2019年03月10日

MAGPUL PTS PDR-C Axisチューン-FET仕様-

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はMAGPUL PDR-CのAxisチューンをご紹介致します。
PDR-Cのチューンの記事は以前にも載せていますので宜しければ「2018年9月30日掲載分」からご覧下さい。

PDR

まずはアッパーレシーバーとロアレシーバーを分解します。
ストックパッドを取り外し最後部の固定ピンを外します。

パッド取外し

次に真ん中と先端の固定ピンも抜きます。
これでアッパーレシーバーが外せます。

アッパーレシーバー分解

次にハイダーを取り外します。

ハイダー取り外し

メカボックスを取り出す為に固定ネジ(後部)を外します。
細いプラスドライバーが必要となります。

メカボックス固定ネジ(R)取外し

マガジンハウジング内にもメカボックス固定ネジがあるのでそれも外します。

メカボックス固定ネジ取外し

アウターバレルを固定しているステーのネジを外してアウターバレルを引き抜きます。

アウターバレル固定ステー取外し

これでメカボックスがフリーとなったのですがトリガーとマガジンキャッチからステーで繋がっているのでこれも外す必要があります。
まずは左面のトリガーと連動しているプレートを外します。

トリガー連動パーツ取外し

次に右面のマガジンキャッチと連動しているパーツを外します。

マガジンキャッチ連動パーツ取外し

これで漸くメカボックスが取り出せます。

メカボックス取出し

MAGPUL MASADAやPDRは当初からQDスプリングガイドを採用しておりメカボックスを開けなくてもスプリング交換が出来る様になっております。
と言う訳で先にスプリングを抜き出します。

QDスプリングガイド

モーターと配線はハンダ付けされているのでハンダを溶かし両方の配線を外します。

モーター配線取外し

メカボックスネジを外してメカボックスを開けます。

メカボックス内部パーツ

メカボックス内パーツを外し洗浄します。
軸受けはORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
接着剤カスが硬い場合は小さなマイナスドライバー等でガリガリ削り落としましょう。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。

軸受け

ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で耐久性があり、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツです。

18:1強化ギア

続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。

シム調整

今回はオーナー様のご希望でFETを組込みます。
使用するFETは実績があり品質の安定しているNEOX製FETを使用します。
基盤の位置に注意して配線の長さを決めていきます。

FET

シリンダ-は飛距離アップ効果のあるボアアップタイプのMagnusシリンダーセットVer2~Ver6を組込ます。
メカボの種類によっては少し長さが長い場合がございます。その際はリューター等で削って長さを調整して下さい。
シリンダーヘッドの組込みですがMagnusシリンダーには既存のシリンダーヘッドを使用します。
シリンダーヘッドの周りにシールテープを4~5巻きしシリンダーに押し込みます。
はみ出たシールテープはカッター等で切り落として下さい。

Magnusシリンダー

ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。
ハイレートスプリングにはメタルTeethピストンの組み合わせがベストです。
弱いレートのスプリングではさほど負担が掛からないのでプラTeethのピストンでも大丈夫ですが、
高いレートのスプリングを使用する場合は耐久性のあるメタルTeethのピストンを使用しましょう。
このピストンは耐久性とコストパフォーマンスに優れ、14歯となっておりますので、
通常のサイクルでもハイサイクルでも使用が出来ます。
ピストンを交換した際はメカボ内でピストンが負荷なく動くか確認が必要です。

強化ピストン

ノズル、シリンダーヘッド、タペットプレートは純正品を使用しシリンダー周りを組み上げます。
グリスアップには「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN ガングリス」を使用し、指でシリンダー内に薄く塗り延ばします。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。

シリンダー周り組込み

モーターは安定感があり品質も良いマルイ製EG1000Sモーターを使用します。

EG1000Sモーター

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。

メカボックス内部パーツ組込み

メカボックスを閉じて配線とモーターを繋ぎます。
スプリングはAxisスプリング従来電動ガン用を使用します。
これでバッテリー側のコネクターを付けてバッテリーと繋ぎスイッチを押すとテストドライブが出来ます。
大体ですがモーター位置の調整もこの段階で行いメカボックスのチューンは完了です。

スプリング組込み

次にフロント周りのチューンです。
アウターバレル固定用のピンを抜きます。
初期の頃はこのピンがスプリングピンで抜けにくかったのですが最近のロットは棒状のピンで簡単に抜けるので無くさない様に注意して下さい。
例え無くしたとしてもレシーバーに組込んでしまえばアウターバレル固定ステーとメカボックスにより位置が決まるので無くても大丈夫です。

アウターバレル分解

ピンを抜くとアウターバレルが抜けます。
次にHOPダイヤルのテンション用Oリングを小さいマイナスドライバーなどで引っ掛けて外します。

HOPダイヤルテンションOリング

Oリングを外したらHOPダイヤルも外しHOPアームを取り出します。
チャンバーとインナーバレルを固定しているクリップを外しインナーバレルも取りだします。

HOPダイヤル取外し

インナーバレルはAxisチューンとの相性が良いMagnusHDバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。
またORGA製インナーバレル全てチャンバーパッキンを回転させて装着できる様にサイドにも溝が掘ってあるので面HOP仕様も楽に行えます。

MagnusHDバレル

PDRのHOPはHOPテンショナー(押しゴム)は無くHOPアームに突起が有り、それでチャンバーパッキンを直接押してHOPを掛けています。
面HOPにする為にはまず突起部分をカットし、リューターや丸ヤスリでφ3の半円の窪みを作ります。

HOPアーム加工

そこにORGA DIMENSION フラットHOPを貼付け前後をHOPアームの幅に合わせカットします。
これでインナーバレルとHOPをチャンバーに組込みHOPの降りる量を確認します。
NOHOPでも鬼HOPになる様でしたらHOPアームの窪みを深く削り直す必要があり
逆にHOPを最強にしても足らない場合はゴムシートを貼り嵩増しが必要です。

面HOP

チャンバー周りが出来たらアウターバレルを組込み固定ピンを刺しレシーバーにメカボックスとアウターバレルを組込みます。
トリガー・マガジンキャッチ連動ステーを取付けてアウターバレル固定ステーやメカボックス固定ネジを止めます。
メカボックス固定ネジ(R)ですが小さいプラスドライバーが舐めやすいので六角レンチが使えるネジに交換します。

メカボックス固定ネジ(R)交換

六角レンチなら細いのでレシーバーの隙間から余裕で刺す事が出来ます。

メカボックス固定ネジ(R)取付

これで弾速を計ります。
今回はインナーバレル長260mmで調整致しました。
ロングレンジでの弾道チェックをして作業は終了となります。







同じカテゴリー(Magpul PDR)の記事画像
MAGPUL PTS PDR-C Axisチューン
MAGPUL PTS PDR-C Axisチューン
MAGPUL PTS PDR-C Magnus 電動ガン カスタム
MAGPUL PTS PDR-C 電動ガン Magnus
同じカテゴリー(Magpul PDR)の記事
 MAGPUL PTS PDR-C Axisチューン (2018-09-30 19:10)
 MAGPUL PTS PDR-C Axisチューン (2018-02-17 19:50)
 MAGPUL PTS PDR-C Magnus 電動ガン カスタム (2015-08-15 21:58)
 MAGPUL PTS PDR-C 電動ガン Magnus (2014-11-18 20:11)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (568)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (41)
HK416 (7)
M14 / EBR (19)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (5)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 344人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事