2013年01月22日

EBR Magnus ★



EBR Magnus

ORGAです★引き続き 以前作業分のUPです!
今回はG&P EBRのMagnusチューンです。
最近は、あまり見かけなくなりましたね。。。G&PのEBR...

さて、EBRの本体をフレームから分離します。



EBRはM14系となりますので、VER.7となります。

意外と、「Ver7苦手なんだよね~」っていう人 多いですが、個人的にはやり易い個体なんですよね^^



マガジンホルダー部分、トリガー周り含めて取り外すと、こんな感じになります。

メカボ外部にあれこれ着いてますが、恐る事なかれ!一つのパーツは一つの部分にしかつきませんので、安心してバラして行ってください★



さて、メカボ内部を確認します!



まずは、内部をキレイに洗浄します。

G&Pのメカボックスは、ロットによってバリやザラつきがある部分がありますので、その場合、耐水サンド等で軽く研磨してください。



今回はベアリング軸受を採用します。

《軸受けの固定》
軸受けは電動ガンカスタムの中で最も重要なポイントです。
この部分の手を抜くと、どんなに良いギアやパーツを使っても、クラッシュする確立が格段に高くなります。
折角シム調整をしても、軸受けがしっかり固定されていないと、ギアの振動で軸穴が磨耗してしまい軸穴が広がってしまったり
ギア同士の角が接触したりと、ドライブさせる上で様々なトラブルが発生しますので、必ず固定しましょう!



ギアはSHSM14用強化ギアに変更します。
ORGAストックの中から相性のよい個体を選別して使用します。

SHSギアの方、在庫残り僅かになってきていますので、必要な方はお早めにチェックしてください。

SHSギア 商品ページ




シム調整です。
シム調整のコツは、スパーギアの下のシムを極力薄くします。
このシムが厚いと、スパーに順ずるセクターやベベルの設置位置も上がってしまい
モーターとの噛み合わせやタペットプレートへの負担が大きくなり、オススメできません。

スパー下のシムが決まったら、スパー上のクリアランスは限りなく無くします。
注意点は、メカボックスを閉じてビスを締めると、シムのクリアランスが詰りますので注意してください。
ビス締め無しの時はOKでも締めるとキツくなる事があります。

メカボのネジは数本締めてシム調整をしましょう。
ネジを締めないでシムを決めてもクリアランスが変わります。



次にビスタックでギアのグリスアップです。

《ギアのグリスアップ》
ギアのグリスアップは、どのグリスでも共通ですが、塗りすぎに注意しましょう!
グリスを塗りすぎると、それだけで抵抗になりますし、ギアが回転する事で、メカボックスの内部でグリスが飛び散ってしまいます。
その事で、シリンダー内部やスイッチ等へ不要なグリスが混入しトラブルの原因につながります。



シリンダーはMagnusシリンダー for M14に変更です。
ボアアップシリンダーが大容量のエアーを放出します。
内面のグリスはシリコングリスを薄く塗り延ばします。

ピストンはお馴染みののSuperCorePistonです!


VER.7メカボはM4などのVer2に比べて内部が若干タイトですので、CorePistonを利用する場合、以下の部分を切削してあげないとメカボックスに干渉しますので、フライスで削ります。



ノズルは、FireFlyのでんでんむしを利用します。
多分、ORGAが国内で一番FireFlyの商品を売っているんではないでしょうか?というくらい
独自のノズル形状からなる集弾性は脅威です!!



給排気系が整いました!



すべてのパーツ準備が終わったら内部チューンの終了です。



メカボックスを閉じます。
この状態でノズルを押してみて、きっちり前後運動するか?確認してください。
また、細い棒状の工具をノズルから差込んで押す事によりピストンの動きもチェックをしてキッチリ動いていればOKです。

たまに、メカボックスを閉じてテストドライブの段階で「実はピストンがレールと噛んでいた・・・」なんて事になると、また全バラシになりますので、この工程は必ずやりましょう!



続いてHOP周りのチューンです。
フロント周りをバラしチャンバーを取出します。




HOPラバーはもちろん面HOPの「なまず」です。
面HOPなので弾に回転が安定してかかります。



HOPチューンを終了しMagnusバレルと組合せます。




フロント部分にチャンバーを組込みます。

《バレルについて》

ORGAでは、電動ガン用に2種類のバレルラインナップがあります。
業界最高径の内径6.23mm Magnus Barrel と 6.13mm MagnusHD Barrelです。

各々の利用用途は製品ページに記載してありますので、ぜひご覧ください。


# 6.13mm MagnusHD Barrel



M14系はこの状態で試射可能です。
弾速を測りバレル長で弾速を調整します。



弾速が規定値におさまったらロングレンジでの試射です。
弾道や距離、HOPのかかり具合をチェックし終了です。






同じカテゴリー(M14 / EBR)の記事画像
東京マルイM14SOCOM(G&P製ストック) Axisチューン
東京マルイ M14 SOCOM Magnusチューン
CYMA M14 Magnus
電動ガン 東京マルイM14 Magnusチューン
電動ガン 東京マルイM14SOCOM Magnusチューン
電動ガン 東京マルイ M14 Magnusチューン
電動ガン 東京マルイM14 Axis
電動ガン G&G GR14EBR Magnusカスタム
G&G M14EBR 電動ガン Axisチューン
東京マルイ M14 Axisチューン
同じカテゴリー(M14 / EBR)の記事
 東京マルイM14SOCOM(G&P製ストック) Axisチューン (2019-02-24 19:10)
 東京マルイ M14 SOCOM Magnusチューン (2018-06-16 19:20)
 CYMA M14 Magnus (2018-04-08 19:10)
 電動ガン 東京マルイM14 Magnusチューン (2017-03-19 20:30)
 電動ガン 東京マルイM14SOCOM Magnusチューン (2016-08-01 12:05)
 電動ガン 東京マルイ M14 Magnusチューン (2015-12-07 15:55)
 電動ガン 東京マルイM14 Axis (2015-07-10 20:28)
 電動ガン G&G GR14EBR Magnusカスタム (2015-05-29 20:24)
 G&G M14EBR 電動ガン Axisチューン (2014-11-04 20:14)
 東京マルイ M14 Axisチューン (2014-07-22 21:23)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (568)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (41)
HK416 (7)
M14 / EBR (19)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (5)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 345人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事