2018年10月20日

MAGPUL PTS MASADA CQB チューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日はMAGPUL PTS MASADA CQB チューンのご紹介です。

PTSはアメリカの銃器パーツメーカーであるMAGPUL社のエアソフトガン用パーツの管理部門として誕生し、今ではプロフェッショナルトレーニング&シミュレーション社(PTS社)として独立しておりMAGPUL社のライセンス管理は行っておりません。

そんなPTSの人気電動ガンであるMASADAのチューン作業をご紹介させて頂きます。

MASADA

それでは作業を開始します。
ハンドガード固定ピンを抜いてハンドガードを外します。

ハンドガード取外し

次にテイクダウンピンを抜きます。

テイクダウンピン

これでテイクダウンが出来、前側のフレームロックピンを抜くとアッパーとロアが分解出来ます。

テイクダウン

そしてストックを固定してるピンを抜いてストック上にずらしながら外します。

ストック取外し

グリップエンドのネジを2本外しグリップエンドも外します。

グリップエンド

マガジンハウジングの奥にメカボを固定してるネジがあるので2本共外します。

メカボックス固定ネジ取外し

これでメカボックスがロアから外せます。
配線のハンダを外します。
配線固定用の透明の伸縮チューブは下にスライドさせれば抜けるので組上げる時に再利用が可能です。
モーターハウジングのネジ2本を外しモーターハウジングを取り外します。

モーター取出し

QDスプリングガイドなのでメカボックスを開けずにスプリングが取り出せます。

スプリング取外し

アンビ機構のギアやメカボネジを外してメカボックスを開けます。
全てのパーツを外して洗浄します。

メカボックス

軸受けはORGA SUS420 8mm軸受けを使用します。
軸受けを差し込むメカボの穴は接着剤カスやグリス、鉄粉など残らない様に綺麗に落としてください。
これをしないと軸受けが奥までしっかり入らなかったり斜めになってしまいます。
軸受けは奥まで水平に押し込み接着します。
軸受けの固定方法をYouTubeで動画をUPしておりますので「軸受けの固定!電動ガンの分解やカスタムで必須の軸受け設置を解説!」をご覧ください。

軸受け

今回はオーナー様のご希望でFETを組込みます。
ORGAでは毎度使用している安価で信頼性の高いNEOX製FETを使用します。
MASADAの場合は基盤の設置位置の問題で配線の敷き直しが必要です。
メカボックスから160mmの所に基盤がくる様に配線の長さを調整します。
あまり短いと組上げる時にアッパーとロアに基盤が挟まってしまいますので注意して下さい。

FET

ギアはJ-Armament製18:1強化ギアと給弾不良対策としてセクターチップを使用します。
ギアの材質はスチール製で耐久性があり、精度も良くコストパフォーマンスに優れたパーツです。
セクターチップの組込み方のコツはブログに掲載しておりますので「セクターチップの組込方法」よりご覧ください。

強化ギア

続いてシム調整を行います。
スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。

シム調整のコツもYouTubeにて動画をUPしておりますので「シム調整!電動ガンのカスタムやメンテで必須のシム調整を解説!」をご覧ください。

シム調整

ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。

強化ピストン

ピストンヘッドは後方吸気式のJ-ARMAMENT メタルピストンヘッドを使用します。

ピストンヘッド

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアのグリスアップは「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN ガングリス」を使用します。
ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分にも必ず潤滑材を塗りましょう。
この部分の潤滑材も新しい「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN HPプロ ガンオイル 金属連結部潤滑材 」を使用します。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。

メカボックス組込み

メカボックスを閉じてスプリングを組込みます。

スプルリング組込み

モーターは東京マルイ製EG1000ショートを組込みます。

EG1000Sモーター

メカボックスにモーターを取付けたらテストドライブが可能です。

メカボックス組上げ

メカボックスをロアレシーバーに組込みます。
この際にセレクター部のちょっとしたコツが必要で間違うとセレクターが思う様に動作しなくなります。
その詳細は過去のブログ「電動ガン MAGPUL PTS MASADA CQB オーバーホール」に載せておりますのでご確認ください。
これでロア側のチューンは終了です。

ロアレシーバーに組込み

次にフロント周りのチューンです。
チャンバーブロック固定ネジ(両側4本)を外しスプリングピンもポンチで抜きます。

チャンバーブロック取外し

これでチャンバーブロックごとアッパーから取り出せます。
ハンドルを回してチャンバーブロックとアウターバレルを分解します。

アウターバレル取外し

次にインナーバレルをアウターバレルから抜き取ります。
固定用イモネジを抜きます。

インナーバレル取外し

インナーバレルが取り出せたら諸パーツを外します。

インナーバレル取外し

インナーバレルをMagnusHDバレルに変更します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。
またORGA製インナーバレル全てチャンバーパッキンを回転させて装着できる様にサイドにも溝が掘ってあるので面HOP仕様も楽に行います。

MagnusHDバレル

次にHOPのチューンです。
HOPダイヤルの反対側のネジを外しHOPアームを取り出します。

HOP取出し

これにORGA DIMENSION フラットHOPをチャンバーのサイズに前後をカットし接着します。

DIMENSION HOP

これらを組込みアッパーを完成しロアと組み合わせ初速調整を行います。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。








同じカテゴリー(MASADA)の記事画像
MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン
電動ガン MAGPUL PTS MASADA CQB オーバーホール
A&K MASADA Magnusチューン
MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン
電動ガン MAGPUL MASADA CQB Magnusチューン
MAGPUL PTS MASADA 電動ガン Magnusチューン
電動ガン マグプルPTS MASADA CQB Magnusチューン
マグプルPTS MASADA Axisチューン
マグプルMASADA 電動ガン Magnusチューン
MASADA ハイサイクル カスタム Magpul
同じカテゴリー(MASADA)の記事
 MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン (2018-02-04 19:40)
 電動ガン MAGPUL PTS MASADA CQB オーバーホール (2017-12-17 19:50)
 A&K MASADA Magnusチューン (2017-07-02 12:10)
 MAGPUL PTS MASADA Magnusチューン (2017-06-24 20:20)
 電動ガン MAGPUL MASADA CQB Magnusチューン (2017-02-25 20:45)
 MAGPUL PTS MASADA 電動ガン Magnusチューン (2016-04-23 11:58)
 電動ガン マグプルPTS MASADA CQB Magnusチューン (2015-11-13 21:09)
 マグプルPTS MASADA Axisチューン (2015-08-28 12:03)
 マグプルMASADA 電動ガン Magnusチューン (2014-09-01 20:53)
 MASADA ハイサイクル カスタム Magpul (2013-06-18 22:50)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (524)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (16)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (37)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (4)
P90 (1)
MASADA (13)
Magpul PDR (4)
MP5 (16)
AK / RPK (23)
PDW (7)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (6)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 352人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事