2018年03月04日

東京マルイ 次世代HK416C Magnusチューン

ORGA AIRSOFT TAKAです。

本日は東京マルイ製次世代HK416C Magnusチューンの様子をご紹介させて頂きます。

実銃としてのHK416CはドイツH&K社が開発したHK416シリーズのショートタイプの銃です。
次世代HK416Cはリコイルも味わえて実銃同様機動性も良い為サバゲーマーには人気の1丁です。
安心のマルイ製ですので内部構造はお墨付きで箱出しでも楽しめますが、より遠距離射程を楽しめる様にMagnusチューンを施します。

HK416C

HK416Cフロント配線ですのでハンドガードの取外しから行います。
ハンドガード右側のレール部中央当たり(配線が出てる部分)をスライドさせます。



レール部が外れたらハンドガードを固定しているネジを外して、配線をハンドガード内に納めます。



ハンドガードを前方にスライドさせてハンドガード外します。



ジョイント部から配線を外します。

フロント配線外し

あとは普段通りにフレームロックピン(F)を外しアッパーとロアを分解します。



次世代M4系はチャーハンがメカボ側に残るのでバラバラにならない様に注意して外します。
ストックを引き抜きバッファーリングを緩めます。

リコイル

バッファーリングを緩めたらバッファーチューブを反時計回りに回して外します。
次世代416Cはスプリングガイドとウエイトが一体化しており次世代M4系やHK416D等とは構造が若干変わります。

スプリングガイド

次にグリップエンドを外してモーターを取出し、グリップも外します。

グリップ

次世代HKシリーズはアンビの為グリップ根元にアンビ機構用ギアがありますので無くさない様にして下さい。
組む時もこれを忘れると右側のセレクターレバーがブラブラになるので要注意!

アンビ

トリガーロックピンとマガジンキャッチを外します。

トリガーロックピン

これでメカボックスを取り出せます。
セレクターレバーをSAFEとSEMIの中間にしてメカボのフロント側を少し持ち上げ、ボルトストップとストックワイヤーガイドを外しておきます。
今度はメカボックスのリア側を持ち上げながら前方向にずらしすとメカボックスが取り出せます。

メカボックス取出し

メカボックスはM4やHK416D等と同じですが一点違う部分が・・・。

メカボックス

次世代HK416Cの特徴であるマガジンから電源を供給できるシステムがありその為にメカボックスの前部分に電源供給用の端子が付いてます。

マガジン接点

この端子を固定する為のネジ穴が開いてるのが416C用メカボックスの特徴となります。
というわけでメカボを開ける前にこの端子を外しておきます。

マガジン接点端子

次にボルトストップ機構を外します。
無くし易いこのスプリングはORGAで「次世代電動ガン用 ボルトストップ スプリング」として販売してますので無くした方や予備パーツとしてご利用下さい。

ボルトストップ

あとは普通にメカボを開けます。

メカボ内部画像

メカボ内パーツを外し洗浄してORGA 6mm軸受け 次世代用を組込みます。
軸受けの組込み方をYouTube動画にてUPしておりますので宜しければこちらよりご覧ください。

軸受け

ギアは耐久性抜群で精度も申し分ないJ-ARMAMENT 次世代電動ガン用 強化ギアセットを使用します。

強化ギア

続いてシム調整を行います。スパーの下がメカボに擦らない程度に薄めの物を選択し、セクターとベベルの下はスパーに擦らない物を選択します。
上のシムはメカボを閉じてネジを数本絞めてクリアランスをチェックします。
ギアのクリアランスは0.05~0.1mm程度を目安にして下さい。
メカボを閉じてネジを数本絞めて指でセクターを回した時に抵抗無くカラカラと回るのが理想です。
シムの調整方法もYouTubeにて動画をUPしておりますのでこちらよりご覧ください。

シム調整

次にギアのグリスアップです。
ORGAにて取り扱いを始めましたBREAKTHROUGH BATTLE BORN ガングリスを使用します。
少量をギアの歯に筆等で塗り延ばして下さい。

ギアグリス

シリンダーは飛距離アップ効果のあるボアアップのMagnusシリンダーセット次世代用を使用します。
シリンダーヘッドの詳しい組込み方法はこちらよりご覧ください。

Magnusシリンダー

ピストンは耐久性抜群のSHS製次世代M4系用メタルピストンを使用します。
こちらのピストンは歯を接着してからのご使用をお勧め致します。
接着の方法はブログにてご紹介しておりますのでこちらよりご覧下さい。

SHS強化ピストン

ノズルは集弾性向上の為にでんでんむし次世代M4系用を使用します。
このノズルは先端が特殊な形状となっており、チャンバー内で毎回同じ位置にBB弾がセットされる事によりBB弾の回転数が安定し集弾性向上に繋がります。

でんでんむし

タペットプレートは摩耗していましたので交換致します。
東京マルイ製純正M4系用タペットプレート
タペットプレートが摩耗すると給弾不良の原因となります。
その話もブログにてご紹介しておりますのでこちらよりご覧ください。

タペットプレート

シリンダー内とノズルの内側にグリスを薄く塗り伸ばし、シリンダー周りを組み上げます。
シリンダー内グリスもBREAKTHROUGH BATTLE BORN ガングリス を使用します。
その際ノズルの先端を指で押さえピストンを前後させて気密漏れがないかチェックします。

シリンダー

メカボ内の外したパーツを組んで、ギア周りとシリンダー周りも組込ます。
ギアの軸、ピストンレール、タペットプレート周りなど摩擦が発生する部分には必ず潤滑材を塗りましょう。

メカボックス内部パーツ 

この部分の潤滑材も新しい「BREAKTHROUGH BATTLE BORN HPプロ ガンオイル 金属連結部潤滑材 」を使用します。
このガンオイルは金属部分の擦り合う部分やプラスチックパーツにも使用可能です

潤滑オイル

次世代M4系やSCAR系はメカボを閉じた後にタペットスプリングを入れます。
タペットプレートスプリングが破損したり紛失した場合はORGAにて販売しておりますのでどうぞ!

タペットプレートスプリング

次にオーナー様のご意向によりリコイルウェイトを取り外します。
バッファーチューブ後方のロックボタンを押しながらバッファーチューブ後部の蓋を回して外します。

バッファーチューブ分解

蓋を外しますともう一つあるのでこれも回して外します。

バッファーチューブ

これでリコイルウエイトを外せます。
この様にウェイトとスプリングガイドが一体化しております。

リコイルウエイト

ウェイトを外しますとスプリングガイドが無くなりますのでBIG-OUT BOS スプリングガイド 次世代 HK416C専用を使用します。

BOSスプリングガイド

この様にスプリングガイドを組んだら後部のパーツも組直してバッファーチューブ部は完了です。

スプリングガイド組込み

これでロア部分を組んでいきます。
メカボをロアに組込んでMagnusスプリング次世代用を入れてバッファーチューブも組込みます。
グリップも組付けます。

メカボックス組込み

最近はカスタムの定番となってきました東京マルイサマリウムコバルトモーターとスイッチ接点保護を手軽に可能にしたSBDの組込みを行います。
サマリウムコバルトモーターを組み込めばハイレートスプリング使用時でもトリガーレスポンスを損なうことなく使用出来ます。

サマリウムコバルトモーター

モーターを組込んで外した配線を繋ぐとテストドライブが可能に!
これでロア周りのチューンは完了です。

テストドライブ

次にフロント周りのチューンに入ります。
これもオーナー様のご希望でガスブロックを外します。
サイドのピンを外し下側からイモネジを外すと外れます。

ガスブロック

チャンバーをバラしHOPアームにORGA DIMENSION フラットHOPを接着します。
ORGA系バレルでしたら次世代M4/HK416等はカットする必要がなくそのまま使用出来ます。

面HOP

インナーバレルはMagnusチューンの定番Magnusバレルを使用します。
ワイドボアのバレルは内壁にBB弾が当たり回転を乱す事を最小限に抑え、それにより弾道が安定します。

Magnusバレル

チャンバーにインナーバレルとHOPを組込み、ノズルが入る部分から覗き込みHOPを下してきてHOPが水平に降りてきてるかチェックして下さい。
これらを組み込んで初速の調整です。インナーバレル長で初速の調整を行います。
初速は同じ条件の場合はインナーバレルが短いと初速は低く、長いと高くなります。

チャンバー 

初速調整が終わったら室内での作業は終了となります。
ロングレンジでの試射を行い弾道や飛距離のチェックをし作業は完了となります。






同じカテゴリー(次世代HK416、HK417)の記事画像
東京マルイ 次世代HK417 Magnusチューン
東京マルイ 次世代HK417 アッパーレシーバー交換
東京マルイ 次世代HK416D Magnusチューン
電動ガン 東京マルイ 次世代HK416デルタカスタム Magnusチューン
電動ガン 東京マルイ 次世代HK416デルタカスタム 耐久性向上チューン
東京マルイ次世代HK416D Magnusチューン
次世代HK416Dデブグル Magnusチューン
電動ガン 東京マルイ 次世代HK417D Magnus
東京マルイ 次世代HK416D DEVGRU電動ガン Axisチューン
東京マルイ 次世代HK416C Magnusチューン
同じカテゴリー(次世代HK416、HK417)の記事
 東京マルイ 次世代HK417 Magnusチューン (2018-11-17 19:50)
 東京マルイ 次世代HK417 アッパーレシーバー交換 (2018-06-30 19:40)
 東京マルイ 次世代HK416D Magnusチューン (2018-06-02 19:40)
 電動ガン 東京マルイ 次世代HK416デルタカスタム Magnusチューン (2017-12-23 19:50)
 電動ガン 東京マルイ 次世代HK416デルタカスタム 耐久性向上チューン (2017-12-10 19:20)
 東京マルイ次世代HK416D Magnusチューン (2017-10-01 13:10)
 次世代HK416Dデブグル Magnusチューン (2017-06-04 19:30)
 電動ガン 東京マルイ 次世代HK417D Magnus (2016-12-11 19:55)
 東京マルイ 次世代HK416D DEVGRU電動ガン Axisチューン (2016-08-14 19:07)
 東京マルイ 次世代HK416C Magnusチューン (2016-06-13 13:24)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ORGA AIRSOFT
ORGA AIRSOFT


GunMechanic
ORGA Brand Produce

ORGAにレシピは不要。
PlayerのStyleで銃のセッティングが異なるからであり、それがPlayerの「ONE」となるからである。


OurContents

# ORGA WebShop

# ORGA Overseas

# ORGA TV

# ORGA FaceBook

■■■■■■■■■■
About us
ORGA AIRSOFT

所在地
〒202-0014
東京都西東京市富士町
4-1-13

Contact
[email]
orga@orga-inc.jp

[tel]
0424-46-8095

[営業時間]
13:00pm~18:00pm
17:00以降は電話にでれない場合があります。
[定休日]
日曜・祝日
土曜は臨時休業する場合があります。

■■■■■■■■■■

BLOGカテゴリー
ORGA日記 (544)
INOKATSU (24)
RA-TECH (3)
WE-TECH (20)
VFC (17)
Prowin Mag (2)
次世代M4 (17)
M4,16 (37)
HK416 (7)
M14 / EBR (18)
89式 (4)
P90 (1)
MASADA (13)
Magpul PDR (4)
MP5 (16)
AK / RPK (23)
PDW (8)
SR25 (6)
SR47 (3)
L85 (3)
M249&M60系 (17)
JP Rifle (2)
GALIL (3)
H&K G36C (0)
SIG (3)
L85A1 (R85) (1)
SCAR (2)
ppsh41 (1)
L1A1 (1)
ClassicArmy (2)
VFC (14)
KRYTAC (7)
SRC (2)
G&G (2)
ARES (9)
ICS (2)
HK416 (1)
FTW (1)
最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 351人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

ORGAへmail




































画像付き最新記事