2019年04月07日

東京マルイM14SOCOM Axisチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイM14SOCOMのAxisチューン&FET組込みをご紹介します。
M14SOCOMはアウターバレルがスタンダードタイプより短いので取り回しが楽になりフィールドでの機動性が上がります。

M14

それでは作業を開始します。
M14のより詳しい分解方法は過去記事の「東京マルイ M14 SOCOM Magnusチューン」に掲載していますのでご覧下さい。
今回はメカボックス自体の分解をいつもより詳しくお届けいたします。
とりあえず分解の第一歩、トリガーガードを下方向に引っ張って外します。

トリガーガード

これでレシーバーとストックの分解ができます。

メカボックス取り出し

次にリコイルスプリングガイドを一旦前方にずらしながら左右どちらかに逃がして外します。

リコイルスプリングガイド

オペレーティングロッド(コッキングレバー)を引っ掛けるパーツで名称は「コネクター」だそうです。
これの前側のネジを外します。

コネクター

同じく後方のネジを外します。
これで「コネクター」が外せます。

コネクター

続いてボルトストップのシャフトを抜いてボルトストップを外します。
内側にスプリングがあるのでなくさない様に注意してください。

ボルトストップ

ボルトストップの下にあるレシーバー下部を固定しているネジを外します。

レシーバー下部固定ネジ

HOPダイヤルの両側にあるレシーバー下部固定ネジも外します。

HOPダイヤル両側のネジ

後方にある小さなレシーバー下部固定ネジも外します。
これでレシーバーからメカボックス部が取り外せます。

レシーバー下部固定ネジ

メカボックスロックシャフトを抜きます。

メカボックスロックシャフト

マガジンハウジング奥にある固定ネジも外します。

レシーバー下部固定ネジ

これでメカボックスとレシーバー下部が分解できます。

メカボックス取り出し 

レシーバーに残ってるオペレーティングロッドも抜いておきます。

オペレーティングロッド

ハンドガードのクリップを外しハンドガードも外します。

ハンドガード取り外し

アウターバレル基部のネジ4か所を外します。
これでチャンバー一式が取り出せます。

アウターバレル

次はメカボックスの分解を始めます。
まずはセレクターレバーの前後のネジを外してセレクターレバーを取り外します。

セレクターレバー

セレクターレバーの下に小さなスプリングがあるので無くさない様に注意して下さい。
接点プレートのネジを二ヵ所外しメカボックスから取り外します。

メカボックス右側

セイフティーレバーとトリガースプリングも外します。

セイフティーレバー

メカボックス左側のスイッチ固定プレートのネジを外すのですがスイッチスプリングとカットオフレバースプリングがあるので無くさない様に注意してください。
これでスイッチ・カットオフレバー・トリガー類が外せます。
セレクター連動パーツも外しておきます。

メカボックス左側

モーターハウジングを外します。

モーター取り外し

3ヶ所のネジを外せばメカボックスが開けられます。

メカボックスネジ取り外し

スイッチ系が外部についているので
内部はシリンダー周り、メインスプリング・スプリングガイド、ギア、逆転防止ラッチと簡素です。

メカボックス内部

内部パーツを外しパーツクリーナーで洗浄します。
軸受けはORGA SUS420 6mm軸受けを使用します。
軸受けの接着は必須ですのでお忘れなく!
軸受けの固定方法をYouTubeで動画をUPしておりますので「軸受けの固定!電動ガンの分解やカスタムで必須の軸受け設置を解説!」をご覧ください。

軸受け

軸受けの接着剤が固まるまでシリンダー周りを組み上げます。
シリンダ-は飛距離アップ効果のあるボアアップタイプのMagnusシリンダーセットM14用を組込ます。
M14用のシリンダーは通常のシリンダーより約1mm程度長いので注意してください。

MagnusシリンダーM14用

ピストンも耐久性向上の為にJ-Armament製14歯メタルTeethピストンを使用します。

強化ピストン

タペットプレートはオーナー様のご希望で、純正品より耐久性の高いGUARDER タペットプレート Ver.7(M14)用を使用します。

強化タペットプレート

ノズルはORGAカスタム定番「でんでんむしM14用」を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。

でんでんむし

シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
グリスアップには「BREAKTROUGH(ブレイクスロウ) BATTLE BORN ガングリス」を使用し、指でシリンダー内に薄く塗り延ばします。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。

シリンダー組み上げ

軸受けの接着剤が固まったらギア周りのチューンです。
ギアはSHS M14用 強化ギアセットを使用しセクターチップも組み込みます。

強化ギア

ベベルギアはギア音が大きいのでJ-Armament製に交換します。
これでシム調整を行います。
シム調整のコツもYouTubeにて動画をUPしておりますので「シム調整!電動ガンのカスタムやメンテで必須のシム調整を解説!」をご覧ください。

ベベルギア

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です。

メカボックス組み上げ

モーターはトリガーレスポンスを良くする為に東京マルイ製サマリウムコバルトモーターを組み込みます。
サマリウムコバルトモーターはロングタイプのみですのでショート化加工が必要となります。
ショート化加工方法は以前にブログにてご紹介しておりますので「ロングモーターのショート・ミドル化加工」からご覧下さい。

サマリウムコバルトモーター

ショート化加工が終わったらモーターハウジングに組み込みます。

モーターハウジング組み込み

メカボックスにモーターを取り付けます。

モーター取り付け

次にNEOX FETを組み込み外側のスイッチ周りを組み込みます。

FET

FETの基盤はこの辺りにセッティングするとOKです。
テストドライブはこの状態で出来るのでモーター位置調整も行います。

FET取り付け

続いてチャンバー周りのチューンを行います。
チャンバーを分解してインナーバレルとHOPアームを取り出します。

チャンバー分解

インナーバレルはAxisチューンとの相性が良いMagnusHDバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。
またORGA製インナーバレル全てチャンバーパッキンを回転させて装着できる様にサイドにも溝が掘ってあるので面HOP仕様も楽に行います。

MagnusHDバレル

HOPラバーはORGA DIMENSION フラットHOPを使用します。
前後をHOPアームの幅に合わせカットし必ず接着もします。

DIMENSION HOP

チャンバーにインナーバレルとHOPを組込み、ノズルが入る部分から覗き込みHOPを下してきてHOPが水平に降りてきてるかチェックして下さい。

チャンバー組み上げ

これらを組み込んで初速の調整を行います。
初速の調整はインナーバレル長で行います。
基本的にはインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。
初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。






同じカテゴリー(M14 / EBR)の記事画像
東京マルイM14SOCOM(G&P製ストック) Axisチューン
東京マルイ M14 SOCOM Magnusチューン
CYMA M14 Magnus
電動ガン 東京マルイM14 Magnusチューン
電動ガン 東京マルイM14SOCOM Magnusチューン
電動ガン 東京マルイ M14 Magnusチューン
電動ガン 東京マルイM14 Axis
電動ガン G&G GR14EBR Magnusカスタム
G&G M14EBR 電動ガン Axisチューン
東京マルイ M14 Axisチューン
同じカテゴリー(M14 / EBR)の記事
 東京マルイM14SOCOM(G&P製ストック) Axisチューン (2019-02-24 19:10)
 東京マルイ M14 SOCOM Magnusチューン (2018-06-16 19:20)
 CYMA M14 Magnus (2018-04-08 19:10)
 電動ガン 東京マルイM14 Magnusチューン (2017-03-19 20:30)
 電動ガン 東京マルイM14SOCOM Magnusチューン (2016-08-01 12:05)
 電動ガン 東京マルイ M14 Magnusチューン (2015-12-07 15:55)
 電動ガン 東京マルイM14 Axis (2015-07-10 20:28)
 電動ガン G&G GR14EBR Magnusカスタム (2015-05-29 20:24)
 G&G M14EBR 電動ガン Axisチューン (2014-11-04 20:14)
 東京マルイ M14 Axisチューン (2014-07-22 21:23)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (576)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (18)
M4,16 (42)
HK416 (7)
M14 / EBR (20)
89式 (5)
P90 (1)
MASADA (14)
Magpul PDR (6)
MP5 (17)
AK / RPK (25)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (17)
KRYTAC (8)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
Mk12 (3)
G&P (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 343人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事