2014年12月08日

VFC HK416C電動ガン Axis

ORGA AIRSOFTのTAKAです。

本日はVFC HK416C電動ガンのAxisチューンのご紹介です。

VFCのHK416シリーズは本当人気がありますね~!

取り回しが良いですのでインドアフィールドでの使用だけでなく、女性やビギナーさんにも人気がありお問い合わせも多く頂いております。

カスタムを行えばアウトドアフィールドでのロングレンジも狙えマルチに御使用になれます。

バッテリーはRail部分に付属するPEQケースに収納して使用致します。


まず初めに配線のコネクターを外します。

後々の作業をし易くする為レイルも外します。

赤丸のネジを外してピンを抜くとフロントサイトが外れます。


レイルを固定しているネジを外すとレイルを抜く事が出来ます。


この作業が終わったら通常通りフレームロックピン(フロント)を抜いてアッパーとロアーを分解します。

グリップエンドを外しモーターを取り出しグリップも外します。

このHKシリーズはグリップ内の配線の取り回しが通常の電動ガンとは違っています。

プラス線(赤)は真っ直ぐにモーターの前側を通っています。

組み上げる時の為に覚えておきましょう!


ボルトストップ、マガジンキャッチを外し、トリガーロックピンとフレームロックピン(リア)を外せばメカボを取り出せます。


メカボのネジを外しメカボを開けます。


メカボ内のパーツを外し洗浄します。

軸受けを外した跡に接着剤が残りますのでそれもキレイに剥がして下さい。

軸受けは耐久性UPの為にSUS軸受け8mmに変更します。


ギアはCORE製強化ギア16:1に変更します。

COREのギアは耐久性に優れ価格も安価の為お勧めです!

ベベルのラッチも8枚ですので逆回転を最小限に抑えます。

給弾不良対策にセクターチップも組み込みます。


続いてシム調整に入ります。

シム調整のコツは下記の通りです。

・スパーの下シムはとメカボやベベルの軸受けと擦らない程度に薄めにする

・セクター・ベベルの下シムはスパーと擦らない様にする。

・各ギアの上シムはスパーは0.1mm程度のクリアランス、セクターとベベルは0.1~0.2mmのクリアランスでもOK。

・クリアランスの調整の際はメカボのネジを2~3ヶ所締めて行う。


ギアのグリスにはWAKO'Sビスタックを使用しております。

歯の部分に少量を吹き付け筆で延ばします。

塗り過ぎは駆動の負荷となる為薄く塗るのがコツです。


今回はお客様のご希望でテフロン配線に変更致しました。


テフロン配線に交換しメカボに組み込みます。


純正シリンダーは加速ポート付きなのでFULLシリンダーに変更します。

加速ポート付きシリンダーは弱いスプリングでも初速は得やすいのですがエアー量が少ない為、同じ所初速の場合飛距離に差が出ます。


耐久性を考慮しメタルTeethピストンに交換します。

強度もありコストパフォーマンスに優れるパーツです。


純正タペットプレート(上)はポリカの為衝撃に弱く、特にセクターチップを組み込むと破損する可能性が高いです。

そこで耐久性を考慮し、強度のあるGUARDER Ver.2 タペットプレートを使用します。


ノズルは集弾性向上の強い味方のでんでんむしを使用します。

VFCのチャンバーと使用の場合はノズルがきつくないかチェックを行って下さい。


シリンダー周りを組み込みます。


メカボに各パーツを組み込みます。

ピストレール、タペット周り、ギア軸部分等の摩擦が発生する部分にはグリスを塗りましょう。

スプリングはAxisスプリングを使用します。


メカボを閉じてノズルを押して通常に動くかチェックします。

ノズル先端から細い棒等でピストンヘッドを押してピストンの動きもチェックしましょう。


メカボをロアーフレームに組み込みます。

グリップも着けてモーターはEG1000Lに交換します。

グリップエンドを取り付けたらテストドライブです。

モーター位置調整も忘れずに行いましょう。


続いてチャンバー周りのカスタムです。

インナーバレルとHOPアームを取り外します。


インナーバレルはMagnusHDバレルを使用します。

バレル長は260mmでセッティングしました。


面HOPにする為に電気なまず(辛口)を使用します。

Magnusバレル(HD含む)はパッキンを回転させて平らな面でHOPを押さえる事が可能です。

パッキン内の突起を面HOPで押しても面HOPの意味がないのでご注意下さい。

チャンバーの窓に合わせなまずをカットしHOPアームに接着します。

これらを組み込んで初速を計り室内作業は完了となります。

今回は0.25g弾で84m/sと丁度良い初速でした。

あとはロングレンジで弾道をチェックして完成です。







同じカテゴリー(HK416)の記事画像
次世代HK416Dデブグル Magnusチューン
電動ガン HK416 ハイレスポンスメカボックス カスタム
電動ガン VFC HK416D ハイレスポンスメカボカスタム
電動ガン VFC HK416 ハイレスポンスメカボMagnusチューン
電動ガン VFC HK416NSW Magnusチューン
VFC HK416D 電動ガン Magnusチューン
同じカテゴリー(HK416)の記事
 次世代HK416Dデブグル Magnusチューン (2017-06-04 19:30)
 電動ガン HK416 ハイレスポンスメカボックス カスタム (2017-03-26 12:20)
 電動ガン VFC HK416D ハイレスポンスメカボカスタム (2016-10-26 20:25)
 電動ガン VFC HK416 ハイレスポンスメカボMagnusチューン (2015-12-03 21:08)
 電動ガン VFC HK416NSW Magnusチューン (2015-11-20 21:17)
 VFC HK416D 電動ガン Magnusチューン (2014-10-29 20:49)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■


ORGA Blogカテ
ORGA日記 (358)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (72)
M4,16 (76)
HK416 (13)
M14 / EBR (39)
MASADA (17)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (47)
PDW (14)
SR25 (6)
SR47 (4)
L85 (2)
M249&M60系 (25)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (3)
SIG (8)
L85A1 (R85) (4)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (3)
VFC (27)
SRC (2)
ARES (13)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 311人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail