2018年02月04日

MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はMAGPUL PTS MASADA ACR Magnusチューンのご紹介です。

PTS MASADAはこのACRの他ショートサイズのCQBや、ストリームラインバージョンもありカラーもBKとDEなど幅広いラインナップを揃えております。
発売当時より根強い人気を誇り、たくさんの問合せやチューンのご依頼も頂いてる銃です。
外装は勿論ですが内部構造の設計や各パーツの製品精度も優れておりチューンを施す事でより素晴らしい銃にステップアップします!



それでは作業に入ります。
こちらの銃はご覧の通りハンドガードが交換されておりました。
純正ハンドガードよりタクティカルな仕上がりになりますね。
まずはハンドガードを外します。



続いてテイクダウンピンを抜きます。

テイクダウンピン

テイクダウンを行いフレームロックピン(F)を抜いてアッパーを分離させます。



ストックを固定しているピンを抜いてストックを上方向にずらして外します。



マガジンを差込む部分の奥にメカボを固定しているネジが2本あるのでこれを外します。



グリップエンドに2本ネジがあるのでこれも外しグリップエンドも外しておきます。



これでロアからメカボが取り出せます。



モーター端子にハンダ付けしてある両方の配線を外します。



モーターハウジング固定ネジを2本外すとハウジングごとモーターが外せます。



アンビ用ギアを外しておき、スプリングガイドを固定しているボルトを外します。



スプリングガイドに6mmのロックレンチを差し込み少し押しながら90度回すとスプリングガイドとメインスプリングが取り出せます。



8か所のメカボネジを外すとメカボが開けられます。
メインスプリングを先に抜いているのでテンションが掛かっておらず開けるのが楽です!



内部も少しパーツ変更されていますね。
でも状態は綺麗です。



メカボ内パーツを外しパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けはORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。



ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で高耐久、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツです。
セクターチップの組込み方のコツはブログに掲載しておりますのでこちらよりご覧ください。



続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。
くれぐれもキツクなり過ぎてギアが回り難くなる事避けて下さい。



次にギアのグリスアップです。
ORGAではギアのグリスはWAKO'Sビスタックという高粘度グリスを使用しております。
高粘度グリスですのでギアの回転によりグリスが飛んでグリス切れになるのを最大限に防いでくれます。
方法はビスタックをギアの歯の部分に少量吹き付け筆で薄く延ばします。
中華銃のメカボを開けるとグリスがギアの辺りにドバっと付着している事がありますが、そういうグリスの塗り方は返ってギアの回転の負荷となりますのでキチンと塗り延ばしましょう。
その他、シリンダー内にこのグリスが入り込むとピストンヘッドの滑りが悪くなり初速低下に繋がりますので要注意。



シリンダーはボアアップのMagnusシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
メカボの種類によっては少し長さが長い場合がございます。その際はリューター等で削って長さを調整して下さい。
シリンダー内のエアー量が増えますと飛距離アップに繋がります。
シリンダーヘッドの組込み方法もブログにて掲載しておりますのでこちらよりご覧ください。



ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、
高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっておりますので、
通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。



シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。



メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ずグリスを塗りましょう。



メカボを閉じてMagnusスプリング従来電動ガン用を組込みます。
スプリングガイド固定ボルトも締めておきます。
アンビ機構用ギアも取り付けます。



モーターを東京マルイEG1000ショートに変更します。
ハウジングを開ける前にプラスマイナスの向きだけ確認しておきましょう!



モーターを取付けて配線をハンダ付けしたらテストドライブです。
モーター位置調整も済ませておきましょう!
テストドライブが済んだらロアに組込みます。
ロアへの組込み方法のコツは以前のブログにてご紹介しておりますのでこちらよりご覧下さい。



とここで忘れ物!
なんとでんでんむしPTS MASADA用を組込むのを忘れておりました^^;
もう一度分解してでんでんむしを組込みました。。。



次にフロント周りのチューンを行います。チャンバーブロックを固定している左右4本のネジと2本のスプリングピンを外して・・・。
と思ったら2本ともスプリングピンが入っていませんでした^^;
とりあえずチャンバーブロックの固定には影響ないのでネジだけ外してチャンバーブロックごとアッパーから外します。



アウターバレルロックレバーを回してチャンバーブロックからアウターバレルを外します。



アウターバレルの基部にインナーバレルを固定しているイモネジがあるのでそれを外します。



するとインナーバレルが出てくるのでチャンバーパッキン等を外し分解します。
インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。



チャンバーパッキンが社外製に変えられておりました。
本当は純正チャンバーパッキンが一番良いのですが在庫が無いのでARES製チャンバーパッキンで代用します。



これでインナーバレル周りを組上げます。



次にHOPをチューンします。
MASADAのウィークポイントであるHOPは面HOPにする事で解消出来ます。
しかし面HOPにしますとワンタッチでアウターバレルの抜き差しが出来なくなりますのでご注意下さい。
アウターバレルを抜く際は先に面HOPを外さないとポロっと外れてしまいます。



HOPアームを外し既存のHOPラバーを外しORGA DIMENSION フラットHOPを接着します。
必要に応じて大きさはカットして下さい。



HOPを組込みの際には必ずアウターバレルをチャンバーブロックに組込んでから行って下さい。
またHOPを組込んだら水平に降りてきてるか、HOPの降りる量は適正かチェックします。
HOPの降りる量ですが、どの程度が適正か判断がつかない場合はロングレンジ試射で判断するしかないです。
もしHOPの降りる量が足りない場合は0.5mmのゴムシートを貼って嵩増しして対処します。
この対処方法は以前にブログで紹介しておりますのでこちらよりご覧下さい。



チャンバーブロックをアッパーに組込み、全てを組直し初速のチェックです。
初速調整はインナーバレルの長さで調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。

初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。








同じカテゴリー(MASADA)の記事画像
電動ガン MAGPUL PTS MASADA CQB オーバーホール
A&K MASADA Magnusチューン
MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン
電動ガン MAGPUL MASADA CQB Magnusチューン
MAGPUL PTS MASADA 電動ガン Magnusチューン
電動ガン マグプルPTS MASADA CQB Magnusチューン
マグプルPTS MASADA Axisチューン
マグプルMASADA 電動ガン Magnusチューン
MASADA ハイサイクル カスタム Magpul
Magpul Masada Magnus ★
同じカテゴリー(MASADA)の記事
 電動ガン MAGPUL PTS MASADA CQB オーバーホール (2017-12-17 19:50)
 A&K MASADA Magnusチューン (2017-07-02 12:10)
 MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン (2017-06-24 20:20)
 電動ガン MAGPUL MASADA CQB Magnusチューン (2017-02-25 20:45)
 MAGPUL PTS MASADA 電動ガン Magnusチューン (2016-04-23 11:58)
 電動ガン マグプルPTS MASADA CQB Magnusチューン (2015-11-13 21:09)
 マグプルPTS MASADA Axisチューン (2015-08-28 12:03)
 マグプルMASADA 電動ガン Magnusチューン (2014-09-01 20:53)
 MASADA ハイサイクル カスタム Magpul (2013-06-18 22:50)
 Magpul Masada Magnus ★ (2012-01-12 21:30)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0012
東京都西東京市東町
5-8-6 #101

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (412)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (13)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (14)
M4,16 (29)
HK416 (9)
M14 / EBR (16)
MASADA (12)
Magpul PDR (3)
MP5 (14)
AK / RPK (24)
PDW (6)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (2)
M249&M60系 (14)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (13)
SRC (2)
ARES (9)
ICS (2)
ppsh41 (1)
HK416 (1)
FTW (1)
G&G (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 338人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事