2018年09月08日

G&G電動ガン ARP556 チューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はG&G電動ガン ARP556のチューンをご紹介します。

このARP556はG&Gオリジナルデザインの電動ガンです。
軽量(2420g)でサブマシンガン程度の大きさ(全長506mm)ですが性能はピカイチ!
ETU(電子トリガー)+MOSFET搭載でトリガーレスポンスは言う事なしです。
メカボックスはM4系電動ガンに搭載されているVer.2タイプですのでパーツ交換時も安心で、マガジンはM4系のマガジンが使用可能です。
この銃をサバゲーに投入すればこの取り回しの良さかなりのアドバンテージになる事は確実です。
そんなARP556のチューンを行い飛距離と集弾性もUPしパーフェクトな1丁に仕上げます!

こちらのARP556はチューンで長めのインナーバレルにする事で先端からインナーバレルが出ても良い様にサプレッサーを装着する予定です。
その為にハンドガードをカットしサプレッサーが当たらない様に致しました。
なので先端部が通常のARP556とは違う感じとなっております。



それでは作業開始です。
ストック部分を外し、フレームロックピン(F)を外しレシーバーを分解します。

レシーバー分解

グリップエンドを外します。

グリップ取外し

ARP556に搭載されているモーターはG&G電動ガンの中でも最高峰のイフリート 25K モーター ロングタイプです。
25000rpmと高回転でありながらハイトルクタイプでもある万能モーターです。

25000モーター

マガジンキャッチ、トリガーロックピン、フレームロックピン、左右のセレクターレバーを外します。

メカボックス取出し

これでメカボックスが取り出せました。
アンビギアを外しメカボックス固定ネジを外します。
形としては標準的なVer.2タイプですがセレクターギアが専用品となります。
またG&G製メカボックスは左側からネジ固定されてるのが特徴です。
通常は右側ですから。。。

メカボックス

ネジを外したらひっくり返してからメカボックスを開けます。
トリガー部にETU(電子トリガー)が入っています。
トリガーもETU対応用の為専用品となります。

ETU

各パーツを外して全て洗浄します。
ベアリング軸受けも一旦外して接着し直します。

軸受け

次にセクターギアのみをJA製18:1強化ギアに変更します。
理由は純正ギアは3枚のセクターカットがされている為です。
純正ギアは歯数が13枚に対しJA製18:1ギアは標準の16枚です。
飛距離アップの為にシリンダーをMagnusシリンダーに変更するのですが
このままではピストンの引きシロが少ない為、十分なエアー量が得られないので交換となります。

セクターギア

軸受けの接着材が固まったらシム調整です。
シム調整のコツをYouTubeにて動画をUPしておりますので「シム調整!電動ガンのカスタムやメンテで必須のシム調整を解説!」をご覧ください。

シム調整

次にギアのグリスアップです。
ギアのグリスアップはBREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN ガングリスを使用します。
少量を軸の部分やギアの歯に塗布し筆などで薄く塗り延ばして下さい。

ガングリス

純正のシリンダーは加速ポート付きとなるので、排出エアー量を増やす為にこの後Magnusシリンダーに変更します。
ピストンはフルメタルTeethタイプなのでこのまま流用します。

シリンダー ピストン

シリンダ-は飛距離アップ効果のあるボアアップタイプフルシリンダーのMagnusシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
シリンダーヘッドの詳しい組込み方法はブログに掲載しておりますので「オルガ Magnusシリンダー組込方法について」をご覧ください。

Magnusシリンダーセット 

ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。
シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
シリンダー内のグリスアップにはBREAKTROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用し、指でシリンダー内に薄く塗り延ばします。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。

でんでんむし

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
今回はSHS製M110スプリングを使用しました。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。

メカボックス組込み

この部分の潤滑材も新しい「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN HPプロ ガンオイル 金属連結部潤滑材 」を使用します。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。

ガンオイル

メカボックスを組上げ、ロアレシーバーに組込んだらグリップなどの諸パーツも組込みテストドライブです。
この時にモーター位置の調整も行います。

テストドライブ

次にチャンバー周りのチューンです。
ちなみに純正インナーバレルは128mmと超短いです!
チャンバーを分解します。

チャンバー分解

HOPダイヤルを外すとクリック用ボールとスプリングが出てくるので無くさない様にして下さい。

チャンバー

HOPダイヤルの内側です。
クリック用ボールが一個一個の溝にハマってクリック感を出し、同時に振動でHOPがズレにくくしています。
細かい部分にまでG&Gの工夫が感じられます。

HOPダイヤル

インナーバレルはミドルテンションスプリングとの相性が良いMagnusHDバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。
またORGA製インナーバレル全てチャンバーパッキンを回転させて装着できる様にサイドにも溝が掘ってあるので面HOP仕様も楽に行います。

MagnusHDバレル

面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ますが、念の為バレルを組まずにHOPだけチャンバーに組込み開口部に当たらずにスムーズにHOPが降りるかチェックして下さい。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。
DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに瞬間接着剤で接着します。
接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。

面HOP

チャンバーにインナーバレルとHOPを組込み、ノズルが入る部分から覗き込みHOPを下してきてHOPが水平に降りてきてるかチェックして下さい。
これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
今回はバレル長170mmで調整しました。

初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。
  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:40Comments(0)G&G

2017年07月29日

電動ガン G&G製ARP-9 リチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は7月15日に発売になりましたG&G製ARP-9のリチューンのご紹介です。
この銃は軽量コンパクトで女性でもインドアでも取り回しがしやすいのが特徴です。
内部構造としましてはメカボはVer.2系ですが電子トリガー、MOSFET搭載でセミの切れが大変に良くなっております。



それでは作業に入ります。
分解の方法は通常のM4系と同じです。
フレームロックピン(F)を外しアッパーとロアを分解します。



ストック部を外しグリップエンドも外します。



モーターはロングタイプですので色々なモーターに変更が出来ますね。



トリガーロックピンとフレームロックピン(R)を抜くとメカボが取り出せます。



外観は通常のVer.2メカボです。
セレクタープレートも標準的なVer.2タイプですが矢印の部分の裏側で電子トリガーの検知スイッチをFULL時に押す構造となっており
セレクタープレートを他社製に交換すると上手く作動しない可能性がありますので注意が必要です。



配線後部にMOSFETとヒューズが入っています。



メカボを開けます。
内部も電子トリガーとタペットプレート以外は標準的なVer.2パーツの構成です。



タペットプレートの前部が細くなっておりますので、通常のVer.2用タペットプレートではそのままでは使用出来ません。



シリンダーは加速ポート付きが入っています。



ノズルは標準的なM4系のノズルです。
ノズルを他社製に替える時はチャンバーとの相性等、諸々のチェックが必要です。



これが電子トリガーです。
非常に良く考えられたシンプル構造の電子トリガーです。



今回は軸受けとスプリング交換がご依頼内容です。
メカボ内パーツは洗浄しORGA SUS軸受け 8mmを使用します。



次にギアのシム調整、グリスアップを行います。
シム調整のコツもYouTubeにて動画をUPしておりますのでご覧ください。



その他パーツをメカボに組込みます。
シリンダー周りも洗浄後グリスアップを忘れずに行いましょう。
スプリングはSHS製M90スプリングに変更しました。



これでメカボを閉じてロアに組み込みアッパーと合わせれば完了です。
初速も0.20g弾でリチューン前は78~80m/s程度でしたがリチューン後は87~89m/s程度となりました。
本日の作業はこれで終了となります。


  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:50Comments(0)G&G

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (544)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (37)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (4)
P90 (1)
MASADA (13)
Magpul PDR (4)
MP5 (16)
AK / RPK (23)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 351人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事