2015年10月22日

電動ガン VFC HK416C カスタム

ORGA AIRSOFT TAKAです。
本日は電動ガンVFC HK416Cのカスタムのご紹介です。

ORGA 電動ガンカスタムに関して
ORGAでは電動ガン、ガスブロ、トレポンなど日々カスタム作業に従事しています。簡単ではありますが、カスタムについてのページを作成しておりますので、ご覧ください。

さて、電動ガン VFC HK416Cは非常に人気のある機種で軽量で取り回しもしやすい銃です。



フレームロックピンを外しアッパーとロアを外していきます。



この銃はメカボのストックパイプの固定とスプリングガイドの固定は別になっておりまして前出し配線の為ストックパイプは外さなくても大丈夫です。
ストックは作業の邪魔になるので外します。



ブリップエンドのカバーを逆時計周りに回して外します。



グリップエンドの前側に2ヶ所のネジがあるのでこれを外してグリップエンドを外します。



VFC HK系の配線は通常の取り回しと違い、赤配線(+)が前側からそのまま立ち上がっておりますので注意して下さい。
組む際に通常通りモーターの後ろを回して組むとグリップエンドがキチンとはまらない事があります。



ボルトストップ、マガジンキャッチ、トリガーロックピン、フレームロックピンを外します。



これでメカボが取り出せます。



スプリングガイドはメカボ後部にネジで固定されております。



メカボのネジ等を全て外してメカボを開けます。
ここでワンポイントアドバイスです。
メカボを開ける際にスプリングが飛び出る事がございます。
メカボ後部よりスプリングガイドの中に細いドライバー等を差し込んで、下に押し付けながらメカボを開ければスプリングが飛び出る事を防げます。
組み込む際もこの方法ですと楽にメカボを閉じる事が出来ます。



メカボを開けました。
バレルが短いので加速ポート付きのシリンダーです。



耐急性を上げる為にORGA SUS軸受け8mmに変更します。
奥まで水平に確実に押し込んで下さい。
接着も行いましょう。



ギアはCORE製18:1強化ギアに変更、セクターチップも組込ます。
セクターチップはノズルの後退時間を長く出来、給弾不良対策として有効です。



次にシム調整を行います。
スパーの下シムはメカボと擦らない程度に、セクターとベベルはスパーと擦らない程度のシムを使用します。
上側シムの決め方ですがスパーは0.1mm以下のクリアランスでセクターとベベルは0.2mm以下でも大丈夫です。
上側シムのクリアランスを見る時はメカボを閉じてネジを数ヶ所締めてから行って下さい。
この状態でセクターギアを指で回しカラカラと無負荷で回る事を確認します。
きつ過ぎるとギア回転の負荷となるので気をつけて下さい。



次にギアの歯の部分にビスタックを少量吹き付け筆で延ばします。
付け過ぎは返って駆動の負荷となるので気をつけましょう。



ピストンも耐久性向上の為に高耐久メタルTeethピストンを使用します。



カスタムの定番でんでんむしM4用を使用します。
先端の特殊形状により、BB弾を毎回同じ位置にセット出来る為、BB弾の回転が安定し集弾性が向上します。



ピストンとノズルを交換し組み上げます。
シリンダー内とシリンダーヘッドのノズルを差し込む所にグリスアップをします。
これもグリスは薄く塗り延ばして下さい。



ギア軸やピストンレール、タペット周りにグリスを塗りメカボ内にパーツを組み込みます。
今回はSHSスプリングM90を使用しました。



メカボを閉じてフレームに組み込みます。



グリップも付けたらモーターを東京マルイEG1000Lに変更します。



グリップエンドを着けたらテストドライブです。
最初は順調に回っておりましたが途中からノズルが動かなくなりました・・・。



中を開けてみたらタペットが折れていました。
VFC純正のタペットはやはり弱いみたいです。
最初からGUARDER Ver.2 タペットプレートに交換しておくべきでした・・・。
タペットを交換し、組みなおして再度テストドライブを行いました。
今度は何の問題もなくOK!!



次はチャンバー周りのカスタムです。
バレルとHOPをばらします。



バレルはMagnusHDバレルを組み込みます。



HOPは電気なまず(辛口)を使用します。
面HOPはBB弾の回転が安定し集弾性が向上します。



そのままでは大きいのでチャンバーの窓に合わせカットします。
HOPアームに接着も忘れずに行いましょう。



バレルとHOPを組んでノズル入り口から覗きながらHOPを下ろしていきます。
水平に下りてきてる事を確認します。
これが斜めになっていると弾が真っ直ぐ飛びません。



チャンバーをアッパーに組込み、ロアと組み合わせ初速を測定します。
バレル長が長い程、初速は高く、短いほど低くなります。
今回は182mmで決めました。
後日ロングレンジ試射を行いカスタムは終了となります。







同じカテゴリー(VFC)の記事画像
VFC Colt Mk12Mod1 Magnusチューン
VFC XCR-L Micro Magnusチューン
VFC Mk18電動ガンのご紹介!
VFC Mk12mod1電動ガン  Magnusチューン
電動ガンVFC HK417 Magnusチューン
電動ガン VFC MK12MOD1 カスタム
電動ガン VFC VR16 Stinger ハイレスポンスメカボックス
VFC HK417 電動ガン ライトチューン
VFC SR635 電動ガン Axisチューン
VFC SR15 Combat Master
同じカテゴリー(VFC)の記事
 VFC Colt Mk12Mod1 Magnusチューン (2017-09-17 13:00)
 VFC XCR-L Micro Magnusチューン (2017-06-05 20:30)
 VFC Mk18電動ガンのご紹介! (2016-11-27 12:19)
 VFC Mk12mod1電動ガン Magnusチューン (2016-06-26 12:12)
 電動ガンVFC HK417 Magnusチューン (2016-05-12 17:15)
 電動ガン VFC MK12MOD1 カスタム (2015-10-25 18:41)
 電動ガン VFC VR16 Stinger ハイレスポンスメカボックス (2015-10-02 21:12)
 VFC HK417 電動ガン ライトチューン (2015-08-29 14:10)
 VFC SR635 電動ガン Axisチューン (2014-11-02 12:02)
 VFC SR15 Combat Master (2013-04-20 16:05)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (399)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (28)
HK416 (8)
M14 / EBR (16)
MASADA (10)
Magpul PDR (3)
MP5 (13)
AK / RPK (23)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (8)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 327人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事