2018年04月22日

アローダイナミック SAI GRY Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はアローダイナミック製SAI GRY Magnusチューンのご紹介です。
SAIとはアメリカの実銃メーカーであるSalient Arms Internationalの略称となります。
特徴は何と言ってもハンドガードと一体感のある先端部のデバイスでワンタッチで取り外しも可能です。

SAI GRY

ロアレシーバーにはSalient Armsの刻印が入ってます。
それではチューン作業を始めます。
フレームロックピン(F)を抜いてアッパーとロアを分解します。

フレームロックピン

ストックを抜いてストックパイプ内にあるネジを外しストックパイプも抜きます。

ストック

グリップエンドを外しモーターを取り出します。
モーターに表記は無くどんなモーターか不明です。

モーター

グリップを取外し、マガジンキャッチ・ボルトストップ・トリガーロックピン・フレームロックピン(R)を外します。

メカボックス取出し

これでメカボックスが取り出せます。
メカボックスは標準的なVer.2で加速ポート付きシリンダーを採用してます。
ボルトストップから連動する機構はVFCと同じ様な感じです。

メカボックス

メカボックスの左側です。
セレクタープレートは標準的な形状で軸受けは8mmベアリングタイプです。

メカボックス

今流行りのQDタイプのスプリングガイドですので先にスプリングを取り出します。

QDスプリングガイド

メカボックスを開けます。



メカボックス内のパーツを全て外しパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けは耐久性向上の為ORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
軸受けの固定方法をYouTubeで動画をUPしておりますのでこちらからご覧ください。



ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で高耐久、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツです。
セクターチップの組込み方のコツはこちらよりご覧ください。

ギア

次にシム調整を行います。
続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。
シム調整のコツもYouTubeにて動画をUPしておりますのでこちらよりご覧ください。

シム調整

ギアのグリスアップはBREAKTHROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用します。
少量をギアの歯に塗布し筆などで薄く塗り延ばして下さい。

グリス

シリンダ-は飛距離アップ効果のあるボアアップのMagnusシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
メカボの種類によっては少し長さが長い場合がございます。その際はリューター等で削って長さを調整して下さい。
シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。
シリンダーヘッドの詳しい組込み方法はブログに掲載しておりますのでこちらよりご覧ください。

Magnusシリンダー

ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、
高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっておりますので、
通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。

ピストン

ノズルは集弾性向上の為にでんでんむしM4用を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。

でんでんむし

シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
シリンダー内のグリスアップにはBREAKTHROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用し、指でシリンダー内に薄く塗り延ばします。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。

シリンダーASSY

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。

メカボックス組込み

ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。
この部分の潤滑材も新しい「BREAKTHROUGH BATTLE BORN HPプロ ガンオイル 金属連結部潤滑材 」を使用します。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。

ガンオイル

メカボを閉じてORGA MAGNUSスプリング 従来電動ガン用を組込みます。

Magnusスプリング

ロアレシーバーにメカボックスを組込みグリップも取り付けます。

メカボックス組込み

最近はカスタムの定番となってきました東京マルイサマリウムコバルトモーターとスイッチ接点保護を手軽に可能にしたSBDの組込みを行います。
サマリウムコバルトモーターを組み込めばハイレートスプリング使用時でもトリガーレスポンスを損なうことなく使用出来ます。
モーターを組込んだらテストドライブを行いロア周りは終了です。

サマリウムコバルトモーター

次にフロント周りのチューンです。
インナーバレルとHOP周りをバラします。

チャンバー

インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。

Magnusバレル

面HOPはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
多くのチャンバーにカット無しで使用出来るので簡単に組み込む事が出来ますが、念の為バレルを組まずにHOPだけチャンバーに組込み開口部に当たらずにスムーズにHOPが降りるかチェックして下さい。
こちらも弾道を安定させる必須パーツとなります。
通常のHOPはBB弾が通過する際に点でHOPを掛けますがこれに対し面HOPは線でHOPを掛けるのでBB弾の回転数が安定します。
DIMENSIONフラットHOPをHOPアームに接着します。接着をしないと使用している間にずれてしまう事があるので接着は必須です。

面HOP

とここでアクシデント発生!
HOPが引っ掛かり降りてきません。
HOPの窓が小さいのかな?とチェックしてみたところ窓の開口部の周りがバリだらけ!!
この部分に引っ掛かり降りてこなっかた様です。
ヤスリでバリを取ったらバッチリHOPが降りて来る様になりました。

HOP 開口部

これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。








同じカテゴリー(M4,16)の記事画像
KRYTAC TRIDENT ALPHA CRB Magnus・外装チューン
VFC SR15 外装・Magnusチューン
VFC SR16 CQB Magnusチューン
Magpul PTS Silent Aggressor チューン
G&G電動ガン ARP556 チューン
電動ガン VFC SR16 Magnusチューン
VFC Colt Mk18 Mod1 Axisチューン
電動ガン VFC Mk18mod1 Magnusチューン
電動ガン VFC VR16 SABER SD 分析・分解作業
G&P MAGPUL PTS MOE CARBINE ハイレスポンスメカボ カスタム
同じカテゴリー(M4,16)の記事
 KRYTAC TRIDENT ALPHA CRB Magnus・外装チューン (2018-11-11 12:15)
 VFC SR15 外装・Magnusチューン (2018-11-03 19:40)
 VFC SR16 CQB Magnusチューン (2018-10-14 19:20)
 Magpul PTS Silent Aggressor チューン (2018-10-07 19:40)
 G&G電動ガン ARP556 チューン (2018-09-08 19:40)
 電動ガン VFC SR16 Magnusチューン (2018-05-13 19:40)
 VFC Colt Mk18 Mod1 Axisチューン (2018-03-10 19:50)
 電動ガン VFC Mk18mod1 Magnusチューン (2018-01-13 20:00)
 電動ガン VFC VR16 SABER SD 分析・分解作業 (2017-10-29 12:50)
 G&P MAGPUL PTS MOE CARBINE ハイレスポンスメカボ カスタム (2017-09-03 12:30)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (540)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (37)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (4)
P90 (1)
MASADA (13)
Magpul PDR (4)
MP5 (16)
AK / RPK (23)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 351人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事