GRAYの3色をご用意しておりますので、お手持ちのM4に合わせたカラーを選択して頂ければと思います。
価格は、各色とも据え置きの¥12160(税込み)となっています。

※本日16:00までのご注文分は即日発送可能(銀振は除く)

MFT MINIMALIST STOCKはこちら

ミニマリスト

ミニマリストストックは民間系、官給系、法執行機関と様々な場面で実装されている人気のストックです。ストック本体はL字型タイプのとてもシンプルなデザインですが、軽量で使い易く女性ユーザーにも人気があります。

実装例ではM4系のCQB・ライフルレングス、電動ガン・ガスブロ・トレポンを問わず色々なバリエーションでもバランス良くセットアップ出来るのでおすすめです。

MFT MINIMALIST

MFT(Mission First Tactical)について
MFT(Mission First Tactical)の由来は、過酷な状況下でミッションに基づいて戦う勇敢な人間に対して、ミッションを成功へと導くという概念に基づいて製品を製造、提供する事にあります。
MFTの製品は法執行機関、ミリタリー基準に基づき製造い製品の基本性能はターゲットを迅速且つ正確に補足する事を実現させる為に設計し一定基準の過酷な条件下でのテストをクリアした製品のみ提供されています。

実物ストック
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 11:18Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月21日

民間仕様にはピッタリのHEXマガジン!軽量アルミマガジンも!

HEXMAG

ORGA AIRSOFTです★
先日よりご案内しておりました、トレポン用の新入荷マガジンの方、好評頂きまして有難う御座いました。
300本づつくらい取ったのですが、概ね半分が発送となりました。

今回のHEXマガジン(BKとDE)ですが、やはり奇抜なデザインが受けていますね!M4はもちろんですが、BADやFCCのコンプリートARなどデザイン性に優れたレシーバーとの相性が抜群に良いです。

HEXMAGの本サイトにもカッコイイ写真が出ているので、見てみてください^^


あと、忘れちゃいけないのが、アルミマガジン!
第一便で入荷した現状在庫は残り数本となっておりますが、もうすぐ2便が入って参ります。

このマガジンですが、とにかく軽い
以前、バナラスマガジンが出回っておりましたが、現在 再生産する予定は内みたいでして、、、バナラスの生産者とコンタクトが取れたので、再販の話も進めてたのですが、以前の仕様のままだったので、今回のアルミマガジンへ切り替えました。

トレポン用のマガジンは、民間系から定番AR系まで、殆ど網羅してますので、ご覧ください。

トレポン用マガジンはこちら


トレポンアルミマガジン
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:27Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月21日

明日9月22日はお休みとなります。

ORGA AIRSOFT 小松崎です。

明日、9月22日は祝日の為、お休みとさせて頂きます。
商品のご発送やメールのご返信等諸々のご対応は23日(木)からとなりますのでご了承下さい。
  

Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:11Comments(0)ORGA日記

2016年09月20日

プレゼント応募 本日締切!

さばなび プレゼント応募

ORGA AIRSOFTです!先日よりご案内しておりました
「さばなびプレゼント企画」の方、本日23:59 受付締切ということですので、まだご覧になっていない人は是非確認してみてください!

さばなびプレゼント企画ですが、ORGA AIRSOFTより商品を協賛させて頂いております!
目玉は、東京マルイ M4MWSガスブロ!
今回は1本のみで恐縮ですが、商品は既に発送準備が整っていますので、もしかしたら貴方に当たるかもしれません!

是非、応募ページをチェックしてみてください!

さばなび記事はこちら

応募フォームはこちら
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:27Comments(0)ORGA日記

2016年09月18日

【MWS】東京マルイMWS用Mk12mod1フロントキット残りわずか!

ローンサバイバー

ORGA AIRSOFT 横山です。
ガスブロをお使い頂けるシーズンも残りわずかとなりましたが、MWS用のMk12mod1フロントキットも残りわずかとなりました!!!!
ローンサバイバーやアメエリカンスナイパーの影響で人気沸騰のZ-PARTS生産によるMk12mod1フロントASSYキットです。
塗装の色、刻印に至るまでクウォリティーの高いキットです。
東京マルイM4MWSにて組み込みテストを行い、給弾、初速等 問題なく利用できる事を確認しております!

M4MWSへのパーツ組み込み依頼に関して

オルガエアソフトにてお手持ちのMWSガスブロへアウターバレルやパーツの組み込みもお請けしております。アウターバレルのみの組み込みの場合は工賃¥3000となりその他のパーツも一緒に取り付ける場合は追加で¥1000となります。
組み込み依頼の場合ですが、組まれたい商品をカートに入れて頂きご注文ください、その際に備考欄に「組み込み希望」と記載ください。。
受注後、個別にご連絡させて頂きます。

Mk12mod1

MWS

東京マルイ

Z-PARTS Mk12 mod1 フロントASSY for東京マルイ M4 MWS GBB
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 13:06Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月17日

【KAC】VFC Knight's Armament SR16 CQB 11.5inch 電動ガン入荷!!!

ナイツアーマメント

ORGA AIRSOFT 横山です。
先日、VFCからKnight's Armament SR16 CQB 11.5inch 電動ガンが到着致しました!!!

まずは、

ナイツアーマメントに関して

「レール・アダプター・システム」(RAS) や「レール・インターフェイス・システム」(RIS) と呼ばれる銃把(ハンドガード)部分にピカティニー規格のアクセサリーレールシステムを追加できる部品で知られております。
多種類のレールアクセサリーを簡便に取付けられ、交換や更新も非常に簡単であることから軍や警察関係の装備品に広く採用されています。
米軍の「特殊作戦兵装システム」(SOPMOD; Special Operations Peculiar MODification) のM4自動小銃用の標準装備に採用されたのが最大であり、ほぼ全ての米陸軍の歩兵用に購入され膨大な数が流通している。
Knight's Manufacturing Company (KMC) は、ナイツアーマメント社の民間市場向けの販売部門です。

そんなナイツのSR16のFDEカラーが入荷致しました。
見た目の完成度の高さとサバゲーで即使用できる実用性を両立させたVFCの電動ガンシリーズ!
狭い空間でも使用しやすい短いフロントと、左右にセレクターが付いているのか特徴です。また、GEN.2チャンバーが付いているので安定した弾道が可能です。

VFC

全長:740-866mm
重量:2260g
装弾数:300発(電動STDM16/M4マガジン互換)発射機構:電動セミ/フルオート
HOP:可変HOP
バッテリー:ストック内にセパレートバッテリー

・KAC PDWフラッシュハイダー
・KAC 600mマイクロフォールディングRサイト
・URXハンドガード(フロントサイト内蔵)
・LMTバッテリーストック
・アルミレシーバー標準装備
・アンビMAGキャッチ&セレクター機能搭載

VFC Knight's Armament SR16 CQB 11.5inch 電動ガンはこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:05Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月17日

9月18日(日)、19日(月)連休のお知らせ

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

明日の9月18日(日)は定休日となります。
19日(月)は祝日となりますので、次回営業は20日(火)となりますので宜しくお願い致します。

商品のご発送やメールのご返信等諸々のご対応は20日(火)からとなりますのでご了承下さい。

本日17日の営業は15:00にて終了となります。  

Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:51Comments(0)ORGA日記

2016年09月16日

ARES Amoeba コンバットギア タクティカルライフル Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。
簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

本日はARES Amoeba コンバットギア タクティカルライフルのMagnusチューンのご紹介です。
この銃の特徴でありますEFCSを搭載しておりトリガーレスポンスが抜群でお財布に優しい価格でオススメの逸品です!
フレームはナイロンファイバー製で非常に軽量で取り回しが楽なので女性にもお勧め。



それでは作業に入ります。
フレームロックピン(F)を抜いてアッパーとロアを分解します。



次にストックを外し、ストックパイプ内のネジを抜きストックを外します。



グリップエンドのネジを外しモーターを取り出し、グリップも外します。



続いてボルトストップ・マガジンキャッチ・トリガーロックピン・フレームロックピン(R)を外します。



ロア後部のネジを六角レンチを使って外します。



このネジはスプリングガイドでした!
フレームからメカボを取り出さなくてもスプリングが交換出来るので便利ですね。



メカボが取り出せました。
これよりメカボ内のチューンに入ります。




4か所のネジを外して基盤を外します。
その際小さいマイナスドライバー等を隙間に差し込み慎重に外して下さい。基盤の端子を破損しない様にして下さい。



あとは普通にメカボ内を開けます。既にスプリングは抜いてあるのでメカボを開けるのは楽です。



メカボを開けました。
スイッチは小型のマイクロスイッチですね。
ピストンはメタル歯なので交換の必要は無しです。
内部パーツを外し洗浄します。
軸受けはORGA SUS420軸受 8mmに交換します。



セクターギアの穴の部分に磁石が埋め込まれており、これをセンサーが読み取りセミを制御しています。



セクターギアはそのまま使用し、CORE 18:1強化ギアのベベルとスパーのみ交換します。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。スパーのクリアランスは0.05~0.1mm程度、セクターとベベルは0.05~0.2mm程度でも大丈夫です。メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。



シリンダーはボアアップのMagnsuシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
メカボの種類によっては少し長さが長い場合がございます。その際はリューター等で削って長さを調整して下さい。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
Magnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
詳細な組込み方法はこちらよりご覧ください。



ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
先端の特殊形状が、チャンバー内に毎回同じ位置にBB弾をセットする事により弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じ基盤も取り付けます。



メカボをロアに戻しトリガーロックピンやフレームロックピン(R)を差し込み固定したらメインスプリングを組込みます。
メインスプリングはMagnusスプリングを使用しました。



グリップを取り付けます。
最近はカスタムの定番となってきました東京マルイサマリウムコバルトモーターを組み込みます。
テストドライブでモーター位置調整を行い、セミフルの動きもチェックします。
これでロア周りのチューンは完了です。



続いてフロント周りのチューンに入ります。
インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ます。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。



今回はチャンバー窓が小さいく、干渉するので前方向をカットし接着しました。



これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回は172mmで調整しました。
これで室内作業は終了となり、屋外でのロングレンジ試射を行い弾道チェックで終了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:17Comments(0)ARES

2016年09月16日

【KRYTAC】電動ガン本体再入荷!!!

KRYTAC

ORGA AIRSOFT 横山です。
先日、KRYTAC製電動ガン本体が再入荷致しました!!!

KRYTACとは

2014年アメリカでデビューしたKRYTAC(クライタック)は、KRISS VECTOR(クリスベクター)で有名な実銃メーカー KRISS 社グループのエアソフトブランドとして登場しました。実銃メーカーの手掛ける電動ガンとしてクオリティにこだわった KRYTAC ブランドは瞬く間に話題を呼び、米国最大手のエアソフトガンショップ「Evike.com」ではトップシェアを誇るほどに成長しました。

そんなKRYTAC製電動ガンのご紹介です!
まずは、ワイヤーストックを装備した収縮時527mmのコンパクトなPDWモデル。
新規デザインの上下レシーバーにCMC社オフィシャルのストレートトリガー、DEFIANCEブランドのグリップを採用した、2016年から展開のニューシリーズです。

DEFIANCE社公認ライセンスを取得した KRYTAC TR105 Rail System を採用。
フリーフロートの5インチRASハンドガードには上面のみ20mmピカティニーレイル、左右下面にはKeymodのプラットフォームを装備。ウェポンライトやフォアグリップなど、様々なアクセサリを拡張できます。
セレクターはアンビタイプの両利き対応で、銃をスイッチした際にもスムーズに操作できます。
チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退し、ホップアップダイヤルが現れます。
KRYTAC ロータリーホップアップシステムは15段階に調整可能なクリック感のあるダイヤルはホップのテンションに対してホップダイヤルの回転軸が垂直に交差するので緩みにくい構造になっています。
バッテリーはバッファーチューブ内に収納します。

MOSFETによる電子制御でスイッチ保護。
日本仕様分間20、000回転のハイトルクモーターを採用し、軸受には回転のスムーズな8mmボールベアリングと高い硬度の強化されたギアで大きなパワーを余すことなく伝達。
軽量で頑丈なポリマー製のピストンは、金属製のストレートギアを使用。
ピストンヘッドにはゴム製のバンパーを備え、衝撃を和らげます。
メカボックスを分解せずに注油やスプリングの交換が可能。

Mk2 PDW

KRYTAC MKⅡ PDW 電動ガンはこちらからご覧頂けます。

お次は、M4をベースにLMG化へドレスアップされたLMGエンハンスド!
装填可能弾数4,000発を誇るBOXマガジンが標準装備された、LMG(ライトマシンガン)タイプのKRYTAC製電動ガン。
もちろん、通常のM4マガジンも利用可能!

後方支援火気として、4000発を実装できるBoxマガジンはサバゲーでの後方支援として重宝します。
M4やM16などのARをベースにデザインされ、セレクターレバーやマガジンキャッチなどそれらと同様の操作で射撃を行うことができます。
セレクターレバーはアンビタイプが採用され、スイッチングの際にもスムーズな操作が可能です。
また、大型化されたエンラージドトリガーガードが採用され、グローブの使用にも対応しています。

LMG

KRYTAC TRIDENT LMG ENHANCEDはこちらからご覧頂けます。

他にもORGAでは、KRYTAC製品を取り揃えておりますので合わせてご覧頂ければと思います。

電動ガン

KRYTAC製品一覧
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 12:12Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月15日

トレポン用HEXマガジン120rd 入荷!

HEX

ORGA AIRSOFTです!
以前、告知しておりました トレポン用のHEXマガジン 本日入荷致しました!
民間仕様のM4には強烈なアクセントになりますので、大変お勧めです!

HEXマガジン トレポン

ラインナップはBKとDEの2種!実装しているドレスアップパーツのカラーに合わせて選択してください!

HEXマグ トレポン

さっそく、M4にてテストを行いましたが、弾噛み等もなく、弾上がりもスムーズです。

今回第一便で、大量に入荷してますので、暫くは在庫の方 大丈夫かと思いますので、M16系マガジンやマグプルマガジンにちょっと飽きているトレポンユーザーは是非試してみてください!
カッコいいです HEX !

HEXマガジン トレポン用はこちら

トレポン用HEXマガジン

HEXMAG

HEXMAG PTW

HEXMAG logo

HEXMAG BAD556


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:39Comments(2)★最新入荷情報

2016年09月15日

東京マルイ KSG ガスショットガン入荷!

東京マルイ KSG ガスショットガン

ORGA AIRSOFTです!なんだか、台風が連続して発生したり、日々、立てこもり事件が起きたりと、最近 なんか変ですね。。。
さて、巷では話題になってますね!東京マルイ KSG ガスショットガン。

弊社にも本日 第1便が入荷しました!
価格は¥31000(税込み)

第1便は、少量となっておりますので 「使ってみた~い!」という人は、WebShopからご注文お願い致します。
16:00までのご注文分は、即日発送対応しております!

東京マルイ KSG ガスショットガンはこちら
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:59Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月15日

【チェストリグ】トイソルジャー製ハイクオリティーチェストリグ再入荷!

ORGA AIRSOFT 横山です。

先ほど、在庫切れになっておりました、トイソルジャー製のチェストリグが再入荷致しました!!!
香港ハイクオリティーメーカー トイソルジャーは、現在、様々なレプリカのサバゲー装備 関係商品が存在する中、品質の高いレプリカを製造しているメーカーです。コンバットスーツをはじめ、プレートキャリア(プレキャリ)やチェストリグ、各種マガジンポーチなどサバゲー装備に必須の商品を多数在庫しておりますので、ご覧ください。また、AOR系をはじめ、マルチカムも御座います。

そんなハイクオリティーなチェストリグのご紹介です!

まず、ご紹介するチェストリグは、90年代から初期アフまで幅広く使用できるLBT1879Aタイプチェストリグです。
従来型のチェストリグとは異なり、スプリットフロントと呼ばれる、1枚ものではなく2ピースに別れているタイプとなります。
2ピースに別れている事で着脱が容易に行え、圧迫感も軽減されるので、夏場の暑い時期などに重宝するチェストリグです。

さらに、このチェストリグはM4マガジンが12本携帯可能。
7.62mmのマガジンも12本携帯可能と言う大容量のチェストリグです。
シールズ装備には必須アイテムです。

lbt1879

トイソルジャー LBT1879A タイプ フローティングチェストリグ ウッドランドはこちらからご覧頂けます。


続いてご紹介するチェストリグは、シンプルなデザインでとても軽量な、AWSストライクチェストリグタイプとなります。

こちらのチェストリグはCAG DELTA装備にはマストなアイテムで、M4マガジン4本、ハンドガンマガジン4本、PRC148 / PRC152 2台が携帯できます。
着脱も前方にファステックスが装備されているので容易に行える事から、様々なメーカーで同様のタイプのチェストリグが多く発表されております。

AWS

トイソルジャー AWSタイプ ストライクチェストリグ コヨーテブラウンはこちらからご覧頂けます。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 11:31Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月14日

【VFC】 HK417 12in Assault GBBR &HK416 RAHG レイルハンドガードセット入荷

ORGA AIRSOFT TAKAです。

先日に引き続きVFC製品の入荷情報をお届け致します。

H&K社ライセンスを取得しリアリティを追求したVFC HK417 12in Assault GBBRです。
HK416をベースに対テロリズム戦に有用性が評価された7.62x51mm弾を使用可能にした銃です。



VFC HK416 RAHG レイルハンドガードセット (BLAプロトタイプ)
VFC HK416D 電動ガン、ガスブロ対応!
デブグルでの使用が確認され話題になったレミントン社製Hk416用プロトタイプハンドガードのレプリカです。
プロトタイプということで刻印などはなく、刻印が無い事によってさらにリアルになっています。



いずれも人気商品の為、ご検討の方はお早めにどうぞ!

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:05Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月14日

【SOCOM556】アングリーガンSOCOM556サプレッサー再入荷!

ORGA AIRSOFT 横山です。

人気のアングリーガン SOCOM556 Mock サイレンサーが再入荷致しました!!!!
US SOCOMとの契約を結んだSUREFIRE製サプレッサーのレプリカで、アルミ削り出しサプレッサーとスチール削り出しフラッシュハイダーのセットです。
こちらのサイレンサーですが、5.56用でロングとショートの2種類あり、カラーバリエーションはブラックとFDEの二色となります。
ハイダー部は14㎜逆ねじに対応しますので、逆ネジ対応の電動ガン、ガスブロ、トレポンにオススメです。

カラーバリエーションとしては、BKとFDEがあるのですが、世界的にFDEの人気が高く中々FDEの再入荷が難しいです^^;
ですが、FDEだけでなく、BKの使用例も多く、FDEだと思っていてもBKをFDEに塗装している画像も多くあります。
サプレッサーに付属のハイダーは逆ネジのみですが、ハイダー単体での販売も行っており、正ネジと逆ネジの二種類が御座います。

socom

サプレッサー


別売り正ネジハイダー一覧はこちらからご覧頂けます。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 15:15Comments(0)★最新入荷情報

2016年09月13日

【トレポン マガジン】Magpul Gen3タイプ マガジン FCC製 BK 大量入荷!!

ORGA AIRSOFT 小松崎です!

本日も続々と商品が入荷しております!
ダンボールの大きさで大体の判断はつきますが、荷物を開けてみないと何が届いているかが判らないのでバックヤードの都合、毎回かなり刺激的です・・・
今回はトレポンユーザーに大人気のFCC製 Magpul Gen3タイプのマガジン、カラーはブラックのみとなりますが大量に入荷しました!!
トレポンユーザーさんが増えている為、ここ最近は入荷しても直ぐに在庫切れとなっておりましたが、今回はかなりまとまった数が入荷しましたので、在庫切れで購入できなかった方はこの機会に是非お買い求めください!

トレポン マガジン マグプル P-MAG GEN3 BK FCC製

トレポン マガジン マグプル P-MAG GEN3 BK FCC製 はこちら

昨日入荷のご案内しました、実物ストック BATTLELINK Minimalist ストック ですが、さすがに人気があります^^
グレー、ブラック共に在庫が残り少なくなっております。
こちらの商品は現在在庫切れのFDEカラーも含め、次回入荷は未定となっておりますので、お早めにご確認ください!

実物ストック BATTLELINK Minimalist ストック BK 《バトルリンク》
実物ストック BATTLELINK Minimalist ストック Grey 《バトルリンク》

実物ストック BATTLELINK Minimalist ストック 一覧はこちら  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 20:25Comments(0)★最新入荷情報

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (400)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (28)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (11)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 327人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ORGAへmail




































画像付き最新記事