2016年02月19日

インナーバレルの芯出しにつきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

まず初めに、明日2月19日(土曜)は定休日となりますので、ご対応開始は2月22日(月曜)となりますのでご了承下さい。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

本日はインナーバレルの芯出しにつきましてお話をさせて頂きます。
純正バレルの場合はアウターバレルの先端までインナーバレルが来てるので問題ないのですが、カスタムを行い純正バレルより短いバレルを組んだ時には必ず芯出しを行いましょう。
アウターバレルのセンターにインナーバレルが来ていないとハイダーの出口で弾当たりが発生する可能性がございます。



それでは芯出しの方法ですがORGAでは水道用のシールテープを使用しています。
これをバレルの先端部分に巻いていきます。



どれくらい巻くかはアウターバレルの内径に因ります。
マルイのM14などはほとんどクリアランスが無いのでシールテープは必要ないですし、VFCのM4系はアウターバレルの先端部にインナーバレルを固定する部品が組まれているのでこれより短くなるとかなり巻く様になります。
感じとしましてはインナーバレルをアウターバレルに差し込んだ時に少しだけ抵抗がある感じで良いと思います。



いくら芯出しをしてもハイダー(サプレッサーも同様です)の出口の径が小さい場合は弾当たりが発生します。
目安としましてアウターバレルの内径より小さい時は気をつけましょう。
その時はハイダーを変えるかハイダーの内径を大きくする必要があります。

稀ですがアウターをジョイントするエクステンションバレル等でアウターバレルより内径が小さい場合も同じ現象が起きる事がありますのでお気をつけ下さい。

以上ご参考になれば幸いです。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:01Comments(0)└電動ガン

2016年02月08日

マグプルPTS MASADA(マサダ)の面HOPにつきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

電動ガンカスタム時のポイントについて簡単ではございますが記載させて頂いておりますのでご覧下さい。

今回は大人気の電動ガンマグプルPTS MASADAのHOPのお話です。
MASADAは内部パーツ精度が良いのでカスタムを施すと非常に良い仕上がりになります。

ノーマルで使用される場合の問題点はHOPにあります。
ワンタッチでアウターバレルが取り出せる為アウターバレルの長さを変えてご使用になられる方も多いです。
しかしこの構造の為HOPラバー(下画像矢印部)が変形しやすくHOPの掛かりが悪い症例が多発しています。
これを解決するには面HOPに変更すると効果的です!
面HOPに交換した際にはワンタッチでのアウターバレルの抜き差しは出来ませんのでご注意下さい。



HOPラバーをHOPアームから外します。
8の字のHOPラバーです。



面HOPの電気なまずを使用します。
そのままでは大きいので谷の部分で前後をカットし幅も少しカットします。
チャンバーの窓に合わせてカットして下さい。
カットの際には細工用カッターを使用しますと綺麗に切れます。



これをHOPアームに接着します。
この状態で一度HOPを組込みHOPダイヤルを回してHOPが水平に降りてきてるか確認して下さい。
HOPの降りる量が足りない場合は0.5mmのゴムシートを貼り付けて嵩増しして下さい。
大き目のゴムシートを貼り付け乾いてから細工用はさみでカットすると綺麗に貼れます。



こんな感じになります。



面HOPの場合はHOPが降りてくる部分がチャンバーパッキンの平らな部分でないと意味がありません。
内径6.05mmのORGA LEX05バレルに入替えればチャンバーパッキンを回転させて装着出来るので簡単に面HOPにチェンジできます。

これでMASADAのウィークポイントを克服出来ます!!


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:27Comments(0)└電動ガン

2016年01月25日

フルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差につきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はご質問の多いフルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差につきましてご説明させて頂きます。
上がフルシリンダーで下が加速ポート付きシリンダー(シリンダーに穴が開いています)です。



フルシリンダーはその名の通りシリンダーの幅全てを使用してエアーを圧縮・排出します。
ピストンがリリースされた瞬間からエアーが圧縮されピストンに負荷が掛かります。

加速ポート付きシリンダーは穴が終わった部分からエアーが圧縮され排出されます。
ピストンがリリースされ穴が終わるまでは負荷が掛からずにピストンが加速し、これによりフルシリンダーに比べピストンの加速が良く速度が得られるので同じ条件の場合では弾速が高くなります。
しかしエアー量が少ない為、弾の勢いが長続きせず同じ弾速や同じ条件の場合の飛距離ではフルシリンダーに劣ります。
この穴が前方向にあればあるほど加速ポート付きシリンダーの特性が顕著になります。



加速ポート付きシリンダーは弱いスプリングでインナーバレル長が短い時に初速が稼げます。
逆に強いスプリングを使用した場合やインナーバレルが長い場合はエアー量が多く飛距離が稼げるフルシリンダーの組み合わせ良い場合がございます。

以上、簡単ですがフルシリンダーと加速ポート付きシリンダーの特性の差をご説明させて頂きました。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 17:52Comments(0)└電動ガン

2016年01月20日

電動ガンへの軸受け組込み時の注意点につきまして

ORGA AIR SOFT TAKAです。

本日は軸受けの組込時の注意点につきましてご説明させて頂きます。

まずは既存の軸受けを外し、メカボの軸受けを組み込む穴や周りをきれいにします。



接着剤の残りが無い様に小さなマイナスドライバー等で剥がします。
油分が残っていると接着する際の邪魔になるのでパーツクリーナー等で洗浄脱脂をします。



次に軸受けをメカボにはめ込みあたりをみます。
この時キツ過ぎる場合はメカボの穴を丸ヤスリで軽くやすって圧入して丁度入るぐらいにします。
下の画像の様に使ってないギアにはめてから押し込むとやりやすいです。



あたりがでたら一旦軸受けを外し接着剤を軸受けに塗ります。
ハケタイプの瞬間接着剤が使いやすいですが、あくまで軸受けとメカボにガタがなく圧入で漸く入る場合です。
初めから軸受けとメカボの穴がスカスカの場合は耐衝撃用の強力接着材をお勧め致します。
耐衝撃用の強力接着剤ですと時間は掛かりますが、一旦固まれば軸受けが抜けにくくなります。
接着剤を塗る時も使ってないギアに軸受けをはめ込み周りに塗るときれいに塗れます。
このままメカボに圧入します。



これでメカボに入りました。



念の為ポンチ等で打ち、キチンと奥まで水平に入る様にします。



メカボの外側から見て水平に入っているかチェックします。



これで軸受けが奥までしっかり入り、且つ水平に入っています。
軸受けが斜めだったりするとギアの破損に繋がるので注意して下さい。

これは一つの方法ですので、ご参考にして頂きご自分でやりやすい方法を探して下さい。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 18:12Comments(0)└電動ガン

2015年12月18日

セクターチップの組込方法 電動ガンカスタム

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はWEBショップでも販売していますBigout製 セクターチップの組込方法をご紹介致します。
セクターチップはいろんな形があり多様なメーカーから販売されております。
そんなセクターチップの中からORGAがセレクトしたのはBigout製 セクターチップです。
組み込む意味はタペットプレートの後退時間を増やし給弾を確実に行える様にします。

Ver2、Ver3用と有りますがVer7(M14)でも問題ありません。
組み込むギアに因ってそのままでOKな時と少し加工が必要な場合があります。
ちなみにSHS製ギアはそのままでOKな事が多く、CORE製ギアは少し加工が必要です。



セクターチップをギアに組み込んでみた時に軽く圧入出来ればそのままで大丈夫です。
これがキツイ場合は画像の窪みの部分を少し丸やすりで削ります。
無理に圧入しますとギアの軸が曲がる事があるので注意です。



こんな感じでヤスります。
リューターをお持ちでしたらφ3mmのダイヤモンドビットでも大丈夫です。
削り過ぎるとガタが出るので削り過ぎはNGです。
もし削り過ぎてガタが出た場合は耐衝撃性のある接着剤で付けてしまいましょう。
外すときは大変ですが・・・^^;



ギアを水平にセットしポンチで叩き込むか、万力等で挟んでいくのも手段です。
奥までしっかり叩き込んでください。



このセクターチップは左右対称ではございません。
向きに注意して組み込んで下さい。
見てお判りの通り赤矢印の方がタペットプレートと接する面で、こちら側の膨らみを大きくなる様にセットします。



何気ない小さなパーツですが組み込んでおけば安心なパーツです。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 16:51Comments(0)└電動ガン

2015年11月10日

ファイヤフライ でんでんむしの組込時の注意箇所につきまして

ORGA AIRSOFT TAKAです。

今回はカスタムノズルのでんでんむしの組込時の注意につきましてご紹介させて頂きます。
でんでんむしは先端の特殊形状によりチャンバー内でBB弾を毎回同じ位置にセット出来る事により、BB弾の回転が安定し集弾性が向上します。

でんでんむし 各種ノズル一覧はこちら



ノズルを交換した際にはそのノズルの外径が使用するチャンバーの内径と合っているか確認が必要です。
これをチェックしないチャンバー内でノズルがスムーズに動かない為にトラブルが発生します。
初速が低かったり、初速が不安定の場合はここを疑ってみて下さい。
逆にノズルがそのままでチャンバーを交換した際も同じです。

チャンバーにでんでんむしを差し込んでスムーズに動くかチェックして下さい。



スムーズに動けば問題ないですが動きが渋い場合はでんでんむしの二段になってる細い方(先の方)の径を少し小さくしてあげます。
削り方は何でも良いのですがORGAではリューターで行っております。
まん丸でなくても多少いびつでも大丈夫です。
様子を見ながらチャンバー内でスムーズに動く様になるまで削って下さい。



もう一点、でんでんむしは通常のM4用ノズルより若干全長が長いです。
セミは問題なく撃てるけどフルになると給弾不良が起きる場合は、これが原因の場合がございます。
対処方としましてはノズル先端の下の方(BB弾が通る部分)を少しだけ丸ヤスリ等で削って下さい。
あまり削り過ぎるとエアー漏れが起きますのでご注意下さい。

カスタム時のご参考になれば幸いです。

また、本日、ファイヤフライのなまず甘口超辛口、VSR用のチャンバーパッキンなまこなど入荷しましたので、重ねてご覧ください!
ファイヤフライ製品はこちら


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:10Comments(0)└電動ガン

2015年10月30日

オルガ Magnusシリンダー組込方法について

ORGA AIRSOFT TAKAです。

さて、本日はご質問の多いMagnusシリンダーの組込方法につきましてご説明させて頂きます。

Magnusシリンダーはボアアップシリンダーの為内径が標準シリンダーより広くなっております。
従いましてそのままシリンダーヘッドを入れてもエアー漏れが起きます。



シリンダーヘッドは純正品を使用します。



そこで気密を保つ為にホームセンター等で販売されている水道用シールテープを使用致します。



シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻き程度巻き付けます。



これでシリンダーヘッドをMagnusシリンダーに押し込みます。



シリンダーからはみ出た部分はカッターで切り落とします。



シリンダーにグリスアップを行い
これでノズルの先端を押さえながらピストンヘッド&ピストンを入れ気密が取れているか確認します。



これでMagnusシリンダーの組込は完成です。
上記の要領はMagnusシリンダーセットに説明書が同梱してあります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:08Comments(0)└電動ガン

2015年09月11日

電動ガン 等のカスタムについて

電動ガン カスタム

ORGA AIRSOFT TERUです★
日々、全国のお客様から電動ガン、トレポン、ガスガン等のカスタムを頂いているんですが、カスタムについての詳細なページって無いよな~と思い、取り急ぎ作成致しました。
PC版であれば簡単ページはあったんですが、PCでしか見れなかったのと、そのページをブラッシュアップしてみました。
中のコンテンツは、今後も更新して行きますので、ご覧になって見てください。

カスタムのページはPC版とスマホ版がありますので、以下よりご確認お願い致します。

PC版
http://orga-inc.jp/user_data/the_one.php

スマホ版
http://orga-inc.jp/user_data/customm.php  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 14:27Comments(0)└電動ガン

2015年07月11日

東京マルイ 次世代電動ガン 次世代HK416D フロント配線化

ORGA AIRSOFTのTAKAです。
ここの所、天気が回復してますね!明日も千葉は曇り/晴れっぽいですので、サバゲーには最高ですね!
場所によってはヌカるんでる所もあると思いますので、気をつけてくださいね!

さて、本日は東京マルイ製次世代HK416Dのフロント配線化とメカボ内オーバーホールです。フロント配線にする事によりLipoバッテリーが使用出来たり、好きなストックに変更出来るメリットがあります。

今回の分解工程等はさらっとした感じでです^^;

フレームロックピンを外しアッパーを外します。

ストックパイプ、マガジンキャッチ、グリップ、トリガーロックピンを外しメカボを取り出します。

メカボを開けます。

配線をリアからフロントに変更です。その前にメカボ内のパーツをチェックしながらオーバーホールを行います。

全てのパーツを外し、メカボもパーツも洗浄します。

パーツをチェックしてタペットプレートは交換と判断しました。

セクターギアが赤丸の部分を引くので磨耗しやすい部分となります。ここが磨耗するとタペットプレートの後退量が減りノズルが十分に下がらず給弾不良となります。

下が新品のタペットプレートです。

セクターギアの掛かり終わりの歯も磨耗していました。

直に影響がある程ではないですが、万全を期して交換します。

新品のギアです。

続いて配線をフロント配線に交換します。

各パーツ必要箇所にグリスアップを施しメカボに組込ます。

メカボを閉じます。

バッテリー配線をメカボに沿って接着します(赤丸部分)。

接着する部分のメカボはパーツクリーナー等でしっかり脱脂しましょう。配線自体は接着しずらいので収縮チューブを被せて瞬間接着剤で接着するとキレイに付きます。純正のフロント配線用押さえ金具があれば接着しなくて済みます。ここの配線をキチンと処理しておかないと弾切れのストップ機構が効かなくなる事があります。

メカボをロアに組み込んで全てのパーツを組んでいきます。アッパーとロアを組む時にアッパーのガスチューブを差し込む部分からフロント配線を出します。

こんな感じです。

ハンドガードを取付けれながら配線をレイルの穴から出します。今回はミニT型コネクターをご希望でしたので、メンテナンスの利便性を考えレイル内で配線をジョイント致しました。

これで駆動、初速をチェックし完了となります。

  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 21:09Comments(0)└電動ガン

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (568)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (41)
HK416 (7)
M14 / EBR (19)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (5)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 345人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事