2019年04月13日

東京マルイL96AWS Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製L96AWSのPDI製外装パーツを使ったチューン&Magnusチューンのご紹介です。
外装パーツはアウターバレル、マズル、ハンドルを交換します。
レシーバーも交換を予定しておりましたがメーカー在庫切れの為、今回の作業では純正レシーバーのまま行います。

L96

まずはストックとレシーバーを分解していきます。
HOPダイヤルの前側にあるネジを外します。

レシーバー取り出し

次にマガジンボックス内のネジも外します。


マガジンハウジング

最後にトリガーガードを下から見ると奥に穴がある(トリガー後方部)のでその奥のネジを緩めます。
それでストックとレシーバーが分解できます。

トリガーガード後部

取り出したレシーバー一式

レシーバー

次にローディングエスカレーター(弾をマガジン部からチャンバーに運ぶ為のガイド)を3本のネジを外し取り外します。

ローディングエスカレーター

マウントレールの前後のネジを外し取り外します。

マウントレール

マウントレールの下にネジ(アウターバレルを固定している)があるのでこれも外します。

アウターバレル固定ネジ

下側に2本のネジ(バレル基部インナーを固定している)も外します。

バレル基部インナー固定ネジ

アウターバレルを反時計回り回すとアウターバレルが外れます。

アウターバレル取り外し

次にレシーバーからシリンダーを取り出します。
トリガーユニットの前後のネジを外します。

トリガーユニット取り外し

下に引っ張るとトリガーユニットが取り外せます。

トリガーユニット

次にノズルプレートを外します。
クリップを外すとプレートを前方向に引き出して外す事が出来ます。
このノズルプレートはBB弾をマガジンからチャンバーに送り込む為のパーツです。

ノズルプレート

インナーレシーバーというレシーバーの下側のパーツを外します。
右横のネジを2本外します。

インナーレシーバー取り外し

次に下面のネジ4本を外します。

インナーレシーバー固定ネジ

これでインナーレシーバーが取り出せます。

インナーレシーバー取り外し

次に取り出したシリンダーを交換します。

シリンダー取り出し

使うのはPDI L96AWS用 プレシジョンシリンダーセット HDです。

PDI L96AWS用 プレシジョンシリンダーセット HD

トリガーもセットで交換します。
使用するPDI L96AWS用 ニュートリガーはハイレートスプリングの使用に耐えられる仕様となっております。

PDI L96AWS用 ニュートリガー

まずピストンエンドをニュートリガーに付属しているピストンエンドに交換します。

ピストンエンド交換

既存ピストンエンドを外しニュートリガー用ピストンエンドのネジ部にネジロックを塗ります。

ネジロックで接着

これをピストンに組み込んで終了!

ピストン

次にボルトエンドの後部と上部のネジを外しシリンダーと分解します。

ボルトエンド取り外し

ボルトエンドとハンドルをプレシジョンシリンダーに組込みます。

プレシジョンシリンダー組み込み

スプリングガイドにMagnusスプリングL96用をはめてピストンを被せシリンダー内に組込みます。
シリンダーヘッドを締め込んでシリンダーはOKです。

Magnusスプリングl96用

次にシリンダーサポートリングの内径を大きくします。
L96の場合、純正シリンダーよりプレシジョンシリンダーの方が若干ですが径が太い為そのままでは動きが渋くなります。
リューターや丸ヤスリ等で当たりを見ながら削ります。

シリンダーサポートリング

インナーレシーバーにサポートリングを付けてシリンダーを差し込んで前後に動かします。
これで抵抗がなくなるまでサポートリングの内径を大きくしてください。

すり合わせ

インナーレシーバーの内側も水性サンドペーパーを使って鏡面仕上げを行います。
そうする事で少しでもシリンダーの動きをスムーズに出来ます。

内側研磨

これらをレシーバーに組込みトリガーユニットも組込みます。
これでレシーバー周りのチューンは完成です!
と思っていたら・・・。

トリガーユニット組込み

すみません、ハンドルを交換するのを忘れてました^^;
オーナー様のご希望はPDI製の鋼鉄ハンドルです。


東京マルイ L96 AWS専用 鋼鉄ハンドル

交換はボルトエンドを外せば簡単にできます。
これで本当にレシーバー周りは完成です!

ハンドル組込み

次にチャンバー周りのチューンに入ります。
HOP調整シャフトガイドという名称のパーツを外すとチャンバーブロックが引き出せます。

HOP調整シャフトガイド

この様に後方にスライドさせて引き抜くのですが・・・。

チャンバー

L96のチャンバーブロックには両側にクリックピン&スプリングがついているので無くさない様に注意してください。

クリックピン

チャンバーブロックの前面にあるネジを外すとチャンバーブロックが分解出来、チャンバーを抜く事が出来ます。

チャンバー分解

バレル固定クリップとHOPアームのピンを抜いてチャンバーを分解します。

チャンバー分解

使用するインナーバレルはもちろんMagnusバレルですが電動ガン用は使えません。
もちろんこのバレルも面HOP対応です。
初速調整ですが高い場合はインナーバレルのカットかスプリングのカットで行います。

Magnusバレル

チャンバーパッキンも面HOP仕様にします。

チャンバーパッキン

ひっくり返して裏側にあるHOP用の突起を削ります。

HOP突起

粗めのヤスリかリューターで削り細目のダイヤモンドヤスリ等で仕上げて表面をなるべく滑らかにします。
これで面HOPで押した時に平らな面が下りてくるようになります。
チャンバーパッキンをインナーバレルに被せチャンバーに組込みます。

突起切削

面HOP用ラバーはDIMENSION HOPを使いHOPアームパーツに接着します。
接着後前後をHOPアームの幅に合わせてカットをして下さい。
これをチャンバーに組込みチャンバーブロックに戻せばチャンバー周りは完成。

DINESION HOP

次にアウターバレルの交換です。
PDI製L96AWS用テーパードバレルFLに交換します。

東京マルイ L96AWS用テーパードバレルFL

チャンバーブロック一式をアウターバレルに組込みます。
黄色いマスキングテープはクリックピンとスプリングの脱防止です。

チャンバー組込み

シャフトガイドでチャンバーブロックを一旦固定します。
後でまたアウター管を組込むので分解します。

チャンバー仮組み

次はアウター管の長さ調整です。
アウター管とはインナーバレルが短くなった為にマズル部にBB弾が当たってしまうのでそれを防ぐ為の誘導管です。
外径φ10mmで内径はφ9mmのアルミパイプを使用します。
ちなみにホームセンターなどで売っています。
アウター管をインナーバレルに被せチャンバーブロックに押し当てます。
この状態でアウターバレル先端と同じ長さの所に印をつけてこれを起点にします。

アウター管長さ調整

次に今回は通常のマズルではなくPDI製サイレンサーアタッチメントを使用するのでこのアタッチメントを加工します。
まずφ9.5mmのドリルで内径を貫通させて広げます。(狭いままだとここで弾当たりが発生します)
次に内側(後方)からφ10.1mmのドリルで8mm程度ザグリを入れます。
これでアウター管をアタッチメントに差し込める様にします。
アタッチメントの最後部から8mmの所をアウターバレル先端から逆算してアウター管の先程印をつけた所から計算をして長さを決めて下さい。

東京マルイ VSR-10 Pro-Sniper 用サイレンサーアタッチメント

これでチャンバーブロックを一旦取り出してインナーバレルの先端と根本にシールテープを4~5巻きしてアウター管を押し込む感じで組込みます。

アウター管組込み

アウター管を被せたらアウターバレルに再度組込みます。

チャンバー周り

アウターバレルをレシーバーに組み込む前にバレル基部インナーの内側もシリンダーがスムーズに通るようにリューターで削って広げます。
これでレシーバーとアウターバレルを組込みその他のパーツも組んでストックに入れに試射を行います。
初速調整を行って室内作業は完了です。

バレル基部インナー内径拡大

このマズルブレーキを付けるために今回はサイレンサーアタッチメントを組込みました。
名称はPDI製ボルトアクション用FETマズルブレーキです。
このマズルブレーキの内径も弾当たりを防ぐ為にドリルで削り広げました。

ボルトアクションライフル用FTEマズルブレーキ

これでロングレンジ試射を行い今回のチューンは終了となります。






同じカテゴリー(ボルトアクション)の記事画像
東京マルイ L96AWS Magnusチューン
ActionArmy T10 Magnusチューン!!
ActionArmy T10 ボルトアクションにMagnusバレル入れてみた
ActionArmy T10 ボルトアクション分解してみた
東京マルイ VSR-10 Magnusチューン
東京マルイ VSR-10 Magnusチューン
VSR用キット!ステンレスシリンダーアッセンブリー
東京マルイL96AWS カスタム ボルトアクション
GAS L96
マルイ L96 Magnus
同じカテゴリー(ボルトアクション)の記事
 東京マルイ L96AWS Magnusチューン (2018-08-25 19:20)
 ActionArmy T10 Magnusチューン!! (2018-05-26 20:20)
 ActionArmy T10 ボルトアクションにMagnusバレル入れてみた (2018-05-14 20:10)
 ActionArmy T10 ボルトアクション分解してみた (2018-05-12 13:55)
 東京マルイ VSR-10 Magnusチューン (2017-10-21 19:00)
 東京マルイ VSR-10 Magnusチューン (2016-01-31 16:13)
 VSR用キット!ステンレスシリンダーアッセンブリー (2015-04-08 15:33)
 東京マルイL96AWS カスタム ボルトアクション (2014-12-20 21:14)
 GAS L96 (2011-09-28 21:10)
 マルイ L96 Magnus (2011-07-07 11:48)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (576)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (18)
M4,16 (42)
HK416 (7)
M14 / EBR (20)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (6)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (8)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 343人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事