2019年01月26日

G&P外装ベース Mk12 ハイレスポンスメカボックスカスタム

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はG&P外装ベースのMk12にJA製ハイレスポンスメカボックス仕様のMagnusチューンのご紹介です。
実銃としてのSpecial Purpose Rifle「SPR」 Mk12は、狙撃銃よりもコンパクトでM4A1よりも射程・射撃精度に優れた選抜射手ライフル(マークスマンライフル)として開発されました。

MK12本体

それでは作業に入ります。
まずメカボの組上げ作業を行います。
マイクロスイッチを使用する事で今までのメカボックスよりトリガーレスポンスが向上したORGAお勧めのメカボックスです。
スプリングガイドやトリガー、カットオフレバー、セレクタープレートなども付属しているので今までの強化メカボックスに比べてコストパフォーマンスに優れたメカボックスです。

J-ARMAMENT ハイレスポンスメカボックス Ver.2 リア配線

軸受けはORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
この組み合わせの場合は組込みが少しキツイ場合があるのでその時は無理をせずメカボックスの軸受けを入れる穴を丸ヤスリ等で少し削り丁度良い穴の大きさに調整して下さい。
もちろん接着は必須です。

軸受け

ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で耐久性があり、精度も良くORGAカスタムでは定番のギアセットです。

強化ギア

続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。
ギアのグリスアップは「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN ガングリス」を使用します。
少量をギアの歯や軸部分に塗布し筆などで薄く塗り延ばして下さい。

シム調整

シリンダ-は飛距離アップ効果のあるボアアップタイプのMagnusシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
またシリンダーヘッドはマルイ純正Ver.2用シリンダーヘッドを使用しました。
シリンダーヘッドの詳しい組込み方法はブログに掲載しておりますので「オルガ Magnusシリンダー組込方法について」をご覧ください。


Magnusシリンダー

ピストンもORGAカスタムでは定番となっている耐久性抜群のJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。

ピストン

ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。

でんでんむし

シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
グリスアップにはBREAKTROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用し、指でシリンダー内に薄く塗り延ばします。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。
タペットプレートは東京マルイ製A2(Ver.2用)タペットプレートを使用しました。

シリンダー組込み

SHS 逆転防止ラッチ Ver.2/3用を使用しメカボックス内のパーツを全て組込みます。
ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。
メカボックスを閉じたらMagnusスプルリングとスプリングガイドを組込みます。
これでメカボックスは出来上がりです。
あとはメカボックスを乗せ換えててチャンバー周りのチューンでOK!

Magnusスプリング

と言う訳でレシーバーを分解します。
フレームロックピン(F)を外しアッパーとロアを分解します。

分解

次にストック後部にあるネジを外します。
これでストックは取り外せます。

ストック取外し

あとは通常の流れで既存メカボックスを取出してハイレスポンスメカボックスを組込みます。
グリップも付けてモーターは既存の東京マルイEG1000を使用します。

グリップ取外し

ストックやマガジンキャッチ、ボルトストップなどを組付けてテストドライブを行えばロア周りは完成です。

メカボックス組込み

次にチャンバー周りのチューンです。
チャンバーを分解しインナーバレルとHOPアームを取り出します。

チャンバー分解

インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。
またORGA製インナーバレル全てチャンバーパッキンを回転させて装着できる様にサイドにも溝が掘ってあるので面HOP仕様も楽に行います。

Magnusチューン

面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用しHOPアームに接着します。
HOPの降りる量が足りなかったので0.5mmのゴムシートを貼って嵩増ししました。
少し大きめのゴムシートを貼付け接着剤が乾いたらDIMENSION HOPの形に添って余分な部分を切り落とすと綺麗に出来ます。

面HOP

これらを組込んでアッパーロアを組み上げれば初速調整です。
Magnusチューンは流速仕様となりますのでHOPを掛けていくと弾速がUPします。
弾速が高い時でも1Jをオーバーしない様に初速設定を行います。
初速設定が終わったらロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離をチェックして終了となります。



  


Posted by ORGA AIRSOFT  at 19:20Comments(0)G&P

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (568)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (41)
HK416 (7)
M14 / EBR (19)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (5)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 344人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
ORGAへmail




































画像付き最新記事